ちびっこだった私

テーマ:
手帳の整理をしていたら、私が赤ちゃんだった頃の写真が挟んでありました。


{3A98FDF1-0774-4533-88D8-6A60A91C8A38:01}


ひとりっ子で、近所に友達がいないような田舎だったので
小さい時からもっぱらテレビが遊び相手でした。

よく熱を出す子で、その度母には心配をかけました。





小学校に上がってからもよく休んだ記憶があります。

運動音痴で走るのがホントに遅かった…。

運動会は大嫌いでした!


でもどういう訳かプールは大好きで、授業中にみるみる泳げるようになりました。


あの頃は習い事でスイミングなんてしている子はいなかったように思うんですよね。


放課後の部活動は4年生から水泳部に入りました。


まあ、大会に出る選手の部とはかけ離れた遊んでるだけでいい部でしたけどね。




小学校では水泳以外に、私の人生を決めるような出会いがありました。


小学4年の七夕のお楽しみ会の劇で
『ネグリジェ姿で豆腐を買いに行くおばちゃん』の役をやってから


演劇で自分と違う人になれる楽しさに目覚め、
芝居をすることが私の生活の中心になりました。






この頃の私は『自分であること』、『自分の家にいること』がキライでした。


だから芝居の中の世界に逃げていたのだと思うのです。


今になってみると。






にほんブログ村




にゃー ねこのび屋 にゃー

 ***手描きスニーカーを販売しています***

宝石紫手描きスニーカー《完成品》や手編み小物などは
ギャラリーページ
からどうぞキラキラ

宝石紫手描きハイカットスニーカーのオーダーページはこちら★

宝石紫手描きスリッポン、ローカットスニーカーのオーダーページは
こちら☆

手紙※制作・販売 池田美佳 へのお問合せ・メッセージは 
こちら
からお願いします。