2007-07-24 23:14:00

初めての茶事

テーマ:和のテイスト

今日は茶道教室の、茶事に参加してきました。

懐石料理を含む、正式なお茶会です。

初めての経験で、不安も一杯。


新米の私には「完全にお客様してていいよ」という先生の言葉でしたが、それは、ある意味3時間ずっと座りっぱなしの恐怖も。

正座の時に使う折りたたみ式の小さな椅子を、荷物に忍ばせていきました。

でも木製の固いもので、私のおしりの大きさから考えると心もとない限り。

大丈夫かなぁ~ガーン


だけど、そんな心配は全くの杞憂でした。

大きくてふかふかの正座用の椅子も貸してもらえたし、濃茶、薄茶の前にはちゃんと休憩時間も。

3時間微動だにせずという苦行ではありませんでした。

足が痺れることもなく、茶事を満喫音譜


お茶会でも懐石は初めてだったので、特に新鮮で感動的ですらありました。

まるで・・・おままごと。

作法にのっとった懐石と、子供の頃のままごとなんて何の関連性もないみたいですが、「ごっこ遊び」みたいで、私にはとってもワクワクする時間だったんです。


いつも冗談を言い合っている教室のメンバーの人たちも、今日はびしっと決まってました。

「浴衣会」ということで、私は浴衣で参加したのですが、接待役の人たちは夏着物を涼しげに着こなしていました。

皆さん長年お稽古している方たちばかりで、さすが茶会の流れの中では、いつものお点前さえもすごくかっこよく見えました。


そう言えば、ガラス製の平茶碗があるのを最近知りました。

今日のお茶会でも使っていましたから、片付けた後に写真を撮らせてもらいました↓↓↓

ギヤマン


お茶の世界って知らないことばかりだし、奥も深いからず~っと楽しめそうニコニコ

AD
いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(0)
2007-05-23 09:42:00

萩焼窯元めぐりバスツアー

テーマ:和のテイスト

昨日はお茶教室で、萩焼の窯元をめぐるバスツアーに行ってきました。

途中の壇ノ浦パーキングエリアで、ちょっと休憩↓↓↓

関門海峡 ←関門海峡・海峡大橋


萩に着いて、まずは萩焼会館を見学↓↓↓

萩焼2
萩焼3

昼食の後は、松陰神社を訪ねたり窯元めぐりをしたり。

窯元のお店は10箇所近く見て回ったのですが、なかなかぴんとくるものがありません。

結局、お土産屋さんでお菓子だけ買いました。


バスの中では、ゲットした萩焼の品評会。

でも私と同じように、何も買っていない人もけっこういました。

「いいのがなくて、次のお店を見て決めようと思ったら、結局何も買えなかったの」

 

最初からお目当てのものがあればいいのですが

「いいのがあったら買おう」というぐらいのテンションでは、見つけにくかったみたいです。

だけど、買ったのが食べ物ばかりというのも、ちょっと寂しい気がします。


他の人も思いは同じだったらしく、帰路の道沿いに1軒の窯元を発見し、運転手さんに

「次にこんなお店が見えたら、ちょっと寄ってもらえませんか?」

「実は、いま通り過ぎたお店が最後だったんです。

じゃ、Uターンしてさっきの所に戻りましょう」


運転手さんのお陰で生まれた、焼き物ゲットの最後のチャンス。

いそいそとお店に入ってみると、その日見た中で一番センスがいいト所でしたアップ

おまけに、値段も手頃でみんな大喜び。


私は1000円のマグカップと、600円のゆのみを買いました↓↓↓

ゆのみ


そして、ツアーの最後に行ったのはかまぼこ工場↓↓↓

エソ ←エソを加工中

ここで、かまぼこ・ちくわ・天ぷらを買い込んで再びバスへ。


バスの中でもビンゴゲームあり、おやつの配布ありと、とっても楽しいバス旅行でした。

みんなで買って食べた甘夏のソフトクリームも、すごく美味しかったな。

あ、萩焼の勉強ももちろん出来ましたニコニコ

AD
いいね!した人  |  コメント(16)  |  リブログ(0)
2007-05-08 22:11:00

総合芸術

テーマ:和のテイスト

今日は連休明けで最初のお稽古、お茶に行ってきました。

まだ2回目だけど、すごくはまりそうな予感。

お稽古は1時半から始まるのに、1時ぐらいから部屋の準備をします。


釜や茶器はもちろん、掛け軸や床の間の花も用意するんです。

お花・・・私、生けられないわ。。。

お当番になるのが、ちょっと心配あせる


掛け軸だって、自慢じゃないけど、家を新築して以来たった1つを14年使い続けています。

それも、家を建てた建設会社に記念にもらったもの爆弾


先生が持ってこられる掛け軸は、お茶席用。

茶室に入ると、掛け軸や花、花入れ、釜の「拝見」という過程があります。

そのお稽古のための予備知識などを、準備の段階で先生から教えてもらうのです。

耳慣れない言葉ばっかりで、新米の私は準備段階ですでに汗。。。


そして、お稽古の始まりは『利休百首』の音読。

『利休百首』は、千利休がお茶の心得や作法を、和歌の形で書いたものです。

毎週一首読んで、先生が意味を教えてくれて茶道の心得を話してくれます。

ああ、なんて学術的アップ・・・と、一人自己満足にひたる私。


そんな前ふりのあと、お点前の実践編。

私は以前習った時に盆略点前→薄茶→濃茶の過程の、薄茶までいっていました。

でも、完璧100%忘れているので、最初からやり直してもらっています。

先生とのマンツーマンで、申し訳ないぐらいの濃密レッスン音譜


他の人たちは、薄茶と濃茶のグループにわかれ、アシスタントの先生の指導で順番に亭主とお客を練習します。

私も盆略点前を2回練習した後は、薄茶、濃茶のグループに入ってお客さんニコニコ


茶道は奥が深くて、ある意味総合芸術だから、なかなか到達点はこないだろうけど、ちょっとずつ前進していけたらいいな合格

とりあえずは、着物の裾捌きをなんとかしないと・・・

普通に着るのは慣れてきたけど、お点前やってるとボロボロですガーン

AD
いいね!した人  |  コメント(14)  |  リブログ(0)
2007-04-15 08:07:00

ネット通販にはまる

テーマ:和のテイスト

着付け教室に加えてお茶を始めることになり、着物熱がピークに達している私です。

ところで、お茶と言うと正座してずっと座っていると思っている人もいるようですが、そんなことはないです。

膝立ちになったり、座ったままずりずりと畳の上を移動したりします。

つまり、着物をけっこう酷使するんです。


だから、お茶のお稽古のときは、廉価な洗える着物がいいでしょうね。

そんな理由から初めて楽天のネット通販を利用してみたけど、めちゃくちゃはまりましたビックリマーク

驚くほど沢山あるし、さらに信じられないほど安い!!

調子にのって買いすぎたかも・・・ガーン


おまけに、私としてはありえない事なんですが、本までアマゾンで買っちゃいました↓↓↓

本

本屋のはしごが大好きな私なのに、この変貌ぶりは何!?

時代は変わった・・・汗

いいね!した人  |  コメント(16)  |  リブログ(0)
2007-04-10 21:54:00

和のお稽古~茶道編~

テーマ:和のテイスト

最初に着付けを習おうと思った時から、セットでお茶も習おうと決めていました。

いくら着付けが上手になっても、着て行く場所がなければつまらないし、上達もしません。

そこで、独身の頃1年間ぐらい習って、しかし今は100%忘れてしまっているお茶を思い立ちました。


実際に着付け教室が始まってみると、お稽古の後に着物でランチしたり、オフ会やホテルの会食会といろんな着物イベントがあって、予想以上に着物を楽しめています。

おまけに、着付け教室の後の金曜日をお茶の日に当て込んでいたのですが、ハミングバードで心惹かれる英会話コースが始まり、金曜日の午後はそれに取られることになってしまいました。


そこで、お茶は単に着物を着るための方便なのか、それともお茶そのものをやりたいのか改めて考えてみたのです。

そして出た結論は、やっぱり着物でお茶をやりたいビックリマーク

とはいうものの、問題も。

 

まず、時間。

この前話を聞きに行った茶々クラブはとっても気に入ったのですが、天神にあるのでここに通うとなると、週に3回も天神に行かなければなりません。

それから、経済的な面も問題。

英会話クラスを増やしたし、いろいろな所へ着ていくとなると、新しい着物も欲しいし。。。


そんなこんなで、どうしようかと考えていた私の目の前に、お得な情報が目

それは、新聞ラックの古い新聞を束ねていた時のこと。

3月の終わりの頃の市政だよりと一緒に、公民館だよりも混じっていました。

何気に見ると、公民館講座の受講者募集のお知らせ。


おおっ、私のやりたい裏千家も平日の午後にあります!!

おまけに受講料は月額2千円

公民館でいろいろ講座があるのは知っていましたが、思いつきませんでした。


その公民館は2階建てで、町内会ごとの集会所とは別に、地域のコミュニティーセンターとして機能している場所です。

ちなみに、私の家から歩いて10分。

駐車場広し。


早速予約をして、実は今日、見学に行ってきたのです。

体験レッスンを受けましたが、やはりものの見事に忘れてましたよ、お茶のすべてをショック!

でも、抹茶の香りがただよう中で食べるお茶菓子の味は最高アップ


あ、いや、食い気ばかりではなくて、着物でお茶の件もOKでした。

着物を着ているのは先生だけで、他の方はロングのタイトスカートです。

これに袱紗などを入れたりはさむポケット状のものを、首からさげてお稽古しています。

 

先生に「お稽古には長いスカートで」と言われたので、

恐る恐る「あの・・・着物で来たいのですが・・・」というと、

「あら、その方がいいのよ!

お茶の所作は着物でするのを前提に考えられていますからね」と、激賞されました。

他の皆さんも「うふふ、私達も最初は着物で頑張ってたけど、だんだんずぼらになっちゃってニコニコ

というわけで、再来週から着物でお茶のお稽古がはじまります。

昔使っていた袱紗ばさみや扇子↓↓↓を再度使うので、さらに安上がり音譜

袱紗入れ

いいね!した人  |  コメント(13)  |  リブログ(0)
2007-04-01 13:18:00

誤解

テーマ:和のテイスト

最近、着物を入れているタンスの引き出しを開ける事が多いです。

そして持っていた事さえ忘れていた懐かしの着物に再会したりします。

絣のアンサンブル↓↓↓はそんな一枚です。

絣

これは中学か高校の頃作ってもらっていたもの。

お正月の晴れ着には抵抗していた私でしたが、絣のアンサンブルは気に入ってちょくちょく着ていました。

絣ってデニムみたいな感じなので、大好きです。

久留米絣の地元なので、生活全般にあふれていましたし。


そんな絣の着物にまつわる思い出は、大学生の時の話です。

お正月が終わると、早々にアパートに戻りました。

後期試験がすぐに始まるからです。


と言っても、試験は一月いっぱいかけてゆくっりしたペースであるので、私の頭にあるのは、彼との新年初デートでどの服を着ようかということでした。

そしてふと思い付きました。

「新春デートは着物できまり音譜


彼に着物姿をアピールしたいなんていう、殊勝な発想ではありません。

試験で友達とおもいっきり遊んだりも出来ず、ストレス解消に何か変わった事がしたかっただけだと思います。

自分の思い付きにすっかりハイテンションになり、片道2時間かけて実家まで着物を取りに帰るのも、ちっとも面倒に感じませんでした。


ただ、驚いたのは実家の家族。

「3日前に戻ったばかりなのに、何か忘れ物?」

「そうじゃないけど、お母さんのぜんざいが急に食べたくなって」

帰るまえに、そう母に電話をかけました。


実家に戻ってみると、ぜんざいは勿論、私の好物が山のように並んでいました。

近くに住む例の派手好きの叔母まで来ていました。

家族は妙に優しく、叔母などお年玉をもらったばかりなのに、おこづかいをくれようとします。

こんなに厚遇されるならしばらく実家にいたいぐらいでしたが、とびとびとはいえ、試験のスケジュールもあったので、一泊で帰りました。


翌年のお正月に叔母が笑いながら語ったことによると

「てっきり失恋して帰ってきたと思ったのよ。

だってあんた、ぜんざいなんて嫌いで、いつもは食べないじゃない」


急な帰省の理由を聞かれて、とっさに「ぜんざいが食べたい」なんて口走ったけど、バレバレでしたね。

今考えると、着物を宅急便で送ってもらう方がよかったと思います。

親には彼氏の話などしたことがなかったので、着物が必要だと言うのが照れくさかったのかもしれませんあせる


その絣のアンサンブルも、結婚前に別のを作ってもらったので、もう着ることもありません。

娘にお下がりであげましょう。

因みにデートでは、彼が大感激してましたラブラブ

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2007-03-31 13:11:00

叔母のおさがり

テーマ:和のテイスト

私の母は三姉妹の真ん中です。
しっかり者の長女、のんびりマイペースな母、そして甘え上手の三女。
母が実家を継いだので、三女の叔母とは彼女が嫁ぐまで一緒に暮らしていました。
姉のように可愛がってくれた彼女を、私は今でも「お姉ちゃん」と呼んでいます。


そんな叔母は、今ではすっかりおばちゃんパワーを発揮するつわものですが、昔はおとなしい性格でした。

今でも、あの「ガハハ」の大笑いを聞かなければ、それほど騒がしく目立つタイプでもありません。

 

でも、服装がめちゃめちゃ派手爆弾
毎日ステージ衣装を身にまとっていると言っていいでしょう。
踊りを長くやっている彼女は、着物もよく着るのですが、これまたド派手ドクロ

しかも、なぜか格子柄が異常に多いです。


気前がいいので、飽きた洋服や着物をぽんぽんと人にやるのですが、もらった方は困惑しがちあせる

私も母経由で、叔母のお下がりの着物を何枚かもらいました。

もちろん、ド派手なやつ!!


オレンジに黒いストライプが入ったアンサンブルなど、人を驚かせたい時に着ようと、ちょっと楽しみにしています音譜

まだしつけがついたままの着物もありました。

流行のポリエステルの洗える着物みたいですが、買ったものの叔母にしては地味で手を通さなかったみたい。

もちろん、私には充分派手目


それを今度着ておでかけしようという、大冒険を考えています。

着付け教室のお友達の絹さんに、オフ会に誘われているのですが、「着物で来てね」という主催者さんからのお願い。

「場所がモツ鍋のお店なので、洗える着物がいいかも」というアドバイスももらいました。


私が持っている洗える着物は3枚。

1枚は、この前呉服屋さんで「雨の日用に」と勧められたもので、ちょっと地味。

2枚目は母からのお下がりに紛れ込んでいたものだけど、どうやら母ももらい物らしく、これはさらに地味。

残ったのがこれ↓↓↓

着物 ←半幅帯を締める予定


初めての本格的オフ会参加が、これでいいのか!?

いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)
2007-03-23 19:32:00

一歩前進

テーマ:和のテイスト

今日は着付け教室の日でした。
先週は洋服で行って、そのまま着物を着て英会話レッスンを受けて帰ったのですが、今日は行く時から着て行きました。

名古屋帯の結び方を一通り習ったので、荷物を減らすために誤魔化しながらも自分で頑張りましたアップ
もっとも、道中着っていう上に着るのを羽織っていましたから、下手な所は隠せてお気楽。


次回は4月の[着付け教室・ランチパーティ]で付け下げが着たいので、袋帯の結び方を習う予定です。

この付け下げは結納の時に着たり、息子の七五三でも活躍した思い出深い着物。

ただし、そのぶん今ではちょっと派手かなあせる

 

でも、このランチ会は何でもOK

着物を着る場を提供するという趣旨で、2ヶ月ごとにホテルで開かれています。

先生が他の所で教えている生徒さんも参加するので、きっと華やかなことでしょう。

聞くところによると、先生とアシスタントの先生の掛け合い漫才(?)が一番の呼び物だとか。

今からとっても楽しみ音譜


お稽古の後は、お待ちかねのランチ。

いろいろ親切にしてもらっていたしーさん達が、チケット制のお稽古日に移って金曜日は今日が最後でした。

すごく寂しい気分でしたが、一緒に着物のお店にお出かけする計画などで、逆に盛り上がりました。

これからも、着物友達として仲良くしてもらいたいなドキドキ


写真は絹さん撮影のランチ↓↓↓

ランチ


私は今日、携帯を忘れて出かけしてしまい、朝から夕方まで不安な一日でした。

でも、それほど困ったことにならなくて・・・それも寂しいなしょぼん

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2007-03-13 19:27:00

和のお買い物

テーマ:和のテイスト

昨日は、着物のリサイクルのお店へ行ってきました。
リサイクル品だけでなく、新品も格安で販売してるというチラシを、ちょっと前に見かけていたのです。

しかも思いがけなく

「へぇ~、あんな所にそんなのあったっけ?」

と言うぐらいの近さでした。
関心がない時は、見過ごしているものですね。


ところで、昨日探していたのは、和服の時の手提げ。

いよいよ今週の金曜は、街に着物デビューですからアップ


と言っても、大袈裟な事をするわけじゃなくて、着付け教室の後に、そのまま英会話レッスンに行くだけなんですあせる

それでも、手提げと履物は必要だわ。

草履だけはこの前、和服のお店で買ったんですけど、手提げのいいのがなかったので、リサイクルのお店をのぞいてみる事にしたんです。

そして選んだのがコレ↓↓↓

手提げ


この前買った草履とお揃いっぽい↓↓↓

ぞうり

ほかに、お店の人にいろいろ教えてもらって、帯あげも買いました。

店員さんは私と同じぐらいの歳の、着物が趣味の主婦。

話がはずんでくると、お互いに思わずタメ口。

まるで、若い人が行くブティックの店員さん風ニコニコ


ど素人の私は、あれこれ素朴な質問をして、いっぱい勉強になりました。

「土曜日には、着付けの先生がきますので、アドバイスしてもらえますよ」

と言うことでしたが、私には友達感覚の彼女で充分です。

これから、あのお店には足しげく通いそうだな音譜


さて、準備も整ったことだし、これから毎週金曜日は着物で英会話コスモス

実は、英会話レッスン6回分を4月一杯で消化しなくちゃいけないんです。

期限が6ヶ月で、普通なら月に1回の英会話レッスンなんですけど、諸般の事情でそんなことに・・・ドクロ


という訳で、楽しみにしていたお茶のお稽古は、5月の連休明けからになりました。

とりあえず、先生のMr.Fishermanに着物姿を毎回褒めてもらって(正確には褒めさせて)、自信をつけよっとニコニコ

いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
2007-03-02 16:48:00

お稽古初日

テーマ:和のテイスト

いつの間にか3月になってました。

2月は28日までなのに、ちょっと油断してましたあせる

でも、今日みたいにお天気がいいと、やっぱり名実ともに春だわハチ


そんな浮かれ気分の中、いよいよ着付けのお稽古がスタートです。

昨日の夜になって、あわてて小物を用意しました。

それに、着物と帯は早くから考えていたのですが、長襦袢のことをすっかり忘れていました。


長襦袢と言うのは、着物の下に着る白っぽい下着(着物)のことなんですが、私は昔からなぜか長襦袢が好きなんですよね。

「いよいよ着物をきるぞっ」という緊張感があるし、けっこう色っぽい感じもするしラブラブ

私が持っているのは白っぽいものばかりだけど、最近はカジュアルな街着の下には、カラフルな長襦袢を着たりするみたいです。


ところで、その長襦袢に関して、この前見学に行った時に、先生からこんな注意がありました。

「着物は多少サイズの調整がきくけど、長襦袢だけは自分の体型に合ったものを用意してくださいね。

そうじゃないと、襟元がぴっしときまりませんよ」


自分の体型に合ったもの・・・。

ちょっとやばいかも。。。

実は私、結婚してから1度も着物を買ってません。

全部独身の時に作ってもらったもの。

ということは、独身の時の体型に合ったもの。

・・・今とそうとう違いがあります爆弾


見学に行った時には

「よし、帰ったらさっそく着てみなくちゃ。

そしてもし合ってなかったら、お稽古が始まる前に用意しないとね」と思っていました。

でも、すっかり忘れてたんです。

思い出したのが、夕べの9時ガーン


慌てて箪笥を引っ掻き回し、3枚の長襦袢を発見。

1枚目は小さくなってました(私の方がデカくなったんですドクロ

2枚目も、かなり厳しいです(身長は変わってないのにガックリ

3枚目・・・やったビックリマークなんとかOK

これは付け下げにあわせて作ったもので、大きめにゆったりとミセスサイズに作っているみたい音譜

(↑デブになる予兆が当時からあったのかも!?


前夜にすったもんだの準備を終えて、今日は意気揚々とお稽古に出かけました。

私と同じく、もう1人今日からの生徒さんがいたので、先生が2人まとめて教えてくれました。

初歩の初歩なので、今日は長襦袢の着方から、帯を締める前まで。


1時間かけて、ゆっくりしっかり教えてもらったのに、手順を習った端から忘れていきますあせる

残りの1時間は、アシスタントの先生に指導してもらって、4回ぐらい脱いだり着たり。

でも、どこかしらちょんぼがあって、なかなか覚えられなかったですしょぼん


もともと物覚えがいいほうじゃないですが、今日はなぜか特にダメでした。

緊張のせいでしょうかはてなマーク

老化現象でないことを祈るばかりです。。。


そんな緊張&結構な肉体労働が2時間続きました。

かなりヘトヘト。。。

今日は午後に何も入れてなかったのですが、今後は英会話レッスンやお茶のお稽古が入るかと思うとちょっと不安ですあせる

でも、馴れれば大丈夫だと信じましょうビックリマーク


お稽古が終るのがちょうど12時で、しーさん にランチに誘ってもらいました音譜

もう1人の生徒さんと、3人で福ビルの地下のお店へ。

お二人は着物でお稽古に来て、また着物のままランチにも行きます。


着物の着こなしがすっかり板についていて、すごくかっこいいですラブラブ

私も早くそうなりたいな。

それに、運動の後(?)のランチは格別おいしかったですニコニコ

いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。