1 | 2 次ページ >> ▼ /
2006-04-29 21:15:00

めでたく一周年♪

テーマ:ブログ

今日でブログを書き始めて、1年になりました。

娘が腕を骨折してギブス生活

連休と言うのに、お出かけもままならず、ストレスだけはピークに。


そんな私を尻目に、娘はPCに向かって何やら楽しそう。

「ねえ、何やってるの?」

「ブログ」

それが、私がブログを始めたきっかけでした。


やってみると、これが楽しいの音譜

専業主婦で、インプットばかりの一方通行の日々を送っていた私に、自分を表現する場があったのです。

しかも、私のとりとめもない話に、コメントという形であいずちをうってくれる奇特な人たち。


あまりに楽しくて、自分でもブログ中毒だなと思った時期もありました。

娘は「育児放棄」と不満顔。

息子も「コメントするのもいいけど、僕の話をいいかげんに聞き流さないで」と哀願。


今は趣味のベースや英会話レッスンも充実させつつ、ブログもいい感じのペースでアップ出来ています。

あ、子供達の相手は・・・。

まあ、それなりにあせる


ともあれ、ブログが生活の中心なのは今も変わりません。

英会話レッスンは、ブログに書くために真剣に受けます。

そして、これまで家に帰ってノートを見返した事なんかなかったのに、ブログネタを探しつつ復習。

おまけに、書いた内容に対していろいろ教えてもらえて、知識の増加と記憶の定着はさらに確実に。


ベースも発表会で大失敗した時、みんなから励ましの面白コメントをもらって完全復活ビックリマーク

いまや、ジャズベーシストの私(か?)。

時々見に行くライブも、記事にして楽しかった事を思い出して2度楽しめます。


映画も漫然と見ていましたが、ブログに書く事で鑑賞記録になっています。

それに、みんなから教えてもらった映画も沢山あります。

今まで映画の趣味がぴったりの人は、英語を習っていた先生ただ1人だけでした。

でも、ブログ世界にはいっぱいいましたよ、話が合う人たちが晴れ


こんな風に、実生活にしっかり役立てている私のちゃっかりブログ生活。

さて、来年の今日はどんな事を書いているのかしら。

自分でもとっても楽しみです。

AD
いいね!した人  |  コメント(24)  |  リブログ(0)
2006-04-28 23:41:00

おすすめの映画

テーマ:映画

続けざまに、DVDを3本見ました。

まあ、ヒマと言えばヒマあせる


最初は『Mr.&Mrs.スミス/Mr.&Mrs.Smith』(ダグ・リーマン監督、2005年・米)

ミセス


評判が良かったみたいだし、【英会話教室】のMr.Fishermanもおすすめだったので見たけれど、まあまあかな。

私の好きなハッピーエンドのラブコメじゃないせいかも(笑)


結婚5~6年で、倦怠期を迎えたジョン(ブラッド・ピット)とジェーン(アンジェリーナ・ジョリー)

お互いの不信感も、夫婦の溝に拍車をかけている。

実は、2人にはある秘密が・・・。


夫婦喧嘩がプロ仕様。

ジェーンが強くて、バズーカ砲を撃ちまくるあたりはちょっと楽しかったです。

映画を見てストレスを発散したい人にはいいかも。


次は『恋は邪魔者/Down with Love』(ペイトン・リード監督、2003年・米)

恋は

これは大好きな映画です。

レンタルするのも2度目。

 

最初の時も2回見たけど、今回は英語の勉強のためにと思って再度借りました。

内容も熟知しているし、何度見ても楽しいから英語の教材としてはぴったりかなと思ったのです。

でも、テンポよく進んでいって早口な所が多いので、聞き取りにはちょっと苦労しました。


最初に日本語の字幕と較べながら、会話を聞き取るようにして、2度目は英語の字幕。

そんな風に勉強色強く見たけど、やっぱり楽しい映画でした晴れ


時は1960年代。

『恋は邪魔者』を書いて女性の意識を高めさせ、男性への従属から解き放ったバーバラ(レニー・ゼルウィガー)

一方、プレーボーイの雑誌記者キャッチャー(ユアン・マクレガー)は、彼女から「女の敵」と名指しされ、女性達からそっぽを向かれてしまう。

そこで、バーバラに恋の罠を仕掛け・・・。


60年代のファッションや文化がうまく描かれていて、『エド・サリバンショー』なんかも出てきます。

ストーリーは全く女性好みの妄想ばなし(笑)

しかも、「今どきティーンエージャーもそんな事は考えないでしょう」と言いたくなるほど、都合のいい展開。

・・・なので、私は大好きドキドキ


レニー・ゼルウィガーも魅力満開でした。

私は、『ブリジットジョーンズの日記』よりこちらの方が好き。

もし、まだ見ていないなら、絶対オススメですビックリマーク


最後は『アイ・ラブ・トラブル/I Love Trouble』(チャールズ・シャイアー監督、1994年・米)

トラブル


ジュリア・ロバーツ主演の古い作品です。

『ベリカン文書』の次の作品だったそうですが、まだ見ていなかったので今回見てみました。

これも、まあまあという感じですね。


新聞の名物コラムニスト、ピーター・ブラケット(ニック・ノルティ)と、ライバル紙の美人記者サブリナ・ピーターソン(ジュリア・ロバーツ)が、脱線事故の現場で出会う。

一見整備士の過失から起こったと思われたその事故の裏に、ある重大な秘密が・・・。


抜きつ抜かれつのスクープ合戦から恋がうまれるという単純なストーリーだけど、そこは一流の記者同士。

恋の駆け引き以上に、熾烈な出し抜きも。


ちょっと昔風の映画ですが、英語の聞き取りとしてはテンポも速くなく、勉強しやすかったです。

ただし、2度3度と見たくなるほどではないのですが。。。


映画のラストシーンではお互いを出し抜かないように誓い合うのですが、2人ともこっそりあるジェスチャーを。

実は、このジェスチャーの意味を以前ベンの英会話レッスンで質問した事があります。

(詳しくは『keep your fingers crossed』→ココ

もしこの映画を見て、ラストの意味がわかりにくかったら、読んでみてください。


ところで、私が好きなジュリアの作品は

1位プリティ・ウーマン  2位ノッティングヒルの恋人  3位グッドナイト・ムーン

『グッドナイト・ムーン』はそこまで有名な作品ではないけど、スーザン・サランドンとの共演でかなりいい映画です。

こちらも、見ていない方にはオススメします。

AD
いいね!した人  |  コメント(13)  |  リブログ(0)
2006-04-25 16:04:00

【英会話教室】 おめでとう☆ミ

テーマ:英語

今日はベンの英会話レッスンでした。

新クラスになって、3回目。

生徒は撫子さんと私の2人だけ。


「あの・・・先週は1人だったんですけど。。。」

撫子さんにそう言うと

「ああ、そういうこと、よくあるのよ」

旧クラスでは考えられません。

新クラスは真摯に学ぶと言う感じですが、旧クラスはヒマな3人がベンと雑談してました・・・休みもせずにあせる


では、いつもの

今週のIdiom

The real McCoy

meaning

・real thing  ・the true  ・genuine thing


example

A: Have you ever had sushi ?

B: Yes. In Chicago.

A: Oh...Then you've never had the real McCoy.

You need to come to Japan.


Many years ago the Hatfields and the McCoys had a feud.

Many people died, and the families became very famous.


日本流に言うなら、「我こそは源氏の流れを汲む者なり」という人が多い中、本当に源氏の直系、つまり本物となったらしいです。

特別なもの、高額なものに使うそうです。


そして、ベンが「歌の歌詞なんだけど」といいながら、

Is this an earthquake ?

Or only a shock ?

Is it the good turtle soup?

Or merely the mock ?

Is it a cocktail ?

This feeling of Joy ?

Or is what I feel ?

The real McCoy ?


「何の歌かわかる?」

「ラブソング?」

「その通り!

タイトルはAt Long Last Love


おいおい、ベン、私を挑発してるの!?

例の運命の人について聞いて欲しいわけ!?

でも、そうはいかないわ。

私は今日から心を入れ替えて、真剣に勉強する事にしたの。

正確には、今朝chachiのブログを読んで以来。


ジャ~~~ンキラキラ

chachiがTOEICで満点を取ったんだって祝日

(詳しくはchachiの『やりました』を見てね→ココ


すごいでしょビックリマーク

美人で背が高くて、Fカップのモテモテで、おまけに英語が堪能なchachi。

今までも自慢の妹(←いつのまに?)だったけど、今回のニュースはことさらに嬉しいです音譜

だって、満点なんかめったな事ではとれませんよ。


chachiの実力では当然だったかもしれないけど、あ~~んなに沢山の問題を、長時間とかないといけないから、ちょっとしたミスは出ます。

私なんか去年初めて受けて、体力も集中力も、そして肝心の英語力もからっきしないことが判明汗


でも、chachiの記事を読んで、満点は到底無理でも、やっぱりそれなりに頑張ろうと決心しました。

だって、chachiは英語の実力の殆どを、日本で身につけたんです。

前回初めてアメリカに長期滞在した時には、すでに英語で仕事。


そんな訳で、これから私は馴れ初め話などには(なるべく)(出来るだけ)絶対目もくれず、ばりばり勉強に頑張ります晴れ

AD
いいね!した人  |  コメント(14)  |  リブログ(0)
2006-04-23 14:28:00

[raison detre]ロフト系音楽

テーマ:音楽

昨日の夜は、[raison detre](HP→ココ )のライブに行って来ました。

一日中雨で、土曜の夜。

駐車場はどこも満車です。


離れた所になんとか空きを見つけた私がお店に着いた時は、すでにライブが始まっていました。

もちろん席も満席。

ライブ友達のゆうこさんもぎりぎりに来たらしく、立ち見で見ています。

「どうする?上に行く?」

「行く、行くぅ~~~音譜


[raison detre]のホームグラウンドのNew Combo(HP→ココ )が、去年移転して新しい場所になったのですが、まだロフト席は未体験。

1度登ってみたかったんですよね、あの階段。

 

「きゃ~、こんなになってたのね!」

と、はしゃぐ私に

ゆうこさんは、前回のライブですでに体験済みらしく

「テーブルを端までくっつけると、とっても見やすいのよ」と物慣れた様子。

さすがです!


ライブ会場の2階席は珍しくありませんが、お店のロフト席はもっとステージに近いのです。

ちょうど斜め上から見下ろす感じで、ミュージシャンの動きが全て見えます。

ドラマーやキーボーディストの手元までばっちり!


[raison detre]は鍵盤奏者が3人もいて、音がとても厚いです。

3台のキーボードとピアノが、不思議なうねりを作り出しています。

今までは、誰がどの音を出しているかまではわからなかったのですが、今回はばっちり!

だって、3人の手元が全部見えるんです。


聞こえてくる音と、手の動きのリンクがとても新鮮な感動でした。

カメラワークが上手なライブDVDを見ている感じ。

耳も目も音をぐんぐん吸収します。


しかも、その聞こえてくる音がいつもと違うんです。

下で聞くと、直接音が切り込んでくる感じなのに、上に届いた音は程よくミックスされていて、これまでとはちょっと違う雰囲気になっていました。


いつもは床を通してドラムやベースの振動が伝わるのですが、ロフト全体がリズムに反応する感じです。

音と振動が、ロフトというエフェクターを通して伝えられるみたいです。


酔ってしまいました。

放心状態。

耳も目もライブに釘付けなのに、頭の中ではとりとめのない考えがぐるぐる回ります。

心配事でも、考えなきゃいけないことでもないのに、いろんな事がぼんやりした頭を占めるのです。


「船に乗って航海しているみたいだった」

1部の演奏が終わった時、ゆうこさんがぽつりと言いました。

やっぱり彼女も同じように、音楽の波に漂っていたんだね。


気持ちが開放されて、すっかりハイテンションになってしまいました。

2部までの休憩の間に、HERO先生やドラムの巨匠さんがロフト席に来てくれました。

1部の反省点を話している所へ、みんなの憧れ、お師匠様までいらっしゃいました。


お師匠様は、HERO先生やこだみん先生が「人生の師」と仰ぐほど、ミュージシャンに尊敬されているベーシスト。

ゆうこさんの目撃した、お師匠様の敬愛されぶりを表すエピソード。


ある夜、ライブの帰りでしょうか、HERO先生、巨匠さん、NAOさん、そしてゆうこさんが行きつけのN亭へ行きました。

お店に入ると、お師匠様も偶然そこへ来られました。


「場の空気が一転!

それまでダラダラまったりしていたのに、みんな急に直立不動。

ラーメン注文するのに、背筋がぴしっと伸びきってたよ爆弾


私達ファンから見たらとっても穏やかで、いつも優しい言葉をかけてくださるお師匠様なのですが(笑)

音楽論を淡々と語られるお姿は、とても凛々しくて、私も大好きですドキドキ

息子にも「お師匠様は男の完成品よ」と、日頃から熱く語っています。


そんなお師匠様が私達のテーブルに来られて

「手を振って頂いたのに、下からじゃどなたかはっきり見えなくて失礼しました」

「はい、目が合っちゃったから、思わず手を振っちゃいましたビックリマーク


するとゆうこさんが、

「あはは、ファンはみんな自分と演奏中のミュージシャンが目が合ったって言うのよ!」

「え~っ、そうなの!?

調子にのって、手まで振っちゃったあせる

でも、みんなそうなら、目立つために次は投げキッスでもするわロケット


そして2部の演奏のために、下へ降りていかれるお師匠様に

「投げキッスをしますから、頑張ってください」

「はい、僕からも返します」

ラブリィ~~~ラブラブ


・・・ひぇ~、ロフトの魔法にかかっていたとはいえ、大暴走ドクロ

そして、更なる暴挙を重ねようとしたその時、ただ1人私の暴走を止められる人がお店に入って来ました。

こだみん先生ですビックリマーク


「びっくりしました。

先生が来られるなんて、聞いていなかったもので・・・」

「ええ、僕も来る予定じゃなかったのです。

博多センターのレッスンが終ってかたずけをしていたら、急に今日が[raison detre]だった事を思い出しました。

そして、ふと、『今から行けば2部に間に合うかな』と思いついて、来てみたのです」


虫の知らせとは、まさにこの事ですねあせる



:

 秋のビックイベント[Groove 5]&[蟹W]ライブのお知らせ第2弾 

  

先日のブログで、秋のライブをお知らせしていました。

(詳しくは『木曜日の私』→ココ

11月11日とお知らせしていましたが、11日は先生方が教えているヤマハの記念イベントと重なるので、一週間ずれて、18日になりました。

改めて、お知らせしますので、スケジュール表の書き換えをお願いします♪


[Groove 5]&[蟹W] ビッグライブ

1月18日(土)

Soul Bird(旧ブルーノート) 福岡市中央区天神2-7-6 DADAビルB1


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)
2006-04-21 18:03:00

ハミングバードな一日

テーマ:英語

今週は木曜日の【ベースレッスン】がなかったので、金曜日にハミングバードの英会話レッスンを予約していました。

通常なら英会話レッスンだけだけど、2回アルファベットの発音矯正を受けて、

「次回はテストです」と言われたので、忘れないうちにと思い英会話レッスンの前に発音矯正も予約しました。


今日の先生はMs.B。

元気はつらつの、教え上手な先生です。

最初にアルファベットの復習をして、それからテスト。

「ビデオ撮影あり」と聞いていたので、ちょっと緊張していましたが、今回はなかったです。

そして「高得点で合格です」との嬉しい結果祝日


だってこの1週間、毎日練習しました。

最初に体験レッスンを受けた時、

「音は正しいのですが、口の形をもっとはっきりと」と言われました。

ハミングバードメソッドというやつです。。。


初歩の初歩ですから、口の形と舌の位置をおおげさなぐらいにきっちりやらないといけません。

合唱部や演劇部で

「あめんぼ あかいな あいうえお」

なんて、口を大仰にあけて発声練習をやってましたが、あれの英語版ですね。


正直、へんな顔になります。。。

子供達がいない時に、鏡を見ながら練習しました。

でも、1度だけ息子がいるのにうっかりやってたら

「かーちゃん、何やってるの!?」

かなり驚かれました。

ええ、ハミングバードにとっぷりつかった人じゃないと、笑うか不気味がるでしょう。。。


その話をMs.Bにしたら

「私なんか、電車の中でぶつぶつと練習して、周りのみんなからジロジロ見られてしまいました。

そこまでは、いかないように」


Ms.Bは熱心ですねビックリマーク

でも、そこまでやってたのは何となくわかります。

彼女の口の形や舌の位置って、正直DVDのお手本の女性より上手いんです。


お手本の女性は昔流行った、ワンレグ、ボディコンって感じの美人で、ちょっとセクシーです。

面倒な発音、例えば「W」なんかを言う前には、

「ふぅ~っ」なんてため息をついたりします。

「面倒だよね、こんな発音」と思わず共感して、笑っちゃいます。


そんなお茶目なボディコン嬢ですが、基本からちょっとずれる時も。

そりゃそうでしょ、普通に発音したくなるのが人情というもの。

しかぁ~し、我らがMs.Bは、ほんとテキストの説明通り、ぴしゃりと正確な口の形と発音。

「どう、凄いでしょ!」とボディコンちゃんに自慢したくなっちゃいます晴れ


さて、そんな発音矯正もめでたく次のステップへ。

単語から簡単な文章になりました。

お陰で、より自然な発音の練習です。

これからが楽しみ音譜


次に、続けて英会話レッスンを受けました。

先生はご存知Mr.Fisherman。

(ご存知ない方は『ミツバチ生活コスモス』をご覧下さい→ココ


そして、レッスンにもう1人60代の女性。

改めて3人で自己紹介し合いました。

彼女も旦那さんを亡くされていて、趣味にあけくれる毎日だそうです。

音楽全般が好きで、社交ダンスも習っているとか。


Mr.Fishermanは「2人はレベルが同じだから」と言ったのですが、彼女は単語をばりばり知ってますよ!

発音もとっても綺麗。

年配の方は、発音がいまいちの人が多いのに、彼女はなかなかやります。

バンクーバーに3度ほど行ったそうで、カナダをこよなく愛しています。


カナダ好きの生徒2人に、福岡を愛するカナダ人の先生。

自己紹介だけで40分も盛り上がっちゃいました・・・50分間のレッスンなのにドクロ

だって、3人ともシーフードが大好き。


Mr.Fishermanが釣りの自慢話をすると、彼女はその魚の料理法を聞いたり、自らとっておきのレシピを披露したり。

彼女は魚に詳しいので、お魚つうさんと呼ぶことにします。


さて、やっとテキストに入ったと思えば、今日のタイトルは

『Love and Marriage in North America』

おいおい、楽し過ぎるテーマだよ。

3人でお互い異性に求めるものを言い合って、最初のフレーズで熱中トーク。


Mr.Fishermanが

「日本の男性って、結婚する間際にならないと、彼女の父親に会わないよね。

アメリカやカナダだと、すぐに『どんなやつか俺に見せろ』ってなるよ。

これ、どーなの?」


「日本人の父親は、娘の付き合う相手に対してあまり発言権を持っていなくて、結婚という話になった時だけ、発言が許されるんじゃない?

ところで、Mr.Fishermanの場合はどうだったのよ!?」


えへっ、ちゃっかり私の好きな馴れ初め話に持ち込みました。

Mr.Fishermanが話してくれたのは、これまでの彼女との付き合いと、奥さんにプロポーズした時のこと。

もう、楽しすぎるぅ~~~メラメラ


こんな調子じゃテキストが進むはずもなく、①から⑩まであったうちの①だけで終っちゃいましたあせる

しかも、10分延長してきっちり1時間のレッスンだったのに。。。

だけど、面白くて笑いまくりのレッスンでした。


お魚つうさんは、毎週金曜日に英会話レッスンを受ける予定だそうです。

私は月に1、2度英会話レッスンを入れる予定ですが、また彼女と一緒だといいな。

とっても気が合いそうだもの。

いいね!した人  |  コメント(18)  |  リブログ(0)
2006-04-19 20:06:00

ベンの【英会話教室】 なぜか・・・

テーマ:英語

昨日はベンの【英会話教室】の日でした。

定刻に行ったのに、なぜかみなさん遅刻。。。

ベンはさっさとレッスンを始めます。


今週のIdiom

①face off / square off

(困難などに)身構える、(人と)がっぷりと組む

②satand off

行き詰まる、承諾しない


example
A: What are you doing tonight ?

B: All the guys are getting together to face off in poker.


15分が過ぎても、他の3人がやってきそうにありません。

不審に思った私は、ベンに聞いてみました。

「他の人はみんなお休みなんだ」


え~!? びっくり!

ベンの【英会話教室】はちょうど1年通いましたが、こんな事は初めて。

それにしても、1人でレッスンはちょっと忙し過ぎます。

例文はいつも3つぐらいあるのですが、最初の一つを書くのが精一杯でした。


そして、単語力のなさも改めて痛感しました。

いつもは気がつかなかったのですが、旧火曜コースでもお互い補いながらレッスンを受けていたのです。

自分が話していると、単語がなかなか出てこないことがあります。

これは、私以上の英語力があるSMARTさんやSOCIAL DANCINGさんも同じ。

 

自分が話していない時は、最適な単語がすっと頭に浮かぶので、話している人がちょっと詰まるとお互いに教えあいます。

それから、日本語の会話でも起こりえますが、意味を取り違えて少しずれた返事をすることがあります。

これは、ベンも一緒。

 

そんな時は「~っていう意味で言ったんでしょ?」と他の人が軌道修正。

もしくは、相手が答えきれないでいると、もっと詳しい人が返事をしたりします。

でも、1対1だと助けに入る人がいません。


それから、話が細かく深くなるのも、私のような「旅行者用英語」の使用者にはちょっと厳しいです。

表面的で、そのことに関して2、3回の繰り返しの問答ならさほど苦労せずに会話を返せます。

よく「中学までの単語で会話は出来る」なんて言いますが、私の英語はまさにそれビックリマーク

さすがに「高校レベルの単語」は使いますがあせる


昨日のように、ベンと2人で深く話し込むと言いたい事を、こと細かく表現できない自分に苛立ちます。

「もっと勉強しなきゃなぁ」

日頃いい加減に、脱力状態で生活している私が、久しぶりに深く反省しました。


さて、2人でどんな会話をしたか。

主に日本人とアメリカ人の違いみたいなテーマでしたね。

「日本人はどうして部屋をシェアしないのかな?不思議だよ」とベンが言い出しました。


私こそ、不思議ですよ。

映画を見ていると、よくルームメイトと住んでいます。

時には男と女だったり。

日本人は、狭くて6畳一間でも、1人で住むケースがほとんど。


日本人は、人にどう見られるかをとても重要な事に思ってる。

だから、他人と暮らすのは常に緊張を強いられることになるので、部屋をシェアしないのじゃないかしら」

私なりの意見を言ってみました。


世代によって考え方は違っていますが、基本的に人目を気にすることが多いですからね。

「私はあまり典型的日本人じゃなくて、人がどう思うかより、自分がどう思うかが行動の規範になっているんだけど」

それに対し、ベンは「そういうタイプだろうと思ってた」と強く同意してました。

あまり共感されても・・・あせる

いつも子供を自慢しすぎるので「変な日本人」と思われているのかしら!?爆弾


それから、レディファーストとフェミニズムについても話しました。

レディファースト、いいですねキラキラ

この際、フェミニズムはどうでもいいです。

とりあえず、ちやほやされたい。

何でもいいから気にかけてもらえて、些細なことでもサービスされたい。


カナダでタクシーのドアをあけてもらったり、ハグされてバラの花をもらったり・・・

ドジしてころんだら、男性が猛ダッシュで駆けつけて抱きおこしてくれました。。。

日本人の男性なら、見て見ぬふりするのが親切ですよね汗


「日本でもレディファーストを実行すべきかな?」真剣なベンの質問。

「そうね、しなければいけないということはないけど、やったら評価はあがるわよ」

「そうか!」

来週から、レディファースト全開でお願いしますよ、ベン。

相手の女性が若いとか美人とかは関係なく、マナーなんですからね晴れ


「そう言えば、この前テレビでやってたけど、日本人は男性、女性ともに世界で人気らしいわよ。

男性は優しくてお金持ち、女性はおとなしくて従順というのが、その理由なんだって。

両方ともかなり誤解があるみたいだけど・・・」

私がそう言うと、ベンは

「そうだね、長い黒髪の日本女性は、アメリカでももてるよ」

「やっぱり!?」


最近ボスのブログ でも、アメリカ人とカップルの日本女性は申し合わせたように長いストレートの黒髪だと話題になってました。

「ベン、私も髪が腰まで伸びたら、アメリカにボーイハントに出かけようと思ってるの」

「それはいいよ!

実は僕の兄が50歳になるんだけど、独身でみんなからのプレッシャーがすごいんだ。

せめて、ガールフレンドがいれば・・・」

「お兄さんに言ってよ、『私が行くまで待ってて』って」

あはは、兄も喜ぶと思うよ!あはは!」

その笑いは、なに!?むかっ


それにしても、23歳のベンのお兄さんが50歳は変じゃない?

やっぱり「forty」と言ったんだっけ?

ああ、こんな時SMARTさんも一緒にレッスンを受けていたら、メールで確かめられるのにな。。。

いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(0)
2006-04-18 23:59:00

映画 [イン ハー シューズ/IN HER SHOES]

テーマ:映画

DVDで『イン ハー シューズ』(カーティス・ハンソン監督、2005年・米)を見ました。

イン


正反対だけど、気持ちがつながっている姉妹と、十数年音信不通だった祖母との物語。

ちょっと哀しいけれど、笑いもしっかりあって、強く生きる勇気をもらえる映画でした。


キャメロン・ディアスが演じるのは、男を魅了するスタイルと美貌を持つ、妹のマギー。

外見の華やかさとは裏腹に、字を読んだり簡単な計算にも苦労するので、仕事も続かず家族の持て余し者。

母親を小さい頃亡くし、姉にはいつも迷惑をかけてばかり。


一方、姉のローズは独立して弁護士として成功しているものの、容姿にコンプレックスを持っています。

なんとか職場の上司と恋仲になるのですが、そこへ失業して家を追い出されたマギーが現れ・・・。


行き場を失ったマギーは、とうに亡くなったと思い込んでいた母方の祖母の存在を知り、訪ねて行きます。

そして、そこで母親の事を知り、さらに新しい自分に出会うことになるのです。


映画を見て、『お姉さんが欲しいなぁ。甘えたいなぁ』なんて思っちゃいました。

私には、7歳下の弟がいるだけです。

たまに会う機会があっても、話題がないですね。

弟のお嫁さんとの方が、話が合います。


「お姉ちゃんがほしいなぁ」

小さな頃から思っていました。

近所に同じ歳の女の子が3人いましたが、3人ともお姉ちゃんがいたんです。

羨ましくて、母に

「お姉ちゃんを生んでよ」といつもせがんでいました。


お願いした甲斐あって、やっと赤ちゃんが家にやってきたのですが、なんと男の子。。。

お姉ちゃんが生まれてくるのは無理だとわかって、

「妹でもいいよ」と妥協し、「典子ちゃん」という名前まで勝手につけていた私は、と~~ってもがっかりしました。

おまけに、アイドルの座まで奪われ、踏んだり蹴ったりでした汗


そんな心の傷を隠し、私は弟に優しい姉だったビックリマークはずです。

遊んであげて、女装させたりもしました。

トランプやゲームをする時は、弟の自尊心が傷つかないように、さりげなく負けてあげました。

あいうえおや、九九も私が教えてあげました。


いまだに何の見返りもきていませんが、少しも怒っていません。

ああ、姉とはなんて優しい存在なんでしょキラキラ

私も欲しいよ、そんなお姉さんが。


今からでは、『姉』はとうてい手に入らないのですが、最近代替品を手に入れました。

娘です星

気が合うし、話して楽しいし、親切です。

ブログを教えてくれたのも、スキンをオリジナルで作ってくれるのも娘。

PCでわからないことがあると、いつも娘に聞きます。

「少しは自分で覚えなきゃ」と言いながら、さっさと問題を解決してくれます晴れ


私の誕生日を絶対忘れないで、お祝いメールをくれるのも娘。

あっ、ケーキも焼いてくれます。

それに、私が知らないいろんな流行をいつも教えてくれます。


お姉さんはいないけど、娘がいるからいいや音譜

いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(0)
2006-04-16 20:30:11

ベンの【英会話教室】PartⅡ

テーマ:英語

子供達の春休みも終わり、逆に忙しい一週間でした。

だけど、そんな中でも火曜日には、ベンの「新・火曜コース」に行ってきました。

これは「木曜コース」の方達が火曜日に移り、それに私も参加させてもらうことになったものです。


メンバーはまず、エキスパートさん

60代ぐらいの女性で、以前アメリカに住んでいたそうで、流暢な英語です。

いまさら習う必要もなさそうなのですが、たぶん忘れないためなのでしょうね。


次は、撫子さん

とっても上品な70歳前後の奥様です。


それから、柏餅さん

いかにも大手企業を退職しましたという感じの、おっとりした紳士です。

ニックネームの由来は、和菓子を持って来てくれていて、私がごちそうになったのはその中の柏餅だったから。


さて、ではいつもの

今週のIdiom

face it

face the music

meaning

accept reality

自分の行いの結果を素直に受け止める、罰を受ける


example
I ’ve been going to cooking school for many years.

But I just have to face it.

I will never be a good cook.


Military commannds

about face ! = around face 反対を向く

right face ! 右向け右

left face ! 左向け左

attention ! 注目

salute ! 敬礼

at ease ! 休め


この後「どんな一週間だったか」というベンの質問に、柏餅さんが

「法事で、親戚が集まって食事に行きました」

そのお店は、去年SMARTさんとランチに行った所。

(詳しくは『お家にお呼ばれ』→ココ

 

「ベン!そこは個室があるよ!

4人用だけど、2人でもOK

彼女と行ったら!?」

やっときました、ベンの恋の馴れ初めを聞きだすチャンスキラキラ


みんなも私の質問に援護射撃して、まんざらでもないベンはついぺらぺらと・・・

と、これまでのレッスンならそうなるところだったのですが、今回のメンバーは無関心ドクロ

はしゃいだ私は、妙に浮いちゃいました汗


さて、気を取り直して次は家庭のfestival

ベンがAmishのBarn-raising festivalを説明。

キリスト教のアマン派の人達のミュニティーでは、文明の利器を全く使わず生活しているそうです。

棟上の時も、人海戦術とか。


そこで、日本の棟上の話になりました。

棟上には、硬貨を餅の中に入れて組みあがった家の棟からまきますよね。

これ、日本の常識と思っていたら、関東出身のエキスパートさんは知らないと発言。


「え~、じゃ、九州だけなんですか!?

お餅に入れるための、100円とか50円とか5円を消毒のために煮るんですよ」

すると、柏餅さんが

「えっ、硬貨を煮るですって!?

知りませんよ。入れるのは、普通5円でしょ」


そう言えば、最近は5円を赤いリボンでむすんで、小さなビニールに入れてからお餅に入れていますね。 

それにしても、棟上に硬貨入りのお餅をまかない地方があるなんて、びっくり。

そんな所では、お餅もまかないのかしら?

みんなの地方ではどうですか?


最後に、柏餅さんの持って来てくれた和菓子をいだだきました。

半分日本語、半分英語での雑談。

そんな中、撫子さんがベンに

「9月からの大学は決まったの?」

と聞きました。

それに答えて

「日本語学校に通い始めたけど、日本語は難しいよ」


私は再度チャンス到来とばかり、

「It depends on his japanese ability and love」と言いました。

するとベンはちょっと怒って

「Love is a small reason」

 

あらら。。。

こちらのクラスは真面目で、ベンもかなり先生の威厳を保っています。

つまんないのぉ~むかっ

いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(0)
2006-04-13 21:37:00

木曜日の私

テーマ:英語

木曜日は2つのお稽古で、一週間で一番濃い日です。

まずは、ハミングバードでの発音矯正。

先週は、1時のレッスン開始なのに、家を出たのが12時55分と大失敗ドクロ

そのせいで、メチャクチャなメークで、素敵なMr.Cのレッスンを受けるハメになってしまいました。


今日こそはビックリマーク

勢い込んで化粧したけど、5分で終っちゃったよ。

さらに粘ったけど、10分もたず。。。

 

まあ、こんなもんでしょ。

それに、先生が誰になるかは、行ってのお楽しみ。

あんまり気合を入れすぎてもねねこへび


教室に行ってみると、もう1人待っている生徒さんがいて、先生はMs.BとMr.C。

え~、どっちに!?

ちょっとドキドキドキドキ


ジャジャ~ン、な~んと私の担当はMr.C。

ルン、ルン音譜

コーヒー片手にレッスン、レッスン。


でも・・・

私のメークがフルメークだろうが、へんてこだろうがMr.Cにはいっさい関係ないみたいあせる

今日も熱心に、アルファベットのお稽古。

 

先週はPやTの有気音が褒められ

「腹式呼吸で上手に出来ているから、コーラスでもやっているのですか?」

と聞かれ、

「いえ。でも中国語をちょっと勉強しましたから、有気音は得意です」

と自慢しました星


今日はLとNが褒められましたよ晴れ

「どうしてそんなに出来るのですか?」

もう、そんな風にふられたら、自慢好きの私が黙ってるはずないでしょ。


「大学時代に【英会話教室】で音声学を習い、発音にはちょっとうるさいんです。

自転車の乗り方と一緒で、一度覚えると・・・」

自慢は続くよどこまでもチューリップピンク

 

DVDのお手本の女性は、LとNの発音の時、口の形が固定して全く動きません。

意識すると難しいけど、私も時々出来たりキラキラ


「わ~、凄いですね。

僕なんか動いちゃいますよ汗

「力を抜いてやればいいのよ、こんな風に」

「あっ、ほんとだ! 出来た!!」

「ほら、ね。

今度から何でも聞いてちょうだい、このワタシに


・・・やばい、またしても女王様ぶっちゃった。。。

ちょっと性格の良さそうな人を見ると、ついSの本能が・・・爆弾

先週の可愛い私はどこへやら。。。


調子にのって、自分を映しているモニターを見るのも平気になっちゃいました♪

Mr.Cとモニターを見ながら

「今度は出来た」「出来なかった」と大はしゃぎ。

とっても楽しい50分でした。


ずっと練習しっぱなしで、コーヒーを飲む間もなく、残っちゃいました。

そこで、レッスン後にちょっとおしゃべり。

「実は・・・」と、ブログネタにしてる事を事後報告。

ちょっと心配でしたが、迷惑がっている気配はありませんでした。

こっそりネタにしていて申し訳なかったのが、これでOK


さて、発音矯正の次は、もう1人の素敵な先生の【ベースレッスン】

(↑こだみん先生がブログを読んで下さっているので、ゴマゴマチョキ

今週から、ジャズ合同レッスンでの曲に入りました。


「初回にしてはなかなかの出来です」

と、お褒めの言葉も頂いたのですが、問題はこれから。。。

本番にめちゃめちゃ弱い私です。。。

今回は、頑張らなくちゃね雷


・・・と、急に弱気になった私ですが、こだみん先生から嬉しいお知らせも晴れ

前回のブログで書いていた

[Groove 5]&[蟹W]のビッグライブの日にちが決まりました!

11月11日(土)

Soul Bird(旧ブルーノート) 福岡市中央区天神2-7-6 DADAビルB1


よしっ!

11月11日に向けて、キャンペーンをはって盛り上げていきましょうクラッカー

いいね!した人  |  コメント(26)  |  リブログ(0)
2006-04-08 11:59:00

Happy birthday to 藤城さん

テーマ:音楽

夕べはTUPELO(HP→ココ )のマスター、藤城さんのお誕生日ライブでした。

そんなお祝いの席で演奏するのは、ご存知[錦蟹]と[10Shoes]店←こんな感じのステキなお店

 

      【博多バンド講座】

[蟹W]=NAOさん&こだみん先生のアコギユニット

[錦蟹]=HERO先生(鍵盤)+[蟹W]

[10Shoes] =淳平さん(G)&藤城さん(Vo・G)&ZUNNYさん(B)のサザンロックトリオ


[蟹W]のマスコットガールを務めております私ですが、今年はまだライブに行けず辛く苦しい日々を送っていました。

久々の[錦蟹]に、心ウキウキ音譜


開演の8時にはなんとしても間に合うよう、夕飯やお風呂のしたくも早めに、早めに!

・・・と思っていたのですが、そこは悲しい母親稼業。

何やかにやで、すっかり遅くなってしまいましたあせる


『まあ、焦る事はない。

娘の受験も済んで、これからは毎回行ける。

それに、[蟹W]のあと[錦蟹]の2部構成だもんねひらめき電球


・・・甘かったです。。。

今回は[10Shoes] との対バンなので、[錦蟹]だけだったのです。

結局半分しか聴けず、最近の[錦蟹]で好評のHERO先生のピアニカの演奏が聴けませんでした汗

次回にはぜひ、ぜひ、ぜひ聴きたいものです汗汗汗


[10Shoes] の演奏は相変わらずの職人技で、大満足でした。

MCもいいです!

[蟹W]がお笑い路線なのに対して、[10Shoes] は3人のこなれたトークでお客の心をつかみます。

どちらも飽きのこない、話だけでもお金がとれそうなMCですよ(笑)


ライブの途中で、淳平さんが合同プレゼントを渡し、会場は一気にお誕生会ムードクラッカー

品物は釣り用のベストでした。

はい、はい、やはり藤城さんも釣師波

私の周りは、みんな釣師ばかりです。


ライブ後は、ゆうこさんからのパースデーケーキをごちそうになりました。ケーキ2 ←甘くておいしかった♪


音楽、おしゃべり、(ノンアルコール)カクテルを堪能して、皆さんに

「また今度ね」とご挨拶をして帰ることに。

すると出口まで、エレベーターまで、外までと3段階パターンでお見送りしてもらって恐縮でしたあせる


特にHERO先生とこだみん先生に、揃って外までお見送りしていただいたので、

『これは、お2人がお店に戻られるまで、私も逆にお送りしなくちゃ!!!』

と思わず焦ってしまいました(笑)


でもお店の外で、この秋に[Groove 5]と[蟹W]で素晴らしい計画があると聞かせてもらって、とってもワクワクでした。

[蟹W]マスコットガールとしては、

「おお、[蟹W]がそこまで立派になるの!?」という程の嬉しい企画キラキラ

詳しく決まったら、皆さんにもた~~~っぷり自慢しますねチョキ


でも、嬉しい反面

「こ、これは何としても満員御礼で大成功してもらわねばビックリマーク

と、気合が入りました。

やっぱ、今どきは可愛いだけじゃなく、実力派マスコットガールが求められますからね!!!

(↑あっ、可愛くない場合は、実力だけが・・・ドクロ


これから私は会う人ごとに愛想よくし、常にフレンドリーさを強調しますよ晴れ

・・・ライブチケットを売りつけようという魂胆を、ひた隠しにしながらメラメラ

いいね!した人  |  コメント(18)  |  リブログ(0)
1 | 2 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。