フロム・世界遺産写真家 富井義夫のブログ

世界遺産写真家 富井義夫のブログ


テーマ:

11月28日(乗船初日)


出発の朝 - ウシュアイア・アルゼンチン


幼い頃、母に手を引かれ
創業間もない東京タワーに
行ったことがある


タワーの下には
樺太犬タロとジロの像が
建てられていた


第1次南極観測隊(1957~58年)に
犬ぞりの先導犬として参加したものの
余儀ない事情で置き去りにされた
タロとジロの奇跡の生還───


当時、日本中の誰もが驚いたニュースであったが
動物好きの私にとっては
とりわけ感動的な出来事で
 

それが「南極への憧れ」の芽生えだった


そして、小学校の図書室で
図鑑を飽きることなく何度も読み返し
「いつか必ず行ってやろう」という
強い想いを抱くようになっていく
 

それから50年余りが過ぎたいま
漸くその夢の実現の瞬間(とき)を迎えた


カメラを肩に未知の土地へ向かうとき
心はいまも少年の頃のまま


ドクンドクンと高鳴る胸の鼓動が
聞こえてくるようだ
 



ウシュアイア港に停泊している
シーエクスプローラ号




夕方4時、いよいよ乗船開始




船室で仕事をするため
少し広めのデラックスルームを頼んでいたのだが
スイートにアップグレードされていた


これは、さい先が良い!




いつもはそんな贅沢な旅行とは無縁だが
船室で2016写真工房カレンダーの
編集をしなければならない


ラインナップは30種類に及ぶからたいへんだ
そのため、ノートPCを2台持ち込んでいる




お陰で船室は広く
機材や荷物が多い私には助かる


今夜から10泊
このキャビンの世話になる




(乗船風景1カット 転載)

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

Tomii Yoshioさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります