アメリカはReturn天国

テーマ:
今回、何度も経験したこと。
それはReturn

次女からの頼まれ物で”捜せなかったもの”がたくさんあり、”ちょっと形が違う”けどこれでいいかなあなんて思いながら買った物が結構あった。

でもやっぱり本物とは違うし、使いやすさを考えると”う~~ん、いらないなあ”って言われることもあった。

今回はiphoneをレンタルしたので 娘たちと連絡は取りやすかったんだ

写メを撮って”これでいい?”とか聞いていた。
でもつながらない時もあって”いいや買っちゃおう”なんて時も・・・

だから返品することも何回かありました。

遠い店はムリだけど、何度も行くようなところはレシートと未使用のタグつきの品物を持っていけば理由をきかれることなく返品できます。

日本だと理由を聞かれたり、返金ではなく何か他の品物と交換してくださいって言われることもありますよね。

ROSSにいったことのある人ならわかるだろうけど、ちゃんとReturn専用のレジがあります。
結構人が並んでいるので返品する人も多いんでしょう。

アメリカは返品天国なんです。

買おうかどうしようか考えて、買うのやめちゃって、ホテルに帰ったらやっぱり欲しいなあ。。。。。。と。
でも翌日に行ったらもうなかった~なんて経験ありませんか?

そんな時はとりあえず買っておきましょう。
ホテルでタグをつけたままじっくり考える。
それでも”いらない”と思った場合は返品です。

まあ、それが高級ブランドブティックなどで通用するかしないかはわかりませんが、少なくともスーパーやSCなどではOK。

返品にいくことが面倒と感じる方には不向きですけどね。
AD