とまこまいサポステブログ

とまこまい若者サポートステーションのブログです。
15歳から39歳の方を対象に働くこと、職業的自立(キャリア)のご相談・サポートを行なっています。


テーマ:

こんにちは、スタッフ藤井です。

サポステの本質を知っていただくための連載、3回目です。


わたしがサポステで相談業務をするようになって、利用者さんたちからいちばん多く聞かれた言葉が「何をやっていいか分からない」、あるいは「何から手をつけていいか分からない」というもの。

なぜこういう言葉が出てくるのかという理由について、他スタッフを含めたいろんな人たちとの対話や自分の経験から導き出した仮説のひとつが、経験不足による判断材料の少なさによるものではないかということ。

何をやるか、何から手を付ければいいか、を自己判断するうえでの材料がないから決められないのではないか。

他人から助言を得て、何かをやることが出来たとしても、どこかで自身の中でピンと来る何らかの実感がないと、とりあえず始めたことを継続することが難しかったりする。

他人からの助言だけじゃなく、自分なりの判断基準というのもどこかで必要になってくるわけです。


「これは自分に合う」ことだけじゃなく、「これは自分には合わなかった」という実感も大事です。

だからサポステでは、利用者さんの気持ちが安定してきてサポステという場に慣れてきたら、職場体験のみならず、他利用者との対話などいろんな体験をしてもらって、それを自分がどう思ったか・感じたかを定期的な個別面談の中で振り返っていきます。

  なぜなら、それもひとつの判断材料になるから。

合わないものをひとつひとつ避けていって、残ったものを選ぶということが、場合によっては具体的な行動のきっかけになることもある。

最初からそれができる人はサポステを利用しないので、サポステを利用される方には第三者が併走しながらナビゲートするというプロセスがどうしても必要になります。

そこで場数をふんでいく中で、誰の手を借りなくても自分だけで物事を決められるようになる。


このプロセス・過程をすっ飛ばして、結果(例えば就職)を急いでしまうと、なかなか採用されない、あるいは採用されても継続できずに辞めてしまうということに繋がりやすい。

もちろん、どういう過程がベターかは人によって異なるので、結果を急いだ方が良い人もいます。

ただ、サポステを利用される人たちの傾向としては、プロセスを丁寧に辿った方が一見遠回りでも盤石な結果に結びつきやすいと現場にいる身として思うところではあります。

厄介なのは、今の社会状況がプロセスに丁寧な時間をかけることを許さない形になってしまっていること。

ここをどうするかは、また別項にゆずります。


それでは、また次回。


■サポステについて知っていただこう・バックナンバー

・第1回 : http://ameblo.jp/tomasapo/entry-12160186626.html
・第2回 : http://ameblo.jp/tomasapo/entry-12169520696.html

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは、スタッフ藤井です。
無事に発表会が終わりました。

それを受けての「次」を考えていくところですが、その前に少し充電期間を置く必要もあるかも。

全力疾走だけでは身が持たないので、継続にあたってはメリハリが必要ではありますね。

以下、7月の予定です。


■ 7月6日(水)

ハローワーク・ワークプラザ 出張相談
10:00 ~ 11:30

場所 : 苫小牧市表町5丁目11番5号 ふれんどビル3階


白老 出張相談
13:30 ~ 16:00
場所 : 白老町東町4丁目6-7 いきいき4・6 2階


■ 7月7日(木)
13時からの開館になります


■ 7月8日(金)
室蘭 出張相談
13:00 ~ 15:00
場所 : 室蘭市中島町1-18-4 日昇堂ビル3階


■ 7月13日(水)
ハローワーク・ワークプラザ 就活セミナー
10:00 ~ 10:40 10:50 ~ 11:30
場所 : 苫小牧市表町5丁目11番5号 ふれんどビル3階

ウォーキング
13:30 ~ 15:30
要予約です


■ 7月15日(金)
沼ノ端コミセン 出張相談
13:00 ~ 15:00
場所 : 苫小牧市沼ノ端中央4丁目10-16 沼ノ端コミュニティセンター


■ 7月20日(水)
13時からの開館になります


ハローワーク・ワークプラザ 出張相談
14:00 ~ 15:30
場所 : 苫小牧市表町5丁目11番5号 ふれんどビル3階


白老 出張相談
13:30 ~ 16:00

場所 : 白老町東町4丁目6-7 いきいき4・6 2階

■ 7月21日(木)
浦河 出張相談
13:00 ~ 15:00

場所 : 浦河町築地1丁目5-1 浦河町勤労青少年ホーム


■ 7月22日(金)

お家でアロマ&ハンドマッサージ・カラーセラピー
13:00 ~ 14:30 虫よけスプレー制作
15:00~ ハンドマッサージ&カラーセラピー
ハンドのみ200円、カラーのみ500円、両方600円
7月20日(水)までの予約をお願いします

夜間開所・座談会
18:00 ~ 20:00
先月に引き続き、サポステを夜間に開けて、参加者どうしでフリートークを行ないます

アロマからの連続参加もOKです

■ 7月23日(土)
のぞみコミセン 出張相談
13:00 ~ 15:00

場所 : 苫小牧市のぞみ町1丁目2-5 のぞみコミュニティセンター


以上です。

下記、予定表も参考にしてみてください。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは、スタッフ藤井です。
6月26日(日)、苫小牧駅隣接のココトマにて苫小牧サポステ発表会『働く「壁」のこわし方』を開催しました。
関係機関の皆さんやサポステ利用者など、15名の方に参加いただきました。ありがとうございます。

所要時間2時間のうち、前半ではまず総括コーディネーター家守からサポステの概要説明、続いてわたしと家守とでサポステを利用する若者とサポステの支援について理解を深めるための説明をいくつかのキーワードを用いてトーク形式で行ないました。
後半は前半の話をより深めるために、参加者とスタッフを3組に分けてのグループワークを開催しました。

2時間でサポステの全てを伝えることは難しく、伝えきれなかったこと、分かりづらかった部分も多かったかと思います。
このことはイベント企画時点で想定したことなので、今回のイベントをきっかけに今後も継続して若者の社会参加の実情について話し合いを行なう場を小規模にはなりますが作っていければと考えています。

サポステを利用する若者の困難というのは、ひとつの要因で起こっているものではありません。
今回、キーワードとして最初に出した「自己肯定感の喪失」ということも様々な理由から発生しています。
若者自身のみならず、社会構造の変化による外的な影響も大きい。
イベント中でも話しましたが、以前の余裕のある社会であれば受け入れることが可能だった若者の特性が、余力を失った世の中ではその受け皿になり得ないようになっている。
と言いつつも、さらに複雑なのが、そういった外的要因が若者を変化させてもいるんですね。
「いいところ」だけを切り取りがちなSNS(ソーシャル・ネットワーク・サービス)の普及が、若者が健全な失敗イメージを持つことを阻害し、過剰に失敗を怖れさせることに繋がっているのではないかという興味深い意見も参加者から出されました。

サポステ利用者からは、就職できずに社会との接点がないことで肉親以外の他者と接する機会が少なくなるという意見が出されました。
自分一人だけ、あるいは肉親との接点だけでは、自己評価だけに陥りがちになってしまう。
社会との接点があることで、はじめて本当の意味での他己評価が得られる。
自己評価と他己評価の違いに最初は戸惑うのだけど、そこに自分なりの折り合いがついていくことで、ようやく地に足の着いた社会参加ができるようになる。
そういった他己評価が得られる場としてサポステが機能していることをイベント後の感想で言ってました。

上記の意見はあくまでサポステを語るうえでの一部の視点だと思います。
これら以外にも様々な観点からサポステを利用する若者と、サポステの取り組みを語ることが出来ます。
今後もこのブログで発信を行ないつつ、これらのことを話し合う場を用意できたらと思っています。
これからイベントの報告書も作成する予定です。完成しましたら、改めてお伝えします。




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは、スタッフ藤井です。
詳細の報告が出来ずじまいでしたが、4月から毎月開催している『夜間座談会』、毎回いろいろな利用者さんがぽつぽつと参加してくれています。
今月までに3回開催しましたが、毎回楽しみに来てくれる方も増えてきています。

ひとまず「枠」だけを作って中身をどうするかは参加した人の意見を反映する形にしていました。
実際にやってみると利用者どうしで自由に話したいという声が多く出ました。
今はその要望を受けて、テーブルを複数用意して、自由にグループを移動しながらフリートークする場になっています。

また『自由ノート』を同じく4月から用意しています。
サポステに来た利用者やスタッフが文字どおり自由に文章を書いたり絵を描いたりしています。
座談会のような直接的なものではありませんが、こちらはこちらで間接的な交流の場となっています。
まだ読んだことがないという方は、今度サポステに来たときにぜひ覗いてみてください。そして何か書いていただければ幸いです。

7月の夜間座談会は、7月22日(金)18:00~20:00で開催します。
利用者どうしでいろいろな話をしてみたい方は、気軽に参加してみてください。




とまこまいサポステ発表会『働く「壁」のこわし方』、いよいよ明日(6月26日)開催です。
こちらも、よろしければぜひ覗いてみてください。
http://ameblo.jp/tomasapo/entry-12169193773.html


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは、スタッフ藤井です。

サポステの本質を知っていただくための連載、2回目です。


現代の就職活動には「採用そのものの難しさ」というのが依然存在するのですが、サポステを利用される若者たちの多くは「その前段での困難」を抱えている人が多いです。

別の言い方をすれば、仮に採用される難易度が緩くなったとしても、現時点では働くことの継続が様々な理由から難しい人たちが多くいるということ。

サポステ利用者への対応で、「役割・活躍できる場所を用意すれば困難を抱える若者は大丈夫」という言説がよく聞かれます。

この発想自体は間違いではない。

しかし「働く(活動する)前段での困難」がある程度でもクリアされなければ、それが例え体験やボランティア的な緩い活動でも継続は難しい。

これがクリアされて、ようやく役割だとか活躍できる場所が意味を成してくるのです。

ここを理解することが重要です。


サポステに相談にくる人たちは社会的な孤立状態にあることが多いです。

なぜ社会的に孤立するのかは、また次回にゆずります。

ここでは社会的に孤立している若者が多いという実情があることを共通認識にして話を進めます。


社会的孤立状態として代表的な例が学齢期だと「不登校」、学齢期が終わると「ひきこもり」という状態。

学校や職場という「行き場所」がなくなると、居場所は「家」しかなくなります。

そこが実家であれば、話す相手は親兄弟といった肉親のみ。

一人暮らしであれば、誰もいなくなります。

実家で親と暮していれば、ひとまずの生活はできるかもしれませんが、精神的な負担は大きいものになるでしょう。

サポステを利用する人たちは真面目な方が多いので、働いていない状況に甘えるのではなく、むしろ申し訳ない気持ち・いたたまれない気持ちに苛まされてしまいます。

それが自己肯定感の喪失につながる。

結果として他者と接することの不安・社会参加することへの不安という感情が生まれてきます。

学校や職場でのいじめを経験してしまった人は不安と同時に不信という感情もあるでしょう。


ゲームやマンガが趣味である利用者は多いのですが、面談で話をすると「大好きなゲームやマンガの話を他者と話したことがない」という方が少なくない数でいます。

社会的孤立とは友人もいないということです。

そして「友人がいない」ということが、ますます他者との接点を持つことに抵抗を感じるという悪循環に陥ってしまう。

だからサポステの面談ではシチュエーションに応じて、趣味や関心のある話をすることがあります。

その理由は上記のことを理解していただければ、お分かりになると思います。

まず好きなことを話せる他者がいることを本人が実感して、他者・社会への不安を軽減していかなければ、とてもじゃないですが「役割を全うすること」なんて出来ないのです。

それはサポステ利用者だからということではなく、ほぼ全ての人がそうでしょう。

多くの人は、比較的自然に他者・社会への不安を軽減できているので、そこの重要性に気付いていないというだけのことです。


最後にもうひとつ。

上記の他者・社会への不安の軽減は、サポステ本来の役目には含まれないものであること。

あくまで本来の主旨は「就労支援」なので。

もちろんそうは言っても現場で若者たちと接する身としてその必要性を感じているので、我々スタッフは不安軽減の取り組みを本来の業務と並行して行なってはいます。

しかし限られた時間・限られた人員で全ての利用者にそれを行なうことは残念ながら不可能です。

そこは、できれば「様々な社会資源」が担ってほしい。

では、どうするか?

それについて考える人・話し合える場がまずは増えていけばいいなと思っています。


それでは、また次回。


※札幌サポステの松田さんが興味深いブログ記事を書いています。こちらも合わせて読んでみてください。

http://saposute.net/blog/2016/06/09/1538.html


■サポステについて知っていただこう・バックナンバー

・第1回 : http://ameblo.jp/tomasapo/entry-12160186626.html

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。