とまこまいサポステブログ

とまこまい若者サポートステーションのブログです。
15歳から39歳の方を対象に働くこと、職業的自立(キャリア)のご相談・サポートを行なっています。


テーマ:

こんにちは、スタッフ藤井です。


サポステを利用される皆さんの中には、ひきこもり状態が長い方がいます。

とはいっても、ずっと部屋に閉じこもっているというステレオタイプのイメージの人はほとんどおらず、必要があれば外に出掛けられるし、最低限の他者とのやり取りができるという方の方が多い。

ただ、密な他者との関わりは家族だけという状態であることが実情。

誰かと一緒に仕事をする、あるいは仕事以前にただ雑談するだけであったとしても、コンビニに行って買い物をしてレジでお金を払うのとは密度が違うやり取りがそこでは求められます。

 

自分の反応に対して相手がどうリアクションするのか、逆に相手の反応に対して自分はどうリアクションすればいいのか。

この辺について、ある程度の想像ができないと、コミュニケーションについて不安がよぎるというのは自然な反応でしょう。

 

通常、わたしたちはこういった他者とのやり取りを子どもの頃から膨大な時間をかけて、トライ&エラーを繰り返して、各人なりに学んでいきます。

ただ、こういった他者とのやり取りについて学ぶこと、あるいは学ぶ場は厳密に制度化され保障されてるわけではありません。

学校がそれを担うという考えがあるでしょうか、おそらく学校本来の存在意義の「ついで」として紐付けされているくらいのものでしょう。

だから不登校やひきこもり状態を経験していなくても、学校に行ったから他者とのやり取りができるようになるとは限らない。

まして、不登校やひきこもり状態により、そういった機会そのものがなかった場合は、よりいっそう「別な機会」を最低限保障する必要があるし、現実的に考えて数ヶ月かそこらの時間では足りないというのが実情です。

 

だからサポステでは、具体的な就職活動の前に、そして採用が決まった後でも、必要であれば上記の他者とのやり取りを各人なりに学ぶ・考える場を設けています。

他者とのやり取りというのは、必ずしも「誰とでも親しく交流できること」とは限りません。

苦手な相手と上手く距離を置くことも含まれます。

多人数が苦手ということであれば、無理せず11、あるいは少人数のシチュエーション限定で場数をふんでいきます。

ここを丁寧に行なわないと、その後の「継続」という部分に繋がっていかないんですね。

仕事をする、それ以前に生活するというのは、継続を前提にして考えなければなりませんから。

「失われた機会の再現を保障すること」、これはサポステに限らず、もっと社会的に広く保障されてほしいとは現場に身を置く立場として思うところです。

 

それでは、また次回。


■サポステについて知っていただこう・バックナンバー

・第1回 : http://ameblo.jp/tomasapo/entry-12160186626.html
・第2回 : http://ameblo.jp/tomasapo/entry-12169520696.html

第3回 : http://ameblo.jp/tomasapo/entry-12180762254.html

・第4回 : http://ameblo.jp/tomasapo/entry-12189900433.html

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは、スタッフ藤井です。
晴れると真夏の暑さだった苫小牧も雨が降ると途端に肌寒くなっています。

空気感もなんとなく秋を感じるものになっていますね。

台風ラッシュも落ち着いてくれるといいのですが・・・。


以下、9月の予定です。

先月は変則的でしたが、今月は通常モードに戻ります。


■ 9月6日(火)
13時からの開館になります


■ 9月7日(水)

ハローワーク・ワークプラザ 出張相談
10:00 ~ 11:30

場所 : 苫小牧市表町5丁目11番5号 ふれんどビル3階


白老 出張相談
13:30 ~ 16:00
場所 : 白老町東町4丁目6-7 いきいき4・6 2階


■ 9月9日(金)
室蘭 出張相談
13:00 ~ 15:00
場所 : 室蘭市中島町1-18-4 日昇堂ビル3階


■ 9月14日(水)
ハローワーク・ワークプラザ 就活セミナー
10:00 ~ 10:40 10:50 ~ 11:30
場所 : 苫小牧市表町5丁目11番5号 ふれんどビル3階


ウォーキング
13:30 ~ 15:30
秋の気配の苫小牧を歩きます。要予約です。


■ 9月15日(木)
浦河 出張相談
13:00 ~ 15:00

場所 : 浦河町築地1丁目5-1 浦河町勤労青少年ホーム


■ 9月16日(金)
沼ノ端コミセン 出張相談
13:00 ~ 15:00
場所 : 苫小牧市沼ノ端中央4丁目10-16 沼ノ端コミュニティセンター


■ 9月20日(火)
13時からの開館になります


お家でアロマ&ハンドマッサージ・カラーセラピー
13:30 ~ 14:30 蜜蠟リップクリーム制作
15:00~ ハンドマッサージ&カラーセラピー
ハンドのみ200円、カラーのみ500円、両方600円
9月17日(土)までの予約をお願いします


■ 9月21日(水)
白老 出張相談
13:30 ~ 16:00
場所 : 白老町東町4丁目6-7 いきいき4・6 2階


ハローワーク・ワークプラザ 出張相談
14:00 ~ 15:30
場所 : 苫小牧市表町5丁目11番5号 ふれんどビル3階


夜間開所・座談会
18:00 ~ 20:00
サポステを夜間に開けて、参加者どうしでフリートークを行なう場です。


■ 9月24日(土)
のぞみコミセン 出張相談
13:00 ~ 15:00

場所 : 苫小牧市のぞみ町1丁目2-5 のぞみコミュニティセンター


以上です。

下記、予定表も参考にしてみてください。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは、スタッフ藤井です。


以前もお伝えしましたが、札幌サポステの松田さんというスタッフの方が興味深いブログ記事を書かれています。

http://saposute.net/blog/2016/06/09/1538.html

 

記事の中では、社会参加にあたって困難を抱える若者(=サポステに相談に来られる人たち)は、他者とのコミュニケーションを含めた具体的な社会参加を模索する前に、まず「他者に伝えるための自分の言葉」を増やすことが大事であること。

そして、そのための「一人でいる時間」の大事さについて話されています。

これは同じサポステという支援機関で日々取り組んでいる身として、とても共感・納得できる言説です。

また、私自身2030代の頃は社会参加や他者との交流に困難を抱える身であり、そこからなんとか最低限の社会参加ができるようになる過程で、やはり「自分の言葉」とそれを紡ぎ出すにあたっての「一人の時間」が必要だったという経験からも、ひじょうに共感できるところです。

 

「自分にとって社会とは、他人とは」、「自分が何かが出来ない・苦手であるのは何故なのか」、「自分はなぜこれに没頭できるのか」等々。

社会参加にあたって生きづらさを感じる人たちは、例えば「みんなと同じようなことが出来ない」ことに悩み、常に他者と自分を比べて、結果として自信を失っているということが多いです。

それに対して「そんなに難しく考えないでさ、自分の好きなようにやってみればいいんだよ」というアドバイスをして、「そうか、そうですね!」と途端に前向きになる人はゼロとは言いませんが、そんなに多くはありません。

それで何とかなるなら、サポステという仕組みは必要ないでしょう。

 

上記のアドバイスが通用しないことが多いというのが実情で、であれば他者と比べることはいったん置いといて、自身が抱える様々な「なぜ?」という部分について言語化していく必要があります。

この作業は上記のとおり一人で行なうことが望ましいですが、全てを一人でやるのは精神的にタイヘンです。

また、なんとか作り出した各人なりの言葉を他者に伝える場も必要です。

そこを最初にサポートするのが、例えばサポステであるわけです。

とまこまいサポステは今年度から面談をメインにしているので、この「言葉を生み出す」作業へのサポートがしやすくなっています。

スタッフとの11の対話から、複数人の会話、さらに夜間座談会といった比較的多人数の交流といった具合に、利用者各人が望むシチュエーションに応じて、生み出した言葉を使ってやり取りする場をいくつか用意しているのも特徴です。

 

そして他者との対話を経験する機会がなかった人たちにとって、上記の作業には相応の時間(数ヶ月レベル)をかける必要があります。

その時間の保障をある程度確保できることもサポステのメリットではないかと思います。

 

それでは、また次回。


■サポステについて知っていただこう・バックナンバー

・第1回 : http://ameblo.jp/tomasapo/entry-12160186626.html
・第2回 : http://ameblo.jp/tomasapo/entry-12169520696.html

・第3回 : http://ameblo.jp/tomasapo/entry-12180762254.html

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは、スタッフ藤井です。
曇りや雨の日が多くて今ひとつ夏っぽくなかったですが、ここ数日はどこに出しても恥ずかしくない真夏な感じになってますね。

サポステの事務所の中は比較的涼しいので、避暑を兼ねて来ていただくのもOKです。

涼みながらスタッフや他の利用者と話したり、読書やパソコンで調べものをするのは如何でしょう、という提案。


それはそれとして以下、8月の予定です。

暑さでぐったりしていて、8月に入ってからの告知になってしまいました。

申し訳ないです・・・。


■ 8月3日(水)

ハローワーク・ワークプラザ 出張相談
10:00 ~ 11:30

場所 : 苫小牧市表町5丁目11番5号 ふれんどビル3階

 

■ 8月9日(火)
13時からの開館になります


白老 出張相談
13:30 ~ 16:00
場所 : 白老町東町4丁目6-7 いきいき4・6 2階

※今月の白老出張相談はいつもの火曜日ではなく水曜日となっています

 

■ 8月10日(水)
ハローワーク・ワークプラザ 就活セミナー
10:00 ~ 10:40 10:50 ~ 11:30
場所 : 苫小牧市表町5丁目11番5号 ふれんどビル3階


サポステ発表会・録画映像視聴
13:30 ~ 15:30
6月に開催したサポステ発表会の録画映像を観たあと、感じたこと等について参加者間で話し合います。


■ 8月12日(金)
室蘭 出張相談
13:00 ~ 15:00
場所 : 室蘭市中島町1-18-4 日昇堂ビル3階


■ 8月17日(水)
ハローワーク・ワークプラザ 出張相談
14:00 ~ 15:30
場所 : 苫小牧市表町5丁目11番5号 ふれんどビル3階


■ 8月18日(木)
浦河 出張相談
13:00 ~ 15:00

場所 : 浦河町築地1丁目5-1 浦河町勤労青少年ホーム


■ 8月19日(金)
沼ノ端コミセン 出張相談
13:00 ~ 15:00
場所 : 苫小牧市沼ノ端中央4丁目10-16 沼ノ端コミュニティセンター


夜間開所・座談会
18:00 ~ 20:00
サポステを夜間に開けて、参加者どうしでフリートークを行なう場です。


■ 8月23日(火)
白老 出張相談
13:30 ~ 16:00
場所 : 白老町東町4丁目6-7 いきいき4・6 2階

※今月の白老出張相談はいつもの火曜日ではなく水曜日となっています


■ 8月24日(水)
13時からの開館になります

ウォーキング
13:30 ~ 15:30
真夏の苫小牧を歩きます。要予約です。


■ 8月25日(木)

お家でアロマ&ハンドマッサージ・カラーセラピー
13:00 ~ 14:30 アロマとハーブの石けん制作
15:00~ ハンドマッサージ&カラーセラピー
ハンドのみ200円、カラーのみ500円、両方600円
8月23日(火)までの予約をお願いします

■ 8月27日(土)
のぞみコミセン 出張相談
13:00 ~ 15:00

場所 : 苫小牧市のぞみ町1丁目2-5 のぞみコミュニティセンター


以上です。

下記、予定表も参考にしてみてください。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは、スタッフ藤井です。

サポステの本質を知っていただくための連載、3回目です。


わたしがサポステで相談業務をするようになって、利用者さんたちからいちばん多く聞かれた言葉が「何をやっていいか分からない」、あるいは「何から手をつけていいか分からない」というもの。

なぜこういう言葉が出てくるのかという理由について、他スタッフを含めたいろんな人たちとの対話や自分の経験から導き出した仮説のひとつが、経験不足による判断材料の少なさによるものではないかということ。

何をやるか、何から手を付ければいいか、を自己判断するうえでの材料がないから決められないのではないか。

他人から助言を得て、何かをやることが出来たとしても、どこかで自身の中でピンと来る何らかの実感がないと、とりあえず始めたことを継続することが難しかったりする。

他人からの助言だけじゃなく、自分なりの判断基準というのもどこかで必要になってくるわけです。


「これは自分に合う」ことだけじゃなく、「これは自分には合わなかった」という実感も大事です。

だからサポステでは、利用者さんの気持ちが安定してきてサポステという場に慣れてきたら、職場体験のみならず、他利用者との対話などいろんな体験をしてもらって、それを自分がどう思ったか・感じたかを定期的な個別面談の中で振り返っていきます。

  なぜなら、それもひとつの判断材料になるから。

合わないものをひとつひとつ避けていって、残ったものを選ぶということが、場合によっては具体的な行動のきっかけになることもある。

最初からそれができる人はサポステを利用しないので、サポステを利用される方には第三者が併走しながらナビゲートするというプロセスがどうしても必要になります。

そこで場数をふんでいく中で、誰の手を借りなくても自分だけで物事を決められるようになる。


このプロセス・過程をすっ飛ばして、結果(例えば就職)を急いでしまうと、なかなか採用されない、あるいは採用されても継続できずに辞めてしまうということに繋がりやすい。

もちろん、どういう過程がベターかは人によって異なるので、結果を急いだ方が良い人もいます。

ただ、サポステを利用される人たちの傾向としては、プロセスを丁寧に辿った方が一見遠回りでも盤石な結果に結びつきやすいと現場にいる身として思うところではあります。

厄介なのは、今の社会状況がプロセスに丁寧な時間をかけることを許さない形になってしまっていること。

ここをどうするかは、また別項にゆずります。


それでは、また次回。


■サポステについて知っていただこう・バックナンバー

・第1回 : http://ameblo.jp/tomasapo/entry-12160186626.html
・第2回 : http://ameblo.jp/tomasapo/entry-12169520696.html

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。