フロム・世界遺産写真家 富井義夫のブログ

世界遺産写真家 富井義夫のブログ


テーマ:

インドはデカン高原に位置するエローラ石窟群
デカンとはサンスクリットで南を意味する


エローラ石窟寺院群は南北2㎞の岩肌に34窟あるが
なかでも第16窟
カイラーサナータ寺院は
人類の無限の可能性を示す
奇跡の彫刻と言っても過言では無い




その大きさは、幅45m × 奥行85m × 高さ32mで
玄武岩の岩肌を削り取り、巨大な寺院と彫刻を造りだしている
石を積み上げたのではなく、彫り込んで造形を残しているので
すべてが一体
(寺院の屋根も床も彫刻も)となった
驚異の建造物なのです




756年の着工から完成までに1世紀以上を要した怪物
当時のインド人の平均寿命が30歳前後であるから
数世代にわたる大工事であったわけで
人間の能力に際限が無いことを教えてくれる
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

Tomii Yoshioさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります