1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2015-05-19 22:14:46

往復5分!品川にある富士山に登ってきた!

テーマ:hobby
先日,5年ぶりに富士山に登ってきました。

登山道

と言っても標高3,776メートル,世界文化遺産に登録されたほうではなくて,東京・品川にある富士山(富士塚)です。

以前テレビで見かけて行こう行こうと思って,ようやく行ってきました。

ということで今回は(品川)富士登山のご紹介。

まずは最寄り駅に到着。京浜急行新馬場駅です。僕は小学校の時から電車通学で,しかも京急を使い,今も通勤に京急を使っているので,かれこれ京急歴35年になります。なので,当然この駅の存在は知っていて。

新馬場

新馬場2

駅を降りて第一京浜を渡ればもうすぐ。

入口

まずはこちら。品川神社の鳥居がすぐに眼に入ってきます。調べてみたところ,この鳥居は「双龍鳥居」と呼ばれるもので,たしかに柱に龍が絡まっている細工が施されています。しかもこれ,都内に3ヵ所(もしかすると日本に3ヵ所)しかない珍しい鳥居だとか。

双龍鳥居

この鳥居をくぐり,階段を途中まで登っていく行くと……

登山道入口

はい。ここが登山道入口です。なんて言うか,富士登山(5合目から)を経験したことのある身としてはいささか拍子抜け。

さっそく一礼して鳥居をくぐって登山スタート!

1合目。

1

てくてく。てくてく。

2合目,3合目……。てくてく。

2

3

さぁ,5合目。あと半分。

4

5

6

いよいよ9合目!

7

着きました。山頂からの眺め。

登頂1

……っていうか,なんじゃこりゃw

という独り言を言いそうなぐらい簡単な道でした。片道2分(もかからない,たぶんw)。

なんたること!あの,5年前に,ヒーヒー言いながら登った富士山とは大違い。でも,本当にこれは富士山と同じように扱われ,富士信仰に基づいて富士山に模して造営された人工の塚なんです。

ちなみに標高は12メートル :-)

せっかくなので赤い列車を激写。

登頂

登頂後,裏ルートから下ると,品川神社境内に入ります。

富士塚

これが境内側からの入口。本家富士山で言うところの5合目の入口といった感じでしょうか。

そして,境内。鳥居の奥に本堂がそびえています。

境内

本堂でお参りしました。

本堂

なんというかとても荘厳。いつも双龍鳥居と階段は電車の窓越しに観ているのですが,まさかこんなにすごい神社があるとは。

さらに本堂はもちろん,境内にある1つ1つの建築物の造りがすばらしいです。

手水舎と神輿の額。

手水舎

額

つい見とれてしまいますね。

他にも富士山つながりの浅間神社,御嶽神社,新楽殿,忠魂碑などがありました。

御嶽神社

お堂

浅間神社

さらに奥には阿那稲荷神社があり,色鮮やかな赤鳥居の並ぶ道がありました。

稲荷

稲荷

初めて行ったのですが,本当になんというかすごいところですね。境内にはいろいろと説明札が立っていて,東京都指定無形民俗文化財や品川区指定文化財に指定されているものが多数ありました。実際に自分の目で観て納得。パワースポットとか神社に興味がない自分でも引き込まれる空間でした。

品川神社説明

最後に階段を降りる前に写真を一枚。ちょうど京急の線路と同じ高さでした。これはこういう風に意識して造ったのかな?

境内の目線

正直(品川)富士登山はあっという間だったんですが,その後の,品川神社参拝と散策はとてもおもしろく,いつまでもいられる雰囲気でした。

以上,品川富士登山&品川神社散策終了……の前に。

実は,品川神社には富士塚よりも登山っぽい石段の道が用意されています。

双龍鳥居の右手,ちょっと草木が生い茂ったところが入口。

裏ルート

こんな感じの石段と道が続きます。それほど距離はないですが,富士塚の道よりも険しくて,登り甲斐のあるルートでした。もし品川神社に行く機会があればぜひこちらも試してみてください :-)

石段1

石段2

石段3

石段4

そうそう。この品川神社,新東京百景の1つとして認定されています。新東京百景は,「都民の日」制定30周年を記念して1982年10月1日に東京都によって選定された100の風景で,ほかにも浅草寺や六義園など,東京都内の名勝が選ばれています。

新東京百景

詳しくはWikipediaをどうぞ。

ということで,ふだんの登山とはちょっと違った,カジュアルに,それでいて十分満喫できる品川の富士登山の様子でした。この日はちょっと曇り空だったので,また快晴の日に改めていってみたいと思います。

<おまけ>
京急の窓からとった品川神社の様子。たぶんこの景色,生まれてから何千回と観ている気がするw

京急窓
AD
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇