フロム・世界遺産写真家 富井義夫のブログ

世界遺産写真家 富井義夫のブログ


テーマ:


セゴビア旧市街の東南に残るローマ水道橋
高さ28m、全長813mで2万個以上の花崗岩を積み上げ
漆喰などの接着材を一切使わずに構成されている






つ まり、石と石が互いに支え合い均衡を保っているのだ
建造された紀元1世紀から
2000年以上の時を超えて聳えている奇跡!
ローマ時代の高度な土木技術に驚嘆する






また、この街にあるアルカサルは
ディズニーランドのシンデレラキャッスルの
モチーフとなったことで知られている







セゴビアには二度ほど訪れたが
また、行きたくなってしまう街である


いいね!(231)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)