ひどい肩こりを解消する方法!原因が解れば頭痛に悩む事もないね!

ひどい肩こりに悩まされている方は解消する為に、いろいろ試してきたことでしょう。肩こりが治らなかったという記憶が積み重なり失望感だけが残ることになります。ひどい肩こりの時に、頭痛を伴う場合がありますが原因が解れば頭痛に悩まされなくなります。


テーマ:

あなたが常にひどい肩こり 

病気があることでお悩みなら、

 

 

その元となっている原因と対策法

理解することからやってみることをお勧めします。

 

 

そうすれば、

ひどい肩こり 病気についての

問題を解決する希望が持てます。

 

 

 

 

 

 肩が「凝る」ということではなくズキズキ痛む

★ 手足がピリピリしびれる

 排尿問題が見られる

★ 思うようには治らない、もんだり叩いたりしても向上しない

 

 

 

 

 

今まで以上に危険なサインとなるというのが

「しびれの症状」でしょう。

 

 

仮に、

肩ではなく指先にしびれがあるという症状が

出ているとしたら、頚椎や脊髄の神経

何らかの要因で圧迫されて、

 

 

神経伝達に支障

きたしてしまっている状況が考えられます。

 

 

 

 

 

また指先にまでしびれが発展していなくても、

肩があまりにも強くしびれるというのは

肩こりとしては想像以上に異常な状況ですから、

これも病院で診てもらったほうがいいでしょう。

 

 

 

 

 

片方だけ肩こりがひどく、

加えて肩こりがひどいほうの手が

時々しびれるといった場合になると、

脳梗塞の初期症状と同様

心配も否定出来ないでしょう。

 

 

 

 

 

脳梗塞は初期症状

食い止められるかどうかで

その後の状況がどうなるかも

大幅に変わってきます。

 

 

 

 

何よりもまず早めの発見が肝心。

この時には整形外科に出向くよりも、

想定外の状況も予想して、

脳神経外科または神経内科などで

診断をしてもらったほうが良いでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

整形外科的な病気が要素となって起きる肩こり

 

 

 

 

頸椎や、肩関節等の

異常と考えられるような、

整形外科的な病気が要因になって

起きてしまう肩こりです。

 

 

 

 

以下と同様な症状は

首の骨にあたる頸椎、そして

頸椎と頸椎の間でクッションの

役目をしてくれている椎間板に

トラブルが起きていると考えられます。

 

 

 

 

他には肩の関節部分に

トラブルが存在することも。

 

 

 

一度、整形外科を受診することを

お勧めします。

 

 

 

★ 腕が上げられない

★ じっとしていても痛い

★ 夜も眠れないくらい痛い

★ 首を動かすと痛い

★ しびれの見られる

★ 排尿問題の見られる

 

 

こういう症状の見られる際、

以下と同様な病気の危険性が

考えられます。

 

 

 

肩関節周囲炎(四十肩、五十肩)

胸郭出口症候群

頸部脊椎症

頸椎椎間板ヘルニア

頸椎捻挫(むち打ち症)

石灰沈着性腱板炎

腱板断裂

脱臼

(まれに)慢性関節リウマチ  など

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。