乾物食堂 サンライズcafe (飾り巻き寿司教室)

戸田市内で玄米、野菜、乾物を中心としたメニューの食堂を経営してます。
食べて元気に‼
食で人と地域を結ぶというコンセプトでコミュニティを作っていってます。ランチ営業の合間に飾り巻き寿司教室や味噌作りなど、心も体もリフレッシュできる教室もあります。



乾物食堂サンライズcafe
住所:戸田市下前1-10-35
電話:048-229-4905

特別栽培米のお米・野菜・乾物を中心に使用
基本的に「卵・乳」不使用の食堂です。
(特別メニューで使用することもあります。)


【フリースペースのレンタル始めます】
ご利用にあたっての注意事項等をお読みになってください。⇒ コチラ

 

●●7月のスケジュール●●
3日 11:30~14:00
4日 まつたけshop 11:30~13:30
5日 11:30~15:00
6日 11:30~14:00
7日 11:30~14:00 
10日 11:30~14:00
11日 11:30~14:00
12日 11:30~15:00
13日 11:30~14:00
14日 11:30~14:00
17日 11:30~14:00➡臨時休業
18日 11:30~14:00
    16:00~17:00 ちびっこパズル広場
19日 臨時休業
20日 11:30~14:00
21日 11:30~14:00
22日 11:30~13:30 サタデーランチ
23日 10:30~11:30 ちびっこパズル広場
    12:30~13:30 ちびっこパズル広場
24日 臨時休業
25日 11:30~14:00
26日 11:30~14:00
27日 臨時休業
28日 11:30~14:00
31日 カルチャーセンター
 ********************************

NEWアレルギーサポーターネットワークさいたま


http://asnsaitama.exblog.jp/


https://www.facebook.com/asnsaitama/



テーマ:
コーププラザ所沢にて小学生向けパステル講座を担当してきました。

パステルの使い方から始まり、
題材となるものを提示し、
そのあとは
自身で波の形や、生き物、色を決めていきました。

描きたいを尊重する

大人にモチーフを見せたら、見本に近い色使いをして、似ているものができあがるけれど、
子供の感性ってそのまま使いたいんですよね。

右上の黒い生き物‼
枠の中に収まっていませんもの‼
グラデーションを楽しむ子
淡い色で表現する子
フワッと優しいタッチに仕上げる子
異国の海みたいな色使いを楽しむ子

どれも素敵です✨
額に入れることで、グンとよくなりました。
額を用意してよかった!
最近、ゆっくり絵を描いていないから良かった。
と話してくれる子がいました。

今回の講座は、
チラシの端の方に
子供向けパステル講座 としか書かれていませんでしたが、親御さんが?見つけてくれたのでしょうね。

『申し込みをしてくれたおとうさんと、おかあさんにありがとうだね』
と、話すと
『うん』と微笑んでいました。
このパステル画をきっかけに
いろんな絵を描いてもらえたら嬉しいです。

子供たちの作品を見て、
私自身が
解放感を味あわせてもらいました。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
久しぶりの『まつたけshop』でした。
今回のテーマは MilkyWay
再会です。

再び、この場所で顔を合わせる機会です。

サンライズカフェが目指している
食で元気にすること
食で人と人がつながること

サンライズの側には顔の見える生産者さんと製造者さんがいらっしゃいます。
人と人との会話から食卓も楽しくなっていただきたいものです。

たくさんのご来店ありがとうございました。
次回をお楽しみにお待ちください🎵



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

最近?

1年前くらいから
いつかカフェをやりたいんですが、、
というかたが訪れます。
 
どんな場所でもやってみないと分からないのがこの業界
 
自分にあった場所と広さは
イメージだけで物件は決められないものですもの。
 
1日だけの営業のために集客できるわけないよ!
(そんなことも思った日もあります。)
 


先ずはご連絡ください。
sunrisecafe.tm@gmail.com
コンセプト、どんな提供を考えているか
お住まい地域、連絡先を明記してください。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
右から 田中伸幸さん(自転車ルール教習所教官 さいたまサイクルプロジェクト広報担当)、難波陽子さん(eママさいたま代表 ちびっこパズル広場講師)、T田さん(友情出演)

みなさんボランティアでこの企画を開催してくださいました。ありがとうございました。

ちょっとした小話(演劇)を交えて、
あるある~と言う場面から考えていくと言う、とても興味を引きやすい流れでした。
しかし、頭のなかは交差してしまう場面も。
インフラ整備にともない、ルール改正も行われているけれど、まだ途中の段階であるために、全てを網羅することが難しく、親子自転車を運転するときの大人の場合と、子供と別々に運転するときは多少違いがある。

最低限、
左側通行を守ろう❗
止まるところは自転車もしっかり止まろう❗
大人もヘルメットを被ろう❗
速度を考えよう❗

事故に合ったとき、事故を起こしてしまったときが考えもの。
親子自転車の話ではないけれど
私も子供の頃
曲がり角の出会い頭でバイクと正面衝突。
だけど、親に話したくないと思い、バイクの人に大丈夫ですといって別れてしまったことがある。
後々、痛みを伴い、親に話さないといけなくなり、そのときにはもうバイクの人がどんな人だったかも覚えていません。

考えたくないけど
親子自転車で事故!
一番の被害者になりやすいのが子供。
とっさのとき、後ろの子供をかばおうと分かっていてもどうだろ?
だっこして運転していたら子供は大人の下敷き?
大人が守ってこそ、子供への安全が持てるように思います。

根本的
交通とは
通るところが交わる
ルールに関係なく、譲り合いながら通行しよう!

後ろを見ないで
道路を横断するのはやめようね。
親子自転車&自動車運転者でもある うめちゃんより
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)