か、買ってしまった…

テーマ:



こんばんは。手描きオリジナルグッズ制作☆ねこのび屋の池田美佳です。





久しぶりに本屋さんに行ったのです。





流行りの開脚前屈ができるようになるやつ、買おうかと思ってたんです。



 

でも、ふと見つけちゃったんです…






{B2DF5BD8-C12F-4BCE-8CEB-C39184438BD8}



ん?なんでだろう…






私、そんなに信心深くもないし、
とりたてて仏像好きでもないんだけど。







急に「なぞり書き」にそそられてしまった…ビックリマーク




そして、




{DBECC0E0-16B9-4CEF-87D7-E18A6761A92D}




さっそくなぞってみたりして。



こちら、深大寺の金剛釈迦如来さんだそうです。






筆ペンの強弱がイマイチ上手くつけられないなー。






写経のように気持ちが落ち着く、そうですが

私がやるとテンションあがっちゃうんですけどー。

 

 

 


にほんブログ村

 


***手描きオリジナルグッズを制作販売しています***

ありがとうジュンク堂♡

テーマ:
  お問い合わせ ┃ 販売 ┃


こんにちは。ねこのび屋ミカです。


以前から本を探していました。


いつも近くの本屋さんになければネットで調べて買っていたので、

今回もネットをあれこれ検索。



在庫がないけど中古なら定価より高いけどあるよ?、とか出て

それはちょっとなあ…と、なかなかピッと決められない状態でした。


今朝もなんとなく諦めきれず検索していたところ、

立川高島屋のジュンク堂にあるらしいとわかったので

お出掛けにはちょっと遠回りになりますが行ってきました。



そしたらあったのーラブラブ!

雑誌の棚にもう1冊の欲しかった本もあるし!


{F8B21611-92F9-46E9-B845-DCCC59AE4E1D:01}

(いちばん左が今日のお出掛け目的、テルミンレッスンの楽譜音譜


内藤勲さんの「アメブロ逆引きQ&A」と、
キョンキョンの特集の雑誌「MEKURU」。

これで私の頭が満たされるーアップ


ここのジュンク堂、26日にオープンしたばかりらしいです。


実店舗も侮れないな!と思わされた一件でした。














にほんブログ村




にゃー ねこのび屋 にゃー

 ***手描きスニーカーを販売しています***

宝石紫手描きスニーカー《完成品》や手編み小物などは
ギャラリーページ
からどうぞキラキラ

宝石紫手描きハイカットスニーカーのオーダーページはこちら★

宝石紫手描きスリッポン、ローカットスニーカーのオーダーページは
こちら☆

手紙※制作・販売 池田美佳 へのお問合せ・メッセージは 
こちら
からお願いします。

塩沼大阿闍梨さまのご本

テーマ:
  お問い合わせ ┃ 販売 ┃

こんにちは。ねこのび屋ミカです。



先日、クレイジージャーニーにでていらした大阿闍梨さまのご本を買いました。


{2DF475B4-9A6C-4FE5-ABEE-8FDDB2BB50ED:01}

「毎日が小さな修行」塩沼亮潤

「日本人の宝」竹田恒泰・塩沼亮潤



心に響く言葉を見つけましたらまたご紹介しますね。





にほんブログ村




にゃー ねこのび屋 にゃー

 ***手描きスニーカーを販売しています***

宝石紫手描きスニーカー《完成品》や手編み小物などは
ギャラリーページ
からどうぞキラキラ

宝石紫手描きハイカットスニーカーのオーダーページはこちら★

宝石紫手描きスリッポン、ローカットスニーカーのオーダーページは
こちら☆

手紙※制作・販売 池田美佳 へのお問合せ・メッセージは 
こちら
からお願いします。

Nのために

テーマ:
{6A5E0755-E6CA-498E-8741-323CC7D90C73:01}

ドラマが始まってから購入しまして、昨日一気読みしました。
湊かなえ作、Nのために。

小説版は殺人事件当時と十年後を登場人物それぞれが語ることで、事件の核心が見えてくる構成です。
時間軸や人物があっちこっち飛んだりしているのでややこしめですが
人物の心情を追うとついていきやすいです。
この点、ドラマでは分かりやすく作られているんじゃないかと思います。

読後の感想としては、とても日本的な話だと思いました。
秘めた思い、というと素敵ですが
もう一歩踏み出して言葉にしていれば事件まではいかなかったのでは…?
登場人物、みんな秘めすぎですよ!
私は逆境にもめげず前を向く希美が好きだったのですが、
最後ではその気力が失われているのが悲しいです。
イヤミス、ほんとに心に残ります。

ジャケ買い、「名探偵に薔薇を」

テーマ:
{4BEB046A-4E96-41F7-826A-96F95923D43B:01}

本屋さんでとてもミステリらしい装丁の本を見つけたのです。
「名探偵」だなんて大仰にタイトルで言っちゃって、そうじゃなかったらどうすんのよ、と
一度はその場をスルーしたんですが、もう一周したらやっぱりコレが呼ぶんですよ。
綺麗な薔薇。

裏表紙には「メルヘン小人地獄」のあらすじ。
小人と地獄という普通ならくっつかない不協和音の並び。
うあ、気になる!

買いました、読みました。
…なるほど…!
名探偵は確かにいました。不可解な事件の絡まった糸をするすると解いてしまう人が。
ミステリは謎を解けばすっきりとする、と思っていましたが
この作品の場合はなんとも悲しくなりました。

読み終えて閉じた本の、表紙の薔薇の赤がまた鮮やかに見えて切ないのです。
よくよく見ると、薔薇の間からそこここに出た白い棘のようなものは小人の持つ鎌でした。ゾッとしました。
帯の「タイトルはこれ以外ありえない!」というのは少し大袈裟だと思いますが
余韻のあるいい題名ではないかと。

この名探偵の続編が読みたいと思いました。書いてほしいです。