1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /
2005-06-30 22:00:00

カウンター席の似合う女

テーマ:音楽

メンテナンスから帰ってきたベースは絶好調♪

ついつい、弾いてしまいます。

とても押さえやすくなったし、今までと同じ弦を貼ってもらったのですが、音も深みが出たような。

さすが、あの楽器屋のおじさん!

調整がとても上手なんですよ。


ここは、こだみん先生に紹介してもらいました。

もともとは、『蟹W』のNAOさんが懇意にしているお店。

NAOさん-(友情)→こだみん先生-(師弟愛)→tomatoma

という流れの、美しい感動物語のお店なのです。


お店のオーナーは、むかし東京でウエスタンバンドをやってらっしゃたという方。

ですから、お店にはいつもカントリーウエスタンの曲が流れ、オーナーご自身もウエスタンブーツでびしっと決めていらしゃる、かっこいい方。


2度目に行ったとき、いろいろ聞きたがりの私に、結婚されたとき奥様は20歳だったことや、娘さんも結婚が早くて、若いおじいちゃんになってしまった話などしてくれました。

実は私、他の人の結婚の馴れ初めを聞くのが大好き!

日頃は「実存の不確かさに悩むクールな女」を決め込んでいますが(←えっ、気がつかなかった!?)、馴れ初め話となると、別人!

「それで、それで?」

昔培った取材の力量を余すところ無く発揮し、さり気にシクコク聞くのが得意。


こだみん先生なんか、ちょろいちょろい。

この前はN先生に、携帯に入った奥様の写真を見せていただくところまで、成功しております!

おっと、話が大きく脱線してしまいました。


そうそう、ベースの自慢をしたかったのです。

それから、ベースが大好きになったのも、本当の事だったこと。

『蟹W』のライブで、こだみん先生がアコギからベースに持ち替えて演奏したとき、おおっと思っちゃいました。

今だから言えますが、先生がベースを持つといつも「ちょっとつまんない」状態になり、耳は100%N先生のキーボードに奪われていました。


けれど、この前のライブ、ベースも素敵!

「すごい!かっこいい!この音しびれる!」状態で、NAOさんのアコギ、N先生のキーボード、そしてベースと全ての音が怒涛のように押し寄せてきました。


ライブ最高!

どんどん行くぞ!

そう言えば、私がこの前PTA委員懇親会で行けなかったライブも、また10月にあることになったのです。

今度こそ、絶対行くぞ。

嘘をついてでも、行ってみせるぞっ!


ところが、昨日ライブに他の人を誘って行っていた息子が帰ってきて

「例の10月のライブ、やっぱり行くつもり?」

と聞きます。

「そうよ、どうして?私が行ったら何か都合でも悪いの?」

どうやら、今日好評だったので、そのライブも他の人たちを誘って見に行くつもりらしいのです。


そんなとき、ママと一緒じゃ恥ずかしい。

はいはい、あんたの親離れは完成したってわけね。

オメデトウ!

「同じ席に座らないから、大丈夫よ」と笑ったものの、はてさて。

どーしよー(>_< )


カウンター席?

私、カウンター席は苦手なのです。

青柳友子の『ミスティ・ガール紅子シリーズ』(角川文庫)、読まれたことありますか?

バブル期に書かれた、バブリーなお話です。

紅子が経営するカフェバー「クロ」で出会う人たちが巻き起こす、ハイセンスミステリー。


そのカフェバー「クロ」のカウンター席。

当時もてはやされていたハウスマヌカンや、業界のいけてるカタカナ職業の女しか座れないことになっているのです。


私、そのイメージがすっかり刷り込まれ、カウンター席=カタカナ職業の女、頭にこびりついています。

専業主婦。

どうみても、カウンター席に映えるとは思えないけどなあ。

おまけに、カウンター席の椅子ってすごく高くて、背の低い私は足がブラブラ。

わー、最悪。

子離れも楽じゃありません。

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2005-06-29 22:00:00

ルート66

テーマ:英語

昨日の火曜日は、例によって英会話教室の日でした。

言葉の省略形を習いました。


I’m going to

   

I’m gonna

   

I’m ’nna

   

I’m’a

こうなると、手がつけられません。


I have got to

   ↓

I’ve gotta

   

I’ve ta

ほぉっ、そうですか。そこで、意欲的な私、

では、「I want to → I wanna の次はどうなりますか?」

I wanna は I wanna のまま、same」

ふむっ、なんでも略しきってしまうわけでもないのですね。


これが、フォーマルな言い方というわけではなく、若い人が使う感じだそうです。

まあ、日本語でも事情は一緒ですね。

自分が使う必要はなく(そんな年齢でもなく)、映画やテレビでわかればいいですね。


それから 「 one room apartment は studio といいます」

という、先生の説明。

知ってる、知ってる!

こりんごさんのブログで勉強しました!

いやぁ、ブログって勉強になりますね。


次の話題は道路標識( road sign)

日本は blue ですが アメリカは green

そして、道路名

ルート○○ と言いますが、この○○基本的には偶数(even)が東西に走る道、奇数(odd)が南北だそうです。


「これのいい覚え方があるのよ」とMさん。

「ルート66がアメリカ横断コースで有名でしょ。ドラマや歌でもよく知られてるけど」

・・・ドラマ、歌・・・かなり古い話じゃない?

それは、K氏のテリトリーだとばかり思っていたけど。

でも、余計印象に残って、覚えました!ありがとう!



【感動的な話】


ルルン、英会話の後は、ヒロちゃんと天神で会う約束をしてました。

高速をとばして(法定速度で)、車で天神へと向かいました。


高速降りてからが混んでた!

ブログで昼間は混まないからと自慢していましたが、かなり混んでましたよ。

それから、駐車場も待ってはいりました。

半期決算や株主総会などの関係で混んでたのかな?


やっと、車を駐車場に入れたときは、かなりくたくた。

それでも、3ヶ月ぶりに会えるのはとても嬉しかったです。

本当なら昨日はPTAの研修バスツアーに参加しなければいけなかったのですが、ちょっとした勘違いでうまくキャンセル出来た、思わぬプレゼントのようなものでした。


そのいきさつを書いたブログ『大切なお客様』 の最後を

《さて、今から

[やっぱり28日は会えるよ]メールしよっとで結びました。

実際メールを送ると、ヒロちゃんからの同時メール。

私達はしょっちゅうメールし合っているので、同時メールは珍しくありません。


ヒロちゃんからのメールは

[会えないならつまらないから、福岡出張は夏休みに変更することにしました]

ああ、なんてこと!

サマセット・モームの髪飾りと時計の鎖の悲劇のようです。


韓流ドラマに凝ってるヒロちゃんは

[韓流ドラマにありがちな展開ね]と妙に冷静。

私は泣く泣く

[でも、韓流ドラマでも愛する二人はいつかあえるのでしょ?

私たちも、またいつか会えるわよ]と返信しました。


すると、ヒロちゃん

[何言ってるの、ここは日本、私はヒロちゃん!いつかじゃなく、すぐによ!!

出張の日を延ばして、周りに迷惑かけたから、また戻しても同じ!

火曜日に再変更してみせるわ!]


すごい、ヒロちゃん!

ヒロちゃんの辞書に不可能という文字はありません。

ただ、ごり押しのみ!!


わわっ、ここまで書いたらヒロちゃんからメール!!!

彼女は透視とごり押しの特殊能力を持っているに、違いありません。

AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)
2005-06-27 22:00:00

カクテル

テーマ:ブログ

最近カクテルが気に入っています。

2年ほど前、息子の見たいライブのお付き合いでジャズバーに行ったとき、ノンアルコールカクテルなるものを発見しました。

昔はなかったよ!


あまりお酒の飲めない私には、ぴったり。

気分は味わえて、何倍飲んでも気持ち悪くなりません。

それ以来、ライブに行っての飲み物はノンアルコールカクテル。


ところが、先日の懇親会実行委員会での打ち上げで、久々に本物のカクテルを飲みました。

しかも、10種類以上!!

だけど、次の日が二日酔いなんてことにはなりませんでした。

そこには、裏技が!


その25日の打ち上げは、女ばかり13人の集まり。

家の近くのお店だったのですが、3千円で飲み放題。

かなり、安くないですか? 料理も美味しかったし。


最初に生ビールの小ジョッキで乾杯しました。

正直に言うと、私の酒量の限界は小ジョッキ1杯。

いきなり、限界に達していたわけです。

いつもなら、2時間かけてその1杯をちょびちょび飲み干すのですが、暑かったせいか他の人と同じくらいのテンポで飲んじゃってました。


食べ放題なら俄然張り切る私ですが、飲み放題では意欲が出ません。

だけど、幹事の「さあ、どんどんいってみましょ!」の掛け声に、思わず

「カクテル、カクテル」と日頃の委員会のノリで騒いでしまいました。


すると、他の皆さんも

「カクテルいいわね!青春の思い出が蘇るわ」といきなりのハイテンリアクション。

しかも、そのお店メニューを見てみると、カクテルが20種類ちかくあるのです。

チューハイも10種類。

料理も名前を聞いただけでは、どんなものか想像がつかないようなものばかり。

どうやら、お店のシェフは創造的な方のようです。


口々に、カクテルをたのみました。

次々にテーブルに届くカクテルは、どれも綺麗な色!

私は、色はピンクが一番好きなのですが、パステルカラーだったらどれでも好き。

どのカクテルも飲んでみたくなる色でした。


「ねえ、ねえ、そっちの試させて」

「私のも飲んでいいわよ」

「これいける!飲んで飲んで」

もう、どれが誰のかわからない速さで、カクテルが席を回っていきます。


どれも、美味しかった!

だけど、それぞれ一口だけとはいえ、酒量の限界をとっくに超した私。

宴会が始まって30分でダウンしてしまいました。

もう、ひたすら眠たいだけです。

あくびをかみ殺しながら、目をこすってました。


でも、私の脱落ぶりなど誰も気にしていません。

今度は、チューハイお試しコースに移っていました。

飲み放題満喫し過ぎ!


おかげで、料理が沢山余ってしまいました。

女の宴会で料理が余るなんて、珍しいですよ。

「タッパーもってくれば良かったわね」

「次にくるときは、水筒も持ってきた方がいいわ。飲み物余ったし」


そ、それだけはご勘弁を!!

いくらPTAが天下無敵とはいえ、やはり、人としてやっていい事と悪いことが・・・。

お店は、儲けがあったのか、すごく心配です。


さて、今日は『蟹W』のライブ。

いつもの西中洲のTUPELO です。

今日は、珍しく一人でいきます。息子は水曜日に、別のライブに友達と行くので今日はパスするとか。

だんだん、親離れが出来てきました。


「男の子なんて、母親とは口もきかなくなるわよ」

と言う、世間一般の過程をたどるかと、ひそかに期待していましたが、どうやらいきなりゴールへ。

最近、私の保護者ぶった言動が多くなっています。

なんか、マザコンのバージョンアップに過ぎない気がしますけど・・・。


「せっかく一人で行くのだから、ゆっくりしてくればいいじゃない」

と、何か私に許可でも与えるかのような発言です。

そういえば、『蟹W』のHPの掲示板で、NAOさんが「打ち上げにも参加してください」と誘ってくれた時に

「子離れプロジェクトが軌道にのって、一人で行ったときは参加させてください」

と返事を書き込んでいました。


どうやら、息子はそれを覚えていて、母親に楽しみを許可しようと考えたのでしょうね。

それに、先生方の宴会風景のこぼれ話も期待しているかも。

ふふん、それならフェイント。

遅くなっても苦情がでないのなら、今日はライブ後に夜の天神を探索しようと思いつきました。


昼間の天神は私のテリトリー。

都市高速を使うと、20分で着きます。

行くのはほとんど平日だから駐車場も空いていて、30分もみておけば家から目的地に行けるのです。


だけど、夜は様相がまったく変わります。

夜の天神でゆっくりしたのは、2年前。

開いているお店も、昼とは違って知らない街にいる気分になれます。


昼間のお店は、一人で入って楽しめるところが沢山あるけれど、夜は未知数。

きゃっ、大冒険!

ナンパされたら、どうしよう!?

      ↑

天神は夜でも昼間の明るさ。そんなことは、全く心配いりませんね(大汗)


      kakuteru     ←前回TUPELOで飲んだサラトガクーラー

AD
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)
2005-06-26 22:00:00

やるべきことは、ただ1つ。

テーマ:ブログ

今日も、穏やかな日曜日。

ベースをメンテナンスに出してるから、寂しいです。

1日3回のベース練習は、私の日課。

なんだか、楽しみを無理やり奪われた気分。


ガーデニングの方も、いまひとつやる気がでません。

花の咲き具合は、絶好調。

火曜日に大切なお客様 がお見えになり、それにあわせて花を植え込んだり、あわてて世話をしたので、現状維持で充分です。

草は夏場で伸びやすいですが、雨の後じゃないと草取りもしにくいです。


ということは、やるべきことは、ただ1つ。

TOEICテストまで、あと28日!

最近PTA委員会活動だの、ライブだのと気をとられていましたので、気がついてみるともうこんなに残りの日にちが減ってしまってました。


まあ、TOEICテストは年間8回もあるのですから、定期的に受けて自分のレベルチェックに利用すればいい訳で・・・

いよいよ、言い訳を考え始めましたね。

テストの結果を公表するつもりなんだから、もっと真剣にやらないと、恥ずかしいです!

反省!


今日から、また本気出して英語に取り組みます。

幸い、英語の勉強以外はやること無いほど、暇な日曜日でした。

娘も期末テストが木曜日に終ったばかりで、今日はのんびりPC三昧。


息子は、専門学校の見学。

今日は、博多駅のそばにある学校で、鍵盤科の公開レッスンを受けてきました。

ここは、『チック・コリア』 でご紹介したN先生が、教えてらっしゃる学校なのです。


N先生、今日は息子が大変お世話になりました。

ん・・・、ブログでお礼言わなくても、明日の夜はお目にかかれるんだった!

『蟹W』のライブに、N先生も参加されるのです!

お礼は、その時に。

いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
2005-06-25 22:00:00

キッチンベーシスト

テーマ:音楽

昨日、ベースを楽器屋さんにメンテナンスのため持ち込みました。

9月に音楽教室の発表会があるので、心を入れ替えたベーシストとしては、楽器のコンディションにも心を配ります。

それにしても、ベースの弦ってどうしてあんなに高いのでしょうね!


息子の勧めでエリクサーのコーティング弦を使っています。

ギターに比べて、高~い!

メンテナンス代一万円のうち、弦代が半分近くをしめるんですよ。

じゃ、安い弦を使えよってことになりますが、安いといっても2千円近くしますしね。


私がいつもベースを置いているのは、ダイニング!

楽器の置き場所としては、最悪ですよね。

我が家には一応、スタジオと称している部屋があります。

ストラト、レスポール、アコギ2本、ガット、ギーボード、そしてこの前譲っていただいた、ドラムの練習セット。

ギターアンプ2台と、私のベースアンプも置いています。

等身大の鏡もあって、練習にはうってつけの場所ですよね。


でも、ここでは滅多に練習しません。

2階だから、なかなか上がらないせいもあります。

しかし主婦の根城は、やはりリビングかダイニングでしょう。

最初は、おそるおそるリビングにベースを持ち込みました。

ソファの横に、小さめのベースアンプを置きました。

譜面やテキストが見にくいですが、空いた時間にすぐ練習できて、練習時間が格段に増えました。


でも、ソファというのが曲者!

つい、うとうとしちゃうんですよね。

すごく疲れていたときなんか、あの重いベースを抱えたまま寝てしまってたことがありました。

落とさないでよかった!

「ジミヘンはギターと寝ていた」という逸話が有名らしいですけど、ベースの方が重いから私が断然勝ってるわ!


そんなこともあり、今度はダイニングのテープルの足元にアンプを置いてみました。

全然邪魔にならない!(←そう思うのは、私だけ?)

そして、ベースは食器棚の前。つまり、テーブルの真後ろ。

これは、確かに少しだけ、邪魔になります。

でも、我慢できないことはありません。

最初は、「これ危ないよ。うっかり倒しそうだった」などの、低次元な苦情を寄せていた子供たちでしたが、私の毅然たる態度に、今ではすっかりあきらめています。


そんなこんなで、今ではキッチンベーシスト

これが、家事をやりながらベースの練習という、理想的な状況を作り出しています。

お鍋を火にかけながら、スケール練習。

さすがに、炒め物や揚げ物ではこうはいきません。

でも、煮物は子供たちには不人気で、困ったものです。


ついでに言えば、英語の勉強も食卓のテーブル。

落ち着きますね。

そして、PCもやはり同じテーブルで。

一時期、主婦のための「家事室」なるものが流行ったけど、どうなのかしら。

私は、ダイニングが最高の家事室だと思いますけど。


ところで、私は午後3時現在にこのブログを書いています。

皆さんに公開させていただく、午後10時ごろは宴会の真っ最中!

以前書きましたけど、懇親会実行委員会の打ち上げなのです。


私は、お酒を飲むのが苦手で、最近はノンアルコールのカクテルにはまっています。

あの、0.3%のアルコールで充分ほろ酔い加減になれます。

そんな私が、宴会をどう楽しむかって?

それは、みんなのテンションも私と同じぐらいに上がるから楽しいの。


PTA委員会は正直言って、嫌いなことベスト3に入ります。

だから、毎月の定例委員会はハイテンションでこなしてます。

いやな事は、ノリノリのふりで乗り切らないと。

きっと、私のことをよく知らない委員さんは、すごい誤解をしているでしょうね。

明るすぎるヤツだって。

今日は、皆さんも私に負けないハイテンさで、騒いでくれるでしょうから、それが楽しみ。

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2005-06-24 22:00:00

打倒、ブライアン! 裏 「Musical batons」

テーマ:音楽

このブログを始めて2ヶ月近く。

我ながら、随分成長したものだと、しみじみ感心しております。

ブログを始める前は、お昼寝大好きのぐうたら専業主婦。


ところが今や、英語の勉強、ベースに真剣に取り組む毎日です!

ん・・・TOEICテストまで、あと30日しかない!

どうしよう。

いつの間に、日にちが過ぎていたんでしょうね。

たしか、あと43日と書いた記憶はあるのですが、そこから先が・・・。

まあ、何事もあせるとよくないですから、ここは無理にでもリラックスして。

eTango も、英熟語レベル4まで進んだことですから。


ところで、先日『世界で一番、ベーシストがかっこいい』 という、斬新な発想のブログを書きましたところ、こりんごさん がいち早く反応してくれ


■世界でいちばん・・・

カッコいいのは、ベーシスト・・・ふむふむ。
じゃあ、そのベーシストの中で、いちばんカッコいいベーシストって言ったら、tomatomaさんの先生には悪いけど、ブライアン!よ~~~!(それと、ウチのバンドのポール君もね。)
その、ブライアンの Lightning bolt の記事、TBします。このライブで、tomatomaさんと、似たような事も考えさせられましたから・・・。

というコメントをよせてくれました。

Lightning bolt の記事は、以前も読ませてもらっていましたが、TBしてもらって改めて読むと、やはりドラムとベーシストだけというのは、すごいなと感心したのでした。

昨日の木曜日は、ベースのレッスンの日です。

いつも、にこやかで優しい表情のこだみん先生が、いつになく真剣な眼差し。

「tomatoma さん、ブライアンさんって、メジャーの方なんですか?」

「いえ、TB読まれるとわかると思うのですが、そこまでメジャーでは」

「そうですか、コメントを読んで以来、有名なベーシストでブライアンっていたかなと、ずっと考えていました。

そうですか。う~ん、それなら、なおさら負けられませんね」

おやおや、こりんごさんが温厚な先生の闘争心に、火をつけたようですね。

私も調子に乗って

「先生も確かに女性に人気があって、周りを囲まれていますが、まだまだその輪は一重。

それに比べて、ブライアンは寄りつけないほどの、人気者みたいですよ!

先生も、負けないでください!」

と、あおってしまいました。

「そうですね!打倒ブライアン!!」

そんな風に、昨日のレッスンはブライアン話で盛り上がったのですが、今日ふとみんさん のブログをのぞくと、またしてもブライアン!

しかもさすが、ふとみんさん。

Lightning bolt のHPで、しっかり映像チェック!

私も、さっそくThe officail site of Lightning bolt を見ました。

ビデオを見たり、音源を聞くと確かにギターの音ですね。

そうですか、1弦はギターの弦をはっているんですか。

つまり、一人でベースとギターを同時に演奏しているってわけなんですね!

ま、負けました。(普通にベースだけ弾いても最初から負けてるよ)

息子にビデオを見せると、「ドラムのセッティングも普通じゃないね。たいがいうまいよ、この2人!」

とすっかり驚いています。

これは、こだみん先生にもご報告しなければ!

さっき、Lightning bolt のHPと、ふとみんさんの『稲妻に打たれてみた』の記事のアドレスをメールで送りました。

どんな感想が聞けるか、楽しみです♪

ところで、その記事にこリんごさんが

■また、おじゃまします。

ミュージカルバトン、回しましたが、今回のこの記事の方が、本来のものより、本当のミュージカルバトンを意味してるように思いますよん!

おお、やはりこりんごさん、言うことがかっこいいね!

そのバトンを、私も勝手に許可無く受け取ろうと、今日のブログを思い立ったわけです。

題して「裏Musical batons」

こだみん先生もやらないかしら、「裏Musical batons」

いえいえ、そんなこと言うと、本気で怒られてしまいます。

なにしろ、先週2つのライブをこなし、また来週もライブが2つ入っている超多忙な先生。

それなのに、表の「Musical batons」は、「面白そうですね」と快く引き受けてくださいました。

改めて、ありがとうございました。

いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
2005-06-23 22:00:00

Musical batons

テーマ:バトン

日頃敬愛するこりんごさん からミュージカルバトン なるものが、まわってきました。

自分のブログで、音楽に関する4つの質問に答え、最後に5人の人を指名してバトンを渡していくものです。


とりあえず、嬉しかったです!

なにしろ、こりんごさんのご指名ですから。よくわからないけど、とにかく元気に快諾しました。

なになに、「コンピューター・・・音楽ファイル・・・そんなの無いな」

最後の5人の指名。・・・こりんごさんを除くと、頼める人いないぞ。


まっ、いっか。

自分がブログで紹介したい人を、書いちゃえばいいだろう。

日頃のお礼に宣伝、宣伝。


というわけで、私もバトンを受け取って走ってみます。


【質問1】

コンピューターに入っている音楽ファイルの容量

たぶんゼロです。

私が音楽とPCを関連させるのは、CDをダビングして好きな選曲のオリジナルCDを作るときだけ。

一度作ってしまえば、PCで音楽を聴いたりしません。


【質問2】

今聞いている曲

わっ、ここでその人の音楽センスが問われそう。

何か気取った曲を書きたいけど

いまプレイヤーに入っているCDはMADONNA『AMERICAN LIFE』

アーティスト: マドンナ
タイトル: アメリカン・ライフ

私の好きなレスリー・チャン が一時期マドンナのファンだったので、私も彼女には思いいれたっぷり。


【質問3】

最後に買ったCD

CDはレンタルすることがほとんどで、最近はあまり買っていません。

最後に買ったのは、THE BEATLES 『LET IT BE・・・NAKED

アーティスト: ザ・ビートルズ
タイトル: Let It Be…Naked (CCCD)

プロデューサーのフィル・スペクターの、過剰なオーバーダビングやミックスダウンにご立腹だったポールのご機嫌が戻ったという、このアルバム。

確かに、今まで聞きなじんでいたものとは、かなり違った曲も。

どちらがいいかは、聞く人の好みかな。

従来の『THE LONG AND WINDING ROAD』なんかは、いかにも演歌歌手が煙幕から出てきそうで、私的には好きだけどな(笑)


【質問4】

よく聞く、または特別な思い入れのある5曲

好きでよく聞くミュージシャンはその時々で変わるから、5曲絞るのは難しい。

逆に、変わらずずっと聞き続け、これからも聞きそうな、まるで「無人島に持っていくこの1曲」みたいなのが

浜田省吾『3年目の秋』『朝のシルエット』

友達が他のミュージシャンをダビングしてくれた中に、おまけでこの2曲が入っていました。

一度聞いただけで、浜田省吾の大ファンになってしまいました。

彼の曲は全部聴いているけれど、なぜか、この2曲が一番のお気に入り。


【質問5】

バトンを渡す5人

自分のブログで紹介したい人と勝手に解釈して、書かせていただきます。

まずは、『博多(福岡)音楽データーベース』を書いて、バンド・ミュージシャンのライブ情報を発信しているJackさん

一度気分はミュージシャン でご紹介したので、ご記憶の方もいらっしゃるかもしれませんね。


でも、『いきなり「ミュージカルバトンで・・・」ときりだしたら、さぞ驚かれるだろう』と思いながら、おそるおそるお名前を書いていいかのお伺いのコメントを、Jackさんのブログにかきました。

今朝びくびくしながら、お返事のコメントを見に行くと

「えっ!」

もうすでに、『Musical batons』を書いてくださっていました。

ありがとうございますっ!!!!

自分が頼んどいてなんですが、データーベースの中に、『Musical batons』がぽつんとあって、思いっきりヘンでした。

でも、だからこそ、ありがとう!!

前ランナーの私がまだ走っていないのに、もう完走。

こうなったらツインランナーということで、Jackさんの『Musical batons』も同時にお楽しみください。

    ココ

2人目はサラママさん

彼女のブログは、もう人に薦めずにいられない素晴らしさ。

先日も「英語に興味がある方は絶対読んでください」とコメントにかきましたが、

「音楽、アメリカ生活、国際結婚、子育て、素敵な女性の生き方」に興味がある方は、ぜひぜひお読みください。


3人目はこだみん先生

なにを隠そう、私のベースの先生でいつも『K先生』として登場していただいています。

先生の小さな落ち度につけ込み、ネット上では『こだみん先生』と呼ばせていただく許可を得ました。

素敵な先生で、女性ファンの「可愛い!」の声しきり。


4人目は私の息子

実は、もう他にブログをやっていて音楽好きな人を知らないので、口頭で頼みました

「お互いブログは読まないでおこう」の約束があるので、彼のブログアドレスを知らないのでリンクできません。

まあ、暇なときに書いておくんじゃないかな、『Musical batons』


以上。

5人目はいません。

(友達すくなぁ~)

あえて言えば、ここに未来のバンドメンバーの1人が、いつか入って欲しいな。

いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)
2005-06-21 22:00:00

大切なお客様

テーマ:ブログ

来週の火曜日は、PTA研修バスツアーの日です。

気が乗らないけど、泣く泣く参加です。

懇親会の人集めのため、研修バスツアーの主催者の委員長さんにお願いして、バーター取引でお互い参加しあうようになったのですから、仕方ありません。


懇親会で委員長さんと席が隣り合わせになり、バスツアーのことを詳しく聞いてみました。

「行き先の美術館のことなんだけど、その日は何の展示やってるの?」

「何の展示って?」

「だから、レンブラント展とか、プラハ美術館展とか、何か企画があってるんでしょ?」

「へー、知らなかった。何か展示があってるの?」

・・・おい、おい、それは私の質問だよ。

「それじゃ、最悪の時は、常設展だけってこと?」

「何か常設展があるのならいいわね!」

・・・良くないです。あの美術館の常設展なら、私はガイドができます。

なにしろ、美術館から30分のところに、3年間すんでいました。

美術館の隣が図書館だから、いつも通っていました。


失意の日々を送る私に、息子から朗報が!

「ドラムの練習用にパットを買おうと思って、先生に相談したんだ。

そしたら、先生が引越しするから、練習用のセットを安く譲ろうかって!

パットと変わらないぐらいの値段なんだよ。買ってもいい?」

「勿論いいわよ」


先生が車で家まで、わざわざ運んでくださることになりました。

申し訳ないです、とてもお忙しい先生なのに。

「火曜日しか空いてないらしいよ。いいかな」

そう言う息子の言葉に、一瞬ちゅうちょしました。

火曜日と言えば、PTA研修の日。


でも、先生がその日しかご都合が悪いなら、仕方ありません。

ラッキー!

委員長さんに、早速電話してバスツアーをキャンセルしました。

実は彼女とは、昔からの知り合い。

娘が、お嬢さんと幼稚園時代からの仲良しなのです。

「いいわよ。そんなことなら、お家にいなきゃね」

快くキャンセルを受け入れてくれました。


ところが、夕べ息子が突然

「明日のことだけど、時間をはっきり決めてなかった。

先生に、電話してみようかな」

えっ、明日!? 来週の火曜じゃなかったの?!

勘違いしてました。


実は英会話のレッスンでも、勘違いしていたのです。

バスツアーは今日のような気がして、先週のレッスンの終わりに、「来週はお休みします」なんて、言っちゃったりしてたんです。

勘違いしてたことを言って、思いっきり笑われました。


もう、火曜日の出来事は全てバスツアーの日と思っちゃうんですよね。

相当プレッシャーになってるのかな。

とにかく、翌日先生がお見えになるとわかり、かなり慌て気味の私。

だって、庭が最悪!


昨日は、心を入れ替えたベーシストとして、ベース三昧。

(以上、昨日ブログをサボった言い訳)

『ベースマガジン』まで買いに行きました。

ベースのK先生に「『ベースマガジン』なんか読んだら勉強になりますよ」と薦められていたのですが、そのたびに

「ギターマガジンの方が、お得感があって好き。

ベースマガジンは薄くて高い。一度買ったことあるけど、もう買いたくない」

なんて、不届きな返事をしていたのです。


買えなくて可哀想と思われたのか、一度貸してくださいました。

「読んでも、半分もわかりません」なんて、失礼なことを言いながら本をお返ししてしまいました。

あー、ごめんなさい!

今度から、最初はわからなくても頑張って読みます!


そんなこんなで、今日は朝から大忙し。

午前中英会話に行って、午後からはガーデニング。

この前、ペチュニアやサフィニアを刈り込んだばかりだから、庭が寂しいです。

ナーセリーへ直行。

お陰で、華やいだ庭になりました!


そうそう、勘違いのお陰で来週のPTA研修もキャンセル出来たし!

えっ、「正直にまた行けますって、電話すべきだ」ですって?

そんなの、かっこ悪い。

それに、やっぱりどうしても行きたくないんだもん。


実は、ヒロちゃんから

[28日仕事で福岡に行きます。午後から天神で会いませんか?]とメールが来ていたのです。

[PTA研修だから、とっても残念だけど行けないよ]と返信していました。

さて、今から

[やっぱり28日は会えるよ]メールしよっと♪


doramu   座敷でセッティングしてみたドラム練習セット

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2005-06-19 22:00:00

世界で一番、ベーシストがかっこいい

テーマ:音楽

夕べはライブに行ってきました。

『raison detre』 という、以前から注目していたバンドです。

『チック・コリア』 でお話した憧れのHERO先生が、ピアノとキーボードを弾かれています。

ベースのこだみん先生も『raison detre』 のメンバーの話をしては、絶賛しています。


実は、こだみん先生が師と仰ぐM先生が、バンドのベーシストなのです。

「M先生は僕のアイドルです!」と熱く語り始めると、誰にも止められません。

私も、こだみん先生のライブを見に行き、偶然やはり見に来られているM先生をお見かけしたことがありました。


ですから、夕べのライブはお楽しみ満載のライブだったのです。

バンドの構成はギター、ベース、ドラム、そして鍵盤奏者3人の、合計6人です。

名うてのキーボーディスト3人が奏でる音楽は、それはもう深く、うねるような広がりを持つ素晴らしい演奏でした。

一度でとりこになりました。


その中で、誰よりも輝いていたのが、ベーシストのM先生!

ステージの前半はベース、ピアノ、ドラムの3人だけのシンプルな編成で演奏します。

このバンドは、ベーシストがフロントマン。

本当に、ベースの音が要になっています。

素敵!ベースの音って、こんなに素敵だったんですね!


わたしもベーシストの端くれですが、実は、好きな音はサックスとアコギ。

女性ベーシストを見てかっこいいと思い、ベースを始めました。(『ベース』 参照)

ですから「ベースがそんなに好きか」と聞かれると、自分でも自信がありませんでした。

私にとってのベースは、音楽を楽しむための一つの手段だったのです。


「だって、ベースってそういうものじゃない」と思っていました。

ベースを始めようとしたとき、参考にしようとネットで調べてみました。

ベーシストの皆さんのベースを始めた動機。

・じゃんけんで負けた

・みんなが素早くパートを選んだので、ベースのポジションしか残っていなかった

・ギターをやっていたのに、ベーシストがいなくて無理やりベースにまわされた


いやはや、呆れる前に笑っちゃいます。

何のかんのと言いながら、それでもベースを続けているのだから、皆さん相当のお人よし。

性格のいい私にぴったりの楽器じゃないですか(??)

それに、ギターは指が痛くなるし、ドラムは疲れそう。

ピアノは嫌い。

歌は音痴。


ベースならやれそう。

本音はそんなものでした。

お気楽に、素敵な音楽に自分も参加できる魔法の楽器。

だから、ベース大好き。


でも、M先生を見てそんな自分が、大変な間違いを犯していることに気がつきました。

私は、ライブではどうしてもギターやサックスに目を奪われます。

でも、昨日はベーシストに釘付け。


左手は優雅に滑らかに。

綺麗な指が、たおやかに、優しく優しく弦をなでていきます。

でも、右手はひたすら鋭く。

小刻みな動きで、弦をはじくのですが、その切れのよさは、厳しささえ感じます。


そんな優美さと激しさが創り出す音は、心の奥に流れ込む低い魅惑の響きでした。

ベースに感応して、ピアノのきらびやかさや、ドラムのリズムが華やぎます。

でも、根底はベースの深く、心に直接届く低音。


後半、ギターと2台のキーボードが入っても、ベースの音が中心を占め続けました。

ギターの超絶テクも、キーボードの衝撃的なからみも、すべてベースの音色のため。

ただひたすら、ベースの音に耳を傾け、M先生の指の動き一つ一つを目で追っていました。


ベースって素晴らしい。

自分がベーシストであることが、無性に誇らしくなってきました。

ベースが大好き。

ベースでなければ、だめ。


いつも、ベースで音楽の一部であろうとした私。

でも、M先生の演奏を見て、ベースが音楽そのものだと気がつきました。

私、ベースが大好きです!

いいね!した人  |  コメント(11)  |  リブログ(0)
2005-06-18 22:00:00

愛想のない女

テーマ:ブログ

夕べPTA懇親会も無事に終りました。

このために、1ヶ月以上忙しくしてきたので、とてもほっとしています。

宴会も大いに盛り上がり、時間は予定の2時間できちんと終わり、2次会に参加する義務も無く、素晴らしいものでした。


と言いましても、私が宴会場にいたのは、わずか15分だけだったのです。

あとは、呑気にeTangoなどやっていました。

お陰で100問近くやれたんですよ! 現在英熟語レベル3、17位!


主催者側の私にどうしてそんなことが出来たのかと、好奇心をかきたてられたあなた、今からじっくりお話ししましょう。

そもそも、私は宴会が大の苦手です。

愛想笑いをしながら、お酌をしてまわるというのが、全く出来ないのです。


私の祖父も、父も全くお酒が飲めない人です。

よく言う、お正月のおとそ用に買った日本酒が、酢になってしまうような家庭でした。

ですから、まず酔っ払いの扱いに慣れていなかったのです。


『テント芝居』 でも書きましたが、大学時代に文芸部の同期の男子達が大酒のみでしたから、そこで酔っ払いの相手は慣れました。

でも、あいつらに愛想よくお酌するなんてありえない話ですから、その訓練は全く出来ませんでした。


卒業して入社した会社も、「宴会のお酌なし、朝のお茶くみなし」の爽やかな素晴らしい会社でしたから、またしても実地訓練のチャンスを逃してしまいました。

結婚した主人も、ごくたまに缶ビールを1本飲むぐらいでしたから、これまたお酌の必要なし。


おまけに、私はもともと愛想が無くて、可愛げのない女です。

若い頃は『私はどうしてこんなに可愛くない女なの』と真剣に悩んだりしました。

今では、『そんな風に悩む私は充分可愛い』と開き直っています(爆)

しかし、お酌は今でも苦手です。


PTA懇親会の話が決まったとき、とてもショックでした。

まずはその日にち。

行きたかったライブに行けなくなりました。(『チック・コリア』 参照)

そして、そのショックから立ち直ると、『やっぱり主催者なら、お酌してまわらないといけないよね』と心配し始めたのです。


愛想笑い&お酌

この2ヶ月、重く心にのしかかっていました。

ところが、今週の月曜日にお店側の担当者との最終打ち合わせに行ったとき

「お酌は、絶対にしてまわらないでください!」と言われたのです。


実は、会費がお酒込みの3000円。

いくら物価の安い福岡といえども、かなり厳しい料金設定です。

「サービス料を引くと、一人あたり料理が1500円、お酒が1000円の計算になります。お酌してまわると捨て酒が増えますから、これでは足りなくなってきます。来られた方がお酌してまわるのは仕方ありませんが、せめて主催者側の委員さんはお酌してまわらないで下さい。」

「はい、はい、はい!!!わかりました!!絶対にお酌なんかしません!」

やったぁ!

身も心も軽く、スキップしながら帰ってきました。

重荷が半分に減ったのですから、『愛想よく先生達と話す』というのも、なんとかこなせそうな気がしてきました。


当日の私は会計の担当。

受付後のお金を、お店側に支払う重責をまかされました。

送迎バスも出してもらっていたので、宴会は10分遅れぐらいで無事スタートしました。

しかし、父兄や先生方で各自来られる方もいらっしゃって、始まっても30分ぐらいはまだ受付が終りませんでした。


ようやくひと段落すると、6名の先生方がまだ来られていません。

「教育実習生が来ていて、指導要領を書かないといけないから遅れている」とのことです。

私ともう一人だけが受付に残り、あとは宴会に参加しました。


7時の開始から1時間。

相当お腹がすいてきました。

なにしろ、いつもは6時半に夕食を食べる私。

8時と言えば、お風呂に入る時間じゃないですか!

「交代しましょう」と先に入っていた委員が2人来てくれました。


料理は中華。

お皿に残っているものを、大急ぎで食べました。

クラスごとに、先生が役員の紹介をしており、ちょうど私のクラスの順番がきました。

立ち上がって殊勝に紹介を受け、にっこり笑顔で頭を下げました。


まとめて愛想もふりまけたことだし、とまた先ほどの2人と今度は1人で交代しました。

8時半になって、やっと五人の先生方が到着しました。

残りはあと一人。まだ、学校にいらっしゃるとか。


一旦受付を閉めた方が良いのか、それともしばらく待ってみようかしら。

そこへ校長先生が通りかかります。

「やあ、おつかれさん」

校長先生とは顔見知り!


実は委員会の配布プリントは、印刷する前に担当の先生→教頭先生→PTA副会長と見せてOKをもらわないといけない決まりがあるのです。

でも、おっちょこちょいの私は、初めてのプリントの時、間違って校長先生に見せてしまいました。

先生は「それは教頭の仕事ですよ」なんておっしゃらずに、丁寧に見てくださり、「ご苦労様です」とねぎらいの言葉までかけて下さったのです。


でも、ドジなのは印象に残ったのでしょうね。

学校に行くと、よく声をかてくださいます。

「もう来ないでしょう。中に入ったらどうですか」

「いえ、来られてだれもいないと困るでしょうから」

「じゃ誰かに連絡取らせてみます。」とまた中には入って行かれました。


実は私、もう戻りたくなかったのです。

一人でeTango単語やってる方がどんなに気が楽か。

それに、宴会気分ならここでも充分味わえてますよ。

ホールから出てきて、外のソファで煙草を吸ってる人達が結構際どい話!

ふむふむ、そうなんですか!


結局、最後まで先生は来られませんでした。

感謝!

宴会場逃れのダシにしてごめんなさい。

でも、ずっと気にしていた宴会も、愛想笑いをしながら一度頭を下げただけで、無事終了しました。


後は、25日の実行委員での打ち上げ。

こちらは楽しみ♪

そう、私だってお酒飲んで皆と騒ぐのが嫌いじゃないんです。

関心ない人に愛想笑いするのが面倒なだけ(←超わがまま!)

さあ、25日に向けテンション高めておくぞっ!

笑いの取れる副委員長の本領発揮といかなきゃ。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。