1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /
2005-08-30 22:00:00

次の朝は★▼■●

テーマ:ブログ

昨日の朝は、寝坊しちゃいました。

夏休みですが、娘の塾が毎日あるので、いつも目覚ましを7時にかけています。

最近は、携帯を目覚まし時計代わりに使っています。

ただ、ニワトリさんのお陰で(詳しくは『田舎暮らし』をお読みください→ココ )すっかり早起きの習慣がついて、7時にはたいてい起きていますが。


前の夜にライブから帰ってきたのが、1時45分。

結局寝たのは、3時になっていました。

本を遅くまで読み過ぎてそんな時間になることも時々あるので、翌朝のことは心配していませんでした。


ところが、やっぱり慣れない深夜に及ぶ夜遊びで、疲れていたのでしょう、7時に携帯の目覚まし音がなったのに全く気がつきませんでした。

娘を起こさなくてはいけない時間は、7時半。

学校があっている時は目覚ましをかけていて、自分で起きてくる娘ですが、夏休みは

「目覚ましで起きるの嫌いだから、お母さん起こしに来てぇ」

と甘えています。

毎日塾通いの可哀想な受験生だからと、私も大目にみて起こしてあげています。


しかし、そうなるとWチェックが効かなくて、悲惨です。

あやうく塾に遅刻する大惨劇が、7時50分のメール着信音で未然に防げました。

あわてて起きて、娘を起こします。


前夜帰った時、子供たちは寝ていました。

私はいつも12時ぐらいに寝ています。

子供たちも大体それぐらいですが、夏休みでハメをはずしたり、宿題の追い込みがある時などは、自分で勝手に寝ています。

ですから、夜寝るときに私がいなくても、さほど支障は無かったようです。


「んん~ん」と眠たげに起きてきた娘。

私の帰宅が遅かったことも、今朝起こすのが遅れたことも、全く気にしていない様子です。

いつも通り、9時の授業開始に間に合うように、塾へ送り届けました。


その頃になると、息子も朝食に下へ降りてきました。

「ごめんね・・・あの、夕べはちょっと遅くなって・・・」

「別にいいよ。それより、楽しかった?」

その言葉を聞いた私、もうエンドレスで語り続けました。


先生方の演奏の様子や、その後の打ち上げではどんな話をされたか。

最初は「へえ、凄いな」とか「俺も行きたかった」と相づちをうっていた息子も、だんだん私の自慢話が嫌になったみたいです。

昼ごはんも食べずに、友達と早々に遊びに出かけてしまいました(笑)


ところで、朝、娘を塾の遅刻から救ってくれたのは、いったい誰からのメールだと思います?

実はアメブロからでした。

私はコメントやTBのお知らせを、携帯のメアドに送ってもらうように設定しています。


昨日の朝、7時46分にコメントを書いてくれたorange2004さん本当にありがとう!

塾に遅刻したり、最悪休む事になってしまっていたら、私の夜遊び生活に暗雲が立ち込めていたでしょう。この場を借りて、結果的にモーニングコールのメールを送ってくれた事に、心からお礼を申し上げます。

さすが、対人支援のプロ!!

 

       【 付録 】


ちょっと遅く帰っただけで、こんなにだらしない私なのに、HERO先生はタフな方ですよ。

先生のHPの掲示板と日記によると(こちら→ココ )3時間睡眠で、釣りに出かけられたそうです。

釣り上げたヤマメの写真をアップしていらっしゃいましたので、ちょっとご紹介します♪

yamame ←ヤマメ(約20cm)嘉瀬川にて
AD
いいね!した人  |  コメント(19)  |  リブログ(0)
2005-08-29 23:50:00

アフターLIVE

テーマ:音楽

ちょっと遊びすぎたかも。。。

夕べ帰宅したのが、1時45分。

あれっ!?

【月1夜遊びママ】には、暗黙の門限があったのでは?

でも、楽しすぎて・・・


[raison detre] のライブがあるジャズバー[New Combo] に着いたのが、8時少し前。

ちゃっかり特等席をゲットして、最前列で見ちゃいました。

今回で2回目の[raison detre]

相変わらず素晴らしい演奏でしたよ。


ピアノ、ドラム、ベーストリオでの3曲から始まり、ギターと鍵盤ニストの3人が揃って、合計6人でブルージーな、はたまたロックなフュージョンを奏でていきます。

やっぱり福岡は音楽のレベルが高いなぁと、しみじみ思いますね。

前回のライブですっかり魅了されたM先生のベースも、全体を下から渋く再構成していく音は、聴けば聴くほど耳をくぎ付けにされてしまいます。


ところで、【ローマ字ネーム廃止】の流れを受け、M先生も勝手にニックネームで呼ばせて頂こうと思っています。

HERO先生はじめ、こだみん先生が「我が師」とおっしゃっていますので「お師匠様」でいかがでしょうか

2部構成のライブで、淡々とバンド名の由来や、メンバー紹介をされるお師匠様のMCは、[究極の話術]を感じさせ、ベースの音と同じぐらい好きです。


さて、ライブも満ち足りた気分のうちに終わり、『HERO先生にご挨拶をして帰ろうか』と考えていました。

すると、そこへHERO先生がおみえになり、「今日はありがとうございました」

「いえいえ、こちらこそ、充分に楽しませていただきました」

挨拶を交わし、先生も腰をおろされ落ち着いてお話できました。


息子が[フュージョンバンド・キーボード募集:初心者歓迎]に応募したところ、これからフュージョンをやろうとしているプログレッシブメタルバンドだったこと。

私が今度発表会でやる曲は予想以上に難しくて、こだみん先生に「音の抜けが悪い」と指導を受けていて、苦戦していること。

 


そんなことを話していると、同じようにライブを見にきていたNAOさんも参加し、一緒に楽しく談笑しました。

ふと、気がつくと他のお客さんが帰ってしまい、バンドメンバーでの打ち上げになっていました。

シンデレラタイムまで余裕があるなら、tomatomaさんもご一緒にどうですか?」


「シンデレラタイム!!」

これは歌酔風゜さん がブログで、いつも12時までには家に帰らなければいけない私を、表現していたものです。

でれでれっ(ポッ)

HERO先生にそう誘われれば、シンデレラだろうがヤマンバだろうが、参加させてもらいますっ!!!


結局、メンバーの方が囲むテープルに、NAOさんと私も図々しくご一緒させていただきました。

そこでの、お師匠様のお話。

楽しかったですよ!

MCと同じ爽やかな笑顔と、淡々と話される語り口。

門前の小僧の私には、もの珍しくワクワクする音楽業界の昨今の話。


特に印象に残ったのは

バンドマンとミュージシャンとアーティスト

お師匠様は「自分は最後のバンドマン。昔はカラオケも無く、お呼びがかかればどんな曲も演奏しなければならなかった。やりたいジャンルは勿論あったが、とにかく、なんの曲でも弾くことを要求された」

しかし、時は流れ音楽の状況が変わり

「君たちの時代は、ミュージシャンだね。自分の音楽はこうだと主張して、勝負がかけられた」と年齢が中間層のメンバーへ。

そして、若手のメンバーへは

「君らは、アーティストだよ」


そんなことをしみじみ語られ、みんなじわっと胸に迫るもの、期すものがありました。

穏やかな笑顔で、ひとわたり見渡されると

「よし、セッションしよう」


最高でした。

NAOさんもギターとベースで参加。

来月一杯で、この場所を移転する[New Combo]のマスター有田さんも、ギターとトランペットで、かっこよくキメていました。


この方達、ホントスゴイですよ!

初めての曲でも、コードと構成をちょこちょこっと打ち合わせただけで、見事に弾いちゃいます。

しかも、とびっきり楽しんでました。

だけど、とびっきり幸せなのは、この私。

たった1人の聴衆として、目一杯楽しませていただきました!

AD
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)
2005-08-28 16:22:00

見て!見て!

テーマ:ブログ

スキン変えました。

可愛いでしょ!素敵でしょ!

オリジナルだよぉ~♪


「tomatomaさんスゴイ」って?

私が出来るもんですか、そんな面倒な事。

実は娘に頼んでやってもらったのです。


「お母さん見て!見て!」

の声に行って見ると、娘の新しいオリジナルスキンが出来上がっていました。

「おおっ!!」

「可愛いでしょ」

「羨ましいなぁ!」

「お母さんのもやってあげようか?」


そして、チョチョイのチョイ☆ミ

夏休みの終わりの受験生になにさせるんだ!って気もしますが・・・

まあ、親孝行の方が受験勉強より大切なのは、孔子の言葉を待つまでもありません(笑)


苦節14年、育てて良かった、この娘!

スキン変えてもらったぐらいで、大袈裟!?

AD
いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(0)
2005-08-27 22:00:00

百道(ももち)

テーマ:福岡自慢

今日は、百道に出かけていました。

百の道と書いて「ももち」と呼びます。

福岡市が西部の海岸を埋め立てて作った造成地です。

市の建物が密集しています。


図書館、博物館、福岡タワー。

そして、テレビ局やコンピュータソフト関連のIT企業。

百道 ←百道とそばを走る都市高速


都会と田舎、自然と文化施設が混在する福岡のなかでも、天神とは違った魅力を持つ街です。

ヤフードームも歩いて行ける距離にあります。

私が天神の次に好きな街です。


しかし、埋め立て前の百道を知っているので、ちょっと不思議な気もします。

今お洒落な海岸として、若者が集まるマリゾンは、テトラポットが並ぶ何の変哲もない、油の浮く汚い海でした。

風ばかりが強くてうらびれた寂しい海岸で、人影は海岸ぞいを走る近くの学校の運動部員の姿だけ。


昔の姿と言えば、今は百道の文化の中心の様な顔をして、モダンな建物に納まっている、福岡市の総合図書館も様変わりしたものの1つです。

図書館 ←図書館


以前は天神の外れ「築港」にあり、交通の便がとても悪いところでした。

重たい本を抱えて、天神から歩くと20分近くかかりました。

車が欲しいなぁと、大学生の私は考えたものです。

自宅から最寄の駅までは車で行っていましたが、大学に駐車場もなく、大牟田線を使っての電車通学生の私でしたから、かなわぬ望み。


港のそばにあり、なぜか冬場は浮浪者のたまり場でした。

寒い北風を逃れて、暖かな図書館で暖をとっていたようです。

文化の光は万人に当るべきですから、私としても異存はなかったのですが、暖かいとはいえ1日図書館の椅子に座り、夜は寒い外へ追い出されるのも却って体調によくないのではと、いらぬ心配をしたものです。


新しくできたものとしては、福岡市の博物館があります。

博物館 ←福岡タワーと博物館


皆さんも歴史の教科書でご存知の、志賀島から出土した金印のレプリカがご自慢の展示品です。

私は、中のレストランの日替わりランチの方がお勧めですが。

そうそう、図書館のレストランもけっこういけます。

どちらも総ガラス張りで、百道のお洒落な風景を堪能できます。


そしてランチなら、私がイチ押しなのがハイアットレジデンシャルスイート福岡(HP→ココに入っている、[レピシエ ヴァンテアン]のバイキングです。

resipiennto ←プールサイドに面しています

百道には他にもお洒落なお店が勢ぞろい。

福岡観光にこられた際は、沢山歩いた後、お腹をすかせてランチを楽しんでください。

いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(0)
2005-08-26 22:00:00

巨匠

テーマ:音楽

いつも楽しみにしているブログがあります。

月に1回ぐらいしか、更新されません。

我が家では、息子もファンで「更新されたのに気がついたら、お互い教えあおう」と協定を結んでいます。

その日記とは、HERO先生の率いる[Groove 5] のドラマー西川先生の日記です。

他にも、私が知っているだけでも[Southern Rockers][raison detre]のドラマーでもあります。


そうそう、釣りの師範でもいらっしゃるそうですから、ここでは巨匠と呼ばせて頂きます。

巨匠のドラムはドリームボートでの[Groove 5]と、New Comboの[raison detre]で聴かせて頂きました。

スティックさばきの秀逸さは勿論のこと、演奏する場所の広さに合わせてピタリと音量調節する様は、まさに巨匠の名にふさわしい、至玉の技と言えるでしょう。


しかし、巨匠がまさに巨匠たるのは、その日記によってです。


冒頭にお話しましたように、巨匠の[俺の日記]は、我家で大変なブームです。

   (こちらです→ココ

いったい、どんな方なんだろうと、息子といつもお噂していました。


ブログの文章から書き手の方を、よく想像します。

巨匠は文字通り巨匠風にちょっと変わった所がある、ある種近づき難い方かな
言うのが、我家での見解でした。

そんな事を考えながら、先日の[Southern Rockersと飲み会ライブ]に参加しておりました。

私のテーブルには例によって[蟹W]のお2人、NAOさんとこだみん先生、それにフィリップさん。

そこへ巨匠自らやって来られて、私にも声をかけて下さいました。


「いつもこのメンバーで飲んでるんですか?」

私は思わず「いいえ、まさか」
と叫んでしまいました。

だって月1だし、ノンアルコールだし…


すると巨匠は「ですよね。雰囲気が違うと思いました」

おおっ、『もしかして私って好感度高い!?』

もう、満面の笑みを浮かべる私です!!

しかし、周りからは大ブーイング。

「おい、おい、まさかってどういう意味だよ」


巨匠は「でも、どういう関係でここへ?」

ミステリアスな女を演じたかったのですが、しぶしぶ、こだみん先生の生徒だと打ち明けました。

「ではベーシストの方ですか?」

私は元気に「ハイ」と返事しました。

そこへ、隣に座っていたNAOさんが

「お前なぁ、最近ベースに自信たっぷり過ぎないか?」とツッコミ。

きっとNAOさんのHPの掲示板で、NAOさんが

[蟹Wのバッキングをやってくれ]と冗談で書いていたのに対して

[NAOさんの態度によっては、考えてみてやろう]と返していた事を言っているのでしょう。


やっぱり巨匠の前ではヤマハの初級コースに通っているぐらいじゃ、ベーシストと名乗るのは大胆すぎるのかしら?

「いいじゃん、言うだけはタダだから」

という私の返しに、巨匠も大ウケです。


「それじゃ、先月の『蟹W』にもこられたのですか?」

「いいえ。実は息子がちょうど試験で。さすがに私も…」

「えっ、息子さんが試験?息子さんはいったいおいくつですか?」

「17です。」


「そんな大きなお子さんがいらっしゃるようには見えませんね」

カラ~ン、カラ~ン☆ミ

大合格☆ミ ☆ミ

ポイントを外さない巨匠に大満足☆ミ ☆ミ ☆ミ

やはり、女性の扱いでも巨匠でした。


ところで、私がなぜ巨匠の話など持ち出したかと言いますと、実は28日の日曜日にNew Comboで[raison detre]のライブがあるのです。

私、聴きに行こうと思っております。

えっ、【月1夜遊びママ】は先週[蟹W]に行ったから、今月はもう出かけられないだろうって?

まあ、原則はそうです。

しかし、原則に例外はつきもの。

夏休みで特別頑張った私には、自分からのご褒美として、2回目のライブがプレゼントされるのでした。


そして、考えました。

ライブレポもいいけれど、読んだ人が行きたいと思っても終わった後で、次回は来月と言うのでは、熱が冷めてしまいます。

今回は、ライブ前の告知ブログとさせて頂きました。

なお、前回のライブを『世界で一番、ベーシストがかっこいい』で、ライブレポしていますので、関心がおありの方は、合わせてお読みください。

こちらです→ココ

  

     【 告知 】

[raison detre]ライブ

     場所: 春吉 New Combo (サイトはこちら

     日時: 8月28日

         19:30 open 20:00 start

いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)
2005-08-25 22:04:00

『ケータイを持ったサル』

テーマ:読書

『ケータイを持ったサル』正高信男・中公新書)を読み終えました。

2年前にかなり話題になったので、読まれた方も多いかと思います。

私も人並みに、書店の店頭で手にして、パラパラとめくってみました。


マザコン

母子密着

専業主婦と子育て

専業主婦のジレンマ


こんな言葉が目次に並んでいます。

そしてちらりと見た本文には、専業主婦は社会的賢さの衰えが激しい

そっと本を置き、力なくその場を立ち去りました。


2年前、私は子育てにも自分自身にもすっかり自信を失っていましたから、本の内容に過剰に反応してしました。

そして、それ以来すっかり忘れていました。

ところが先日、[ケータイを持ったサルの続編]という本『考えない人 』が新刊コーナーに置いてありました。

今回は冷静に手にとりました。

そして、この際まとめて読んでみようと、2冊買う事にしたのです。


順当にまずは、『ケータイを持ったサル』から。

第1章 マザコンの進化史 

サルの研究者である著者が、サルと日本人の子育てを比較しながら、母子密着子育ての弊害を説いています。


第2章 子離れしない妻と居場所のない夫

これはよく言われることですが、【年収に占める子供と父親への出費比率などの調査結果がグラフで示されていて、説得力がありました(笑)

 

第3章 メル友を持ったニホンザル

ここではサルの合図(コール)と携帯でのメールを比較して、「人間は言語をその本来の意味で使用しなくなり、サルへと先祖返りしつつある」と嘆いています。

 

第4章 「関係できない症候群」の蔓延

ケータイ世代を対象とした実験ということで、10代の女子高生を対象に

非携帯族・・・携帯電話を一切所有していない25人(←かなり珍しい少数派)

携帯族・・・・・メル友の数が最低300人以上の25人(←羨ましい)

に分け、面白い実験をしています。

結論は、「個々人は公的世界へ出て、他者との交渉のなかで初めて自己実現を遂げるものである」


第5章 社会的かしこさは40歳で衰える

【ウェーソンの4枚カード問題】を使っての実験で

「中年になると社会的判断能力が低下する」

「しかも、専業主婦的な暮らしをしているほど、それは激しい」

 

第6章 そして子どもをつくらなくなった!

「乱暴な表現だが、若いカップルにとってそれは『誰かについて全面的に責任を引き受けることへ恐怖』とでも表現できるかもしれない」と語っています。


最後の章以外は、かなり耳の痛いことが書いてありました。

社会的判断力の衰えた専業主婦が、親子密着でマザコンを作ってしまう子育てとジレンマ

最近の私が悩みつつ、解決しようと取り組んでいる問題ではあります。


しかし、2年前に読まなくてやはり、正解でしたね(汗)

【社会的判断力】に対しても、全く自信がありません。

自分じゃ気がつかないけれど、かなり常識外れの行動をとっていないかと、不安になることがあります。

この本のように、データまで出されちゃうと、ごもっともでございますというしか、ありませんね。


物事すべて、個人差があるということに期待して、せいぜい最下位専業主婦グループの中での、上位入賞を目指します!

そして、やはり以前に計画したとおり、PTA委員の任期が終る来年の4月からは、もっと世の中と接触して判断力の衰えのスピードを鈍化させつつ、同時に[母子密着]も防ごうと決意を新たにしたのでした。

いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)
2005-08-23 22:00:00

嫌いなこと

テーマ:ブログ

この前好きなことについて書いたので、今日は嫌いなことについて書いてみます。


私の嫌いなこと


《その1》 家事全般 

 

おっと、専業主婦なのに大胆発言!!

でも、ちっとも面白くないし、飽きちゃったから仕方ありません。

さすがに結婚したての頃は、凝っていろいろやったみましたが、所詮自己満足の世界。

知り合いの専業主婦のなかには、子供に手がかからなくなって趣味のお店を開いたり、コーナを持ったりしている人もいます。

私の場合、いわゆる女らしい事が苦手。

その家事のなかでも、一番ないがしろにしがちなのが、洗濯物たたみ。

干すのは大好きです。

いかにも労働ってかんじで気分がいいですね。

でもたたむのに、時間をかけるのがもったいない気がします。


そう言えば、東京から引越ししてきた友達が

「マンションによっては外に干せないから、福岡に来てもつい乾燥機ばかり使う」

と言うのを聞いて、とても驚きました。

私も冬場に乾かない時は使いますが、電気乾燥機だから時間と電気代が異様にかかります

そう言えば、英語を習っていた日本人の先生も、全く干さずにガス乾燥機を使うって言ってました。

私には判らない感覚です。

《その2》 引越し


父が中途半端な転勤族でした
海外転勤で帰国子女ならかっこいいですが、福岡県内を地味に、微妙な年数で移動してました。

私はついて行かず、田舎で祖父母と暮らした時期もありました。

一番最短引越しは6ヶ月で移動。

どうやら、会社の機構が大幅に変わった時期だったようです。


引越し業者にお任せパックにするものの、自分の部屋はやっぱり自分でやらなきゃ嫌だったので、かなりコツをつかみました。

決め手は【シンプル イズ ベスト!】

もともと薄かった物欲が、すっかり無くなりました。

趣味も作品が増えたりしないものばかりです。


《その3》  町内会の花見


6年前、家のすぐそばに突如公園が出来ました。

それなりの広さの、小さな子供が遊ぶには丁度良い感じです。

桜の木が数本植え込まれています。

そこで、毎年花見が開催される事になってしまったのです。


ああ、何が苦手と言っても間話ほど苦手な物はありません

ただひたすら「そうなんですか」を繰り返すばかりの、芸がない私。

たまに「まあ」を織り込んで、会話にバリエーションをつけます。


そういう意味では美容院での世間話も苦手ですが、行きつけのところですから、遠慮せずに持ってきた文庫本を読みます。

私はパーマとカラーリングを同時にやってもらい、おまけに髪も長いので4時間近くかかりますから、結構な厚さの本が丸々読めちゃいます。

担当の美容師さんも、世間話が苦手な人で、黙々と本を読む私に気を悪くすることも無く、いい感じに対応してくれます。


だけど、花見に行って1人黙々と本と読むわけにはいきません。

「だったら、行かなきゃいいじゃないか」って?

おっしゃる通りです!

でも、町内会の当番でどうしても行かなきゃならない時があるんですよ。

私も、完全な隠遁生活というわけじゃありませんからね(汗)


町内会の花見は苦手だけど、桜の花は大好きですよ。

桜の季節には、用もないのに出歩きます。

車で遠出するのも大好き。

いつも何気なく通っているところに、突然ピンク色の空間が出現します。

えっ、ここにも桜!!!

思わすスピードを緩めて、危ない危ない。。。


福岡には有名な桜の名所があるけれど、その他にも私にとっての名所が沢山あります。

今年は咲くのが遅かったのですが、お陰で春休みが過ぎて見ごろになったので、思う存分桜見物ができました。

いいね!した人  |  コメント(16)  |  リブログ(0)
2005-08-21 22:00:00

『蟹W』ライブ with 錦蟹 《ビジュアル版》

テーマ:音楽

8月19日、西中洲のTUPELO で『蟹W』のライブがありました。

 店

 ↑素敵なお店でしょ♪

 さんにん2   

 ↑1部は、HERO先生を迎えての錦蟹コーナ

                                       

   HERO先生    

     ↑HERO先生かっこいい!


 HERO先生

  ↑ついでにNAOさんもかっこいい・・・?


  あれっ、趣味にはしってしまいました(^^;)


 さんえむ

↑MC担当は我らがこだみん先生vv              

 さんもり  

      ↑盛り上がってます☆ミ


ここで、突然ケーキとプレゼントのお酒が登場して大喜びのNAOさん           

  酒  ←藤城さんとHERO先生から 

ケーキ ←ケーキはフィリップさん

 

2部は、
『蟹W』

ふたmC    

 ↑『蟹W』でも、MCこだみん先生


ギター2人   

    ↑オリジナルを熱演するお2人。


いかがでしょう。

『蟹W』ライブ with 錦蟹 《ビジュアル版》、お楽しみいただけたでしょうか?

写真撮影は、『蟹W』後援会会長にして、撮影班班長フィリップ氏

フィリップ氏のHPはこちらです→ココ


なお、一枚目のTUPELOの写真は、お店のHPから勝手に持ってきちゃいました(>_< )

藤城さん、ゴメンナサイ!

今度、お店に行ったときに、お詫び申し上げますm(_ _)m

(↑また、事後承諾!?)


以上レポートは、『蟹W』後援会マスコットガールのtomatomaでした。

いいね!した人  |  コメント(25)  |  リブログ(0)
2005-08-20 22:00:00

Happy birthday to NAOさん

テーマ:音楽

夕べ帰宅したのが、12時ジャスト!

これって、午前様!?

【月1夜遊びママ】の面目躍如ですね♪

・・・しかし

[子離れ=夜遊び]っていう発想は、ちょっと短絡的過ぎないか!?」と、ちょっぴり反省する今日この頃ですが、まあ、いっか!


例によって、『蟹W』のライブに行ってました。

夕べは、一昨日が誕生日だったNAOさんが、大注目されたライブでした。

HERO先生が入られる錦蟹コーナーでは、いつもはこだみん先生がベースを弾くのですが、夕べはNAOさん!

まさに、[NAOさんによる、NAOさんのための、NAOさんのライブ]でした!!


ステージパフォーマンスも最高で、ベースソロを奏でるNAOさんを残し、HERO先生とこだみん先生が意地悪でステージを下りちゃいました。

焦るNAOさん。

お客さんは爆笑の渦!

いつも笑わせてくれますよね、この『蟹W』っていうお笑いコンビは!


ところで、今回のライブ、単なる[お笑い寄席見物]じゃありません。

私には崇高な目的がありました。

①掲示板やブログでは仲良くしてもらっている歌酔風゜さんと、リアルでも仲良くなる

②HERO先生が別のライブのお遊び演奏でベースを弾いたというウワサを聞いたので、私の魅力で迫って次のライブでやってもらう


勝負服でキメて行きました。

歌酔風゜さんと初めて同じテーブルでライブ観戦しましたが

彼女は盛り上げ方が上手い!!

さすがです!

絶妙な声援に、ステージが活気ずきます。

やはり、ステージは客席との一体感で作り上げるものですからね。


一方、私の聴き方は?と言うと

放心状態。

ただぼーっと聴きいっています。

怖いですよね、ステージから見たら(汗)


そんな歌酔風゜さんと私でしたが、前回初めてお会いしたときより、ずっと親密に!

とりあえず①は、大成功。

②の方は、失敗。。。

まあ、これまでの人生でも、[魅力迫る]という言葉とは無関係に生きてきた私です。

ここにきて急に取り組んでみても・・・。


それから、傑作なこともありました。

話の流れから「ところで、tomatomaさん、お歳はおいくつですか?」と聞かれたこと。

これは、よく受ける質問です、欧米人からは。


アジア人は若く見えますよね。

特に私の場合は身長が153と低いので、子供っぽく見えるみたいです。

おまけに、発音が悪くて舌足らずで、使う単語も幼稚なものばかり。


「Can I ask your age?」

「Sure! It's not a secret」と、笑顔で答えます(笑)

でも、日本人から聞かれたのは、初めて(爆)

 


日本人相手には、結構ヒントが有効ですからね。

一浪して4年大卒業→数年会社勤め→お見合い結婚して子供がすぐに生まれる→その子供が今17歳

どうです、だいたいの見当がつきましたか?

会社勤めの数年を何年にするかで、多少の誤差がでますが、せいぜい1、2歳のことでしょう(笑)

もちろん、少なめに設定することが、私との友情を深めるカギになることは、言うまでもありません!!


そんな感じでとっても楽しかったライブなので、私としても最後まで残って盛り上がり第二弾に参加したかったのですが、ママにはやはり暗黙の門限が。

『そろそろかな』と思っていたら、

『蟹W』後援会会長のフィリップさんが、時計を見ながら心配顔。

(ちなみに、私は後援会のマスコットガールの地位を狙っています)


「こだみん先生、終電の時間は大丈夫なんですかね?」

見れば、こだみん先生は遠く離れたテーブルで、お客さんと何やら楽しげに談笑中。

実は、前回の『サザンロッカーズと飲み会ライブ』でも、終電ぎりぎりの時間に

「では、tomatomaさん、終電の時間ですので、お先に失礼させていただきます」と丁寧に私にご挨拶に来てくれました。


「そうですか、私も帰るところですが。ところで終電は何時です?」

「はい、11時46分です」

え~っ、時間はすでに11時30分。

「あの、歩いて?」

「いえ、走ります」と、重いベースを手ににっこり笑顔。


「私は車で来ています。どうせ途中ですから、天神駅のところで降ろしてあげますよ」

「いえ、そんなご迷惑はおかけ出来ません・・・」

固辞するこだみん先生を無理やり車に放り込み、なんとか終電2分前に、天神駅が入っている三越前に着きました。

西中洲から天神。

私の華麗なハンドルさばきがあったればこその、快挙☆


前回がそんな風だったので、フィリップさんも心配されたのでしょう。

ちょうどその時、私達のテーブルに他の方達が。

席がひとつ足りなかったので、「もうすぐ帰りますから」と席を譲りました。


そして、こだみん先生のテーブルへ。

「先生、終電の時間大丈夫ですか?

フィリップさんも心配してらっしゃいますよ。

私も帰るところですから、また駅で降ろしましょうか?」


「終電?あっ、そうですね。

でも、今日は大丈夫です。

今から出れば充分間に合いますから。

だけど、あと3分ぐらいは…」


あと3分!?

私が何かやりなさいと言うと、子ども達が決まって言うセリフです。

いえいえ、先生はもう大人。

「それでは、また」とご挨拶して、元のテーブルへ戻りました。

移動があったのか、席がまた空いていて、話が盛り上がっています。

もう少し居て、一緒に騒いでいました。


すると、そこへこだみん先生。

アレッ、もうお帰りになっていたのでは!?

「では、お先に失礼します」

私達のテーブルまでご挨拶に来られたのですね。

でも、ここには錦戸先生やNAOさんが!

帰るというこだみん先生を、普通には解放しません。


「今日は泊るはずでは?」

「まだまだ、今からだよ!」

そんな事している間に、時間は刻々と過ぎていきます。

わあー、もう何やってるの!?

にこにこしながら、名残を惜しんでいるこだみん先生をまたしても車に放り込み、猛ダッシュ。


でも、運悪く駐車場の出口に、お客を降ろしているタクシー。

わあー、邪魔、邪魔!

どうも、時間が厳しいです!!

「先生、終電ムリかもしれませんよ。どうします?」

「あっ、大丈夫です。46分の後に、12時があります。これはいつもの駅の一つ前しか停まらないので、後はタクシーを使うのですが」

「そうなんですか」と、一安心。

でも、なんとか46分に間に合わせたいですね。


三越が見えてきました。

この交差点を曲がれば、天神駅前。

信号が黄色。

「先生、間に合うかもしれませんから、そんなに寛いでいないで、左に寄ってて下さいよ!」


「左に寄ってて!」

これは、塾に遅れそうな娘を降ろすとき、私が焦って声をかけるときのセリフ。

「は、はい」とほろ酔い加減のこだみん先生。

結局、信号が赤に変わり、タッチの差で間に合いませんでした。

でも、焦らず騒がずの先生はにこやかに帰っていかれました。


「いつもこんな調子なの」って?

いえいえ、そんなことはありません(笑)

実は、こだみん先生は普段は車でライブに来られるのです。

特に、『蟹W』の時はベースとアコギの両方を持ってこなければなりませんから、どうしても車での移動になります。


それにしても、【月1夜遊びママ】のはずなのに、やっていることは家と同じ過保護ママ!!

こんなことじゃ、いつまでも子離れできませんね。。。


    【お知らせ】


実は、今回のライブはブログ特別企画があります。

『蟹W』の撮影班班長でもあるフィリップさんが、毎回ライブを撮影されていらっしゃいます。

そこで、ライブレポートの名手歌酔風゜さんと、tomatomaがフィリップさんの写真を使わせていただいて、ブログを書こうということになりました。

只今、準備中でございますので、皆様おたのしみに♪


    【つまらないお知らせ】


先日受けましたTOEICの結果が、今日返ってきていました(>_< )

455(LISTENING270 READING185)

正直、もう少しはマシかなと思っていましたが(>_< )

次回、頑張ります。。。

いいね!した人  |  コメント(15)  |  リブログ(0)
2005-08-18 22:00:00

Local Talks

テーマ:音楽

きょうは大好きなバンド、Local Talks についてお話します。

行きたくて仕方なかったのにPTA委員の仕事で行けず『チック・コリア』 参照)、「次のライブは嘘をついてでも行ってやる
カウンター席の似合う女』 参照)と気合いが入りまくっているのが、実はこのバンドのライブなのです。


北九州を拠点に活動していて、ギター、ドラム、ベース、キーボード、そしてサックス、バイオリン(2人)の7人のメンバーです。

例によって、キーボードは大ファンのHERO先生。

そしてベースは言わずと知れた、我らがこだみん先生☆

えっ、何のライブもHERO先生とこだみん先生ばかりで「福岡には他にミュージシャンはいないのか!?」って?

アハハ、そんな事はないのですが、何しろ私はこだみん先生の[追っかけ]ですから(汗)


Local Talksはオリジナル曲中心のバンドです。

サックスの西田先生の曲をメインに、ギターの小野先生やこだみん先生の曲を加え、オリジナルCDをすでに3枚出しています。

お名前に先生と付けてお呼びしていますが、皆さんヤマハの先生方なのです。

去年出した3枚目のCD[ Voice of Wind ]は私にとって、Local Talksとの最初の出会いでした。

ro


かっちりした構成と卓越の技巧!

すばらしい!

いきなり大ファンになりました。

そしてヒロちゃんにもCDをプレゼントすると、たちまち彼女は私以上のコアなファンに!!


私はもともと、こだみん先生のライブに行くまで、フュージョンにあまり興味がなかったのです。

しかし、ヒロちゃんは好きなのでLocal Talksがすっかりお気に入りに。

毎日職場の中学校への行き帰りに、車で聴いているそうです。

ブームが長~い!

私なんか好きなCDがコロコロ変わるのに。


ですから、前回のライブに行くつもりで、1枚目と2枚目のCDを聴きたいと思った時も、忘れずにヒロちゃんの分までCDを手に入れました。

3月の事です。

そんな事はすっかり忘れていました。


ところが、昨日メールでウチの息子の作った曲について話していたら、

急にヒロちゃんが

[なんか、息子さんの曲は、のびやかで、壮大だね。

ロックをする人はもっと、細かい曲作ると思ってた。

わたしはこだみんさんのフュージョンも、好き。

仕事終えて帰るとき、こだみんさんの「ローカルトークス」を聞くと、ちょっと非現実的になれる。


試合に行くのに中学生を車に乗せるが、中の1
人がいたく気に入って、ダビングしてあげた。

この時期にああいう曲を聞くと、個性になると思う。

体育系の子ですら、好きな曲には敏感だから、息子さんはたいそういいものを得てると思う。

tomatomaさんの音楽の環境が、私の体育系の環境に影響を与える、これってすごいよ]


すごく嬉しかったです!

自分が良いと思っているモノを、日頃から認めている人に褒められるのは、最高の気分です♪

あまりの嬉しさに、お忙しいとは思いましたが、ヒロちゃんのメールをこだみん先生に転送しちゃいました。

先生からはいつものように腰の低い丁重な、しかし、とても喜んでくださったお返事がきました。


ヒロちゃんに事後承諾で、先生に転送した事と先生からのお返事を送りました。

すると、またヒロちゃんから

[ええっ(*゜ロ゜)それはこまる(←と書いてたら転送分がきたっ )

いや、もう手遅れでも困る! 


こだみんちゃん(←だんだんなれなれしくなる)に送るんだったら、もっときちんと・・・

えーん、まぁ、いいか。

ちなみにこだみ~の曲が気に入った子はチームのエースで、はやりに無頓着。

でも、やっている競技や釣りとか自分の好きなものには、本物しか求めない子。

だから、こだみゃーの曲を気に入ったんで、へぇ~と思った。


試合に行くとき、こだっちの曲聞いて、し~んとしてた。

後ろの1年がぎゃーぎゃー騒ぐので「うるさいっ」と言ってまた聞いてた。

(3年の言葉は私より重い。)

帰りにまた聞いて、翌日の試合の時も私の車に乗って、聞いてた。


熱心なので「ダビングしようか?」というと喜んだ。

たぶん家で、釣りざお磨きながら聞いてると思う。

なんちゃないけど、いい話でしょう?

彼は県ベスト3の選手だから、ちょっと価値があがるかな?

音楽って、たとえばスポーツする子には、こんな形で影響を与えるって話。

これも、こだみんさんに転送されそうだな。ん、でもこれはいいや]


あはっ、これは本人の転送希望と解釈し、こだみん先生に再度転送しました。

今日はとってもお忙しとおっしゃっていた先生だったのに、私達の遊びに付き合わせてゴメンナサイ。

それから、今日のブログのネタにヒロちゃんのメールを使わせてもらいたいと申し出ると、快く承知してくれたヒロちゃん。

いつも、ありがとう♪

いいね!した人  |  コメント(18)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。