有川浩 「図書館革命」

テーマ:
図書館革命/有川 浩
¥1,680
Amazon.co.jp

買ったっ!読んだっ!


シリーズ最終巻だから味わってゆっくり読もう・・・

と思っていたのにぃーー


最高裁判決の日、のあたりからフルスロットルでドキドキして

家族みんな寝静まった中、最後まで一気読み。

ハードカバー1日で読み切るのって

私、はじめてかもしれんぞ。


おかげで今日は寝不足じゃ。ガーン



以下ネタバレ、ばればれですので注意~。










図書館シリーズってキャラや恋愛シーンは

とっても萌える明るさなんだけど

状況設定はハードで思わず考えちゃう、

その緩急具合が絶妙なんだよね。



最終巻ということで、堂上&郁の恋の行方が

と~っても気になっていたわけで。

でも期待を裏切らないのが有川さんのいいところ♪クラッカー

砂糖の上に蜂蜜かけて練乳に入れて飲む、みたいに甘い。ラブラブ

しっかしこのカップルが一番乗りになるとはねー。

小牧&毬江のほうが先かと思っていたのに。

ま、堂上&郁には瞬発力があるからね。

今までたまった愛情が一気に爆発ドンッ、っての?



ほかのキャラたちも最後ならではの見せ場があって、

特に~~稲嶺司令!(もう司令じゃないけどこう呼びたいっ!)

やっぱりかっこいいジジイはいいねえ~。ドキドキ

カミツレを受け継ぐ堂上、そのバッジを受け取る郁、と

本を愛する稲嶺の心がいい具合にバトンタッチされる様が

また感動ですわ。



手塚兄の変化、その引き金になった麻子とのやりとりも

頭脳派2人のシャープさで面白かった。

手塚弟、シリーズはじめではもっと切れる男だと思っていたのに

キャラ変わったなぁ。

手塚&麻子は今後もべったりくっつかないでいろっ。

見ていて面白いんだもん。手塚の狼狽ぶり。



それにしても、郁は成長したなぁ。

ひとりで当麻を護衛して大阪へ行くあたり、

ハラハラしちゃって、応援せずにはいられなかったよ。

新宿の本屋さんの店長さんや

梅田のデパートのおばちゃんたちの

ナイスアシスト!ばんざい!






あー言いたいことはまだまだある気がするけど

もう、眠いっす。

お昼寝するっす。(夕方だけど)ぐぅぐぅぐぅぐぅ




読後満足度      ★★★★




有川浩 「レインツリーの国」

テーマ:
有川 浩
レインツリーの国

この本、長女が買ってきて読んだのを貸してもらった。

子供の本を「貸してー」って言うの初めてで嬉しかった音譜

「図書館」シリーズを私が長女に勧めて

みごとにハマってくれたのよ。


「図書館内乱」の表紙にも描かれているこの本は

小牧から毬江ちゃんに送られた大事な本、と言う設定。

このお話も1冊の大事な本「フェアリーゲーム」をきっかけに

伸とひとみがネットで知り合うという内容で。


メールだと普段言えない事も書けてしまうってのはあるよね。

思い入れの深い本の感想を送り合ううちに

ひとみに恋心を抱く伸。

実体のない空間で始まった思いが現実になった時に

ひとみの聴覚障害が分かり、気持ちがすれ違ってしまう。


でもさ、伸がいいやつでよかったよね。

「善い人」でなく「いいやつ」。

最初から自分の気持ちを真っ直ぐに伝えて来たから

どんな負の気持ちでも正直に伝えられて、

伸の言葉にひとみも応えて真っ直ぐになる。

ハンデも心の嫌な部分も全部ひっくるめて「自分」で

「全部良い」人も「全部悪い」人もないんだよね。


ひとみが髪を切りに行こうと決心する辺りから

伸との気持ちがうまく寄り添ってきて

未来の二人を応援しながら最後まで読んだよ。

短期間でそんなにうまくいくとは限らないよね。

だけどきっと大丈夫だと思う。

だって心の深いところでちゃんと繋がってるって

信じられるから。


「図書館」シリーズもこの作品も

本を愛する気持ちがいっぱい詰まっている。

待ち合わせ場所が本屋さんで

それも「フェアリーゲーム」の棚の前で、ってのがいいよね!

あ~~~独身時代、こんなの真似したかったなぁ・・・。


あとがきの次、参考文献に笹本祐一さんの「妖精作戦」という

本が載っているのだけど

これが「フェアリーゲーム」の元なのかしら。

有川さんがハマったとしたら、読んでみようかなぁ。




読後満足度   ★★★







有川浩 「図書館危機」

テーマ:
有川 浩
図書館危機

うっ、稲嶺司令がっ!!

ぐおーっ、玄田がっ!


若いキャラよりおじさんキャラが好きな私には

後半読むのがキツイものがあったよ。


郁は精神面がだいぶ強くなったね。

「内乱」の終わりに熱を出したコがここまでやるとは。

もっと「ポン」してあげてね、堂上教官っラブラブ


らぶドキドキなのはもちろんだけど、今回の戦闘はすさまじかった。

「戦争」の情報歴史資料館の時よりもハード。

自由を守るのは王子様ではないのだ。


放送禁止用語の中に「床屋」があるんだって。

○○屋というのがいけないらしい。

日銭をかせいで何が悪いんじゃ。立派な職業じゃんかっ。

このエピソードで新キャラの香坂大地登場。

すがすがしい感じがしてよかったなぁ~。

階級章の花、カミツレ(カモミール)のエピソードが良かったなぁ。

「苦難の中の力」という花言葉は可憐な花のイメージからは

想像しがたい強い言葉で驚いた。


あと1冊でシリーズ完結だそうだ。

どう締めるのかなぁ。



読後満足度    ★★★★

有川浩 「図書館内乱」

テーマ:
有川 浩
図書館内乱

前作「図書館戦争 」が実にお気に入りだったので

テーマの欄に有川さんを追加っ。

こちらは2作目。

いやー相変わらず表紙が楽しい♪

読み終わってからじっくりみると、あらあのグッズだわ、と

にやにやしてしまう。


今回も郁は体育会系な乙女。

両親が仕事を見に来た時のうろたえぶりや

本を守ってガラスに激突!など、面白い奴。

友達にいると飽きずに楽しいんじゃないかしら。


ほかの面々の性格も細かく分かってきた。

美人で情報屋の柴崎ったら、こんなこと考えていたなんて。

ミーハーな娘かと思っていたけど、色々大変だったのね。

勝手に柴崎をライバルだと思っている広瀬!鬱陶しいぞ!

こんな女に負けるはずはないけど、柴崎がんばれー。


前回2番目に気になっていた小牧の恋愛模様に萌え。

妹的存在だった毬江が「もう子供に見えない」なんて

もう典型的少女漫画のラブストーリーでこそばゆいー。


郁の査問会や「図書館未来計画」の組織への勧誘は

直情型の郁がどう立ち回れるか、読んでいて緊張した。

どうか変な事言わないでー、惑わされないでーと

祈っていたよ。


連作短編の作りになっているからか、毬江や広瀬が

最後の方には全然触れられなくなっているのが残念。

続きがどうなったのか分からないんだもの。

そうそう、大好きな稲嶺指令も出番が少なかったぞ!

柴崎が情報部になるのなら、上官の稲嶺のシーンが増えるかな?

次回作に期待。・・・って次がもう出るって??

怒涛のように読めて、今まで待っていて正解かも♪


脳内変換キャストを決めて読むと萌え度が倍増♪

今回ぱっと浮かんだのは小牧=堺雅人、郁の父=平泉成。

柴崎は栗山千秋にしか見えないぞー。

ほかは・・・稲嶺=イアン・マッケランですが何か?

堂上や郁はどうもうまくはまらないので内緒。

ベタ甘な台詞言わせたい人、よく分からんので。



読後満足度    ★★★★  

有川浩 「図書館戦争」

テーマ:
有川 浩
図書館戦争

図書館で戦争???なんじゃそりゃー。・・・と

気になっていた本をようやく読んだぞ。

探していたんだけどなかなか見つからなかった。

人気だからかなぁ、と思っていたんだけど。


私、「男性作家」の棚を見ていましたっ。

奥付のプロフィール見てびっくりさ。女のひとだったのね。

ヒロシじゃなくてヒロさんだったのかぁ。

違う棚見てたわ。ないわけだわ。



巻頭に書かれた「図書館の自由に関する宣言」がまずインパクト大。


 1.図書館は資料収集の自由を有する。

 2.図書館は資料提供の自由を有する。

 3.図書館は利用者の秘密を守る。

 4.図書館はすべての不当な検閲に反対する。

 図書館の自由が侵される時、我々は団結して、あくまで自由を守る。


これ、実在しているのだね。お話はフィクションだけどここはホント。

図書館に行かないから知らなかった。なんだかかっこいいな。


文体が軽ーく、萌え~ドキドキな台詞が多いので

コミック感覚で読めて楽しかった。

だけど本好きには共感できる「読む自由」に焦点が当たっていて

もし、現実にこんな検閲があったら嫌だなと思った。

本を焼く国ではいずれ人を焼く」という言葉、出典はどこかにあるのかな。

なんて恐ろしい言葉。

それと

 どうして大人はただ本を面白がるということを許してくれないのか。

 自分たちはただ面白がるためだけに本を読むくせに。

         (221ページより引用。)

・・・という文章もとても心に残った。

これがこの本自体の言い分だよね。

そうだよ、面白がって何が悪いのさ。

為になるかどうかなんて自分が決めるものじゃんか。

キャラでは郁の体育会系のつっぱしりも面白いけど

憧れの王子様の存在に気付かないあたりが鈍よね。

初めから分かりすぎる展開なので、一ひねりしてあるかと思ったら

直球だったわ。


ジジイ好きな私としてはやっぱり稲嶺基地指令がお気に入りっラブラブ

紳士なかんじがとってもヨイのだわ。
それとクールな小牧も軽く萌え。

重いハードカバーを持ち歩いて読んで、

読後すぐ次の「図書館内乱」を買ってきた。

癖になるのよねーこの楽しさ。



読後満足度   ★★★★☆ どっかーんってかんじだよ。