1 | 2 次ページ >> ▼ /
2006-01-31 23:12:00

【英会話教室】 ヨーコ・オノは偉大だ

テーマ:英語

今日は英会話教室の日でした。

今週のIdiom turn up

meaning increase appear come

example

The music is too soft , can you turn it up ?

(soft ⇔ loud)


音楽ソフトと続くと、イージーリスニングの曲の意味かなと思ったのですが、単に「音が小さい」の意味だったんですね。

こんなsoft の使い方は、初めて知りました。


この例文に対して、SOCIAL DANCINGさんが

「今どきはつまみを回してボリューム調整するんじゃなくて、リモコンを使うから、turn も変ですね」

「じゃ、touch up ?」と、ちょっと突っ込んでみた私。


でも、touch-up で意味があるそうです。

ベンが書いてくれた例文は

This room needs a touch-up job.

部屋の壁にペンキを塗ったり、ちょっとした修理をしたりする意味だそうです。

日本語でも、家や庭に「手を入れる」といいますね。


辞書を引いたら

①(絵画・写真などへの)加筆、修正

②《略式》(嫌な人からの)口説き、言い寄り

・・・あなどるべからず、touch-up


そこで、SMARTさんからの映画で見た「?な単語」の質問。

タイプじゃない男からのtouch-up に対して

tempting(心をそそる、魅力的)を使ってて、違和感を覚えたんだけど・・・」


その答えとしてベンが書いてくれたのは

A: Would you like the dessert ?

B: Tempting, but no thanks.


断る時に、よく使う単語だそうです。

確かに女性は単刀直入に断らず、ちょっとは気があるふりをしながら婉曲的に断る方が、それこそtemptingですね。

私なんか修行が足りず

「行かない。嫌い。ダメ。いらない。興味ない」

今後は、せめて英語ではtemptingを連発し、謎の微笑みと共に婉曲的に断ることにします。


その後ドラマや映画の話で盛り上がり、SMARTさんがベンに

「ところで、アメリカで1番有名な日本人って誰ですか?」

「イチロー!? やっぱりヨーコ・オノかな」


するとSOCIAL DANCINGさんが

「小野洋子は、世が世ならお姫様。柳川の御花の子孫なんですよ」

「え~っ、知らなかった


知らなかったはずです、ネットで調べたら1部間違いがありました。

柳川までは合ってますが、御花の近くの家でした

皆さんは、北原白秋で有名な福岡県柳川市を知っていますか?


御花(柳川藩主別邸→HP は川下り観光の目玉ですが、その近くに小野洋子の父方の祖父の家があるそうです。

御花 ←今は料亭旅館

川下りの船に乗ると、船頭さんが「アレがそうです」と教えてくれるらしいです。


私は柳川には何度か行ったことがありましたが、川下りはしたことないので、今度機会があったらやりたいですね。

もちろん、小野家を見るため


それにしても、小野洋子を皆さんはどんな風にとらえているかしら?

私は初めてジョン・レノンの奥さんが日本人だと知ったとき、「すごい」と感動しました。

でも、その後本人をちょっと知ると、『きつい女』という感じがしてあまり好きなタイプじゃないなと思ったのです。


しかし、天下のジョン・レノンを手に入れた女ですよ

ベンもごたぶんにもれず「ビートルズを解散させた女」と評していましたが、せめて日本ではもっと高い評価をあげたいです。

確かに、ビートルズ解散の時期を早めたかもしれないけど、それもまた魔性の女的で、いいじゃないですか。

昔から、どうして日本の女性誌が彼女をもてはやしてとりあげないのか、不思議でした。

不倫からレノンを手に入れたのは、まずかったかもしれないし、前衛芸術家としての行動が奇行にうつったのかもしれません。

でも、同邦人として今からでも高い評価をしたいです。


レノンのイマジンに多大な影響を与えた、彼女の『グレープ・フルーツ』をまた読み直してみよう。

文中にでてくる「第二次世界大戦中、田舎に疎開しているとき」の「田舎」ってまさか柳川じゃないよね!?

AD
いいね!した人  |  コメント(18)  |  リブログ(0)
2006-01-30 08:54:00

例えバトン

テーマ:バトン

いつもアメリカ生活について教えてくれる、親切丁寧まごころサービスサラちゃんのママ から、またまたバトンが回ってきました。

題して、「例えバトン」

これは、今まで回ってきた13個のバトンの中でも一番難しい。

自分を何かに例えるというのは、その人のナルシスト度を表しているようで(汗)

 


 自分を色で例えると?


好きな色はピンクなんだけど、自分を現す色は透明なんじゃないかな。

分かりやすいけど、そこまでインパクトは強くない。

 


 自分を動物に例えると?

希望&夢としてはウサギやハムスターみたいに、可愛くてふわふわしている雰囲気の動物。

でも、現実はカバ

かば

いつも眠たげに、ぼーっとしている。

場所をふさいで邪魔な感じもするが、慣れるとそこまで目障りじゃなくなる。


 自分を好きなキャラに例えると?

  

好きなキャラというわけでもないけど、アラレちゃん

アラレ

以前書いたけど、大学時代に「アラレちゃん」みたいだと言われたことがある。

『いきなり元気』な所は、あたっていると思う。

 

 

 自分を植物に例えると?

  

アジサイ

紫陽花

梅雨のうっとおしい時期に、マイペースで咲いている。

全体で見ると可愛いイメージではないが、1つ1つの花によ~く目をこらすと可愛くなくもない。。。

 

 

  次に回す5人を色に例えると?


5人も思いつかないので、1人だけお願いします。

気が向いたときにでも、書いてね


父ちゃん ・・・・・・・マリンブルー

           北海道の海と空の色  そして行動的なイメージから

AD
いいね!した人  |  コメント(16)  |  リブログ(0)
2006-01-29 12:33:00

映画 [奥様は魔女/Bewitched]

テーマ:映画

DVDで『奥様は魔女』(ノーラ・エフロン監督、2005年・米)を見ました。

魔女1

主演の二コール・キッドマンは限りなく可愛くて、相手役のウィル・フェレルは、それなり

評判はあまり良くないみたいだけど、私は楽しかったです。


むか~し見た、エリザベス・モンゴメリー主演の『奥様は魔女』↓↓↓

魔女2 ←懐かしい!

アメリカで大ヒットのテレビドラマだったそうですが、日本でも大人気。

私も好きでいつも見てました


今回の映画は、その新シリーズを作るという設定。

落ち目の男優ジャック(ウィル・フェレル)が、自分を目立たせるために素人のイザベル(ニコール・キッドマン)を、相手役の魔女にスカウト。

ところが、彼女は本物の魔女だったのです・・・という、ストーリー。


オリジナルの『奥様は魔女』を知らない人でも楽しめると思うけど、知ってたら面白さ倍増。

このドラマで「へぇ~、アメリカってこんな所なんだ」というイメージを植え付けられたことを、いまさらながらに思い出したりしました。


映画の中で、とても印象に残ったのが、ジャックがイザベルに女優になる事をすすめようとして

「指1本で何でも自由に手に入る」と、その魅力を語ります。

それに対してイザベルは

「そんなのもう沢山! 私は普通になりたいの」と言って、その場を立ち去ります。


『だよね手に入りすぎるのも、考えものだよ」と思わず共感してしまいました。

私の日常が何でも手に入る、セレブなものかというと、もちろん全く違います!!!

むしろ、小さな幸せで大満足の慎ましやかな生活


ところが、ごく最近「多過ぎても、ちっとも嬉しくないなぁ」という経験をしました。

気がつかなかった人の方が多いと思いますが、実は私の【英会話教室】ネタブックが、スクラップブックのトップページの[ナイスブック]に1週間ほど入ってました。

(今はその時と仕様が違うみたいですけど)


正確には、私のブックというより、【英会話教室】ネタブックに投稿してくださった方の記事が、選ばれていたのです。

でも、結果的に私のブックへの訪問者数が、飛躍的に伸びました。

最初の数日は、1日で千人以上。。。

いつもは、40人前後だったんです。。。


朝PCを立ち上げて、ブログの訪問者数チェック。

紅茶を飲みながら、『どんな人達がどこで読んでくれているのかな』と、しばし空想にふける。

夜寝る前に、携帯でブックの訪問者数をチェック。

『みんな今日も、英語の勉強を頑張ったのかな? 

私も明日こそは!』と、毎夜の虚しい決心をしながら眠りにつく。


そんな平和でのどかな小さな楽しみに、千人の訪問者は多過ぎました。

いつか、63人も見てくれた時は、「おお~」と喜びがこみ上げてきたのに、千人は実感のわかない数字でしたね(汗)

まあ、怒濤の1週間が過ぎて、また穏やかなブックに逆戻り。

寝る前の決意の儀式も復活しました。


ところで、怒濤の1週間はブック仲間も増やしてくれ、16人だったメンバーが25人(現・26人)にも増えました。

おまけに、訪問者数もたまに60人だったのが、その後毎日60人前後と嬉しい変化がありました。


これもひとえに、記事を投稿してくださったikubonbonさん と、選んでくれたスクラップステーション運営局のケイさんのお陰です。

ここに改めて、御礼を申し上げます。

ありがとうございました


ちなみに、選ばれたベストブックの記事は『NOVAの珍獣たち2』(→ココ )です。

AD
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)
2006-01-27 22:34:00

「のだめ」つながり

テーマ:ブログ

今日は『のだめカンタービレ14巻』を読みました。

14巻


昨日、ブログのコメント欄に、小野先生が書き込んでくれました。

[「のだめ」14巻買いました?前回、私の日記で情報を得ていたようなので、なんだか使命感に駆られてしまって・・。ちなみに、15巻は6月、しかもマングースのぬいぐるみ付き]

小野先生、ありがとうございました

実は、前回13巻を買ったとき、小野先生の日記で発刊を知ったのです。

(詳細は『のだめカンタービレを読んで』→ココ

ですから、今回も先生の日記を、すっかりアテにしてました


小野先生は、北九州在住のギタリストで、私のブログではお馴染みの[Local Talks][Groove 5]のメンバーです。

先生の『日々精進日記』 を含めて、[Groove 5]の先生方のブログを携帯から読むのが、私の朝の日課です。

先生の日記は音楽的に難易度が高いので、息子に質問しながらなんとか理解しています


そんな経緯で買ってきた「のだめ」を読みながら、あの話をど~してもブログに書きたくなっちゃいました。

そう思ってるところへ、SMARTさんからもあの事に関するメールが!

ああ、仕方ないわ・・・


実は・・・

水曜日に、【英会話教室】の友達のSMARTさんと[清滝]へ行ってきました↓↓↓

onnsenn


覚えていますか?

去年の11月にSMARTさんと行こうと計画してたんだけど、SMARTさんちのお子さんが熱を出しちゃって延期になってたの。

それで、水曜日に決行


でも、野天風呂に入った後岩盤浴をしただの、エステのマッサージが気持ちよかった・・・

おまけに、岩盤浴50分とボディケア40分が通常5400円なのに、セットで3900円・・・

そんな事を書くと、海外在住ブロガーの郷愁を誘ってしまうので、書かないでおこうと思っていました。


ところが、のだめ→のため

あのピンチの瞬間を思い出したので、書いちゃいます!

(って、もう自慢した後・汗)


最初に温泉に行った時は、天神からの無料バスを利用しました。

でも、それだと家から1時間半かかっちゃいます。

都市高速を使えば、40分前後じゃないかなと考えました。

よし、ナビに道案内を頼んで車でGO


方向音痴の私ですから、いつもは慎重に事前にナビのシュミレーションチェックします。

でも、温泉のパンフレットの地図を見ると、高速の野多目インターからとてもわかりやすそう。

SMARTさんという人間ナビもいる事だから、安心だわ。

前日に時間チェックだけすると、55分と出ていました。


思ったより時間かかるな。。。

それにしても、この「野多目」って、何て読むのかな?

「のため?」「のだめ?」

(正解は「のため」)

・・・そう言えば、「のだめ」もそろそろ次が出る頃では?


当日はいい天気。

外のお風呂はちょっと寒いけど、すぐに暑くなりすぎるからちょうどいいかも♪

SMARTさんのお家へ迎えに行って、そこでナビをスイッチ・オン☆ミ

あらかじめ目的地登録してたから、簡単セット・・・

のはずが、あれ・・・

何回やり直しても、出口が天神。。。


「まぁ、高速にのってみよう」

楽天家の私、高速にのってまたやり直せば、OKと軽く考えていました。

でも、高速上でも一緒。

あっという間に、天神を通り越し

「リルートを開始します。リルートを開始します」

ナビがうるさく攻め立てます。


え~~~、どうしよぉ~~

「野多目」なんてインター、どこにあるの???

ここで冷静に、温泉の場所を考えれば、とりあえず太宰府インターを目指せばいいとわかるのですが、途中で魔がさして分かれ道を、名島の方へ。

南に向かうはずが、いつの間にか東へ。

方向音痴の私も、何かが違うと悟りました。。。


名島でおりて高速に乗り直し、なんとか太宰府インターの方向へ。

すると、「野多目」の文字が随所の看板に見かけられるようになりました。

そして、無事「野多目」インターでおりました。


そこから先は、簡単、簡単。

途中で、「地鶏専門店」の看板を見つける余裕まで

温泉はとっても気持ちよくて、岩盤浴の後私はマッサージ、SMARTさんはあかすりと別れてリラックス。


その後は、お楽しみのランチ。

時間は1時半を過ぎていて、おなかはぺこぺこ。

ところが、食事のお店が満員。

「そうだ。来る時に見つけた地鶏のお店に行きましょうよ」


ふつう車で通りががりに見たお店って、うまく帰りに見つけられない事が多いのですが、今回はラッキーにも広い駐車場に、大きな看板ですぐわかりました。

昼食の時間が過ぎたせいか、駐車場は私たちだけ。

でも、お店が見つかりません。

近所をウロウロし、仕方ないので通りがかった近所の人に聞くと

「ああ、あそこは去年倒産したよ」


結局、2時過ぎるころにやっと和食のチェーン店を見つけて、お昼ご飯にありつきました。

おなかが空いたせいか、チェーン店なのにとっても美味しかったです。

「牛すき」が700円☆ミ


それにしても、どうしてナビが正しく作動しなかったのでしょう?

今日、その答えがSMARTさんからメールできました。

主人に聞いたら、野多目は1年前ぐらいに新しくできたインターだそうです。

tomatomaさんは、3年前にナビを買ったって言ってたから、ナビに野多目がなかったんですね]

・・・事前シュミレーションは大切!!!


ところで、みなさんは「あかすり」やったことありますか?

SMARTさんも初体験だったらしいですが、とっても良かったと感激!

「tomatomaもあかすり、やってみればよかったのに!」

でも・・・

「恥ずかしくない?」

「ええ、確かに・・・」

「もっと痩せたら挑戦してみるよ」


だって、いくらやってくれる人が女性とはいえ・・・

いいね!した人  |  コメント(24)  |  リブログ(0)
2006-01-26 11:07:00

学校バトン

テーマ:バトン

最強にして、もっとも愛すべきサラちゃんのママ から『学校バトン』が回ってきました。

「サラママ、実はバトンが大好き!
なんか、有名人がインタビュー受けているみたいじゃん!」

と、自らを語る彼女。

みんなも、どんどん回してあげてね



■何科でしたか?

 

高校は、普通科。

大学は、英文科。


■部活や委員会はしていましたか?

 

中学は、バレー部&合唱部
高校は、新聞部。
大学は、文芸部&演劇部

 

 

■行事などでのクラスの栄光

 
校内バレーボール大会では、そこそこ活躍。

一応ピアノを習っていたので、合唱コンクールでは伴奏。

でもこれは、今思い出してもつらい苦行だったな。

(詳しくは『ピアノ①』→ココ


■三年間で一番楽しかった行事や出来事

 

楽しかった事でもないけど、その後ずっと印象に残った出来事があります。

それは、中学校の修学旅行での事。

3年生の時、南九州に専用列車に乗って行きました。


中学3年間同じ先生が、社会科の担当。

当時はおじいちゃん先生だと思ってたけど、もしかしたら50代ぐらいだったかも。

とっても変った先生で、授業はいっさい教科書を使わず、自分が話したい話をする。

それなりに面白い授業でした。


そんな先生だから、何かにつけてやりたいようにやってたんじゃないかな。

修学旅行先のおみやげ物屋さんで、可愛い置物を見てたら、いつの間にか先生がとなりへ。

「それ、欲しいのか?」

「はい。でも、お小使いが決まっているから、迷っています」

「よし、3個買ってやるから、残りの2つは副会長のCと書記のTにあげなさい。

生徒会役員の女子3人に買ってやる」


当時私は、よんどころないゆきがかりから生徒会の会計をしていました。

(その悲劇は『ピアノ②』→ココ

でも、役員だからといって先生が買ってくれる所以に説得力もなく、女子だけというのも納得がいかなかったのですが、結果的には買ってもらってました


でも、忘れられない出来事はその後。

移動中で、列車の席に座っていると、先生が私の向かい側にやってきました。

班に分かれて座っていたはずなのですが、その時は席がたまたま空いていたのでしょう。


「さっき、タバコを買いに駅のホームにおりたら、ばったり会ったんだ。

食べてくれって、カップアイスをもらったけど・・・。

こういうやり方もあるんだな」

そう言いながら、見せてくれたのはカップアイスについてくる簡易スプーンの紙袋に書かれた、電話番号。

「お前、アイス食うか?」


他の生徒もいるのに、私だけがアイスを食べれるはずもなく、たぶん向かい側の席の子が帰ってきたので、先生はアイスを持って、その場を離れたような気がします。

詳細は、ぼんやりとしか覚えていません。


でも、おませで空想癖のある中3の私。

もう、その事が頭から離れなくなりました。

『いったい、どういうことだったのかしら?』

修学旅行の間中、考えていました。


そして、15歳の私が作り上げたストーリーは・・・

駅のホームで昔の恋人にばったり再会。

でも、先生を乗せる列車は今にも出発しそう。

そこで彼女は機転をきかせ、電話番号を書く紙を手に入れるためにアイスを買って、スプーンが入っている紙に自分の電話番号を走り書きして渡す。


そして、先生は・・・。

その後の展開が、気になって仕方がありませんでした。

修学旅行から帰ってくると、やたらと『修学旅行の思い出』だのという作文をかかされましたが、私にとっては大人の秘め事を覗き見た気がして、修学旅行の思い出=あの電話番号


どうしても気になって、先生に問いただしてみました。

「なんだ、あんなことを覚えていたのか。

ただの、卒業生だよ」

卒業生・・・。

むろん、私はその後、先生と中学生の恋というテーマで空想を膨らませたのは、言うまでもありません。


『それにしても、どうして先生はあんなものを私に見せたのかしら?』

それもまた、当時の私にとって謎でした。

でも、今なら理由を察することができます。


先生は修学旅行中ということで、ある種の開放感に浸っていた。

そこへ、女性から電話番号をもらう。

誰かに自慢したいが、まさか同僚には自慢しにくい。

ふと、「あいつなら、ちょっとは自慢相手になるぞ」と私の顔を思い浮かべる。

こんな流れだったのでしょう。


実は、「あいつなら」と思われるエピソードがあったのです。

社会科の授業で近松門左衛門の『曽根崎心中』などの、心中物の話が出てきました。

先生は、クラスで1番可愛い女の子に

「ちえみ、お前は『心中』の意味を知ってるか?」

「いいえ、わかりません」

「『心中』というのはな、例えば俺とちえみが一緒に死ぬことだ。わかったか?」

「はい、わかりました」

「じゃ、言ってみろ」

「はい。『心中』というのは、例えば私と先生が一緒に死ぬことです」


その答えに、先生は上機嫌。

ふと、私に視線を移し

「A子、わかったか?」

それに対して、素直でお世辞を知らなかった私は

「違いますよ。そういう場合は、『無理心中』って言うんですよ」

それを聞いて、先生はさらに大うけでした。


それ以来、私にいろいろ喋らせては、一人で喜んでることがよくあったのです。

再会した女性から電話番号を渡されたとき、その秘めたる恋の一端を私にもおすそ分けしようと思ったのでしょう。

何にしても、ほんとにユニークな先生でした。

 


■好きな科目・嫌いな科目

 

好き:世界史

嫌い:地理


■学生の醍醐味の恋愛

 

恋愛・・・

中学、高校と周りの男子には全く興味がなく、巨人軍の河埜選手に夢中

(詳細は『野球談義にエキサイトする【英会話教室】→ココ


大学生になって初めて身近な人を好きになったけど、

初恋=初失恋

この話は長くなりそうなので、次の機会に。


■次に回す人


心から尊敬している、りえぞうさん

ジャンルは恋愛だけど、日々人生訓に富んだステキな内容。

文章も上手くて、私が読んでいるブロガーの中でも、一、二を争う名文家

まだ彼女のブログを読んだことのない人は、ぜひ一度読んでみてください!

いいね!した人  |  コメント(20)  |  リブログ(0)
2006-01-24 20:28:00

【英会話教室】 knock on wood

テーマ:英語
今日は英会話教室の日でした。

今週のIdiom turn into

meaning become change

example

This winter coat can turn into a spring jacket. Just take out the lining(裏地).

 

「映画をみていて、どうも理解できないんです」と、SMARTさんがある熟語を質問しました。

knock on wood

「[ちょっと自慢しすぎたみたい]という字幕の訳になっていたんですが、どうしてそうなるんでしょう?」


ジーニアス英和大辞典を調べてみると

《米略式》[間投詞的に]たたりがないように、うまくいくように

《英略式》touch wood

自慢などをした後で復讐の女神Nemesisの叩いを避けるため、通例木(の製品)をこぶしの内側でコツコツたたきながら言うまじないの言葉

子供の遊びで鬼につかまらないように木製品にふれる

ベンの説明では、ジンクスをうっかり口にした時にも使うとか。

ジンクスは言葉にしてしまうと上手くいかないので、それを打ち消すためにknock on wood

 

「日本人はジンクスを気にするか?」というベンの質問に対して

SOCIAL DANCINGさんが

「暦の大安や仏滅を気にします」

まあ、確かにジンクスのような、ちょっと違うような。。。


SMARTさんは「中国からきたホロスコープのようなもの」と説明していました。

それにしても、大安だの仏滅だの、日常生活では全く気にならないことが、結婚式や葬式の時だけに大きな意味を持ってしまいますね。

 

結婚が話題になると、ベンが神妙な顔でホワイトボードに

Marriage is the biggest cause of divorce.

(↑有名なジョークだそうです)

まぁ、深刻に考えずに!結婚は勢いだから

いいね!した人  |  コメント(19)  |  リブログ(0)
2006-01-22 15:40:00

幸せのハードル

テーマ:音楽

夕べはライブに行ってました。

今年最初の記念すべきライブは、[raison detre]

以前、『世界で一番、ベーシストがかっこいい』(→ココ )や、『アフターLIVE』(→ココ )でご紹介したバンドです。

でも、最近読み始めてくださっている方のために、ちょっとおさらい。


[raison detre]は、究極のベーシスト「お師匠様」率いる、福岡でトップのフュージョンバンドです。

なぜ、バンマスを「お師匠様」と呼んでいるかと言うと、HERO先生やこだみん先生が

「音楽の師であり、人生の師でもあります」

と心酔していらっしゃるので、私もこっそり「お師匠様」と呼ばせてもらっています。


ベースを中心に、HERO先生を含めて最強の鍵盤奏者3名、福岡にその人ありと言われるドラマーの巨匠

(「巨匠」の由来は→ココ

それに、若手天才ギタリスト、ズージャさん

(ズージャさんは、ジャスメンらしく、用語をさかさまに連発します)


そんな6人のトップミュージシャン達が、熱く、そして計算されつくした音を繰り出すのです。

そのブルージーでロックな演奏は、他の追随を許しません。


夕べのライブは、音楽を聴くという本来の目的の他にも、お楽しみがありました。

TUPELOでお友達になったゆうこさんも、ライブにくるというメールをもらったのです。

それを読んで、

「よし、今夜は遊ぶぞっ」と小さくファイティングポーズをとりました。


ゆうこさんは、[raison detre]が初めて。

HERO先生や巨匠が属している『サザンロッカーズ』は、ゆうこさんのお抱えバンド(?)ですが、なぜか[raison detre]には来たことがなったそうです。

 

「[raison detre]ってどんな感じのバンドなの?」と聞かれ

「あのメンバーよ、すごくない筈がないじゃない!!!」

と、わが子の自慢でもするように、熱く語りました。

そして、ふとわれに返り

「あっ、ごめん。。。気合入りすぎた」

「いいよ、わかるわかる。

私だって、『サザンロッカーズ』を語りだしたらそれ以上だから」

あはっ、ファン心理ってそんなものですね。


そして、1曲目が終わりゆうこさんを見ると、目がまさに

1部が終る頃には、涙ぐんでさえいました。

実は、ゆうこさんはベースの音が大好き。

最初に会ったとき、私がベースをやっているのを聞いて

「ベースとドラムが特に好きなの。

自分が楽器を始めるとしたら、絶対ベース」

と言っていた彼女です。


ベースを中心に音が構成されている[raison detre]を、ゆうこさんが気に入らないはずがありません。

「お師匠様、ステキだわ!

中心なんだけど、けして目立とうとしている訳ではなく・・・」

「そうなのよ、自然に土台になってるの。

その上にきらびやかな鍵盤やギターの音が重なり、ドラムがぐいぐい進行をひっぱり・・・」

「いいわ、最高ね!」

「そうよ、最高よ!!」

お互い手を握り合わんばかりに、感動を共有しました。


そこへ、HERO先生。

「いかがでしたでしょうか?」

うるんだ瞳のゆうこさんは

「Hな音楽でした!」

 

「あ、・・・セクシーということですか?」

「お師匠様のベースもエッチ。

HERO先生のピアノもエッチ」

表現に独自性はあるものの、ゆうこさんも[raison detre]に魅了されたのは間違いないようです。


それにしても高校生の頃からバンドのおっかけをしていたという、音楽通のゆうこさんをここまでとりこにした[raison detre]!

今回のことで、[raison detre]に対してまた絶大な自信をもってしまいました。

ここで、高らかに宣言します。

みんな、飛行機にのって[raison detre]だけ聴きに福岡にきても、損はないよ。


ライブが終った後、ゆうこさんと2人でTUPELOへ行きました。

[raison detre]があったNew ComboとTUPELOは歩いて5分もかからない近場にあるのです。

ライブレストランのはしごなんて、初めて☆ミ

もう、それだけでウキウキです。


TUPELOに着いたのが、1時近く。

ゆうこさんのなじみのバンドの演奏はもう終っていましたが、ライブ後のいい感じのけだるい雰囲気がお店の中に漂っていました。

ゆうこさんの指定席のカウンターへ座りました。

日頃は苦手なカウンターだけど、ゆうこさんと一緒だと結構さまになっているような・・・勘違いのような・・・(汗)


それにしても

『いい音楽を聴いた後、女友達とカウンターで余韻にひたる。

なんて幸せなのかしら』

と、コーヒーを飲みながら感じていました。


すると、私の気持ちを読み取ったように、ゆうこさんが

「幸せだよね。

私って幸せのハードルが低いから、こんな事が幸せでたまらないの

「幸せのハードル?

ああ、わかる気がする。

私も親友といつも『小さな幸せ、大きな喜び』って言い合ってるもの」


2人でそんな取りとめもない話をしていると、あっという間に時間は2時半。

いつの間にか他のお客さんは帰ってしまい、私とゆうこさんだけ。

あわててお店を出たものの、なんだかまだ帰りたくない気分。

「ラーメンでも、食べる?」


すぐそばの中華料理屋さんに入って、ゆうこさんはラーメンで私は、かた焼きそば。

「深夜営業のお店にしては、ここ、とっても美味しいの」とゆうこさんが言うだけあって、ほんとおいしかったです。

夜中に女友達と食べるというシチュエーションも、さらに美味しさを増していたかも。

【幸せのハードル】が極端に低い2人は、

「不良気分♪」とそれだけで、さらに満足度を高め午前3時にお店を後にしました。


ああ、こんなたわいもない事をブログに書いて自慢できるのも、幸せだなぁ。

いいね!した人  |  コメント(27)  |  リブログ(0)
2006-01-20 13:40:00

【ベースレッスン】 新発見♪

テーマ:音楽

昨日は【ベースレッスン】の日でした。

先週に引き続き、浜田省吾の『SAME OLD ROCK'N' ROLL』

前回頑張って一通りやっていたので、今週は余裕♪

 

・・・と、思っていたので、練習をちょっとサボりがち。

いや、「天才の名声」に溺れては、いけませんね。。。

(↑その前に、自分以外だれも「天才」と言っていない・汗)


本を読んだり、DVDで英語の勉強をしたりと、「努力の人」に似合わぬ気のぬき方。

そのせいか、レッスンでベースを弾くといつもと勝手が違う。

右手が上滑りする感じで、第一、音が全然違います。


そうそう、以前も言ったけど、私は自分のベースをレッスンに持って行きません。

だって、重いんだもん。。。

ほとんどの人は、自分のを持っていくみたいですけど・・・。


いつも教室に置いてある、ヤマハのベースを借りています。

私のに大きさも、音もすごく近いので、何の不便もありません♪

たとえ多少の問題があったとしても、せっかく天神にお出かけするのに、重くてデカいベースを抱えていなきゃいけない事を考えると、やはり借りるしかないでしょう!


ところが、昨日は調子悪くて・・・

その時、ハタと気がつきました!

このベース、きっと弦高調節して、いつもと違うんだ!

(弦高=各弦の12フレットの上から弦の下までの隙間)

道理で弾きにくいし、音も変に高いよ。


「先生、ベースの弦高調節してあるみたいですね。

いつもと、感じが全然違いますよ」

すると、こだみん先生は

「実は・・・」と、部屋の隅にある、もう1本のベースを持ってきました。


ベースはグループレッスン用に同じものと、もう1本小ぶりのベースがおいてあるのです↓↓↓

ベース2


「tomatomaさんがいつも使っているベースは、こちらかもしれませんね」

もう1本の方を弾いてみると

「あっ、これです!これ!

でも、同じものなのに、音まで変わるんですね」


「全く同じものだけど、弦高の違いで変わってきますよ。

弦高が高いほうがいいか、低い方がいいかは、その人の好みですし、曲によってベースを使い分けることもあります」

「へぇ~~~」


ヤマハの【ベースレッスン】に通って、2年と9ヶ月と2週間。

教室に置いてある、外見は全く一緒のベースがこんなに違うなんて、初めて知りました。


でも、待てよ・・・

この2年と9ヶ月と2週間、必ず同じベースを使っていたのでしょうか。

時々は、もう1本の方を使うこともあったんじゃないかしら?

そう言えば、『今日は、なんか調子悪いな』と感じる時もありました。


きっとそんな時は、もう1本の方だったんですね。

でも、何がどう違うのか、さっぱりわかりませんでした。

ところが昨日は、右手で弦をはじいた瞬間、

『指が上滑りして、とってもやりにくいわ』と感じたのです。


そして、音色もいつもと全然違っていました。

アンプの設定が違うのかと確かめてみたのですが、それはいつもと同じ。

それで、弦高が違う事に気がついたのです。


私って、凄くない!?

思わず、頭の中が自己賛美の言葉で一杯になってしまいました。

「先生、ベースの違いがわかる様になったのって、大進歩ですよね!!!」

それは、質問と言うより、否定の言葉をうけつけない一方的な宣言☆ミ


こだみん先生も

「そうですね。めきめきミュージシャンになってますね」と、ツボを押さえた返事♪

おお、先生も褒めるのが上手になりましたよ!


生徒、講師ともに大成長☆ミ☆ミ☆ミ

いいね!した人  |  コメント(24)  |  リブログ(0)
2006-01-18 23:08:00

小説 [博士の愛した数式]を読んで

テーマ:読書

『博士の愛した数式』(小川洋子・新潮文庫)を読みました。

博士

 

先日、映画50回目のファーストキス』(→ココ )について記事を書いたら、Alphaster先生 から次のようなコメントをもらいました。 

[(前略)プロットとしては、「博士の愛した数式」に似ていますね]

 

これを読んで、がぜん興味がわき調べてみると、なんと「第1回本屋大賞」を受賞し、50万部を超えるベストセラーだったんですね。

しかも、1月21日から映画も封切られるとか。

慌てて本屋さんへ行き、文庫本を購入しました。

 

28歳のシングルマザーの家政婦、杏子。

愛されることが少なかった彼女の10歳の息子。

そして、交通事故で記憶障害となり、17年前までの記憶の蓄積しかない初老の数学者。

『50回目のファーストキス』が1日だけの記憶でしたが、こちらはたった80分


しかも、ハリウッド映画と違って、人物設定がすでに哀愁ただようものです。

脆い関係の中でお互いに通い合う慕情に、つい読みながら泣いてしまいました。

同時に、『やはり50万部売れて、映画化されるだけのことはある』と、妙に感心もしました。

 

みなさんもまだお読みでなかったら、ぜひ読んでみてください。

私は原作を読んで映画を見るのが好きですが、映画を見て関心をもったら本の方を読んでみるのも、いいかもしれませんね。


21日からなので、来週にでも見に行きたいと思っています。

水曜日のレディースデイでもいいけど、早く見たいから月曜日に行くかも。

正規料金1800円とレディスデイの1000円は、800円もの開きがあって主婦としては水曜を待ちたいところ。


でも、じゃ~ん↓↓↓

割引2

本に、200円の割引券がついていたのです♪

どちらに行くかは、月曜日の気分次第☆ミ


ところでこの本、『博士の愛した数式』と題しているだけあって、数字が話の大事な要因になってきます。

知らない数学の定義も沢山!

でも、主人公の杏子と一緒に、その崇高な世界へ引き込まれ、取り付きにくいはずの数字の世界に、すっかり魅了されてしまいます。

 

と、偉そうに言っていますが、ほんとは私、数字が苦手。

高校までは、数学を暗記物の一環としてとらえ、定期テストでも100点を取ったこともあります。

でも、実生活となると、全くダメ。 

友達とのランチの割り勘も、満足にできません。

 

おまけに、苦手の地理が絡むと全くのお手上げ。

「ここから西へ7キロ進む」などと言われると、宇宙からのテレパシーでも傍受してしまったように、頭の中が熱くなって、相手が何を言いたいのか全くわからなくなります。

方向感覚も、距離感も全然ないのです。

知らない所へ行く時は、ナビだけが頼り。

 

そんな私ですから、「数学者」なんて異次元空間に漂う別種の生き物です。

反面、どんな生き物かと興味もあります。

以前通っていたプールでの友達のご主人が、実は、数学者。


いつも、その日常生活を、彼女に根掘り葉掘り聞いていました。

「普通よ。

大学でも、PCに詳しいからと、研究より雑用係をやらされてるってこぼしてるわ。

でも、この前電話でドイツ人の数学者と話してて、全然関係ない話題だったのに、突然以前から悩んでいた定理がとけたんですって。

やっぱり、いつも考えているのね。

それに、そういう環境に身をおくのも大切って言ってるわ」


「環境」を求めてか、その後、その数学者一家は子供を連れてドイツへ半年ほど行きました。

もともとふたりは、イギリスで留学生同士として出逢ったのです。

帰ってきた彼女に

「ドイツ語は大丈夫だった?」と聞くと

「英語に近いから、半分はわかったわ」と笑ってました。


う~ん、英語でさえ四苦八苦の私には、ドイツ語なんて無理。。。

いいね!した人  |  コメント(20)  |  リブログ(0)
2006-01-17 16:22:00

【英会話教室】 ショッキングな話

テーマ:英語

今日は英会話教室の日でした。

今週のIdiom two faced

example Some politicians are two faced.

meaning

wishy-washy 優柔不断な、煮えきらない

ficklle 変わりやすい、一定しない


世論にながされ、意見をころころ変えるpoll watcherは、日本では「風見鶏」なんて言われます。

chameleon(カメレオン)のようだとも。


chameleonから、虫の話に話題が移りました。

daddy-longlegs ザトウムシ・・・ベンによるとアメリカに沢山いるとか

centipede 百足(ムカデ)・・・century(100)からきているそうです。発想が日本と同じ!

millipede ヤスデ・・・millionからきてる!? じゃ百万足!?(笑)

locust イナゴ


イナゴから、またまた話題は悪食へ。

イナゴの佃煮と、ハチの子は食べたことがあります。

ベンはantのチョコレートコーティングを食べたとか。。。。


antに対してSOCIAL DANCINGさんが

「antと言えば、数年前termite(シロアリ)がうちのマンションに出まして。

業者に見積もりをしてもらったら、60万かかるといわれました。

あまりにも高いので、自分で薬局から薬品を買ってきて、退治しました!

そんなので、大丈夫だったんでしょうか?


我が家も、3年前に大騒動がありました。

夜リビングにいると、頭の上がガタガタと騒がしい。

「猫でも屋根の上を歩いているのかしら?」

ところが、毎晩ガタガタが続きます。。。

おまけに、「ミュー、ミュー」という鳴き声まで聞こえ始めました。

その時、やっと思いつきました「イタチ(weasel)!?」


業者に来てもらうことにしました。

「から揚げを罠につけて捕まえます。

イタチは、唐揚げ好き。ニオイにつられてやってくるのですよ。

最初に3万円。1匹ごとに1万円ずつ。 

普通、ペアでいて子供を生むために天井裏にもぐりこんだりします」

「確かに、ミュー、ミューという鳴き声が聞こえ始めました。。。」

「じゃ、子供がもう産まれたんですね。

ひと家族で5匹として、まあ、8万ぐらいで捕まえられるでしょう」

「そ、そうですか。。。」


結局、1匹しか捕まらず、後は逃げてしまったみたいです。

イタチは保護動物だそうで、殺すわけにはいかず、捕まえた業者は少し離れた山に返すそうです。

あ、それがまたどこかの家に入り込んで、業者が・・・。

まさに、イタチごっこ(汗)


それにしても、子供が産まれたばかりの家族から片親を取り上げてしまう結果になって、とっても切なかったです。

可哀想で、しばらく唐揚げが食べれませんでした。


でも、月末に請求書が届いて、8万円だったはずが3万円+1万円(1匹分)=4万円だったのを見たら、急に元気になりました。

まあ、新しい所で再婚という事もあり得るし♪


そんな話を私がすると、SOCIAL DANCINGさんが

山の動物と罠で思い出しました。

知り合いが一冬で60匹ものキツネを捕まえ、襟巻きにして売っていました。

かなりの儲けになっていたらしいです。

もう、古い話ですが」


あっ、古い話じゃありません。。。

私、それ、持ってます。

実は、私のおばあちゃんは珍しい物好き。

どこから聞き込んだか、人伝手に頼んでキツネの襟巻きを調達。

でも、動物愛護の風が吹き始めると、あっさり

「アレ、捨てるわ」


考えてみたら、つけて外出しているところも見たことないです。

いったい何の為に頼んだんでしょうね。

だけど、それがゴミに捨てられるのもしのびなく、私がもらう事にしました。

ええ、今も持ってますよ。

見たい?


ゴメンネ(涙)↓↓↓

キツネショッキングな写真!


今日の英会話教室は、ちょっとショッキングな話が続きました。

そして、最後に最大のショッキング話!!!

実は、ベンが3年間の日本滞在を終えて、3月一杯でアメリカに帰ることになっています。

それは以前から聞いていました。

きっと、後任の先生がくると思っていたのですが、

な、なんと英会話教室自体が移転する事になったのです。


あ~あ、また新しい所を探さなければいけません。

いつも2年間ずつぐらい通っていたのですが、この教室は去年の4月からなので、3月で丸1年。

・・・心の準備ができていませんでした(涙)


4月から新しい所に行けるよう、どこか探さなきゃ。

・・・『NOVA』!?・・・

実は、最近【英会話教室】ネタブックのメンバーになってくださったikubonbonさん が『NOVA』の卒業生(?)ということで、連日詳細レポートをブックにアップしてくださってました。

そして、その記事へのコメントに、私は呑気に書いてました。

[ほ~、意外な(?)ノバの一面ですね(笑)
ラッキーマンツーマンはおいしいなぁ。今度新しい教室を探す時は、ノバにも見学に行ってみます♪]


こんなに早く現実になるなんて(涙)

いいね!した人  |  コメント(18)  |  リブログ(0)
1 | 2 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。