1 | 2 次ページ >> ▼ /
2005-11-29 23:58:00

【英会話教室】 「誰が一番cool な男?」

テーマ:英語

今日は英会話教室の日でした。

今週のIdiom all bark and no bite

meaning talks big, does little

ことわざ

A barking dog seldom bites. よくほえる犬はめったにかまない


example

A: Honey, I'm going to build our gazebo(あずまや) this year.

B: I'll beive it when I see it. You're all bark ,no bite.  


gazeboって初めて聞きました。

見晴らし台、望楼・・・よほど広い敷地なのかな?

だったら、ご主人自らやらなくても、業者にまかせればよさそうだけど。


このgazeboで、treehouse を思い出しました。

映画などでよく見かけますよね。

木の上に作った子供の秘密基地。

日本では見かけないけど、アメリカではよく作ってあそぶのかしら。


ベンに聞いてみると、郊外だったらみんな作るそうですね。

「ロープのはしごをつけておいて、女の子があがってこないように巻き上げておくんだ」と得意そうに話します。

日本ではせいぜい木登りかな。

それも今どきは見かけないですね。


私は中学生の頃、無理して木登りしてました。

家の裏庭に、大きな樫の木があって、なんとか頑張れば登れる枝ぶり。

よく覚えていないのですが、何かの本に影響されたような・・・。

2階の窓から降りて、屋根の上で本を読むのもやってました。

「おてんば」という言葉に憧れての、私にしては大胆行動だったけど、あまりサマになってなかったですね。


おっと、話が脱線してしまいました(汗)

ところで、conversation

trash talk (スポーツで対戦相手への)あざけり、威嚇


ベンは代表的な選手として

Micheael JordanMuhammad Aliをあげていました。

《Float like a butterfly , sting like a bee.》

アリのこの言葉は、私も聞いたことがあります。


次のテーマはepitomy of cool

cool の典型。

私はリチャード・ギアをあげましたが、ちょっとfeminine過ぎると、却下されてしまいました。


そこでベンがあげたのが、James Dean

いいけど、かなり古くないですか!?

ベンが22歳と言うのが、怪しい気がしてきました。。。

皆さんだったら、誰をあげますか?

AD
いいね!した人  |  コメント(19)  |  リブログ(0)
2005-11-28 10:49:00

大学時代の思い出

テーマ:英語

先週のベース教室の集まりで、卒業以来の大学時代のクラスメートに再会した話をしました。

(『巡り合い』→ココ

「本当に、世の中狭いね!」の、出来事でした。


私は地元の私立大学の英文科に1浪して入りました。

「入れてくれる所が私の進むべき道」と選り好みしない謙虚な態度で入学したものの、やはり正しい選択とはいえなかったようです。

英文科は想像以上に英語漬けの日々でした。

一般教養の時の英語も多かったのですが、専門課程に入ってからは日々英語。

アプローチの仕方こそ違え、やることは英語だけ。


もともと英語が得意ではなかったうえ、文芸部での活動が生活の中心だった私(詳しくは『純文学VS動物行動学』→ココ

授業の予習はかなりの重荷でした。

特に、分厚いペーパーバックを1時間で何ページも進んでいく講読は、苦手中の苦手。

何種類かの辞書にあたっても、わからない表現はまったくわからず、時間だけが過ぎてしまいます。


クラブで自分が担当する研究会がある時などは、授業の予習よりそちらの準備に時間をかけていました。

授業ではアトランダムに当てられて訳をやらされるのですが、先生方にもそれぞれの癖があって、やはり一定の規則性をもって当てていきます。


とはいうものの、「あの先生の授業は、しばらく大丈夫だろう」なんて安心していると、先生がうっかりしてまた私を当ててしまうことも。。。

2度ほど大失敗をしてしまいました。


1度目は、大好きなT先生の授業。

この先生は大学の中でも1番英語がお出来になると言われた先生で、温厚なお人柄から生徒にも慕われていました。

でも、選ぶテキストは最悪。

「翻訳本が出ていないのを、アメリカでなんとか見つけてきましたよ」と、授業の最初に嬉しそうに説明されました。


翻訳されていない=全く面白くない

『Jungle』

読めば読むほど、気持ちが暗くなる話でした。

イナゴの襲来で作物が全滅し、都会に出た家族が缶詰工場で働くけれど、あまりに貧しくて子供が死んでしまうというような内容でしたね。


その話を毎時間、読み進めていくのです。

ある日、まだ当てられないだろうと安心して授業に出ていました。

すると、欠席者の影響で、なんと順番が早くなって当てられそうな気配です。


あせって、自分が当てられそうな所を辞書を片手に訳してみました。

そして案の定、授業も終りそうな頃に私の順番。

なんとか難しそうな単語は一通り引いていました。

びくびくしながら訳していると

「えっ、何ですか?」と先生の怪訝な声。


「○○をそう訳してしまったのですか・・・。

じゃ、みんなで辞書を引いてみましょう。

・・・それは、その上の△△の意味ですね。。。」

なんと私、焦っていたので単語の意味を1つずらして訳してしまったのです。

かなり恥ずかしかったのですが、温厚な先生は怒る事もなく笑ってらっしゃいました。

呆れて言葉が無かったのかもしれません。


そんな程度の私の英語力。

ですから、他の授業も似たり寄ったりでした。

それではさぞかし、テストでは苦労したとお思いでしょう!?

ところが、これが楽勝だったのです!

ごくたまには、予想以上の好成績をもらったこともあります。


ここで、久々に再会したクラスメート君の登場となるわけです♪

彼は、クラスの中でも英語が出来る生徒でした。

クラブはESS。

例の、英語クラブですよ!

何が楽しくて???

・・・いや、失礼(汗)


でも彼は、自分だけがいい成績をとればいいという、単なる優等生ではありませんでした。

「翻訳が出ていないからこれを講読のテキストに選んだ」というT先生の思惑を外し、なんと翻訳本を見つけてきたのです。

しかも試験が9月にあるので、夏休み直前に

「翻訳本のコピーが欲しい人は、申し込んでください。

大量にコピーすると安くなる所を見つけましたから、皆さん、どんどん参加してくださいね」

と、授業が終って先生が教室を出て行かれた後、みんなに呼びかけるのです。


もちろん、この私もお願いしました。

しかも、翻訳本探しはT先生の『Jungle』だけにとどまらず、4年間を通じて彼には本当にお世話になりました。

そうそう、大失敗の2度目も彼のお陰で事なきを得ました。


それは、みんなから【陰険Y】と嫌われているY先生の授業での事。

Y先生はとても厳しい先生で

「欠席は前期1回、後期1回の2回しか認めない。

忌引き、病欠、理由はなんであろうと、2度まで。

それ以上休んだものはD(不可)とする」

と、最初の授業で宣言されました。


そして噂によると、授業中に当てられて

「やっていません」と答えるのも、D確実だということでした。

テストでAを取る人はめったにいなくて、Bがクラスに1人か2人いればいい方だとも聞きました。


そんな先生の授業で私、「やってません」を言ってしまったのです。。。

言った瞬間クラスが、し~~~んとなりました。

先生も表情をこわばらせ、かすれた声で

「結構です。では、次の○○さん」と動揺していました。


私だって、けしてY先生にたてつこうなんていう、大胆な考えだったわけではありません。

やらなきゃなぁと思いながらも、研究会の準備で忙しかったので、つい・・・。

そして、死刑の宣告を受けるつもりで受けた試験・・・

ジャ~~~ン、結果はBでした。

もちろんAはいなくて、クラスでは私1人が☆ミB☆ミ


実は、Y先生のテストは設問が3問程度。

英語力というより、文学解釈という感じです。

[主人公の人物設定のあり方と、時代背景]みたいなのがポイントです。


これって、私の得意な分野!

内容さえわかっていればね(汗)

でも、私達にはクラスメート君がついています!

あ~あ、あの時「やっていません」発言がなかったら幻のAがとれたのになぁ!

(↑いやはや、人間の欲はきりがありませんね・汗)

 

そんなにお世話になった恩人のクラスメート君との再会。

一番に、お礼をいいました。

すると・・・

「えっ、覚えていないよ。

そんな事やったっけかな?」

なんと、高潔な方!!!

私なら自分の偉業を、子孫代々に伝えますね。

実際私の方は、クラスメート君の話を子供達によくしていました。


ところで、そんな風に真面目な優等生に見えたクラスメート君が、音楽もやっていたなんて全く知りませんでした。

彼によると「高校時代からギタリストとしてバンドに参加し、いろいろな所でライブをやっていた」そうです。

クラスではそんな風には見えませんでしたね(笑)


でも、彼に言わせると、私の方こそ

「今日最初に見たときから、そうじゃないかなとは思ったんだけど、大学時代はベースをやるようには見えなかったから、違うかなとういう気もしていたんだ」だそうです。

そうですね、当時の私とベースって結びつかないですよね。


そう言えば、一緒に演劇をやった友達も、バンドを組んでいたんです。

実は私、何の楽器をやっているかも知りませんでした。

だから、もちろんライブを見に行ってあげてもいません。

 

今になって、ごめんなさい!

あの時、クラスメート君や演劇の友達のライブに行ってたら、早くからベースに関心を持って、今頃はバリバリのベーシストだったかも。

出会いを逃して、残念。。。

(↑あくまでも私利私欲)

AD
いいね!した人  |  コメント(22)  |  リブログ(0)
2005-11-25 21:06:00

【ベースレッスン】 やったね☆ミ

テーマ:音楽

昨日は天神で【ベースレッスン】の日でした。

先週とても意気込んで「来週は今の曲を終らせてみせる」と、宣言しておりました。

(忙しいポーズも見せ、ダメだった時の予防線も張っていましたが・・・汗)


本当に忙しくもありましたが、ベースに打ち込む私に予想していなかった試練もありました。

実は息子が今週末、学祭でライブに出るのです。

マルチプレーヤーを目指している彼(←単に何でもやりたがり屋)は、今年ベーシストとしてもバンドに参加します。

そのために、「ベースを2階のスタジオに持って行っていい?」と聞かれました。


以前から読んで下さっている方はご存知ですが、我が家には楽器を集めて等身大の鏡まで置いている『スタジオ』と称している部屋があります。

私の大きい方のベースアンプも、その部屋に置いています。


でも、2階にベースを置いておくとなかなか練習しないんですよね。

そこで、ダイニングテープルの下に小さなベースアンプを置き、ベースは無理やり食器棚の前に置いて毎日練習しています。

(詳しくは『キッチンベーシスト』(→ココ をご覧下さい)


そのベースが2階に持っていかれたので、何だかやりにくかったですね。

息子が学校に行っている間はもちろん持って降りていいのですが、『~をした後に練習しよう』」と思っていると次々にやることがあって、なかなか2階まで上がらないものです。

いつもなら、テーブルに腰を下ろした時に手を伸ばして、ベースを抱え練習できるのですが。


まあ、そんな風に忘年会に行ったり、ライブに行ったりと遊び呆けるかたわら、いつものやり方もできなかったりと、練習時間が極端に少ない1週間でした。

結果は、やはり思ったほどの進歩はありませんでした。


でも、こだみん先生は

「先週より随分早いテンポで弾けるし、途中間違えても次のフレーズにすぐに入れるので合格としましょう。

この曲は持ち歌として、これからも練習していってください」とおっしゃってくれました。


やったね☆ミ

やっぱ、勢いが大切ですよ!

せっかくハマショーの曲をどんどん進めて、ジャズをやりたいという野心を抱いたばかりですから、足踏みするより、先に進んだ方が志気があがるというものです!!!

さすが、こだみん先生☆ミ☆ミ☆ミ


そう言えば、この前の忘年会で再会したクラスメート君も

「先生はレッスンの時、ギターやキーボードで僕のベースとセッションしてくれるから、レッスンが楽しくてたまらない」と言ってました!

よっ、グレートティーチャーこだみん、GTK。

(↑ゴマすり&ネタが古い。。。)


そんなワケで上機嫌な私に、もう1つ嬉しい事が!

2曲目の『恋に落ちたら』は私も大好きですが、なんと先生も中学の頃ギターでよく弾かれていた曲だったとか。

いつも新しい曲は、さわりだけ先生が弾いてみせてくださるのですが、今回は1曲まるまる弾いてみせてくれました。


曲がプレーヤーから流れるのに合わせて、先生のベースも聞こえてきます。

いつも聞きなれた曲が、新鮮で凄く感動的に思えました!

ほんと、自分の好きな曲に一流ミュージシャン(←ゴマすりはまだまだ続く)がベースを弾いてくれると、今までとは全然ちがう聞こえ方になりますね。


よく「重低音の効いたスピーカー」とかいう言い方をしますが、あの感じがもっとデフォルメされていて、一種不思議な音でした。

ますます、ベースの音が好きになりましたね!!!

あ~、早く私もあんな風に弾きたい!


ところで、2曲目に入るためにちょっと切り貼り工作をしなきゃらないんです。

ハマショーのバンドスコアを使って練習していますが、ボーカルはもちろん他のギターやドラム、キーボードなどの譜面も同時にのせていますから、1曲がB4サイズ5、6枚になってしまいます。

 

それをコピーしてボーカルとベースの部分だけ切り取って、1枚の譜面に直して使っています。

楽譜 ←半年使ってボロボロ


曲をスコアで練習した経験がある方、何かいい方法をご存知ではありませんか?

いつもなら、こんな時にお役立ちグッズの息子も、こればかりは

「覚えればいいじゃん」とムカつく返事。

それが出来れば、苦労はしませんよ(怒)

AD
いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(0)
2005-11-24 20:07:00

【英会話教室】 「二股かけるって、何ていうの?」

テーマ:英語

火曜日は 英会話教室の日でした。

今週のword showdown

meaning major confrontation(対決、係争)

意味 大詰め、(揉め事の)決着

example 

The Superbowl is a showdown between the two best American Football teams.


日本ではアメフトはそこまで、人気のスポーツじゃないですね。

ルールもよく知らないし。

SOCIAL DANCINGさんは、男性お決まりのセリフ。

「ハーフタイムのチアリーダーが楽しみです」


でも日本と違って可愛い子ちゃんというより、筋肉がっちりのスポーツウーマンという体型らしいですね。

まあ、あのコスチュームが男性にとって楽しみなのでしょうが。

scantily clad (dressed) ほとんど丸裸の

ベンがホワイトボードに大書きしてくれました。。。


そして、日本で人気なのは野球という話になりました。

そのなかで、テキサスヒットが話題に。

テキサスヒットというのは、いわゆるポテンヒットです。

内野手と外野手の間にうまくフラフラと上がり、その後バウンドした球を内野手がとるヒットのことです。


「和製英語じゃないか」と言うベンと

「テキサスチームの選手が、特にそういうヒットを打ったから」というSOCIAL DANCINGさん。

そこで私が「来週までに調べてきましょう」と言い、話は落ち着きました。


調べてみると正式にはテキサスリーガーズ・ヒット(Texas Leagure's hit)というそうです。

やはりSOCIAL DANCINGさんの言うとおりで、テキサスリーグ出身の大リーガーがよく打ったということから来ているらしいですよ。


その後、いつもならconversationとなるのですが、今回はSMARTさんがアメリカの祝日について質問したら話が盛り上がってしまい、結局ありませんでした。

アメリカの祝日!

私は、大得意です♪

アメリカ在住の皆さんのブログを毎日読ませてもらっているので、熟知しております☆ミ


ベンの説明に余裕でうなづきながら

『あっ、その日は学校と官公庁だけがお休みになるのよね』

と、心の中でしったかぶりを呟いていました。


そんな中で、季節がらクリスマスの話題。

アメリカは家族中心の行事でしょうが、日本はどうも恋人達のための日になってしまっていますね。

まあ、結婚すると家族でケーキとご馳走を囲んでということになりますが。

でも独身の時のような、ドラマチックなハラハラ感はありません。


恋人のための日というつながりから、バレンタインデーの話も。

日本では女性が日頃秘めた思いを、チョコレートに託して伝える日。

ところが、ベンの話によるとアメリカでは男性の方からプレゼントされる日だとか。

へぇ~でしたね。


SMARTさんが「ホワイトデーはアメリカにありますか」とまたしても質問。

「アメリカにはないよ」

するとSOCIAL DANCINGさんが

「ホワイトデーは福岡のお菓子屋さんが作った日ですよ」

これは私も知っていました。


1977年に石村萬盛堂が地元デパートの岩田屋と共同で、「マシュマロデー」と銘打って3月14日には男性の方からマシュマロを、お返しをしましょうというキャンペーンをはったのです。

マシュマロ

リアルタイムで知ってます。。。

ごく幼い少女時代の話だけど。。。(??)

「こんなの流行らないでしょ!」と思ったら、マシュマロは無視されたけど、ホワイトデーは定着しましたね。


ところで、ベンの話によるとクリスマスのプレゼントもそうらしいですが、女の子の何気ないヒントで欲しい物を予想して用意しなきゃいけないから一苦労だそうです。

おまけに、他にも記念日の連続。

付き合い始めた日から、1ヶ月ごとに記念日。


SMARTさんが「よほど記憶力が良くないと、女の子とは付き合えないわね」と言うと

ベンは「スケジュール帳に書いていたよ」ですって!

「それじゃ、二股をかける人なんて大変だわ!

ところで、英語で二股をかけるって、何ていうの?

「player」


う~ん、プレイボーイっていう感覚かしら?

でも、そのものを表す単語はないんでしょうか?

ここは純情なベンではなく、百戦錬磨の在米アメブロガールズにお尋ねしたいところです。


ところで、先ほどのバレンタインデー。

日本でも、随分様がわりしてきてるみたいですね。

女性同士で交換して友情を確かめあう、友チョコが大流行だとか。

しかも、チョコそのものより、チョコレートケーキやチョコクッキーを手作りするのがいいみたいです。


実は私の親友ヒロちゃんは、大のチョコレート好き。

バレンタイン前はワクワクらしく

[ねえ、友チョコ交換しようよ(^0^)y ]とメールしてきます。

でも、私は

[バレンタインデーは、どうしても伝えることが出来なかった切ない思いを打ち明ける日なの!

チョコが食べたいなら、自分で買いなさい]と返信します。

すると

[冷た~い(-"-;) 氷室みたいな女だ!]とお怒りのお返事。。。

でも、バレンタインデーは・・・。

いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(0)
2005-11-22 10:45:00

巡り合い

テーマ:ブログ

土曜はベース教室の忘年会に行ってきました。

こだみん先生が天神センターと博多センターで教えていらっしゃるので、合同での会となりました。

合計13人の集まりです。

博多駅近くのお店でした↓↓↓

お店 ←料理でテープルはすぐ一杯に


日頃個人レッスンなので、同じ天神センターの生徒さんでも、ほとんどお話した事はありません。

ましてや、博多センターの方とは初対面。

でも、博多から可愛い女の子が来ていて、とても楽しい子で場が盛り上がりました。


23歳で、社会人1年生なんですって。

もう元気一杯、雲ひとつない快晴って感じでした。

「学生時代から、ベースがやりたかったんです!

ギターじゃダメ!

あれは、歌わなきゃいけない可能性があるでしょ!」

おお、話が合うよ!!!

 

彼女と隣あわせの席に座り、乾杯が始まる前から、すでに宴会気分は最高潮。

そして、テーブルの向かい側にも、とっても心ひかれる男性が・・・。

彼が部屋に入ってきた瞬間から、気になってしかたありません。

つい、目が彼を追ってしまいます。

そして、相手もチラチラと私の方を・・・。


飲み放題で料理も美味しくて皆が上機嫌になった頃、自己紹介タイム。

気になる男性も、「若い時から音楽をやっていて、今はジャズコースをとっています」とか。

彼の声、しぐさ、一つも見逃すまいと、必死で見つめました。


そして、私の順番に。

私ったら、自己紹介の途中で、どうしても気持ちが抑えきれず、彼に向かって言ってしまいました。

【○○期】っていう言葉に、思い当たることはありませんか?」

「そうだろ!僕もそうじゃないかと思ってたんだ!」

 

なんと、彼は大学時代のクラスメートだったんです!

【○○期】というのは、私達の母校で卒業年次に期をつけて、各学年を呼び分けているんです。

卒業以来、ン十年ぶりの巡り合い。

ほんと、こんな所で会うなんてビックリでした。


クラスではほとんど話したことがなかったのですが、私の学生生活ではとても重要な人だったんです。

話がとても長くなりそうなので、彼の事は後日また改めてお話します(笑)


えへへ、題名からずっと意味深に引っ張ってきて、ちょっとがっかりでしたか?

いえいえ、残念がるのはまだ早いですよ!

今度こそ、ほんとに好みの男性登場です。


私の右隣が快晴ちゃん。

そして、その人は空席をひとつ置いて左隣。

もう、好みど真ん中!!!

私の理想を具現化して人の姿になったほど、気に入りました。

容姿はもちろん、無口でこちらが話しかけるとちょっと恥ずかしげに、でも真剣に答える様子がたまらなく好きです!!!


あまりにも好みだったので、つい、頑張っちゃいました。

「快晴ちゃん、席を替わって私の左の空いてる席に移動しなよ」

「え、どうしてですか?」

「隣の人、快晴ちゃんとぴったりの年恰好だよ。

チャンス、チャンス!」

「いや、私は別にいいですよ」

かなり迷惑そう。。。


でも、まだ遅れている人のために席を詰めておこうという事になって、私のあまりのしつこさに、快晴ちゃんもしぶしぶ彼の隣へ。

物静かな彼と、元気一杯の快晴ちゃん。

なんと、ぴったりのカップル☆ミ

大満足☆ミ☆ミ☆ミ


実は私、自分の気に入った同士をむりやりくっつけたがる悪い癖があるんです(汗)

でも、どう見てもお似合いで、こっちまでウキウキ♪

しかも、2人とも酒豪みたいで、これもぴったり♪♪


彼が独身なことも、私がしっかり聞きだしてあげました♪♪♪

ただ、すっごく若く見えるのに33歳なんですって。

快晴ちゃんが、23歳なので10歳の開きが。。。

だけど、愛があれば歳の差なんて!

ルン、ルン、ルン♪♪♪♪♪

 

その場は若い2人にまかせ、私はクラスメートの隣へ移動して昔話に花を咲かせました。

そうこうするうちに、お開きの時間。

帰りは、連れ立って博多駅へ向かいました。

おっ、快晴ちゃんとその人も一緒だ!!!


でも、すご~~く離れて歩いてますね。

その人は呑気に、こだみん先生となんか話してますよ。

もう、帰りが最大のチャンスでしょうが(怒)


私はその人のそばに行き、背中をトントンとたたいて合図しました。

「何やってるの!?あのバックを持ってあげて、点数を稼がなきゃ」

上の写真↑↑↑を見てください。

部屋の左隅に、デッカイ紙バックが置いてあるでしょ。

あれは、快晴ちゃんのものなんですが、その重たいこと!

しかも、他にも荷物があるんです。


こんな時に、無口な彼がさりげなく

「持ってあげるよ」なんて言って優しくすれば、もう決まり☆ミ

でも、彼は笑いながら

「そんなんじゃないですよぉ~。もう嫌だなぁ」

そう言うと、私の背中をどんとたたき返したのです。


う゛く゛っ゛、いてっ。。。

酔ってるから、思いっきりバシッとやられちゃいました(涙)

そういえば、2人とも独身だけど彼氏や彼女がいるかも。。。

ふうっ、またしても失敗。

私がまとめようとして出来たカップルなんて、まだいないんです(汗)

いいね!した人  |  コメント(37)  |  リブログ(0)
2005-11-20 19:17:00

私(俺)ってこんなヤツだぜ!バトン

テーマ:バトン
コネチカットに住む、ダリアンマダムのサラママ(→ココ )からバトンが回ってきました。
 
Q1:回してくれた方に対しての印象は?
頼りになる、我らがボス☆ミ
さっぱりした性格で行動派だけど、ちょっとあわてんぼの所が、さらに魅力的!
 
Q2:周囲から見た自分はどんな人だと思われていますか?5つ述べてださい。
 
1.おとなしくて、無口。
  PCの前で笑ってるあなた、実はそうなのよ!
 
2.何が面白くて、あんなに四六時中本を読んでいるんだろう。
  最近は携帯で、みんなのブログを読んでいる事が多いです。
 
3.美人でもないのに、男性に対して高飛車な態度をとる。
  周りに男性が多い環境が長かったので、「男は女の機嫌をとるべきだ」と妄信している
 
4.興味がある事には熱中するが、関心が持てない事は全くやれない。
  「わがまま」という言葉でも置き換えられます。
 
5.突然、人に対して過保護ママに変身する。
  いつもはぼーっとしていて、あれこれ言われるのが好きだけど、発作的に世話焼きタイプになる。
 
 
Q3:自分の好きな人間について5つ述べて下さい。
 
1.自分に自信がある人
 
2.行動力がある人
 
3.周りのことがよく見える、客観的視野を持っている人
 
4.窮地に立った時に、最後まで美意識にこだわれる人 
 
5.自分の間違いに気がついたら、即座に誤りを認められる人
 
 
Q4:自分の嫌いな人間について5つ述べて下さい。
 
1.考え方がステレオタイプの人。
 
2.戦争が何かの解決策になると思っている人。
 
3.1つだけの価値観しか認めない人。
 
4.すべてを人のせいにする人。
 
5.自分の偽善者的なところを恥じていない人。
 
 
Q5:自分がこうなりたいと思う理想像とかはありますか?

ベースが上手になりたい。。。切実。。。
 
 
Q6: ちゃんと生きていく自分のことを慕っている人に叫んでください。
 
人間は生きていくようにプログラミングされているから、安心してね。
 
 
Q7: バトンタッチ7名。貴方からの印象もあげちゃおう?
 
①オレンジちゃん・・なんか世話を焼きたくなる、私の同志
 
②りえぞうさん・・私の持っていないものを全て持っていそうで、あこがれる
 
③Conちゃん・・上品でステキな奥様。次に生まれ変わる時は彼女になりたい
 
④ちぇりちゃん・・同じこりんごちゃんファン。アメリカ好きなのがとっても可愛い
 
⑤ゆゆちゃん・・boobooと同じニオイがする、難波の癒し系ギャル
 
⑥sendaidaisukiくん・・淡々としたブログから勝手に人物像を作り上げてます
 
以上、6名です。
今回は強請ではありません(笑)
おヒマな時があって気が向いたら、書いてみてください。
いいね!した人  |  コメント(26)  |  リブログ(0)
2005-11-19 15:08:00

tomatomaからのお知らせ

テーマ:ブログ

今夜は、今年最初で最後の忘年会に行くので、非常に浮かれているtomatomaです☆ミ

ところで、父ちゃんの記事『父ちゃんの読者様にもの申す!』(→ココ を読んで、私もちょっと考えました。

父ちゃんは「父ちゃんさん」と呼ばずに、「父ちゃん」と呼んでくれとのこと。

あはっ、私なんて何の考えもなく「父ちゃん」呼ばわりでした!

今頃になって、反省(汗)


私のコメント欄では「tomatomaさん」「tomaちゃん」「tomaねえ(姉)」と様々に呼んで頂いています。

そして私のほうも、「○○さん」「○○ちゃん」「○○(呼び捨て)」とこれまた様々。

特に意図があって、呼び方を変えているわけではありません。

テキトーにその場の流れという、私らしい気配りなどかけらもないやり方。


でも、チラッと思ったのですが、親しげな呼び方とちょっとかしこまった呼び方。

『違いをつけられているみたいで、呼ばれる方は気にされているのでは!?』

何も他意はありませんから、逆に、呼ばれたい名前を自己申告してください!

なんだって、愛情込めて呼んじゃいますよ(笑)


そして、私を呼んでくださる時。

先ほどの呼び方の他にも、気が向いた言い方で結構です。

私の希望としては、数少ない男性陣には「toma姫」とか呼ばれてみたい気もするなぁ~、ガハハハ。

(↑調子にのりすぎ!?・汗)


そう言えば以前、子供達がふざけて「tomatomaさん」と呼ぶことがあると書きましたね。

その時も、調子にのって

「【tomaちゃん】とか、【tomaねえ】って呼んでもいいよ」と言ったら、フンと鼻であしらわれた事までは書きました。


実は、その続きがあるのです。

「フン」と軽くかわした後

「【tomaばあさん】がお似合いだよ」と、息子に言われてしまいました。。。

皆さんも、ご希望なら、そう呼んで頂いても・・・。


さて、昨日書いたブックランキングも今朝起きてみると、記事投稿ランキングまで☆ミ☆ミ2位☆ミ☆ミになっていました。

さらに、メンバーも増えて☆ミ☆ミ12名☆ミ☆ミ

もう、盆と正月とクリスマスが一緒に来た気分です♪

皆様、本当にありがとうございます。


そんな心優しい皆様に、お礼の気持ちを込めてクレマチスの花をプレゼントします。

白クレ ←単に花自慢の親ばか!?

 

以前『秋は救世主』(→ココ で紹介したあの鉢植えの花↓がこんな風に、いま咲いているのです。

クレマチス芽


どうか、これからもよろしくお願いします。

いいね!した人  |  コメント(18)  |  リブログ(0)
2005-11-18 19:52:00

秋の椿事

テーマ:ブログ

今日は皆様に、御礼申し上げます!!!

こりんごちゃん、サラママの後追いで突然思い立った私のスクラップブック

【英会話教室】ネタで盛りあがろう♪→ココ

ナント、[習い事・お稽古ブックランキング]で、堂々の☆ミ 2位 ☆ミ

 

← クリックして見てね

 

訪問者ランキング2位 メンバー数ランキング2位 記事投稿ランキング3位

詳しくはこちらをご覧下さい→ココ

びっくりしましたね!

 

サラママもコメンントで

>あらら・・・すげーTomaちゃんのブック、ジャンル2位だよ!
 負けてる、サラママのブック・・・・(ジャンル6位) (←註・現5位)
 ずるいよ~英語のほうがお客多そうだし・・・

なんて言ってますね(笑)

 

でも、これはサラママのちょっとした勘違い。

サラママの『国際結婚・恋愛について語ろう!』(→ココ )の方が訪問者も多いのです。

でも、彼女のブックジャンル[結婚]はエントリー数が75

それに較べて、私の[習い事・お稽古]は32

ここに、ランキングのマジックがあるのです(笑)

  

とはいえ、こりんごちゃんサラママに較べて、日頃地味に細々と、しかし最大級に楽しくやっている私のブックが、マジック効果とはいえ、☆ミ 2位 ☆ミ

これもひとえに、皆様のお陰でございますm(_ _)mm(_ _)mっm(_ _)m

 

だって、考えてもみてください。

私に読者登録をしてくださっている人って27名

でも、変なサイトの業者が2個入っていましたから、実質25名

なのに、ブックへのメンバー登録してくださった方が、9名!!!

(+tomatoma=10)

半数近く☆ミ

 

きっと『tomaちゃんたら、躁状態になったのは良かったけど、ブックなんか開設しちゃって。。。

誰も登録しないに決まってるから、私が登録してあげなくちゃ』

そんな使命感に燃えて、参加してくださった事でしょう(笑)

心から、あつく、あつく、御礼申し上げます!

 

そんな方が9名もいらっしゃって、ちゃっかりメンバー数ランキング☆ミ 2位 ☆ミ

それに、記事投稿ランキングだって、メンバーの愛の投稿で☆ミ 3位 ☆

週1の【英会話教室】記事なのに、ありえねぇ~~。

これからも、よろしくお願いします。(←ちゃっかり・汗)


そして、最大の謎、訪問者ランキング、☆ミ 2位 ☆ミ

これは【資本主義経済の原理】ね。

つまり、皆さんの最初のご訪問のお陰で訪問者数がふえて、初日からめでたく3位にランキング。

一度高位にランクされると、[習い事・お稽古]を見に来た人が、とりあえずクリックしてみて訪問者数がさらに増えるという、例のお金持ちはさらにお金持ちにの原理

 

そんなわけで、皆さんのお陰で【秋の椿事】といえる事態が発生しましたので、ここにご報告&お礼を申し上げた次第です。

え、そんな記事は1位になってから書けって?

だって、どう考えてもこの☆ミ 2位 ☆ミが、最高の栄華状態ですよ。 

他の方がブックをどんどん開設し始めたら、こんなアクシデントはすぐに淘汰されますから(笑)

 

ところで、ブックのページでこの記事を読んで下さっている方。

ためしにクリックして下さったうえに、記事まで読んで下さってありがとうございます!

せっかくですから、よろしければコメントでもお気軽に残してくださいませ。

(↑結局、それが言いたかったのか!?・・・汗)

いいね!した人  |  コメント(16)  |  リブログ(0)
2005-11-17 20:13:00

ちょっぴりクリスマス気分の【ベースレッスン】

テーマ:音楽

今日は天神で、ベースレッスンの日でした。

教室の入り口には、こんな飾りが↓↓↓

雪だるま


ツリー

ハロウィンが終わったので、すっかりクリスマスムードなんですね。


さて、今日のレッスンは浜田省吾セレクションⅤ(by tomatoma)の1曲目。

『恋は賭け事』from『誰がために鐘はなる』)

こだみん先生が「年内には仕上げましょう」とおっしゃっていました。

でも最近頑張って練習しているので、あと1、2回で仕上がりそう。


今日で一通りは終わったのですが、原曲のテンポに合わせるのが難しいです。

いつもメトロノームに合わせて練習しています。

原曲は200ぐらいの速さですが、私はいま130(汗)

「まあ、目標としては170ぐらいで合格」と、こだみん先生。

よし、来週合格出来るよう、ぜ~ったい頑張るぞっ!!!


でも、これからの1週間は、私にしては妙に忙しいです。

明日の金曜は、PTAの仕事で学校へ。

土曜は私にとって唯一の忘年会☆

月曜は中学で進路説明会。

火曜は英会話&古村さんのライブ(ワクワク)

水曜は娘の塾の三者面談。

そして…アレッ、もう木曜でベースレッスンの日になっちゃう(汗)


と、まあ、ここまで言い訳の材料がそろっていれば…

いえ、ベース第一主義で私は頑張りますよ。

だって次にやる曲も、今日決まりました。

『恋に落ちたら』from『PROMISED LAND』)

すごく好きな曲なんです。

あ~、早くやりたいなぁ!


おまけに、今日は浜田省吾セレクションⅤを終わった後の方針も、先生と相談しました。

実は、その後、ジャズコースをやろうかなと考えているのです。

ホームステイ先で楽しくセレクションというのが、私の究極の目的です。

ジャズのスタンダードナンバーを覚えておいて、損はありません。


それにジャズコースでは3ヶ月に1度、合同の演奏会があっています。

単純計算すれば、年4回+通常の発表会1回。

年間に5回も、人前で演奏するチャンスがあるんです。

これは、やらない手はない!!!


取らぬ狸の皮算用をして、息子に話すと

「計算はあってるけど、ジャズは難しいからね

・・・確かに。。。


でも、今日こだみん先生に相談してみたら

「ハマショウをやりたかったみたいに、自分がぜひやりたいと思って練習すれば、大丈夫ですよ」

ほ~らね!

先生はいつもやる気を出させてくれて、上手に励ましてくれるんです☆ミ


「それに、出会いもありますからね」

なに、☆ミ 出会い ☆ミ

・・・あっ、未来のバンドメンバーとね(汗)

いえ、ほかに邪心はありませんよ、けして・・・(滝汗)

いいね!した人  |  コメント(32)  |  リブログ(0)
2005-11-16 16:30:00

【英会話教室】 「博多んもんは・・・」

テーマ:英語
昨日は 英会話教室の日でした。

今週のIdiom give up

meaning stop trying

意味 あきらめる、やめる、降参する


give up は日本でもすっかり定着した言葉ですね。

give だけでも、「屈する、譲歩する」という意味があります。

両手をあげて「Give. Give」


conversationのテーマは、先々週からやってきたgive三部作。

give out (だめになる、複数に配る)

give in  (意見を変える、手渡す)

give up  (あきらめる、降参する)


そこで私はgive outを使って体験談。

A man was giving out kleenex,but he didn't give any to me.

ティッシュをもらうのが好きです。

でも、若い女性にしかあげてませんでした(涙)

きっとスポンサーの意向で、配るターゲットの年齢制限があったんでしょうね。。。

いいもん、自分で買うから(号泣)


ちなみにkleenexは本来商標ですが、一般的にティシュの意味で使うそうです。

日本でも「宅急便」とか、「ホッカイロ」とかいろいろありますね。


そのkleenexも、街で配ったりはしないそうです。

宣伝としては主に、車のワイパーにチラシがはさまれる事が多いとか。

「モールに停めていたりすると、いっぱいはさまれてるよ」とベン。


日本では、ワイパーで押さえてチラシが入れられるのは、ごくたまじゃないかしら。

私は家の最寄り駅に駐車場を借りていますが、時々車関係のチラシがはさまれていることがあります。

でも、ほとんどないですね。

日本人って、車をピカピカに磨き上げて宝物扱いしてるから、下手にはさんで傷つけたの壊したのとなったら、心証を悪くしていい宣伝にはならないでしょうね。


それからinfluenceという単語。

これは影響、作用、感化としてなじみのある言葉です。

でも昨日ベンが教えてくれたのは

under the influence 酒気帯びの

酒気帯び運転はDUI (driving under influence)

breathalyzer(-lyser) (略式)酒気検査器


私も1度だけ、警察の飲酒運転検査にあったことがあります。

ライブの帰りに、高速の入り口で警察官が3人立っていました。

その姿を見ただけで、けっこうビビリますね。

もちろん、アルコールは 一滴も飲んでいないので、ビビる必要はないのですが・・・(汗)


「手のひらに息を吹きかけてください」

中でも1番怖そうな警官がそう言って、手を突き出しました。

そんなことで、お酒を飲んでいるのがわかるのか半信半疑でしたが、素直に言うとおりにしました。

そして「結構です」と、無事通過。

きっと、挙動不審かどうかで判断するのでしょうね。


その話をすると、またしてもSOCIAL DANCINGさんの面白話。

まだ飲酒運転に寛容だった頃の出来事です。

ある夜、しっかり酔って車を運転していたSOCIAL DANCINGさんは、スピード違反で捕まりました。

そして、警察署へ連れて行かれました。


捕まえたのは、2人の警官。

年配の方はスピード違反で処理しようとし、年が若い警官は飲酒運転扱いにしようと主張します。

そこで、SOCIAL DANCINGさんは30分間熱弁をふるい、なんとかスピード違反だけで許してもらったそうです。

免許証の点数が、もう残りわずかだったそうですから。


その話を聞いて、SMARTさんは事の真偽を疑っていました。

「ほんとですか?どちらか片方じゃなくて両方で取り締まれたはずですよ」

と、すっかり疑っています。

まあ、まあ、そうつき詰めないで。

「博多んもんは、話をおもしろうするためなら、ちょっとばかりウソをついてもよかとよ」

(↑おいおい、ホントかい!?)

いいね!した人  |  コメント(33)  |  リブログ(0)
1 | 2 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。