1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2007-09-02 12:30:00

夏の想い

テーマ:音楽

いつの間にか、もう9月ですね。

そういえば、8月の初めにも同じようなことを書いた記憶が・・・。

こうしてあっという間に、1年が過ぎていくんだわ。

・・・そんなしみじみ感が漂うのも、「秋」のしわざかしら。


ベースでは11月のミニ発表会に向けて、また練習が始まります。

次回はテレサ・テンの「月亮代表我的心」をやる予定でした。

歌もずっと練習してきました。


今回はバンドスコアがないので、息子にコードを教えてもらい、コードからベースを弾くという新たなステップに挑戦しようと張り切っていたのですが・・・。

この「月亮代表我的心」は、音のチューニングが特殊みたいでして・・・つまり一般的な音と少しずれているらしいのです。


私の歌の音域も考えて、とりあえず通常の音とみなしてコードを書いてもらったのですが、CDと合せたらずれて変になってしまいます。

発表会の時には、息子にギターを弾いてもらったのを録音し、それをバックにベースを弾きながら歌うつもりでした。

でも、そこにいくまでの練習がとても面倒です。


かといって、「月亮代表我的心」をやめる気にはなれません。

レスリーへの思い入れがたっぷりある曲。

(詳しくは『フィードバック的「月亮代表我的心」』→ココ をご覧下さい)


夏の間じゅう、切ない想いでこの曲を毎日歌っていたんです。

歌詞の内容は、あなたを想っているという相思相愛の曲なんだけど、メロディが哀愁をおびていて、私にはなんだか失恋の歌に思えます。


この曲はどうしてもやりたい!

ミニ発表会で歌いたい!!

しかたない、ギターを弾いて歌おう!!!


あれっ、私ってギター弾けたっけ!?

いえ、弾けません。

正確には、フォーク少女だった中学生の遠い昔に、毎日練習していました。

そして、どうしても押えきれないコードが2つあって、挫折してしまいました。


私の挫折体験を知っている息子は、いつも

「ギターやったほうがいいよ、ベースのためにも。

アコギの音が好きなんだろ。

オレが教えてやるから、練習したら」


そういわれる度に私は

「イヤよ。ギターの弦って押さえると痛いんだもん。

あんなのは、痛いのが好きなM体質の人にやらせておけばいいの。

アコギは弾くより、聴いているのが一番音譜」と、答えていました。


でも、最近はちょっと考えが変わって、ギターを弾けるって便利かもと思うようになっていたのです。

弾き語りをする影響かもしれません。

どう考えても、今のスタイルにはベースよりアコギですものねあせる


息子に教えてもらう事にしました。

まずは、コードをそれぞれ正確に押えきれるようにならないと。

さすがに中学時代にやったことは、すっかり忘れてしまっています。

自分がどのコードで引っかかったか、そのコード名さえすっかり忘却のかなた。


まずは簡単なC、G、Emあたりから。

2、3年ぶりにギターの弦を押さえたけれど、以前に比べて指が痛くないような。

ベースの弦でなれて、指の皮膚が強くなったのかも。


弦の間隔や太さが全然違うので、ベースが弾けるからギターもOKとはなりませんが、多少は有利。

よし、途中挫折のギターを今度こそ攻略するぞっアップ

息子にも、勢い込んで言いました。

「次の発表会では、ギターで弾き語りをするわ!」


「えっ!? ベースじゃなくても参加できるの?」

「見た目がそんなに変わらないから、みんな気がつかないって」

「まあ、ギターでも出れるならいいけど・・・弾き語れるほどになるかな」

「練習すれば、大丈夫ニコニコ

「Fコードがあるよ」

「Fって?」

「一番難しいんだ。

ギターを挫折した人って、Fでつまずくことが多いよ」


もしかして、中学時代の私がつまずいたのもFコード!?叫び

改めて弾いてみると・・・難しい・・・出来ない・・・無理ドクロ
こんなの弾ける方がおかしいよ。


というわけで、11月のミニ発表会にはとりあえずビートルズの「Let It Be」をやることにしました。

これならバンドスコアもあるので、すぐに取りかかれます。

そして、半年後の2月の発表会で、ギターの弾き語りビックリマーク


レスリーのためなら、Fコードだって頑張れちゃうぞっラブラブ

AD
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)
2007-08-19 15:18:00

天変地異

テーマ:音楽

昨日はヤマハの生徒で作っている懇親会の、ミニ発表会&食事会がありました。

私は「Top OF The World」をベースで弾き語るという、変則スタイルで参加。

結果はまあまあ、かなあせる


例によってかなり緊張していたし、最初にマイクの位置が悪くて、歌っている途中で動かしてもらったのですが、それに気をとられてベースの方がおろそかに爆弾

しかぁ~し、以前の私とは一味違います。

とっさに音を追って、すぐに復帰アップ

ま、誤魔化し上手になっただけどいうべきか・・・ダウン


ベースはそんな調子なのですが、歌は完璧。

いえいえ、けして上手い歌とかじゃないのです。

先天性の音痴ですから。

 

でも、ベースが変になろうが、どこを弾いているかわからなくなろうが、微動だにせずって感じです。

歌うこととベースを弾くことは、完全に分離独立しているみたい。

自分でも不思議。

だから、ベースでちょっと詰まっても、演奏後にがっかり感がきませんね。

「とりあえず、歌は普通に歌えたし音譜」って、お気楽になれます。


発表会後の食事会で、そんな私の歌に対してこんなことを言ってくれる人がいました。

「とっても良かったよ!

『Top OF The World』は大好きな曲なんだけど、あなたの歌はすごく良かった。

マイクの拾いが悪くて残念だったな。

次回もう一度、今度はヘッドフォンのヴォーカルマイクで歌って欲しい」


ひぃぇ~~~叫び

私が歌で褒められるなんて、ありえないドクロ

これは、北極の氷がとけたり、日本の沿岸で熱帯の魚が泳いだりするのと同じ現象だわガーン


まさに異常現象。

でも、一生に一度あるかないかの事だから、嬉しかったわ。

長生きは、してみるものねニコニコ


浮かれ調子の私に、別の人からちょっとした突っ込みも。

「だけど、どうしてベースなんですかはてなマーク

弾き語りだったら、ギターやピアノの方が都合が良さそうだけど・・・。

やはり、バンドを組んだりする予定なんですかはてなマーク


「いえ、あの・・・

歌いたいからベースじゃなくて・・・

あの、その、バンドがなかなか組めなくて・・・

それであの、MDに合せてベースを弾くだけじゃちょっと、あの、あれだから・・・

だから、その、歌なんかうたってみたりなんか・・・」


急な質問で、思わずしどろもどろの返事になってしまいましたあせる

家で練習している時、自分でも「ベースで歌うのは変だし、実際やりにくいよな。。。

ギターに転向したほうがマシかも。。。」と思っていたのです。


冷や汗をかいている私の隣に座っていた、ガウディ氏(建築家なので、今後こう呼ばせていただきます)が、ぽつりと

「じゃ、次回はセッションをやりますか」

実は、前々回の懇親会の時、先生が私をガウディ氏に売り込んでくれて、彼のエレクトーンの演奏の時にベースのパートを弾かせてもらったらどうかという話が出ていたのです。

でも、前回、私に用があって発表会もそこそこに急いで帰ってしまったので、話は立ち消えになってしまっていました。


「フルートがメインの曲なんですけどね、エレクトーンとベース、フルートで一緒にやりましょうか」

「ぜ、ぜっひ、お願いしますビックリマーク

じゃないと、ベース一本で弾き語る変わり者なんていうイメージがついちゃいますからショック!


というわけで、見事ベースのお仕事ゲットクラッカー

私がベースを頼まれるなんて、これも天変地異の一つかな。

AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)
2007-07-10 19:45:00

フィードバック的「月亮代表我的心」

テーマ:音楽

昨日のベースレッスンから、8月のミニ発表会の曲の練習に入りました。

カーペンターズ第2弾で、「Top OF The World」

2年前の発表会でやったもので、その時はタブ譜だったけど今度は普通の楽譜。


レッスン前にはあまり練習が出来ていなかったのですが、なんとかなりそうです。

まだ時間もありますし、歌の練習はずいぶん前からやっていますから。

弾き語りでは、歌の練習が決め手ですね。


歌といえば、最近気になって歌ってみている曲があります。

それは「月亮代表我的心」(→ココ

テレサ・テンの有名な曲です。

私は彼女の歌としてより、レスリーがライブで歌っていたので覚えました。


でもレスリーが亡くなって以来、DVDやアルバムからも遠ざかっていたので、いつしか北京語や広東語は私の生活から消えていました。

だけど、息子が今年大学に入ってから、事情は一変。

第二外国語に中国語をとった息子の影響で、また馴染みのものになってきました。


息子がNHK講座などを見る時は、なんとなく一緒に見ます。

そして、授業でペア暗唱テストがあるというので、家での練習を手伝ったりもします。

ピンイン(音表記)の読み方などすっかり忘れていると思っていたのですが、やってみるとけっこう思い出すものです。


息子が中国語を選択したのは、もともと私の影響なのです。

彼が小さい頃から

「日本にいて一番役に立つのは、運転免許と英語の能力。

そして、次にやったほうがいいのは中国語かスペイン語。

まあ、やり易くて速攻で役に立つといえば、中国語の方かな」

と、機会があるごとに力説してきました。


その甲斐あってか、息子は学生時代の私よりずっと熱心に中国語を勉強しています。

授業自体も、先生がとってもユニークで、私が習いたいぐらいの内容。

前期のまとめとして、ペアで創作寸劇をする課題が出ています。


その劇の中で、「月亮代表我的心」の一部を歌うとかで、家で練習しています。

聞いていると懐かしくて、私も口ずさんでみました。

そして決めました。

「次の次のミニ発表会では「月亮代表我的心」を歌おうビックリマーク


息子にさんざん吹き込んで中国語を受講させたら、それが自分に戻ってきて「月亮代表我的心」を歌うことになるなんて。

なんだか妙な展開ですあせる

AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)
2007-05-20 09:37:00

[Groove 5]ライブ

テーマ:音楽

金曜日は、久しぶりにライブへ行ってきました。

今年はライブ運がなくて、まだ3回しょぼん

そんな不運を吹き飛ばすように、真ん前でじっくり[Groove 5](HP→ココ )を堪能しちゃいました音譜


しかも今回はギターの小野先生のお誕生日ライブで、ゲストありハッピーバースデイソングありと、いつもにも増して豪華。
雨もよいの夜だったのですが、気がついてみれば会場のDream Boatはいつの間にか満席でした。


ところで、1部のゲストは先生方と同じヤマハで活躍されている女性ピアニスト。

先にHERO先生が演奏した後、2曲ほど代わって演奏しました。

他のメンバーは同じなのに、キーボードが代わっただけでこうも変化するのかと、びっくりしました。

彼女に合せた選曲のせいもあったのでしょうが、HERO先生のパワフルさに対して、たおやかな美しい音の運びです。


さらにその後、HERO先生が再び鍵盤の前へ。

耳が自然に彼女の音と聴き比べるせいか、いつも聴き慣れているはずの先生の演奏がすごい迫力でせまってくる気がします。

肩をぎゅっとつかまれて、心臓を直撃するような攻撃的な音です。


もしかして、ゆうこさんが言っていたのはこれ?

ライブ友達のゆうこさんと初めて一緒に[raison detre]に行ったとき、彼女は

「[raison detre]はHな音楽

HERO先生のピアノも、とてもH」と言っていました。

 

その言葉に対して先生も

「僕のピアノがHな音だとは、よく言われます」

(詳しくは『幸せのハードル』→ココ


未熟者の私は、その時は「Hな音」の意味がわからなかったのですが、今回なんとなくわかる気がしました。

こちらにぐいぐい迫ってくるような緊迫感に、身動きがとれずにすくんでしまうのですが、それがセクシーでもあるのです。

優しい旋律に対してさえも、囚人のように先生の音に捕えられて抗えないのです。


そんなHERO先生の魅力再発見があった1部に続いて2部では、サックスの西田先生がゲストで最後に参加。

私は2人のサックスプレーヤーから3mも離れていない至近距離で聴いていたので、音の重奏攻撃。

その真っ只中で音を浴びながら、サックス好きの私にはたまらなく幸せな時間でした。


ライブの後は、例によって先生方ともお話できました。

実は私はこの日、着物でライブに行っていたのです。

金曜日なので、朝から着付け教室→ランチ→2時間の英会話レッスン。

朝の8時半から午後4時まで着物を着ていたことになります。


着物は脱げばそれですむのですが、問題は髪。

アップにしていたのですっかりへんな形がついて、洗うしか修復のしようがありません。

でも、朝から出かけていたので家のことが全く出来ていなくて、それをこなしながらまた7時半までにでかけるには髪をそのままにして、着物で出かけるのが時間的にはベスト。


恥ずかしいとは思いつつ、いつかはライブにも着ていきたかったので思いきって着物で行きました。

これが意外と好評ニコニコ

ドラマーの巨匠さんなど、女性の着物を絶賛。

「先生は、つまり女性の着物姿がお好きなんですかはてなマーク

「ええ、着物は女性の特権ですよビックリマーク

「・・・あのぉ~、・・・私って着物が似合っているかしら?」

「はい、とっても似合ってます!!


いやぁ~ん、先生ったら正直すぎるぅ~ラブラブ

いいね!した人  |  コメント(14)  |  リブログ(0)
2007-03-10 16:07:00

年下趣味

テーマ:音楽

昨日はヤマハ博多センターで、ジャズ科合同レッスンがありました。

結果はいつもの、途中でどこを弾いているかわからなくなる状態。。。

それでも、最近は大成長して、途中で復帰して最後はなんとか帳尻合わせが出来ましたあせる


自分でもどうしてこんな失敗を毎回繰り返すか不思議ですが、まあ、これも一つの個性と思ってへこまないようにしています。

それに、他の人もけっこう「途中でやばかった。。。」と言ってました。

私から見たら上出来ですが、それぞれのランクで目標レベルがあるのでしょうね。

とにかく、頑張って練習した結果がどうであれ、素直に受け止めて次の機会に再挑戦するだけですアップ


えへっ、これまでの私に較べて、とっても前向きでしょう。

それは、レッスン後の反省会のお陰晴れ

平たく言えば、ただの飲み会なんですけど汗


同じベース科の人たちと

「あ~あ、失敗しちゃった」

「大丈夫、大丈夫。私よりマシよ。

次にまた頑張ろう!」

「そうだね。次があるね」

そんななにげないやり取りなんですが、同じ悩みを抱える仲間同士で励ましあうと、とっても元気になれます。


昨日の反省会参加メンバーは、おなじみのGORGEOUSさんと、前回も一緒だったナベサダさん。

それに、こだみん先生と息子さんというスペシャルゲストもキラキラ

息子さんは先生のブログに頻繁に登場しますので、よく知っている気がしていたのですが、実際に会うのは初めてでした。

 

先生そっくりで、とっても可愛い小学生ドキドキ

それに、甘いマスク(!)とは裏腹に、しゃきしゃきとした話し方で物怖じしない様子も、感じのいい男の子でした。

「せっかくだから今日はゆっくりして、終電を初体験してみたら?」と私がけしかけると

「ああ、それもいいですね。そうしたいな!」と、ノリも良かったです。

残念ながら、パパのお仕事の都合で先に帰っちゃいましたけど。


残った3人で、音楽の話もしつつ、他にも盛り上がりネタ満載音譜

私とGORGEOUSさんは同じ歳で、ナベサダさんは2歳上。

それに、ナベサダさんの奥様はやっぱり私達と同じ歳だそうで、共通の話題も多いです。


昨日面白かった話は、GORGEOUSさんが年下好きということ。

「年下って可愛いよねラブラブ

彼女は、この前の発表会で見かけた高校生ドラマーにすっかりお熱。

年上趣味の私には理解できない世界ですガーン


「年下・・・高校生・・・

う~ん、理解できない。。。

あ、でも先生の息子さんはとっても可愛かったドキドキ

「それは、意味が違うでしょむっ


そうかな!?

大人っぽい感じが好みのタイプではあるんだけどニコニコ

いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)
2007-02-22 20:30:00

カレン・カーペンターと美空ひばり

テーマ:音楽

今年に入ってから、ベースへの意慾がすっかり落ちてしまっていました。

ジョギングを始めて、午前中のほとんどの時間を走ること&半身浴に当てているせいもあります。

はたまた、新年の抱負で[ベースをやる前に英語の勉強!]と誓いをたてたので、結局ベースの練習はやれずじまいになることも多々ありました。


なんやかんやで、1日3時間強を誇っていたベースの練習時間がすっかり減ってしまい、そのしわ寄せが課題曲にいってしまいました。

[朝日のごとくさわやかに]と[CORCOVADO]を、次回の合同レッスンのためにやっておかなければいけないのに「どうせ出来ているから」とほおっておいたら、すっかり忘れて弾けなくなってましたあせる


あせって練習しようとしても、何だかやる気になれず。。。

前々回のベースレッスンでは、こだみん先生に

「曲に対して気持ちがすっかりマンネリ化しちゃいました」と告白。


先生は困った顔をしながらも、

「プレーズを変えて飽きないように工夫したり、いろいろな人が演奏しているので、他のバージョンを聴いたりしてみてください」とアドバイスしてくれました。


さっそくCDを探して他のバージョンを聴いてみると、ちょっと意慾が戻ってきました。

そして、前回のレッスンでは先生が工夫してくれて、わくわくのレッスンでした。

「楽器が弾けるって楽しいな音譜

誰かと合わせるって最高ラブラブ」を実感しました。


その2日後が例の『ミニ発表会&懇親会』

やる気は最高潮ですアップ

5月のミニ発表会に向け、すでに曲も決めて練習を開始しています。

演奏しようと思っているのはカーペンターズの[YESTERDAY ONCE MORE]


この曲は、ベースを始めて1年もしないぐらいに習いました。

初心者用にアレンジされているので、とても単純なベースラインになっています。

発表会でやるには、ちょっと華がないかも。。。

それで、歌っちゃおうと思っています爆弾


前からブログを読んでくれている人は良く知っていると思うけど、私って超音痴

自分でも「どうしてそこまで音を外せるの?」と感心するぐらいの音痴なんです。

でも、それが何!?

あの親睦会は「音痴だって、テンポがずれたっていいじゃないか!!」と思わせてくれる、不思議な発表会なんですニコニコ

 

私が歌を練習していると、子供達が見かねてアドバイスをくれます。

娘は「英語の発音に気をつけるのもいいけど、メロディが大切よ」

・・・まあね。。。

息子の意見は「カレンの歌は、美空ひばりさ。低音でぐっと回り込んでくるところがポイント」

・・・あ、なんとなくわかるビックリマーク

ひばり風[YESTERDAY ONCE MORE]で頑張るぞっ晴れ

いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)
2007-02-19 09:39:00

ミニ発表会&懇親会

テーマ:音楽

久しぶりのブログです。

先週はなにかと忙しい一週間でした。

そんな頑張った私も、土曜日はゆっくり楽しんできました。


それは去年の12月に参加した、ヤマハの生徒で作っている親睦会の集まり。

(詳しくは『とっても欲しいものは手にはいるね』→ココ

最初にミニ発表会がありました。

今回が初参加の私は、とりあえず聴かせてもらうだけにしました。


会員の方がそれぞれソロやアンサンブルで参加し、ピアノを中心にサックス、フルート、チェロと多彩な演奏でした。
とってもほんわかムードの発表会です。

失敗してもぜんぜんOKの雰囲気。

 

実際に途中でちょっと失敗して「最初からもう一度やり直します汗」のパターンも。

それでも、演奏している人も聞いている側もニコニコのいい感じ。

キャリアの長い人から短い人まで、それぞれ満足そうに弾いて、満面の笑顔で演奏を終えます。

「次はぜ~ったい私もやりたいビックリマーク」と思いました。


曲の解説や自分の近況を交えてのMCが盛り上がりつつ、24曲があっという間に終りました。

その後は、お待ちかねの懇親会クラッカー

いろんな楽器の人と話が出来て、とっても楽しかったです。


ところで、次回のミニ発表会には、ぜひ演奏で参加したいと強く決意した私です。

MD音源を鳴らしながら一人で演奏するのもちょっと寂しいので、

「誰かベーシストを雇ってくれる奇特な人を探さなきゃ」と、営業面でも頑張ろうと思っていました。


そんな私に神のご加護キラキラ

親睦会のお世話をして下さっているピアノ科の先生が、私の席まで来てくれました。

「どんな形で参加してもらえるのかしら?」

「セッション形式で参加したいのですが、知り合いもいないので、音源を鳴らしてベースを一人で演奏しようかと・・・」

「それなら、誰かに声をかけてベースのお仕事をゲットしなきゃねビックリマーク


そこへエレクトーンの人がやってきました。

「仕事下さい!!

「えっ・・・はてなマーク

「彼女にエレクトーンのベース部分をまわしてあげてビックリマーク

「あ、まあ、それはかまいませんが・・・あせる


そんな調子で先生が有能なマネージャーのごとく、仕事をとってくれました晴れ

おまけに次回からドラマーの方も参加されるとかで

「ゆくゆくはビッグバンドもアップ」と話が弾みます。


ベースを始めてこの3月で丸4年になりますが、これからいよいよ楽しめる段階になりそうです。

次回のミニ発表会は5月。

今から楽しみだなぁ~音譜

いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)
2007-01-04 23:59:00

初ライブ観戦

テーマ:音楽

昨日は今年最初の[蟹W]のライブに行って来ました。

「お正月からもうライブがあるの?」と驚きの方も多いでしょう。

実は↓↓↓

誕生日ケーキ ←私からの貢物ドキドキ


1月3日はこだみん先生の誕生日!

という訳で、昨日はこだみん先生の誕生日ライブだったのです音譜


第一部は[森くんとヤスくん]のギターデュオ。

ヤスくんのギターはTUPELOで聴いたことがあったのですが、森くんの歌とギターは初めてでした。


森くんの歌は、中期の長渕剛みたいな感じでした。

私の勝手な解釈ですが、長淵剛って初期、中期、後期(現在)で声質から歌い方までずいぶん違うんですよね。

 

一方のヤスくんのギターは、とっても透明感のある音です。

湖の水面に輝く光のように、清冽な音がきらきら光ります。

 

そんな2人の音が重なると、不思議な音楽になります。

長渕がレミオロメンの歌を歌っているみたいです。

森くんの歌の歌詞に「昭和生まれで、平成育ちの僕達」とありましたが、まさにそんな感じの歌でしたね。


第二部はいよいよ[蟹W]クラッカー

Dream Boatで2人のギター演奏は初めてです。

前の方の船の舳先席(私が勝手に命名)があいていたので、ダッシュして真ん前で見ました。


ちょうど2人と私が正三角形になるベストポジション。

生音とアンプからの音が程よくミックスされて、いい感じの空間が出来ていました。

 

TUPELOで聞くとしっとりした音で、瑞々しい果物のようなアコギの音色。

それが昨日はパワーのある硬い音で、ドライフルーツの甘味を感じました。

いろんな場所でのいろんな[蟹W]を、今年も楽しめそう音譜


アンコールは淳平さんやHERO先生、それにヤスくんも参加してチック・コリアのスペイン。

新春に相応しい豪華な演奏を目の前で聴けて、本当に嬉しかったです。

「今日はすでに2007年上半期で一番楽しい日になったな」と大満足でした。


でも、お楽しみはそれだけじゃありませんでした。

先生方がライブ後にラーメンを食べに行くのに、私もついて行かせてもらいました。

ああ、夢のような出来事ですキラキラ


先生方のブログを読んでいると、ライブ後にあれこれ寄って帰っているみたいで

「とっても楽しそうだなぁ~」と憧れていました。

ラーメンもすごく美味しかったですが、それ以上に、先生方と深夜にラーメンをすすっているというシチュエーションでかなりハイテンションな私でしたニコニコ


その後、なおさんの家に行くというこだみん先生とすぎたくんに、HERO先生も「いいな、僕も行こう」発言。

私も思わず

「ねぇ、なおさん、私も一緒に行ったらまずい!?」と半ば脅し強引に行っちゃいました爆弾

 

なおさんちで、みんなで去年のSoul BirdでのライブDVDを見ました↓↓↓

ライブ


これって、ラーメン屋さん以上に興奮する状況ですよ晴れ

演奏を見ながら先生方はあれこれと反省会。

その場に、この私がいるなんて信じられないラブラブ

ああ、新春3日目にして2007年最良の日でした。

いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
2006-12-28 12:07:00

ミニ忘年会

テーマ:音楽

夕べはヤマハの天神センターで、ジャズ科の合同レッスンがありました。

9月の発表会の後は、ずっとこの合同レッスンを目標に頑張ってきたのでした。

そして、その結果は・・・

まあ、それなり。。。


練習では完璧だったんですが、本番に弱いんですよね、私しょぼん

でも、今回は都合よく言い訳にできるアクシデント(?)もあって・・・。


実は夕べの合同レッスンではリハがあったのですが、なんとその時になってピアノ科の先生から

「イントロは抜きでいきます」との爆弾発言。

おまけに、[朝日のごとくさわやかに]のほうは、エンディングも変更。

聞いてないよぉ~ショック!


それでなくてもイッパイイッパイの私、予想通りにミスっちゃいました爆弾

[朝日のごとくさわやかに]は、途中で楽譜から大幅に外れました。

幸い演奏の流れだけはつかめていたので、なんとか誤魔化し最後までもちこみ、皮肉なことに変更になったエンディングだけをきっちり演奏できました汗


悲しかったですダウン

でも今回は、[CORCOVADO]も弾かせてもらえて、挽回のチャンス晴れ

こちらもイントロなしでした。

そして、臨機応変に対応できない私は、しっかりイントロから入ってしまいましたドクロ

でもイントロとその後がとっても似ている曲だったので、後はうまく乗り切ることができてなんとか最後まで演奏しました。

 

こうして私の今年のベースは終了。。。

[CORCOVADO]で挽回できて、ひどくへこまなかったものの、なんだか寂しかったですしょぼん

ベース科の他の参加者の4人とヤマハの入り口で別れる時も

「お疲れさま。また来年」の声が、心なしか自分でも暗かったです。


するとその時、参加者の一人であるナベサダさん(最近ナベサダをよく聞いているらしいのでこう呼ばせてもらいます)が、みんなに

「ビールでも飲んで帰りませんか?」と声をかけました。

みんなもこのまま帰るのは物足りなかったのか、車で来ていたクラスメート君(詳しい説明は『大学時代の思い出』→ココ )を除いて、残りで居酒屋さんへ行きました。


GORGEOUSさん(詳しい説明は『カッコ美しい女性ベーシスト』→ココ

ラルクくん(ラルク アン シエルのファンなのでそう呼びます)

そして、ナベサダさんと私の4人です。


私から見れば他のみんなは上手に演奏できてたようだったけど、やはりそれぞれに反省点があるようでした。

口々に自分の不甲斐なさを言い合って妙にすっきりニコニコ

そして、お互いに良かった所を言ってあげて慰めあいます。


私は空くんがとっても褒められましたキラキラ
「あの水色は、ライトが当たるととってもいい色になるねビックリマーク

たしか赤もあったはずだけど、水色で正解だよ!!」とナベサダさん。


ラルクくんはラルクくんで

桃ちゃんはラルク アン シエルのtetsuモデルだったでしょ。

tetsuは今空くんみたいなベースを使っているんです。

だから、ラルクのファンかと思ったら、偶然だったんですね。

めちゃくちゃ趣味いいなぁ~クラッカー


息子に眉をひそめられた空くんが、ここではヒーローアップ

仲間よ、ありがとう音譜

その後もベースの話から多方面に盛り上がって、時間は12時近くあせる


合同レッスンでのちょっとした失敗はどこへやら、とっても楽しい気分で家へ帰りました晴れ

いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)
2006-12-09 13:10:00

とっても欲しいものは手に入るね

テーマ:音楽

12月に入って、今年を振り返りつつ来年の抱負などをぼちぼち考えていました。

私にとって今年大躍進したものは、やはりベース。

2月からジャズ科に移ったことで、音楽スキルが大幅に上がりました。


それまではタブ譜を使っていたのが、普通の楽譜で弾けるようになりました。

タブ譜はどのフレッドを押えればいいかを、こと細かに書いてくれている楽譜↓↓↓


タブ譜

これだと、ただ指の運指練習だけでいいです。

ところが一般の楽譜になると、同じ「ド」でも何箇所かありますから、運指を考えつつ微妙な音の違いも考慮してどこを押えるか自分で考えなければいけません。


それに、ジャズ科のテキストはフレーズパターンを何通りか書いてあります。

全部練習してみた後で、どれを選ぶかは自分の裁量です。

これがまた、結構難しいのです。


「この曲はどういう弾き方」と教えてもらえるのではなく、「この曲をどう弾きたい?」と問いかけられる感じです。

答えを探すために、何度も音源を聞き返し、自分なりに解釈。

そして、パターンを当てはめててみるものの、経験が浅い私は何度も試行錯誤の繰り返し。

でもそのお陰で、1年前とは比べものにならないほど、自分で考えて演奏できるようになりました。


それから、ジャズ科に移った最大の目的はほかの人とのセッション。

私はヤマハでエレキベースを習っているのですが、ジャズ科では3ヶ月に1度ぐらいの割合で、ピアノ、ドラムのジャズ科の方たちと合同レッスンがあります。

  

日頃はプライベートレッスンで、私のベースに合わせてこだみん先生がアコギやキーボードで合わせてくれます。

でも、ほかの楽器の生徒さんと合わせるのは、年に一回の発表会のときだけ。

同じベース科の人とご一緒するのも、親睦会の時ぐらいです。


6月に初めて合同レッスンに参加して自信が生まれ、それまで2回続けて失敗していた発表会も、今年はうまくいきました晴れ

とても楽しくて、またやりたい気持ちで一杯です。

今は12月27日の合同レッスンに向け、気持ちもノリノリで練習に励んでいます。


そうなってくると、来年どうしてもやりたいのが、バンドを組むこと。

まあ、別にバンド形式でなくても、もっと頻繁に他の人たちとジャズ以外の曲も演奏してみたいです。

だけど、周りに音楽仲間を探すのは至難の業。


楽器屋さんの張り紙やネットのバンド募集の掲示板を見ても、20歳前後が募集の年齢。

かといって、近所の井戸端会議中の奥さん達に話を持ちかけても望み薄。

ヤマハでジャズ科みたいにポビュラー科があって、3ヶ月ごとに合同レッスンでもあればいいのにと思っていました。


来年の抱負は、『セッションの機会を増やすビックリマーク』だわ。

そう意気込んでいた私の目の前に、まさに私のためのような[お誘いチラシ]がぶら下がっていました。

木曜日にベースレッスンに行って、自販機の置いてあるコーナーで見つけたのです。


それは、ヤマハの生徒さん方がやっている『大人の教室親睦会』

「大人になってから楽器を習い始めた方へ」・・・私だわ!

「教室ライフをより楽しく意義ある内容で過ごすために、同じ年代の方たちとの交流が欲しいと思ったことはありませんか?」・・・あります!あります!

「ほかの楽器を習っている方たちと、話がしてみたいと思ったことはありませんか?」・・・おっしゃるとおりです!


壁に下げてあったチラシをぐいっと引っ張って、持って帰りました。

そして、さっそくチラシに書いてあった代表者の方に問い合わせのメールをしました。

参加者の楽器、年齢構成、音楽経験歴。


すぐにお返事をもらい、即座に参加させてもらうことを決めました晴れ

3ヶ月ごとにミニコンサートと親睦会があるそうです。

やった!!


これにジャズ科の合同レッスンと発表会を足すと、合計で年間9回もセッションできる計算になります。

年に1度の発表会だけが頼りだった去年までの私とは、大違いです。

来年は、今年よりもっと頑張るぞっアップ

それにしても、とっても欲しいと思っていつも考えていると、出会えるものですね。

いいね!した人  |  コメント(15)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    PR

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。