1 | 2 次ページ >> ▼ /
2006-05-30 10:21:00

私もカウンター席の女

テーマ:音楽

日曜日も行ってまいりました、音楽ライブ音譜

今月は3回目です。

月に2回が、夜遊びママの限界なのですが、まあ今回は特別。

だって、ゆうこさんから例のバンドのライブのお誘いキラキラ


以前ご紹介したInstant Grooveです。

今回もゆうこママはドキドキはらはらのご様子でしたが、なかなか良い出来でした晴れ


場所はいつものTUPELO(HP→ココ

先に演奏したバンドはCLAPSでした。

店主の藤城さん一押しの若手バンドという話を聞いていたので期待していたのですが、噂にたがわずとっても楽しませてもらいました。


派手なシャツに、揃いのスーツ姿がきまっています。

4人のイケメン男性と、可愛い女性キーボーディストのブルースバンド。

客層もなんとはなしに、華やかでした。


ヴォーカリストはその歌もさることながら、お客さんをのせるのがうまいエンターテナー。

音楽と軽快なMCで、雰囲気が盛り上がります。

いかしたロカビリー調の曲など、踊りだしたいぐらいでした。

藤城さんも「客を楽しませるバンド」と、高く評価しているようです。

 

さて、次はいよいよお待ちかねのInstant Groove。

前回と同じく、先ずはインストを一曲。

そしてそこへ、伝説のボーカリスト登場クラッカー


ギターを渋く弾き出すと・・・・・・

「アレッ、コード違うよ」とメンバーが苦笑。

まあ、これはご愛敬星

お客さんが一斉に笑い出して、すっかり場がなごみました。


さらに、歌が始まると思わずもれる「お~」の歓声。

いや、すごいのなんのって。

前回も驚いたけど、ほんとに黒人さんが歌ってるみたいな、幅のあるすごい声です。


ゆうこさん情報によると

「昔、佐世保の米軍基地の傍の店で、バンドで歌ってたらしいよ。

するとアメリカ人たちが『お前は日本人なのに、歌は黒人以上の黒人ブルースだな』と絶賛」


成程ね、解るな、それ。

しかもこのバンド、曲のセットリストなんてものは一斉ないらしいです。

全ては、伝説のボーカリストの頭の中。

気分次第の選曲に、他の楽器が合わせていきます。


それもある意味凄いキラキラ

メンバーもキャリアがある人達ばかりだから、歌に負けないサウンドを次々に繰り出してきます。

その絶妙なバランスが、やんやの喝采を呼ぶのです。

いやはや、まさに超越バンドでございます。


ところで、そんなライブ観戦も、ゆうこさんと一緒だから、もちろんカウンター席。

「カウンターは苦手」と言ってた私だけど、最近は段々様になってきました。

あっ、もちろん高いスチールに座ると、短い足がブラブラしてしまうという、見た目は相変わらずだけど爆弾



でも、居心地の悪さはすっかりなくなって、リラックス。

お店のスタッフとお喋りしたり、マスターの藤城さんと常連客の話に耳を傾けたり。

そう言えば、Instant Grooveのキーボーディストさんは、本業でテレビ局の音響をやっているそうです。


TUPELOは藤城さんがPAをやっているから、音がいいと評判のお店。

だけど、やはりお店の中でも、場所によって音の混ざり方が微妙に違うようです。

お二人の一致した意見は「特等席はカウンターの右から3番目」


おおっ、そこはまさに私がTUPELOで初めてカウンターに座った時の席。

ステージ全体が正面から見えて、かなりいい席だとは思いましたが、音的にも特等席だったのねビックリマーク


それから、今回は名刺なんかもゲットしちゃいましたチョキ

私が人様から名刺をいただくなんて、2年に一度の慶事。

たしか、おととし藤城さんにもらったんですよね。


その2年前に、こだみん先生から欠席の連絡用にと、メアドが入っている名刺をもらいました。

え~っと、その前は楽器屋のお兄さんで、そのまた前は本社勤務になった弟がお正月に

「姉さんにも、ついでにあげとくよ」とくれたもの。


そんなものです、結婚後にゲットした名刺なんて汗

ああ独身時代の、名刺ホルダーがすぐ満杯になり、整理に困った頃が懐かしい。

(↑単に仕事上の名刺交換ですけどあせる


そんな私に、親切にも名刺をくれたのは、Instant Grooveのベーシストさん。

彼には、前回もゆうこさんが紹介してくれました。

でも相当飲んでいらしたご様子から

『紹介してもらっても、明日には忘れているでしょう』と思っていました。


ゆうこさんもその点を危惧してか

この前も紹介したけど、今日は2度目に見に来てくれているんだけど」と、強調していました。

ベーシストさんは、今回体調不良ということで、限りなくしらふに近い状態とか。


とても物腰やわらかな対応ぶりで

「申し訳ありません、前回お聞きしたと思うのですが、お名前をよく覚えていなくて。

教えて頂いてよろしいですか?」

「はい、tomatomaと申します」(←実際そう名乗りました)

その後、名刺をいただいた次第です。


久々にもらった名刺キラキラ

すっかり喜んで、即座にバックへ仕舞い込みました。

失くしたり汚したりしては、大変、大変。


だけど、ちらりと眺めたその名刺の肩書きは「代表取締役」

本来なら、「あら、会社を経営していらっしゃるの?すごいわ!」ぐらいのリアクションをして当然。

それが、まっとうな社会人の良識というもの。


だのに、私は名刺が嬉しくて、バックの止め金具をぎゅっと押さえて、無言でニコニコ。

今頃になって、反省しております。

私の無作法を、どうかお許しくださいしょぼん


しかも、しばらくしてベーシストさんが、お店に入ったばかりの美人スタッフに

「これ、僕の名刺。

可愛い子にしかあげないことにしてるんだラブラブ」とキメキメで手渡しているのに

「あれまっビックリマーク

名刺なら、アタシももらったべさ、ついさっき」と、いらぬつっこみをしてしまいました。


「えっ・・・・・ドクロ

あ・・・

だ、だから貴女にもあげたんですよガーン


・・・・・・・。

重ね重ねのご無礼を、お許しくださいませあせる

AD
いいね!した人  |  コメント(24)  |  リブログ(0)
2006-05-26 00:33:00

【英会話教室】 「これ、なんぼにしてくれる?」

テーマ:英語

火曜日はベンの英会話レッスンでした。

今週のIdiom

stand pat

meaning

remain stay firm

(主に米)決意を変えない  立場を固守する


example

A: I thought it's okey to barter in Osaka.

That's what you told me.

B: That's true, why?

What happened?

A: I went to a camera shop and tried to coax the price down.

But the clerk stood pat.


ベンがcoax the clerk to ( )price downの( )に入る動詞は、何になるかと質問しました。

discountは思いつきましたが、price down に見合う動詞はわかりませんでした。

答えはbring・・・言われてみれば、なるほどね。


さらに「よく値切ったりする?」との質問。

今回のレッスンの生徒は、私とエキスパートさんの2人。

彼女は「私は福岡ではあまりやらないわ。せいぜいフリーマーケットの時かな」

私の返事は「一度も値切った事がないです」


これ、ほんと。

だって、買い物嫌いの私は、値切ったりめんどくさい。

まけてくれるお店は、こちらが言わなくても勝手に値段を下げたり、オマケしてくれるから、交渉するだけ時間の無駄。


福岡でも田舎のお店とか、まだ交渉の余地があるみたい。

私の祖母や母は、無類の買い物好きで

「いくらかべんきょうしてくれない?」が得意のセリフ。

「わかりました。

奥さんにはいつもヒイキにしてもらってるから、べんきょうさせてもらいます。

他の人には、言わないでくださいよ」


もちろん、母は服や宝石を褒められるたびに、自分の交渉術を誇らしげに吹聴します。

もともと原価は4割ぐらいだから、早く売れたほうがお店としても、利益になるというもの。

お店、お客ともに幸せなので、私は一切つっこんだりせず、「ふ~ん」と気がなさそうにあいずちを打つだけです。


いろいろ脱線した後、ベンが出した次なる問題。

Top-selling dead artists/ actors

答えは

①Elvis Presley

②Marilyn Monroe

③The Beatles


エルビスはどこかでNo1と聞いていたので,すぐわかりました。

次はジョン・レノンかと思いましたが、グループ全体としてビートルズだそうです。

②は、「女優さん」というヒントで、マリリン・モンローだとわかりました。


ビートルズの話が出たところで、私が

ポールの離婚の話はビックリビックリマーク

へザーさんが、『ポールは世界中で愛されているのに、自分は世界中で嫌われていて悲しい』みたいなことを言ってたよ」

確かに、ポールはお小使いが少なくて、千円床屋に行っているなんて噂も流れていました。

子供も小さいのに、可愛そうですね。


ベンは、ヘザーさんが遺産の4分の1(425億円)を慰謝料として受け取る可能性がある点に注目あせる

そして「アメリカの離婚率は50%だからね」と付け加えました。

いろんな意味で、アメリカは私にとってチャンスの国だわキラキラ
AD
いいね!した人  |  コメント(22)  |  リブログ(0)
2006-05-23 23:59:00

私のヒロちゃん

テーマ:ブログ

昨日は朝からおでかけしていました。

親友のヒロちゃんが、代休で珍しく平日休み。

そこで、天神で会うことにしました。


1年ぶりぐらいの再会だったけど、ヒロちゃんはいつでも同じヒロちゃん。

初めて会った時から、ちっとも変わっていません。

彼女との出会いは、浪人時代の予備校。


教室は名前の50音順に席が決まっていて、ちょうど私の前に彼女がいました。

お昼にお弁当を広げようとしたら、くるりと後ろをふり向き

「ねえ、こんな狭い所で食べてもおいしくないよ。

 外に行こう!

「え、外はてなマーク

 

よく意味もわからず、ただ言われるままにお弁当を抱えて、彼女の後について行きました。

その日から、お天気がいい日は敷地内の木の根っこに座り込んで楽しくランチ。

そう言えば、予備校の帰りに禅寺に座禅を組みに行った事も。


「私は、○○するんだけど、良かったら来る?」

そう言われると、

「はい、仰せのままに」なんて調子でいつもついて行ってましたね。

教室で本ばっかり読んでいた高校時代に較べて、なんと行動的な予備校生だったことか。


そんなヒロちゃんとの関係が今も続いているのですが、ある時、ふと気がつきました。

ヒロちゃんって、私のピンチの時タイムリーに必ず現れては、てきぱきと指示を出してくれるんです。

そして、事件が終結すると

「じゃ、他にも私を待っている人がいるから」と、立ち去って行きます。


まず、私のピンチの第1回目は、大学に落ちて浪人した事。

でもさっき書いたように、それまでになく行動的な私になれました。

はっきり言って、楽しかったです。


次のピンチは、初めての失恋。

これは今ふり返っても、人生で一番悲しかった出来事でしたね。

泣いている私のところに現れ、しっかり励ましてくれました。


曽野綾子の『誰のために愛するか』を読むように勧め

「好きなら10年間好きでいなさい」とご宣託。

素直な私は、もちろんそうしようとしました。


でも、ダメでしたね。

だって、ふられるという事は、自分を否定される事。

自分を否定している人を愛し続けるのは、自分自身を否定しながら生きていく事です。

それは、無理と言うもの。


そんな紆余曲折の後、さらなる3度目のピンチは主人の病気。

スポーツマンだった彼が、急に体調を崩して検査入院。

1週間後、私を呼んだ医師は小さな紙に一言「ガン」と書きました。


『これって、悪い夢だよね』

そうとしか思えず、家に帰っても現実が現実に感じられませんでした。

こんな時、話せるのはヒロちゃんだけだけど、しばらく電話してないのにいきなり

「ご無沙汰だけど、元気はてなマーク

ねぇ、聞いて、聞いてビックリマーク

ビックリだけどさ、ウチの主人ガンなの」なんて電話出来ないな。。。


そう思ってぼんやりしていると、急に電話が鳴ってなんと、ヒロちゃん

「どうしてわかったの?」

開口一番、思わずそう聞いてしまいました。


ヒロちゃんの返事は

「何か、急に電話しなきゃと思って」

「そっか。。。

実は、ヒロちゃんに話したい事があって・・・」

そんな風でしたね。


その後、4番目のピンチが子育て。

自分にすっかり自信を失い、誰とも会えず、電話もしない日々。

メアドも解約して、音信不通。


もちろんそんな私を、無理して社会生活に引っ張り出してくれたのもヒロちゃん。

私がこもりがちになると、朝起きた時から寝るまでメールで励ましてくれました。


私が完全に吹っ切れて、状況が良くなっても、ヒロちゃんのセンサーは敏感。

ある日、急に思い立って天神に出かけ、駅についた瞬間

[天神は、今日人が多い?]とヒロちゃんからのメール。


[えっ、どうして私がいま天神にいるってわかったの?]

[どうしてかな? ただ、そんな気がして]

はっきり言って神がかりあせる


私は、合理的に物を考えるタイプで、理性的な判断が全てだと思っています。

だから、他の人がこんな事を言い出すと

「馬鹿じゃない!?」と、相手にしない事にしているのですが、まあ、事実は事実だから仕方ありません。


そこで、こう思うことにしました。

ヒロちゃんは、私のために生まれてきた。

これなら、すっきりわかり易いです。

いろんな事の説明がつきますしね。


この説を彼女に言ったところ

「そうしたいと思っているわけじゃないけど、結果的にそうなっちゃうよね」

そんなわけで、今後何か困った事があっても、ヒロちゃんが察知してすぐに駆けつけてくれると安心しています。


ところで、今回、ヒロちゃんは私が太ってしまった事をとても心配しているのです。

言われてみれば、去年会った時と較べて、確実に6キロぐらい太ってしまっています。

ヒロちゃん独自のダイエット法を伝授されましたが、私の力量では継続は無理かと・・・。

でも「来月もまた天神に来るから、その時までに痩せるように!」と厳命を受けました。。。


それにしても、ヒロちゃんが乗り出してきたってことは、私の太り方って、第5のピンチといえるほどひどいものかも爆弾

自分じゃ、そこまでと思っていないところが怖いドクロ


とりあえず、ヒロちゃんと一緒に買ったダイエットサプリで頑張ってみよう↓↓↓

サプリ
AD
いいね!した人  |  コメント(20)  |  リブログ(0)
2006-05-21 13:30:00

音楽ライブ Unit-be Trio

テーマ:音楽

金曜日の夜は、ライブに行きました。

Unit-beという、ピアノとベースのデュオです。

今回はドラムも入り、[Unit-be Trio]


初めて行ったのですが、鍵盤がHERO先生と、ベースにNAOさん。

そして、ドラムはHERO先生が別のバンドでも組んでいる、ベテランのジャズ科のドラムの先生。

あはっ、いつもの私の追っかけの一環ですあせる


しかも、一緒のテーブルで音楽とおしゃべりを楽しんだ相手は、Alphaster先生とこだみん先生。

「な~んだ、いつものライブのいつものメンバーじゃないビックリマーク」とお思いでしょ!?

でも、違うんだよなぁ~ニコニコ


Unit-beは7年ほど前にHERO先生とNAOさんが組んだデュオですが、一時活動休止。

その間、HERO先生の紹介でNAOさんとこだみん先生が[蟹W]という、ギターのインストユニットを組みました。

私がNAOさんに初めて会ったのは、[蟹W]のライブ。

だから、NAOさんは私にとって、こだみん先生の相方なのです。


その後[蟹W]にゲストでHERO先生が参加され、二部の呼び物として[錦蟹]

最初はHERO先生のビアノに、NAOさんがギターでこだみん先生がベースを担当というのが定着していました。

でも近頃は、NAOさんがベースを担当する事もよくあります。

ですから、HERO先生のピアノとNAOさんベースという組み合わせも珍しくはないのです。


だけど、Unit-beはジャズですから、ぜ~んぜん感じが違いますよ。

ジャンルが変ると、こうも違うものかと言うほど、新鮮な音でした。

まして、ドラムが入っただけのシンプルなトリオでしたから、それぞれの演奏がはっきり鮮明。


いまさら、上手いだのすごいだの言ってる場合じゃないほどの演奏。

特に、ドラムは初めて聞かせて頂いたのですが、華やかでリズムの合間からドラム自体のメロディが聞こえてきそうな素晴らしいテクニックでした。

こんなのが、手数が多いドラマーと言うのでしょうね。

正直、これならドラムだけでステージやれると思ったほどの、見せて聴かせる演奏でした。


もちろん、ジャズの華、HERO先生のピアノもいつもながらの冴え技。

ジャズ科に席をおいたものの、そこまでジャズ好きでもなかった私でしたが、HERO先生のピアノで改めて「ジャズもいいじゃん」と感動。

これで、本格派ジャズベーシストへの道が開けたというものです。


ライブではスタンダードの名曲が演奏されましたが、その中に、来月のジャズ科合同レッスンで私が参加する『CORCOVADO(QUIET NIGHT)』も。

こだみん先生は

「ちょうど聴けて、良かったですね。参考になりますね」と喜んでくれたのですが、

NAOさんは上手すぎて、参考になどなりませんでしたむかっ


日頃は、からかって楽しんでいるNAOさんが、急に偉く思えてしまいました爆弾

あっ、他の先生方には「先生」と呼んでいるのに、NAOさんにだけは「さん」ずけ。。。

NAOさんもギターを教えていて、生徒さんもよくライブを見に来ているというに・・・

私ったら、大変な失礼をしょぼん


よし、今後はNAO先生・・・

ぷぷぷっ

無理、無理あせる

やっぱ、出来る事と出来ない事があるもんね。

さっきの話は、なかったことに。


ところで、演奏は百点満点の[Unit-be Trio]でしたが、MCが・・・。

MCはNAOさんが担当しているのですが、いつもの冴えがありません。

NAOさんは、見かけとは裏腹に、とても頭の回転が良くて話上手です。

人情小噺などさせようものなら、天下一品。

笑いのツボと、落としどころを心得ています。


[蟹W]ではこだみん先生が、例の超真面目トークに笑いを入れながら、MCを担当しています。

これが、とても好評晴れ

[蟹W]のTUPELOでの最初のライブで、先生のちょっとはらはらさせるような雰囲気が女性客に大うけで、いきなり

「可愛い~ラブラブ」と客席から声が飛んでいました。


以来、こだみん先生がメインでマイクを握り、NAOさんは絶妙のサポート。

NAOさんの話が面白くて客席が大爆笑し、こだみん先生が

「マイクでしゃべってよ」と言うと、マイクをもって急に下手なトークになってしまうという十八番のネタも定着しました。


もちろん、マイクを持つとうまく喋れないというのは、ネタです。

話し上手なNAOさんが、さらに演出を加えて、笑いをとろうと練った秘策。

作戦は見事に当たり、いつもそのはしゃぎぶりと、マイクを持った後のたどたどしさの落差に、ネタとわかっている私まで、大爆笑星


・・・のはずだったのに・・・

ネタじゃなかったみたいドクロ

Unit-beでのNAOさんは、笑いをとろうともせず、マイクをぎゅっと握り締めて真面目に曲の紹介。

しかも、発音にコンプレックスがあるらしく、曲名を言うたびにAlphaster先生に

「先生、こんな発音でよかったでしょうか?」と御伺いをたてます。


最初は、客席とからむネタかと思いましたが、毎回となると・・・

お客さんを相方にみたてて成功できるのは、桜塚やっくんぐらいですよ。

(↑わかる方だけ、笑ってください)


どうもNAOさんは、ジャズのMCではかっこよく曲を紹介し、ちょっとしたウンチクでも語って、いつもと違う雰囲気を出そうとしているようです。

よし、それなら協力しましょうビックリマーク

だてに、発音矯正に通っている私ではありませんよ。


みんながウットリする西海岸なまりで、バイリンガルDJっぽくきめようじゃないの、NAOさんビックリマーク

いつもはNAOさんに意地悪を言って、S的快感に浸っている私だけど、その時ばかりは一般向け優しいtomatomaさんモード

「NAOさん、私がや・さ・し・く・発音を教えてあげるわドキドキ」とにっこり微笑みました。


するとNAOさんは

「いらん、いらん。そんなのいらんわいむかっ

あら、あら、困ったNAOさんね。

意地悪く言わないと、私の友情がわかってもらえないみたい汗

いいね!した人  |  コメント(18)  |  リブログ(0)
2006-05-18 22:04:00

【英会話教室】 前言撤回

テーマ:英語

今日は発音矯正とベースレッスンの日でした。

ウキウキとおニューのキャミで出かけて行きました。

だって発音矯正は、最近ずっとMr.Cドキドキ

予約担当の人が私の邪心の気配に怯えて、Mr.Cにしてくれているのかしらはてなマーク


今日もソファで雑誌を読みながら待っていると

「tomatomaさん、レッスンを始めます」とMr.Cに声をかけられました。

ドキドキしながら雑誌から顔をあげると


あ…っ

髪を短くしちゃってるドクロ

驚きのあまり、笑っちゃいました爆弾


Mr.Cも私の笑いの理由を察知して

「髪切りました」

「・・・・・・・・・・・」

「若くなったと言われたり、老けたと言われたり」

「・・・・・・・・・・・」

「暑くなってきたし、イメチェンも兼ねて」

「・・・・・・・・・・・」

「…・・じゃ、レッスン始めましょうかあせる


え~ん汗

髪がもっと長い先生の方が好きだよ。

短すぎショック!


髪が短くなろうとどうしようと、先生の端正な顔立ちや、清潔感に影響はないはずなのに、トキメキがすっかり無くなっちゃいました。

同時に、最高潮に達していた英語へのモチベーションも急降下。


いやはや、動機が不純なのは良くないですね。

+αの楽しみを提唱していましたが、前言を撤回します。

やっぱり真面目に頑張らないと。


ここはひとつ、DVD作戦で巻き返しますビックリマーク

先日SMARTさんとおでかけした話は、書きましたね。

(詳しくは『オープンガーデン』→ココ

あの時一時間半、お馬鹿な話だけした訳じゃありません。

英語の勉強の話しもちゃ~んと、チョッピリはしました。


SMARTさんは最近、『SEX and the CITYシリーズ』をずっと見ているそうです。

例によって1度目は日本語字幕で、2度目は英語字幕。

「最初は3回ぐらい見ないと聞き取れなかったけど、最近は2度目でよくわかるようになってきた」

 

「え~っ、3回も見ているの?」

「うん時間かかるけど、聞き取り力が伸びた気がする。

ベンが話しに夢中になって早口で言っても、聞き取れるようになったもの」

「すごい!」


そこで、chachi がTOEICで満点を取った事を自分の手柄のように自慢し、そのchachiがDVDを推奨している事を話しました。

「そうなんだ!

それを聞いて、今の勉強法に自信が持てたよ」


SMARTさんはわからない箇所でDVDを停止してはメモを取り、後で調べたりベンに聞いたりしているそうです。

さすがキラキラ

私はせいぜい、見ながらちょっと面白いと思ったフレーズを、声に出して言ってみる程度です。


「それに」と、SMARTさんのコツ披露が続きます。

「ドラマシリーズのいい点は、登場人物が固定しているから、だんだんその人達のクセをつかんで、一層聞き取りやすくなるのよ」


なるほど!

いかにもその人の言いそうな事や、口調ってありますよね。

それが聞きなれると、聞き取りもやりやすくなりそう。


と言うことで、さっそく『フレンズ』を借りてきました。

フレンズ

 

第4シーズンの途中ぐらいまで見ていたのですが、第1巻から見直す事にしました。

以前は話の流れだけを追っていたのですが、今回は英語に耳を集中して見ました。


日常会話っていうのも、けっこう難しいですね。

日本語の字幕を参考にしながら、1回目を見終わりました。

さて、今度はノートを開いてペンを片手に、2度目を見る事にしましょう。

いいね!した人  |  コメント(20)  |  リブログ(0)
2006-05-17 11:38:00

【英会話教室】 「真実」も疑わしい

テーマ:英語

昨日はベンの英会話レッスンの日でした。

今週のIdiom

over the top

meaning

too much very flashy


example

A: How was the show ?

B: I thought it was over the top.

They just wanted a rise out of the audience.


連休前からお休みしていたエキスパートさんが、久しぶりにレッスンに参加しました。

そこで、ゴールデンウィーク中の彼女の話。

1人暮らしをしている大学生の娘さんの所に行って、一週間ほど滞在したそうです。


娘さんは歴史学科の4年生。

そして、彼女の教授の学説は、『聖徳太子はいなかった』

そんな題名の本も流行りましたね。


聖徳太子・・・

彼の業績は学校の試験にも出たし、お札の絵柄にもなったりしているんですけど、作られた人物だったんですか。。。

歴史は常に、時の為政者のためにありますからね。

その聖徳太子はいなかったという学説も、現政府の意向ではないかと疑ってみたりあせる



私がこんな風に猜疑心の塊になるには、わけがあります。

皆さん、『神の手』騒ぎを覚えていますか?

あの民間考古学者が、旧石器発掘を捏造した事件です。


彼が「魔がさした」せいで、[日本にも前期旧石器時代があった]と教科書が書きかえられました。

ショックでしたね。

自分が真理として学生時代習った事が、いとも簡単に書きかえられ、後の時代の人と違う「常識」を持ってしまうなんて。


そのショックも忘れ、穏やかな市民生活をしていた私に、あの捏造騒ぎ。

教科書は、またもや20年前に逆戻りして、私の「常識」が正当化されたそうです。

じゃ、嘘を教えられた世代はどうなるの?


このケースは、為政者が意図的に歴史の解釈を捻じ曲げたのではありませんが、こんな馬鹿げた事で真実と思い込んでいる「歴史」が変るのですから、意図がある場合はなおさら怖いです。

エキスパートさんの話を聞きながら、ふとそんな事を思ってしまいました。

いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)
2006-05-15 15:54:00

オープンガーデン

テーマ:ガーデニング

今日は久しぶりに、SMARTさんとお出かけしました。

SMARTさんはベンの英会話レッスンの、前のクラスのお友達です。

習う曜日が変ったので、以前のように毎週会うわけではありませんが、今でも仲良し。


今回は、「オープンガーデン」のお誘い。

SMARTさんが以前、庭の一部を頼んだガーデナーが、ご自宅の庭を3日間限定で開放されるそうです。

ガーデニングの雑誌などで「オープンガーデン」はよく見かけますが、実際に行った事はありませんでした。

もちろん私は、「行くビックリマーク行くビックリマーク行くビックリマーク」と意気込んで、彼女からのメールに返信したのでした。


さて、彼女の家から車で15分ぐらいの住宅街。

こんな看板が出ています↓↓↓

案内


招待されなくても、通りががった人が入っていいんですよ。

私達が行った時も、

「いつも綺麗だと思って通っているんです。

ちょっと見せてください」と入ってきた人がいました。


メインの花はバラ↓↓↓

バラ赤
 

ガーデニングは「バラに始まり、バラに終る」そうで、行き着くところはやはりバラ作りだとか。

ウチは家が和風なせいもあり、バラの木は一本も植えていません。

でも、こんな感じだったらすごく合いそう↓↓↓

バラ白

まあ、作れたら、の話ですがあせる

バラは難しいですからね。


奥にはハンギングも沢山ありました↓↓↓

ハンギング

私も玄関フェンスにかけますが、あまり上手じゃないんです。

それに重くなって、フェンスも傷みそうだし。

相談してみると、「高級な土を使えば軽いから大丈夫」だそうです。

私はハンギング専用の軽い土を使っていますが、このガーデナーの方は、中国の土を使っているそうです。


それに除虫薬も、もくさく(木材を乾留して得る酢酸)と漢方がメイン。

どうしようもない時だけ、殺虫剤を使うとか。

私もできるだけ殺虫剤は使いたくないので、野菜や果物を植えないようにしています。

人間が美味しいものは、虫も大好きですからね。


お茶とケーキをいただきながら、手がけていらっしゃるお庭の写真など見せてもらいました。

SMARTさんが頼んだ時は、造園の会社で働いていて、そこでSMARTさんとも知り合ったらしいです。

今はフリーで仕事をしていて、病院やお店、それに個人のお客さんを抱えているとか。


どれもとっても素敵なお庭でした。

1万円ぐらいからお願いできるそうですが、私はやっぱり自分で考えながら植え込むのが楽しいです。

でも、いろいろ見せてもらったり、お話を聞いたりでとても参考になりました。


そんな楽しい時間を過ごした後は、フレンチランチ。

お洒落なお店の、お洒落なコースで、お洒落にキメたいのですが、SMARTさんと私、どこへ行ってもマシンガントーク。

お店の人の料理の説明を聞くのももどかしく、1時間半、話し続けました。

だって、英会話レッスンが別になってしまったので、積もる話も。

どうせたいした話じゃないんですけど。。。


例えば、SMARTさんは

「この前、天神歩いてたらナンパされたの。

昔だったら、うんざりだったけど、とっても嬉しかった。

でも、主人に言ったら『それは新手のキャッチセールス』っていうのよむかっ


「そんな事ないって。

どんなに嬉しかったか、わかるわ!

若い頃は当然な事でも、今は『ありがとう音譜』だもんね。

そう言えば、私も嬉しい事が。

さっき話した発音矯正のMr.Cが、『お子さん?幼稚園ぐらいですか?』だって晴れ

だけど、娘にその話をすると

『若い人にお世辞を言う時は、お綺麗ですね。

おばさんには、お若く見えますね。

つまり、お母さんには、綺麗なんてお世辞でも言えないってことなのよ』なんて言うの汗

 

「まあ、そんな事ないって。

tomatomaさんは、たしかに若くみえるわ。

ほんとよビックリマーク


家族からも相手にされない2人は、こうしてお互いに、励まし慰めあうのです爆弾

いいね!した人  |  コメント(14)  |  リブログ(0)
2006-05-14 01:40:00

【英会話教室】 英語強化週間

テーマ:英語

今週は、すっかり英語週間でした。

火曜日のベンの英会話レッスンは、記事にした通り。

木曜日には、いつものハミングバードでの発音矯正。


1回のレッスンにつき、1つの発音を文章の中で練習していきます。

アルファベットの練習で思いっきり口をあけるクセがついたので、逆に普通の言い方が難しくなっちゃいましたあせる

とは言え、何気なく発音していたものを再チェックしてもらえるので、安心です。


ところで、木曜日の同じ時間に、もう1人いつも見かける生徒さんがいます。

テキストも私よりだいぶ前に進んでいるみたいです。

レッスンが始まるのをソファで待っている間、テキストを開いて熱心に勉強。


そんなに偉い彼女が、受付の人と交渉しているのが聞くともなく聞こえてきました。

「あの、1日に3レッスンは無理でしょうか?」

「1レッスン50分だから、10分休みを入れて3時間になりますよ」

「大丈夫です。最初は疲れていたのですが、だいぶ慣れてきました」

「復習の時間も必要ですからね。

正直おすすめは出来ませんが、1度試してみられたらいいでしょう」


ほぉ~、頑張る人はさらに頑張るのですね。

お気楽にレッスンを受けている自分を、ちょっぴり反省。

反省しつつ、担当の先生が最近ずっとMr.Cなのを喜ぶ単純な私。


だって、勉強にも+αの楽しみが必要だわ。

Mr.Cは相変わらず温厚誠実。

しかも、レッスン前後のおしゃべりも楽しくて、ついつい時間をオーバーしちゃいますラブラブ


そんなちょっと勘違いレッスンの翌日もまた、ハミングバードでMr.Fishermanの英会話。

いつもは【ベースレッスン】がない週の金曜日にMr.Fishermanのレッスンを入れるので、2日間続けて通うことはありません。

でも、今月はゴールデンウィークの関係で、そんなハードな結果に。


今回の英会話レッスンは、前回のお魚通さんと私に、もう1人。

彼女は名前の頭文字がAで、自分で「エースの意味があるから、Aが好きです」と言っていたので、エースさんとお呼びしましょう。


先生はもちろんMr.Fishermanですが、さらに今回は東京から福岡校のチェックに来たらしい、東京のスタッフ。

私が初めてハミングバードに見学に来たとき、偶然彼が先生に応募してきたネイティブを面接していました。

面接官の彼の英語の方が、とっても綺麗な英語でした。


さて、そういう訳で、総勢5人での英会話レッスン。

課題は、なんと前回の続きから。

「あれっ、お魚通さんはあの後1レッスン受けたはずだよね。

まだ、終らなかったの?」

「実は、おしゃべりばっかりで・・・」

あの2人ならありえるドクロ


今回も5人のそれぞれの自己紹介と連休の出来事を報告しあったら、あまり時間が残らず、1問しか進みませんでした。

でもフリートークに見えて、語法や発音はきっちり指導してもらえます。

楽しく正確な発音を身につけたいというのが、ハミングバードを選んだ目的だったので、私に不満はないのですがあせる


さて、今回の自己紹介で発覚したのは、Mr.Fishermanの第1子と東京のスタッフのS氏の第3子の誕生予定日が、ほぼ一緒という事。

しかも、Mr.Fishermanの所は男の子だと病院で言われたそうです。

「男の子の名前で、おすすめある?」とMr.Fisherman。


私はケンを推奨。

だって、日本名、英語名共通でいけます。

S氏が、「そういう意味ではジョージもいいかも」


お魚通さんはアキラを提案。

私にはよくある名前に思えたのですが、Mr.Fishermanはいたく気に入った様子。

「音がかっこいいね!決めた!」と大はしゃぎです。

エースさんも「Aで始まるからいいんじゃない!?」と賛同。


その後、日本名はそれぞれ漢字からくる意味があると言う話になりました。

でも、最近の音だけ当て字にしたような名前は、説明が難しくあまり明確な意味もないように思えます。

まるで、表意文字の漢字を表音文字扱い。


その点、古式ゆかしい私の名前など、単純明快。

まあ、時代遅れともいえますが爆弾

今まで「bright child」と説明していましたが、そこまで確信はありませんでした。

ちょうどいい機会と、S氏にどう思うか聞いてみたら、

「それがぴったり!」と合格をもらいました祝日


これからは、自信を持って「bright child」を使うぞっビックリマーク

いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
2006-05-12 19:14:00

映画 [エリザベスタウン/ELIZABETHTOWN]

テーマ:映画

『エリザベスタウン』(キャメロン・クロウ監督、2005年・米)を、DVDで見ました。

エリザベス

オーランド・ブルーム主演のこの映画、「名監督、豪華キャスト」との触れ込みの割には、評判が良くないみたいですね。


でも、私は結構楽しめました。

特に、使われている音楽の選曲は、さすがです。

主人公が映画の後半で、ケンタッキーから自宅までを曲に合わせてドライブするのは、まさに真骨頂。

サントラが欲しくなります。


製靴会社に勤務するドリュー(オーランド・ブルーム)は、社運をかけたスニーカーのデザインに失敗。

会社の損害は10億。

長年目をかけてくれた社長から、クビを申し渡され、恋人も離れていく。

絶望の淵にたった彼は、自ら命を絶とうとする。

 

ちょうどその時、妹からの電話。

「お父さんが、故郷のエリザベスタウンで急死したの。遺体を引き取りに行って」

自殺を一時中断し父の故郷ケンタッキー州へ向かう飛行機の中で、アテンダントのクレア(キルスティン・ダンスト)と出逢う。

そして、エリザベスタウンの人々は独得の温かさで彼を迎え入れる。


古き良き南部。

人々の繋がりが、ある時は温かく、ある時は重苦しく。

私も田舎生まれなので、よくわかります。

過干渉とも思える関係に、若い私はウンザリしていました。

今住んでいる所の、自然だけは田舎で人間関係があっさりなのが、私には合っています。


映画では、埋葬に対する南部と北部の意識の違いも描かれていました。

葬儀全体も、日本と大きく違っています。

でも、田舎で結婚式、葬式に人が集まり、一族や地域の絆を深める行事が大切なのは同じでしょう。


この作品は、構成がすっきりしているとかストーリー展開にも説得力があるとは言えませんが、もの哀しさの中に、生きる力を感じる桂作といえるでしょう。

懐かしい気分にひたりたい時には、ぴったりの映画と言えるかもしれません。

いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)
2006-05-10 10:39:00

【英会話教室】 山にこもり、滝に打たれる

テーマ:英語

昨日はベンの英会話レッスンの日でした。

今週のIdiom

out of the blue

meaning

out of nowhere   突然、降ってわいたように


example

A: Watch out !

B: *jumps out of the way*

  "Whoa, thank you ! That car came out of the blue."


ベンの説明では、blue は空のblueから来ていて、突然空から降ってきた感じとか。

ところで、例文のBの行動を*で囲んで[動作]を表しているのは、英文では一般的な使い方なのでしょうか。

ベンに聞きそびれたので、皆さんにお聞きしてみますあせる


さて、[予期せぬ出来事]から、capricious(気まぐれな、不安定な)なことへ話題が進みます。

He changes his mind very easily.

He has a fancy.

He changed his mind on a whim.


「on a whim (気まぐれな思いつき)でやってしまった事は?」と聞かれ、思わず「my marriage」と答えてしまいました。

思いつきでやった事でも、必ず失敗するとは限らないですしね。

柏餅さんは「庭にcottageを作った事」

ともて高くついてしまって、思ったほど良くなかったそうです。


cottageに似た単語として、ベンがshed, gazeboを書きました。

むむ、gazebo!?

・・・どこかで、聞いたような・・・

思い出した! 


ずいぶん前のベンの英会話レッスンで、出てきた単語です。

ベンがホワイトボードに下手な絵を書いて、SOCIAL DANCINGさんが沖縄の高床式倉庫そっくりだと言ったもの。

それを私はブログで書くために、ネットで調べて写真まで見ました↓↓↓

記事にするとボス が、「公園の遊具にもあるよ」とコメントしてくれたり。

が

そんな諸々の記憶の引っかかりのお陰で、最近特に増した忘却力を誇る私が、レッスンでちょっと出てきただけのこの単語をしっかり覚えていました。

そして新しいコースのメンバーに、自慢げにgazebo(見晴らし台、あずまや)の説明をし、賞賛の声を浴びました。

ほほほ、ブログ、万歳クラッカー


という風に、自己満足に浸っていた私を無視して、ベンが書いたのは

I need to woodshed.

Charlie Parker woodsheded for 60 days.


Charlie Parkerは1940年代の天才ジャズサックス奏者ですが、

「woodshed(まき小屋)が動詞になるのはなぜはてなマーク」とビックリしてしまいました。 

実は俗語で、ミュージシャンのひそかな練習場という意味があるそうです。

動詞になると、(ひそかに)楽器を練習するになるのだそうです。


ベンから、「日本語でも名詞が象徴的に、別の意味や動詞になるものはない?」と聞かれました。

思いついたのは、「山にこもる」「滝に打たれる」

両方とも表面的な意味とは別に、修行をするという感じですよね。

「他には?」と聞かれたのですが、woodshededほど、「ほぉ~」なのは、思いつきませんでした。


息子からちょっと前に、ある特殊業界では「別荘へ行く」は「刑務所へ行く事」と教えてもらっていましたが、そんな変な事をベンに教えるのもどうかと・・・あせる

いいね!した人  |  コメント(20)  |  リブログ(0)
1 | 2 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。