1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /
2005-09-30 22:00:00

絶体絶命のピンチ 《携帯電話編》

テーマ:ブログ

夕べは『蟹W』の結成1周年記念ライブでした。

ブログでも、盛り上げ企画のお知恵を皆さんにお尋ねしたことがあったので、ご記憶の方もいらっしゃると思います。

私もいろいろ知恵を絞りましたが、単にお花を贈るという、何の芸もない結果となってしまいました(汗)

花   ←まあ、こんなものかな


お仕事でこれない予定だったHERO先生も、突然おみえになり、ライブはいやがうえにも、盛り上がります。

HERO先生、サイコー♪♪♪

とまあ、大満足のうちにライブも終わりました。

例によって終電まぎわというのに、にこやかに別れを惜しんでいるこだみん先生を車に放り込み、電車の駅へと向かいます。


またしても、駐車場出口の客待ちタクシーに妨害され、ぎりぎりアウト。

先生、帰宅のご用意は早めにね!

そんな調子で、終電時間との戦いには敗れましたが、それでも気分よく家に帰り着きました。

そして、携帯をチェックしようとしたら・・・

な、無い・・・

携帯が、無い。


あわててライブがあった【TUPELO】 へ電話して探してもらいましたが、どうやらお店にはないようです。

大変なことになってしまいました。

携帯を落とすなんて、私にとってゼッタイに、ゼッタイに、あってはならないことなのです。

何をそんなに、焦っているかと言うと、メール。


通話は止めてしまえば不正に使用されることはないし、買ってまだ1年もたっていないから、携帯本体も買い直すのは惜しいです。

でも、なにより、落として異常に狼狽したのは、その中に入っているメール!!!


私のを含め、他の人の電話番号やメアドが、携帯を拾った見ず知らずの人に見られるのは困ります。

しかし、困る以上に、メールだけは見られたくないのです。

例えば、この前主人とラブラブだったことは、ブログにも書きました。

1ヶ月の研修中は毎日手紙を書いたなど、誰も聞きたくもないことまで、ご披露しました。でも、ヒロちゃんとのメールでは、その内容がもっと濃いのです。

今回は、特別にその1部をお見せします。



tomatoma:

私は結婚生活が8年で、しかも出産2回、家を新築っていう楽しいイベントが続いたから、結構ラブラブだったの。

主人が1ヶ月出張してる時は毎日手紙書いて、向こうは毎晩電話かけてきてた。

朝はキスで送り出すっていう、信じられない生活だった(恥)

だから、みんなもそんな風かなと思って。

この前英会話の友達が、結婚8年目だけど、旦那様と携帯でメールしたりしないと聞いてびっくり(*_*)

ウチはきっとやってたと思う(エヘッ)


ヒロちゃん:
し、信じらんなぁい~××

そりゃ一生分のらぶらぶを早くに使い果たしたんじゃ××××××××××××

しっかし、人ってきかんとわからんもんじゃ~

いやぁ~びっくりしたぁ~


tomatoma:
そうなの、私って可愛い女だったのよ、主人の前では!

いつか由香と電話で話してて、主人が帰ってきたから

「お帰りなさい。今友達と話してるから、ちょっと待ってて」って言った。

それが由香にも聞こえたらしく「tomatomaどうしたと、気持ちの悪い声出して!?」と言われた(^^;)


ヒロちゃん:

それ無理してやってたんじゃないよね~××××××

君はぁ、もしかして多重人格?

アルジャーノン?ビリーミリガン?

ひゃあぁあぁ~ブログネタには使えない!

でも私だけ知るなんてもったいない~


tomatoma:
無理じゃなくて自然!

しかも当時は気が付かなかった。

でも後で「主人はどうしてあんなに私に惚れてたのかな?」と考えた時、

おお、私って可愛い女だった気が付いた!

ほんの一例:頼み事がある時は

「ニャンニャン」と言いながら、上目使いですりよって行く。

主人が飲んで帰って来て午前様

「遅くなってゴメンよ」

「いいの。毎日帰って来てくれるだけで嬉しい」

本心から言ってました!

結婚するまでツッパってたから、反動が出たんじゃない!?


ヒロちゃん:
うわ、うわ、うわ、ほ、保存しよ~。

落ち込んだとき読み返して、人の深い可能性を信じよう!

そして思いっきり笑おう!




全てがこの調子なんです。

こんなの人に読まれたら、もう大事件!

死んじゃいます!

えっ、じゃどうしてブログに引用してるかって?

それは、携帯が見つかって嬉しかったから、ちょっと浮かれてるの。

それに、落としてしまった私の危機感を理解して欲しかったから。


ところで、どこにあったかと言うと、お店のそばの駐車場。

車を停めていた所です。

コイン駐車場で慌てていて、財布を出した時にハンドバックから落ちたみたいですね。

見つかって、良かった、良かった♪


それにしても、メールがすぐに見れない設定にしたいです。

以前使っていたドコモのは、暗証番号を入れないと見れないように設定できました。

でも、今使っているauのは出来ないのです。

次に買い直す時は、その点を最重視したいです。

AD
いいね!した人  |  コメント(44)  |  リブログ(0)
2005-09-28 22:26:00

温泉は、コレで決まり(^0^)y

テーマ:福岡自慢

今日は、朝から温泉三昧♪

久しぶりでしたね、温泉に行くなんて。

英会話の友達、SMARTさんと一緒に出かけました。

本当は、先生のベンも行く予定だったのですが、土壇場でキャンセル。

天神から温泉まで、専用バスで何箇所か停まりながら50分。

おしゃべりに熱中していると、あっという間に着いてしまいました。


バスから降りてみると、そこはいきなり観光地。

小粋にしつらえた庭と、純和風旅館のような建物。

「いいじゃん♪」

予想以上の雰囲気に大喜びの私達。

 

だけど、ちょっと無粋なモノも・・・

木製の重厚な門の傍に、こんなものが↓↓↓

のぼり

まずいですよ!雰囲気ぶち壊し。。。

しかも今はもう、9月も末じゃないですか。まだやってるのかしら!?

気を取り直して建物の中へ。


ステキ!

ほんと、どこかの観光地の旅館のようです。

おまけに、私が密かに試してみたいと考えているエステのお店もいい感じですね。

でも、先に温泉に入ることにしました。


温泉の入り口へ進むと、ここにまで↓↓↓

のぼり

もう、どういうこと!?

仕方ないので、ムシムシ。。。


お風呂は家族風呂を合わせると、合計で18個!!

そのうち、私達が入る女性用だけでも、内湯5個、露天7個あります。

その12個の温泉を、1時間で制覇いたしました。

そして、ぐったり疲れました。。。


ここで、いったんお風呂から上がってお昼にすることにしました。

お食事処も、これまた純和風な造り。

いいですね、落ち着きます。

でも・・・当然のごとくここにも↓↓↓

のぼり

・・・。。。。


食事はとっても美味しかったです。

でも、お風呂12制覇(うち塩サウナ、イオン蒸し風呂含む)

暑かったです。クーラーがんがん効いてたけど。

そんなこともあろうかと、キャミと薄地の上着でしたが、暑くてたまりません。

上着を脱いで、キャミだけに・・・

そんな、悪魔のささやきが聞こえてきました。


そ、それは出来ない!!!

実は私、腕が太くて最近キャミはおろかノースリーブだって、それだけでは人前で着たことないんです。

こんな、公の場で、キャミだけになるなんて。

SMARTさんにも、恥ずかしい。


ん、でも、待てよ。

なんと、さっきまで、裸でいたのよ、私!!!

・・・。。。。

温泉って変ですよね。

キャミでさえ恥ずかしい私が・・・。。。

そう言えば、病院に入院すると、パジャマ姿で人にあっても全然平気ですよね。

やっぱ、場の雰囲気って意識を変えてしまいますね。


そんな哲学的な思考にふけりながら、大胆キャミ姿で美味しくランチを平らげました。

お腹一杯になると、なんかぐったり疲れて、楽しみにしていたエステはどうでもいい気になってしまいました。

それに、塩サウナのお陰でお肌つるつる。


結局、バスの時間までゆっくりしようということになり、デザートを頼むことにしました。

沢山ありますね、さすが和風ですから、抹茶系も充実しています。

SMARTさんは、お店お勧めという【抹茶パフェ】を頼みました。

そして、私は↓↓↓

koori


パフェが大好き。。。

いつもは、かき氷なんか食べないのに・・・まんまとはめられちゃいました。。。

だけど、このイチゴ練乳、タダモノではありませんでした。

写真じゃわからないでしょうけど、450円なのに巨大でした。

SMARTさんにも食べてもらって、なんとか完食。


しかもその美味しさは

「母親が料理の先生をしているから、舌は肥えている」というSMARTさんをして

「今まで食べた中で、最高のかき氷」と言わしめる逸品でした。


氷のきめがこまかくて、ふわっとしています。

シロップも練乳も下のほうまで、きっちりかけてありますね。

おまけに、最後までとけないんです。

「きっと、氷の質がとてもいいうえに、器も冷やしていたんでしょう」

と、SMARTさんの絶賛の声は続きます。


私も、本当に感心しました。

こんなところで、ここまで美味しいかき氷に出会うなんて。

しかも、メニューに麗々しく「当店お勧め」なんて書いてあるわけではなく、むしろ隅っこに付け足しのように写真をのせていました。

だけど、私も今まで食べた中で、一番美味しいかき氷でした!

AD
いいね!した人  |  コメント(16)  |  リブログ(0)
2005-09-27 22:00:00

映画話にわく【英会話教室】

テーマ:英語

今日は英会話教室の日でした。

今週のIdiom  at all cost(s whatever the cost 

意味 ぜひとも、どんな犠牲を払っても


そして、conversationのテーマは the Autumn Equinox Day(秋分の日)

ベンに「What did you do ?」と聞かれて

「Nothing special」

「・・・・・・・・・・・・・・・・」

愛想なしですね(汗)

だって、英会話に出かける直前まで、ブログのコメント書いたり他の人の読んだり、そりゃ楽しくて全エネルギーを使い尽くしていたのです。


こんな時頼りになるのは、SMARTさん!

「I saw a movie」と話を引き取ってくれました。

MOVIE

がぜん張り切りました!

私の中で、ブログと英会話教室が完全につながりましたね(笑)


ちなみにSMARTさんが見たのは『ウィンブルドン/Wimbledon』(2004)と『マスク2/Son of the Mask』(2005)

『ウィンブルドン/Wimbledon』は[ノッティングヒルの恋人』『ブリジッド・ジョーンズの日記』『ラブ・アクチュアリー』等のロマンチックなストリーを次々に送り続けるスタジオ、ワーキング・タイトルの最新作]という、うたい文句の新作DVD

 

『マスク2/Son of the Mask』『マスク/THE MASK』(1994)を見て面白かった記憶があります。

ですから、興味津々で「面白かった?」と聞いたら、「まあまあ」だそうです。

見るのやめときます(汗)


「そう言えば、私も・・・」と

『君に読む物語/The Notebook』『オペラ座の怪人/THE PHANTOM OF THE OPERA』を見た話を始めましたが、英語ではかなりもどかしいですね。。。

ブログに日本語で書くのが、ラクで楽しいや♪


レッスンが終ったら、明日の温泉ツアーの打ち合わせをしました。

SOCIAL DANCINGさんは、他に用があるということで、ベンとSMARTさん、そして私の3人のお出かけとなります。

ベンは本物の温泉は初めてらしく、ちょっとハシャギ気味。

「The real McCoy !」
AD
いいね!した人  |  コメント(16)  |  リブログ(0)
2005-09-26 22:00:00

好きな男優特集 [いい男を並べてみる]

テーマ:映画

サラママさんのリクエストにより(『フェチバトンの予習』コメント欄→ココ )、いい男の顔をずらりと並べてみることにした。

ただ、ちょっと心配なことがある。

実は、私のいい男観は、世間一般と大きくずれている気がする。


キムタク、ヨン様、ベッカム・・・どうしてもてはやされるのか、ちっとも理解できない。。。

奇をてらったり、1人高尚ぶるつもりはさらさらないのだが、素直にかっこいいと思えないのだ。

むしろ・・・


キムタク

けして醜い顔だなんていうつもりはないが、10年も[いい男ランキング]のトップを飾る資質があるとは思えない。

演技もワンパターン。

テレビドラマをほとんど見ないから、彼の演技を云々する資格はない。

実際、2つのドラマに出ているのを、合計で30分ほどしか見ていない。

しかし、素の彼と、それぞれの役を演じている彼、つまり3種の彼がいるはずなのに、金太郎飴のように寸分たがわぬ同じ彼だった。


ヨン様

韓国映画を見ないから、点が辛くなるのかもしれない。

シュリが話題になって見たが、まだ香港映画のほうがいいと思った。

ヨン様が、もし日本人だったら、誰も相手にしない気がするが・・・。


ベッカム

問題外。頭が悪いとしか考えられない。

男は体か!?


とまあ、好き勝手なことを並べた後で、私の好きな俳優を紹介するのは、かなり気がひける。

でも、私の好みが独自なものだとご理解頂ければ、多少反感を買うようなラインナップでも、無視してもらえて、クレームも少ないんじゃないかな(汗)


NO1

レスリー・チャン (香港、俳優・歌手)

Y  ←ステキ過ぎ


海 ←見ていると時間が止まる

好きな映画は『君さえいれば』(1994)と、『星月童話』(1999)

どちらも切ない恋を描いていて、何度見ても100%泣ける。


NO2

トム・ハンクス (米、監督・俳優)

トム2  ←ハンサムだよね!?

好きな主演映画は、やっぱり『ユー・ガット・メール』(1998)と『めぐり逢えたら』(1993)かな。

どちらもメグ・ライアンとの共演。

こんな映画を見ると、恋がしたくなっちゃうので、ご注意!


NO3

ヒュー・グラント (英、俳優)

フュー  ←自信を持ってハンサム!

好きな映画は、『ノッティングヒルの恋人』(1999)と『恋するための3つのルール』(1999)

ダメで弱い男を演じることが多い。そんなタイプは本来苦手なんだけど、彼だけは別!

母性本能がくすぐられる。


NO4

マッド・デイモン (米、脚本・俳優)

マッド   ←可愛いよね!?

好きな映画は『グッド・ウィル・ハンティング』(1997)と『レイン・メーカー』(1997)

知的な演技で、誰よりもハンサムに見えてしまう。


番外編

なんか、私って面食いじゃないかもしれないと、再確認してしまった。。。

いや、俳優がダメなら、最後の1人。

自信を持ってご紹介するのは、ミュージシャンのリッチー・コッチェン!

以前も一度、画像をアップしたけど、私の美意識がおかしくないと証明するために、再度ご覧いただきます!

リッチー  ←自信があります

アメリカのミュージシャンで、マルチプレーヤー。

歌、ギター、ドラム、ベース、キーボード、どれをとっても最高の天才!

いいね!した人  |  コメント(29)  |  リブログ(0)
2005-09-25 09:00:00

フェチバトン

テーマ:バトン

先日娘にまわってきていた【フェチバトン】が、orange2004さん から私にもまわってきた。

親子でああでもない、こうでもないと、フェチについて語り合っていたのだけど、自分にまわってくるとは予想外!

でも、バトンをまわされたからには、気合を入れて赤裸々に語ってみます(笑)


■Q1■あなたは何フェチ?


おじさんフェチ。

昔から、年上が大好き。自慢じゃないけど、3歳以上年上としか付き合ったことがない。

ちなみに、主人は11歳年上だった。

でも、最近は年下趣味に・・・

だって、私にとって年上と言うと、おじいさんになってしまうもの。。。


いま年下の意中の人は、自民党の例の26歳で当選した杉村太蔵クン!

可愛いよね~♪ 

いつも意見が一致する娘も大ファン。

娘は「将来は、太蔵クンに総理大臣になって欲しい!」と熱く語る。

「頭悪いから、ムリなんじゃない?」と、私は冷静な評価を下しているが

「今から政治を勉強すれば、まだまだ若いんだから、将来は有望」と見守りの態勢。

ついでに、太蔵クンのブログはこちら→ココ

    
■Q2■異性を見る時、まず何処を見る?

      

髪型。

短い方が好き。

いわゆるサラリーマン風のカット。


■Q3■最近プッシュ出来る部位


昔から、容姿で唯一褒められてきたのが、指と爪。

6年間プールに通って指輪などの装飾品をつけないクセがついてしまったが、マニュキアだけはいつも欠かさない

ベースを押さえた指がセクシーだと自分では自負しているが、人からはそんなこと1度も言われたことがない(汗)

         
■Q4■異性の好きな部位5つ  

   

肩・胸・腕・首・頬

書いてみると、胸から上に集中してる


■Q5■フェチを感じる衣装は?

  

ネクタイをゆるめ、襟元を広げた白いYシャツ

クールビズ反対!!!


■Q6■バトンを渡す5人

 

私がバトンをまわす相手といえば、サラママさん

赤裸々に書いてよね! 私だって、これでかなりな大胆告白なんだから(爆)


それから、最近お友達になったBooBooさんさくらさんゆゆさん

BooBooさんは抑え気味に、さくらさんはノロケを極力排除してお願いねっ!

ゆゆさんは、いつも通り癒し系でOK。


最後に、みんなの人気者こりんごちゃん

こりんごちゃんにはすでに、何人もからのオファーがきてると思うけど、まだ書いていないみたいなので、一応名前を書いてみた。

もし書くなら、いつものブログとは雰囲気を変えて、いじいじ、ねっとりのキャラにないこりんごちゃが見てみたいな(笑)

いいね!した人  |  コメント(25)  |  リブログ(0)
2005-09-24 22:00:00

福岡市[夏季オリンピック招致]へ

テーマ:ブログ

「福岡はライバルじゃない」

同じくオリンピック招致に名乗りをあげた、石原東京都知事の言葉です。

「(九州各都市での広域開催では)治安のしにくい状況で、かなり無理だと思う」

無理かどうかは私達が考えますから、とやかく言って欲しくないですね。

福岡だってやるときゃ、やりますよ。

売られた喧嘩、買いましょう!!

東京、東京と、威張るな東京。


といっても、私は熱烈なオリンピック招致賛成派でもないのですが(笑)

ただ、なんでもいいとこ取りの中央集権国家に、地方からひとこと物言いたいだけです。

我らが山崎市長、

[九州各地に競技会場を分散する【福岡・九州五輪】とする方針。

選手村を中心に約30キロ圏内に65%程度の競技施設を集中させる一方で、大分県でサッカー、熊本県でハンドボールの競技開催なども模索]


ほお、【九州は一つ】の理念に基ずく、麗しい協力オリンピックですか?

・・・こんな時だけ、調子良すぎないですか?

日頃は他の県に何をしてあげていますか?

いつも狙うのは福岡の一人勝ち。


他県の為に、何か譲った事がありますか?

福岡だけが一番。

それはキャパシティ(受容力)とらやを誇る東京と、何の違いがあるのでしょうね。

今回、東京の独善ぶりから、福岡の日頃を振り返って欲しいと期待しています。


私が経済誌の仕事をしていた当時、福岡市長は大変なご高齢でした。

ご本人は辞めたいと洩らしていたそうですが、周りが許さず4期目の市長戦に臨み、当選しました。

周りが、その徳を慕って押しているのではありません。

自分達に都合がいいから。


あるパーティに、カメラマンと出かけました。

最初の乾杯を写真にとり、2、3人の経済人の新しい顔写真を取りがてら、ミニ取材。

早々に仕事を終らせ、エルベーターへ乗り込みました。

するとそこへ、市長とお付きの人数名。


一緒に乗りドアが閉まると、市長はエルベーターの壁に手を付き、荒くなった息を整えます。

人目を構う余裕もなく、本当につらそうでした。

80歳を過ぎた身には、福岡市長の激務は厳し過ぎたのでしょうね。

私は、思わず目を逸らしました。


選挙の度に企業が票を読み合い

「あそこはあの陣営に、幾ら金を追加した」と、噂が誠しやかに飛び交います。

日付も金額も入らない、カラ領収書の世界。

世の中を知ってしまった気になった24歳の夏でした。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2005-09-23 22:00:00

映画 [君に読む物語/The Notebook]

テーマ:映画

今日見たDVDは『君に読む物語』 (ニック・カサヴェテス監督、2004・米)。

ハピネット・ピクチャーズ
きみに読む物語 スタンダード・エディション

「いかにも愛の物語」なのですが、やっぱり結構よかったな!

最後はじわりときました。

いろいろ書くと、ネタバレになるのでやめておきますが、外れなく楽しめますよ。


言わば、究極の夫婦愛かな。

日常生活ではどうかわかりませんが、文学、映像のうえでは充分可能ですからね(笑)

それに、恋人同士も千差万別、夫婦愛もそれぞれの形があるのでしょう。


夫婦愛・・・私は中途半端なので、『そんなものなの?わからないなぁ!』という場合がよくあります。

結婚8年で主人が亡くなり、まだラブラブ状態でしたから、
【空気みたいな存在】という表現に、過大な期待を抱いたり、少し失望したり勝手な理解をしています。


映画の中で、1年間365通の手紙を書く話がでてきます。

物語は、第2次世界大戦前夜のアメリカ南部の小さな町を舞台にしています。

ですから、Eメールなんていう洒落たものはありません。


私も主人が1ヶ月研修で出張したりしていた時は、毎日1通、つまり31通手紙を書いていました。

主人は時間が無いので、夜電話をかけてきていました。

今なら、携帯でメールってとこですが(笑)


もし、今も主人がいたら毎日メールしていたと思います。

お昼休みに[今日のランチ何食べた?]メールです。

夕飯の時「あっ、しまった。今日は昼もトンカツだったんだ」と言う事があったりしました。

「じゃあ、ランチ何食べたか電話してよ」と言うと

「いいよ、味が違うさ。会社の定食の方が美味いもん」なんて言われてました(笑)


そんな話を、英会話の友達のSMARTさんにしたら

「でも、実際は主人とメールしたりしませんよ」と言われました。

「へぇ~、そんなものなの?まあ、ウチは8年で、まだラブラブだったから・・・」と言うと

「私だって、まだ結婚8年目ですよ!」


はたで思うのと、現実は違いますかね。

それにさっき書いたように、人それぞれ千差万別。

だから、『この物語のようなカップルがいるかもしれない』という風に夢を与えて、映画を見る人の共感なり、感動を呼ぶのでしょうね。


私も、他の人の馴れ初め話を聞くのが大好きなのは、その辺かな。

私の理性は「恋愛は自己愛の変形」と、静かに断定を下しています。

でも、いろいろな方の馴れ初め話を聞くと、そんな変なヤツは私だけで、やっぱり世の中は愛にあふれているのねと、妙に感心してしまうのです。

さて、明日からもまた、素敵な馴れ初め話を収集しなくちゃ!!

いいね!した人  |  コメント(13)  |  リブログ(0)
2005-09-22 22:00:00

映画 [オペラ座の怪人/THE PHANTOM OF THE OPERA]

テーマ:映画

DVDで『オペラ座の怪人』 (ジョエル・シューマカー監督、2004年・米英)を見ました。

メディアファクトリー
オペラ座の怪人 通常版

映画やお芝居でもう何度も見ている『オペラ座の怪人』ですが、今回もしっかり泣けました。

【ハッピーエンドじゃなきゃ映画じゃない】が私のつね日頃からの主張ですが、こうした名作は哀しい結末でもOK

と言うより、本来【報われない愛】は、永遠の芸術テーマですからね。


恋愛は勘違いが上手く作用すれば作用するほど、自分の中で美化され究極の魂の浄化へとつながるわけです。

ああ、こう書いちゃうと身もふたもないですね(笑)

どうも、自分の悲しい恋愛体験を基盤に考えてしまうものですから、世間一般に受け入れられる価値観とは大きくずれているかもしれません(汗)

そういう不幸さは、この怪人と一緒

だから、相通ずるものを感じて映画、お芝居と飽きることなく『オペラ座の怪人』を見ちゃうのかしら?


それにしても、お芝居と映画。

私はやはりお芝居の方が好きですね。

本来お芝居でのミュージカルだから、仕方ないのかもしれません。

でも、カメラを使って自由自在に空間を操れる映画に対し、舞台は限られたほんの狭い場所でしかありません。

それなのに、映画以上の広がりと迫力を感じさせるお芝居は最高ですね。

映画を見たら、また舞台での怪人が見たくなりました。


ところで、さっきも書いたように『オペラ座の怪人』は、数多くの映画やお芝居になっています。

そのなかでも、ぜひ皆さんに見てもらいたいのがレスリー・チャンの『夜半歌聲』 (ロニー・ユー監督、1994年・香港)

れすりー


レスリーは香港の人気映画スター&シンガーですが、ご存知ない方も多いかもしれませんね。

私は大好きで、過去記事『レスリー・チャン』(→ココ )でも、熱く語っているので興味のある方はご覧下さい。


この『夜半歌聲』は香港で製作されたのに、全編北京語です。

すっかりサビついた私の北京語(最盛期でもショボかった)ですが、やはり広東語よりはだいぶマシでした。

広東語は私にとって、レスリーの世界という感じですね。

北京語に比べて、音と文字が一致しません。

レスリーの北京語ってどうなのかしら?

人の発音の良し悪しをいえるほどの習熟度でもないのですよ(汗)


『夜半歌聲』の内容は、北京の古びたオペラハウスに夜、謎の歌声が聞こえ、その歌声は・・・という感じに物語が始まっていきます。

どちらかというと、『オペラ座の怪人』の怪人をもとにイメージされた新たな作品ですね。

しかも、戦前の上海映画界の名匠馬徐維邦の『夜半歌聲』のリメイクだそうです。

でも、
「生きていくほうが死ぬよりつらい」と泣く怪人(レスリー)の表情は、永遠に滅びない愛の哀しみを表現しているようで、とても胸に迫るものがありました。

いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)
2005-09-20 22:00:00

英会話教室&ランチ

テーマ:英語

今日は英会話教室の日でした。

今週のIdeom have ~ down pat

means to have something mastered

to do on to know something

意味  (ときにけなして)~を知り尽くしている、覚えている

      この場合のpatは副詞で適切な、絶好の、(しばしばけなして)すぐに、すらすらと

 

別の「たたく」の方のpat になると

pat down  意味 体をかるく押さえてのボディチェック


それから、他に習った面白い言葉は the real McCoy

意味 本人、本物

この言葉の由来は

1870年から50年間McCoy 家とHalfield家が、戦い続けたエピソードからきているそうです。


今日のレッスンの大半は、SOCIAL DANCINGさんの小泉首相批判に終始しました。

私は政治を熱く語るタイプではないので、ちょっとぼーっとしてましたね。

そしたら、いつの間にか話は、先週ベンが誘ってくれたライブの事へ。

ベンが「この前おごってもらって、今度は僕の番だっただろ」

 

そうなんです。

私達のひどい英語に付き合ってもらったお礼に、「バーガーとコーヒはおごりましょうよ」

と私がSMARTさんに提案しました。

するとSMARTさんは

「じゃ、今日は私が2人におごるわ。だから次はベンが私達におごって」と言い、支払いを彼女がしてくれたのです。

 

でも、次はいつかわからないので、私はこの前SMARTさんと映画に行った時、自分の分とベンの半額をSMARTさんに返しました。

そのせいか、そんな約束はすっかり忘れていたのですが、さすが真面目なベンですね。

2人のお姉さまへの借りを、とっても重荷に感じていて、早く返したかったのかもしれません(笑)

そんなベンに私は

「平日の夜でSMARTさんが出かけられないの。今度3人で出かけられるときに、お返しはお願いするわ」と言っておきました。

 

レッスンが終って、SMARTさんと私は温泉へ行く打ち合わせをするため、どこかランチへ行こうと教室の外で相談していました。

そこへベンが。

すると、SMARTさんは

「私達今度、温泉に行くのよ。ベンも一緒にどう?」

「温泉!!! いつ!? OK、一緒に行こうよ」

恐ろしい借金を返す好機到来と思ったのか、ベンは大はしゃぎで参加を約束しました。

それで、私も来週SOCIAL DANCINGさんに声をかけることを条件に、皆で行くことに同意したのです。

 

「ジャズは敵国の音楽と思って育ったから苦手」というSOCIAL DANCINGさんですから、この前のジャズバンドライブの時は、私達の計画を苦笑いして聞いていました。

でも、今度は温泉。

彼の中では、かなり魅かれるキーワードではないでしょうか。

 

話がまとまったところで、SMARTさんと私はランチへ。

SMARTさんお勧めのお店は、なんと定休日。

次のお店は駐車場が満杯。

結局3軒目目で、何とかお昼にありつきました。

 

実はこのお店、私のいつもの行きつけのところで、海沿いの眺めが素敵なレストランです。

今日は1300円のパスタランチセットを頼みました。

前菜、サラダ、パスタ、デザート、そして飲み物つきです。

とってもお得でしょ♪

 

食べて話に興じているとき、SMARTさんが

「しまった!私、連休ですっかりお金使ってたうえに、朝お金を払ったから銀行に行かなくちゃいけなかったんだ。たぶん、小銭で1300円ぐらいあるとは思うけど」

「大丈夫、大丈夫。私は連休前多めにおろしておいたから、貸してあげるよ」

「うん、足りるとは思うけど・・・足りなかったらお願いね」

 

そして、おしゃべりを楽しんでいざ帰ろうとしたとき

私の英語のレッスンバックに、財布がはいっていません。

ええ、朝入れ忘れていたのです。

SMARTさんは、お金足りました、自分の分は。。。

私は・・・

お店の人に笑われて、大急ぎで家に取りに帰りましたとさ。おしまい。

いいね!した人  |  コメント(15)  |  リブログ(0)
2005-09-19 10:55:00

『のだめカンタービレ』を読んで

テーマ:ブログ

『のだめカンタービレ 13巻』(二ノ宮知子・講談社)を読みました。

二ノ宮 知子
のだめカンタービレ #13 (13)

ここで、知らない人のためにちょっと解説します。

のだめ」(本名野田恵)というピアニストの、音大時代からの成長していく姿を描いている話です。

本のキャッチコピーは【笑えるクラッシック物語】

ホントに笑える面白い漫画ですが、クラシックに疎い私にはすごく勉強にもなります。


主人公のユニークすぎるキャラに魅かれて、ぐいぐい読んでしまいます。

1度聞いた音楽はすぐにコピー出来ちゃう天才なのに、音楽の基礎が全くダメ。

それに部屋の片付けが超ど下手!

この辺に、しっかり親近感を覚えます(汗)

それから、字も恐ろしいほど下手です。

ああ、私が主人公かも。

音楽的才能を取り除くと、まんま私です!!!


それから、カンタービレ(cantabile)」はイタリア語で「歌うように」という意味だそうです。

初めて聞きました。

こんな風に、漫画を読むだけでクラシックの音楽知識が増えますよ。

それに人気だから,話に出てくる曲や用語を解説したファンサイトも目白押しで、ほんと気楽にクラッシクの世界になじんでいけます。


13巻も相変わらず面白かったです。

今回はまたまた大川弁炸裂。

福岡市に住んでいる私も近いものがありますが、やはりちょっと違い があり十分笑えます。

友人のヒロちゃんは住んでる所が近いので、「そこは笑う所じゃないだろ」状態だそうです(汗


ところで、巷では『HANA』人気ですが、『のだめ』もかなりなもの。

クラシックをやる人が増えているそうですよ。

素晴らしいことですね♪

音楽は奥が深いです!

演奏が上手いの下手だの、やっている最中にわからなくなったのだの、そんな皮相的なことをウダウダいっているようでは、音楽を愛する人として未熟としかいいようがありません。

(↑さりげに、自己肯定!?)

 

ところで、この『のだめ】のコミック本は数ヶ月に1回の発刊なので、発売日をうっかりすることもあります。

前回はヒロちゃんが発売日を教えてくれていたので、待ちに待ってその日に本屋へ走りました。

でも今回は全く気がつかなかったのですが、

とあるブログ(『日々精進&反省』 )を朝イチで読んで知り、お店が空く時間を待ちかねて買いに行きました。


このブログ、タイトルがすごくストイックでしょう(笑)

内容も音楽的にレベルが高くて、理解できないときもあるんです。

(おとといは『のだめ】で、なんとかついていけましたが)

そんな時は我が家の外見26歳の息子に、教えを乞います。

外見は26ですが、音楽嗜好は30過ぎです(汗)


実はこのブログの著者は、HERO先生率いるフュージョンバンド[Groove 5] のギタリストにして、ヤマハのギター・ベース科の小野先生です。

演奏はライブやCDでお聞きしているのですが、直接お話したことはありません。

でも、ブログって不思議ですね。

先生のブログを毎日チェックしているので、私にとってはすごく身近で、先生のことを何でも知っている気になってしまいます。

ちなみに、先生の好きなのはハンバーグ、チョコレートに、桜の花。

バレンタインデーなんか、逆銘柄指定でチョコレートが膨大に集まるそうですよ。

ヒュ~、モテるぅ~!!!

いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。