フロム・世界遺産写真家 富井義夫のブログ

世界遺産写真家 富井義夫のブログ


テーマ:

琉球王朝時代には、八重山地方の政庁が
竹富島に置かれていた時期があった



八重山の伝統が息づく
沖縄瓦の家並み







家の守り神、魔除けの神として
シーサーは屋根の上で
家内安全を見守っている






口の開いたシーサーが雌で
福を招き入れるといわれている






竹富島でも観光の目玉は水牛車



眩しく光る白砂の小道を
ゆったりと進む






ハイビスカスの花を
耳飾りのように付けた姿が
なんとも微笑ましい





島をぐるりと囲む海外線の長さは
僅か9.12㎞しかない



その中でいちばん美しい海岸が
コンドイビーチ







遠浅の海が続くので
海水浴に最適なビーチ







竹富島は人口365人に
牛が413頭の小さな島



ゆるやかな時間が流れていました



いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

Tomii Yoshioさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります