とまこまいサポステブログ

とまこまい若者サポートステーションのブログです。
15歳から39歳の方を対象に働くこと、職業的自立(キャリア)のご相談・サポートを行なっています。

NEW !
テーマ:

こんにちは、スタッフ藤井です。


5月24日(火)19時から約1時間、白老青年会議所の例会にサポステスタッフ3名・利用者さん3名でゲスト参加してきました。
青年会議所とは、ものすごくざっくり言うと企業家・経営者の皆さんの集まり(雇われて働かれている方もいます)。

職員を採用する側の人たちという認識で間違いないと思います。


青年会議所の皆さんが所属している白老の企業では人手が足りないため、求人募集をかけるものの応募がないという実情(困りごと)を抱えています。

一方でサポステを利用している皆さんは「働く」という具体的な行動の前段階で、悩みや迷いを抱えている。

働く枠が用意されればすんなり働くことができる、とは単純に行かないことが現代の若者の実情といえるでしょう。


そういった現代の若者特有の悩みについて、まずは若者本人から聞いてみたいとの青年会議所の皆さんの想いから、今回の対話の場が用意されました。
そうなんです、今回はサポステから働きかけたのではなく、青年会議所の方からお話を頂いたのでした。これはけっこう大きなことだと思います。


初めての場ということもあり、双方の認識の違いから最初は話がすれ違うことが多かった印象でした。
特にサポステ利用者さんが抱えるメンタル面での不調への理解は当初なかなか難しいところがあったのですが、丁寧な対話が功を奏したのか後半では企業家の皆さんに理解いただくことができました。


若者の就労にあたっては、若者と企業の相互理解・相互の歩み寄りが必要だと思います。

今回の対話の場はその最初のきっかけになるはずです。

来月下旬には、苫小牧駅隣接の商業施設ココトマにて、とまこまいサポステの発表会を行なう予定です。

上記の白老青年会議所との対話を受けて、苫小牧市内にサポステ自体とそこを利用する若者の皆さんについて知らしめる・発信する場になるように準備していきます。

こちらの準備に関わっていただけるサポステ利用者さんを募集しています。

関心のある方は、スタッフに声をかけてください。

AD
いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは、スタッフ藤井です。

 

今年度のサポステは外部連携を軸のひとつに決めましたので、今まで以上に外部機関に顔を出す機会が増えています。そこでよく言われるのがサポステのそもそもの存在意義があまり理解されていないということ。具体的に何をやっているかも実はきちんと伝わってないことが分かりました。

そんな中で他機関と連携して支援を行なったり、新たな傾向としてサポステ利用者を巻き込んで新しい働き方を模索しよう、みたいな形での連携が求められることが増えてきているのですが、上記のような理解が深まっていないと、いざ連携しようとして噛みあわないことになり、サポステ利用者も含めて全員が戸惑い疲弊することになる。

 

これは私たちの告知不足が最大の原因ではあります。この点について反省し、今後意識的にサポステの取り組みと今の若者とそれを取り巻く社会について、サポステという現場に関わる視点から伝えていきたいと思った次第です。月1回ペースを想定。

ということで今月から第1回目スタート。

 

サポステを利用する若者とはどういう人たちなのか、の前に社会という大枠の話をしたいと思います。

現代の若者が就労に困難を抱える要因として、社会構造の変化に着目する必要があります。

若者にどう接すればいいか、どう関わればいいかという観点だけでは、現代の就労支援は成り立たないということです。

 

例えばわたくし(藤井)が新卒で初めて社会人として働いたのは1990年。

当時はいわゆるバブルがはじける直前で、わたしが通っていた専門学校のロビーの壁一面にびっちり求人票が貼られていて、ある種よりどりみどりで選べる状況でした。

当時のわたしは世間をなめきったダメな若者だったのですが、そんなわたしでも余裕で採用されました。

実際は1年経たずにその会社を辞めてしまうのですが、一般論としてはそのまま定年まで働き続けることが当たり前だろうと誰もが思っていた時代でした。

 

働く現場もわたしを含めた新人は最初の半年くらいは資料をコピーするだけとか、先輩が出した印刷物を取りに行ってそれを他の部署にまわすとか、データをチェックしてOKかエラーがあるかを報告するだけとか、そんな失敗する方が難しい緩い感じでした。

入社してすぐの会社設立記念日は全社員無料で東京ディズニーランドに行きなさいというバブルっぷり(関東圏にある会社でした)。

ディズニーランドはまぁオーバーな話だとしても(実話ですけど)、大枠ではどの会社もそう変わらなかったと思います。

失われた10年(というかもう20年ですか)の直前の話です。

 

当時の社会にはインターネットはない(パソコン通信はありましたけど一部の人が嗜好している程度でした)。

スマホはもちろん携帯電話もない。

LINEはもちろんメールもない。

デジカメすらまだ一般的じゃない。

気軽に写真を撮ってSNSに投稿なんて概念はもちろんない。

仕事のスピードは今よりもっと緩やかなものでした。

 

駅の改札ではまだ人が切符を切っていたところもある。

飛行機のチケットを取るのに、まだ人が作業をしていた時代。

コンビニの品揃えも、まだバリエーションが限られていた時代。

 

上記の状況に比べて「今」はどうでしょうか?

仕事の現場で求められている事柄は、おそろしく高度なものになっています。

新人を教育する余裕がある職場がどれほどあるでしょうか?

わたしのようなおじさん・おばさんが「昔のおれたちはこうだったんだ」という話を今の若者にしたとして、どこまで通じるでしょうか?

 

自分たちが20代の頃の経験・知識で、「今」の社会で働くことを想定したときにどうなるだろうか、という想像をしてみてください。

そこを通して考え始めると、今の若者への理解が深まりやすいかと思います。

 

AD
いいね!(8)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは、スタッフ藤井です。
すっかりゴールデンウィークが終わってしまいました。
遅ればせながらではありますが、今月の予定をお知らせします。

■ 5月10日(火)
13時からの開館になります

■ 5月11日(水)
ハローワーク・ワークプラザ 出張相談
10:00 ~ 11:30

場所 : 苫小牧市表町5丁目11番5号 ふれんどビル3階

ウォーキング
13:00 ~ 15:30

要予約です

■ 5月13日(金)
室蘭 出張相談
13:00 ~ 15:00

場所 : 室蘭市中島町1-18-4 日昇堂ビル3階

■ 5月18日(水)
ハローワーク・ワークプラザ 就活セミナー
10:00 ~ 10:40 10:50 ~ 11:30

場所 : 苫小牧市表町5丁目11番5号 ふれんどビル3階

白老 出張相談
13:30 ~ 16:00

場所 : 白老町東町4丁目6-7 いきいき4・6 2階

■ 5月19日(木)
お家でアロマ&ハンドマッサージ・カラーセラピー
13:00 ~ 14:30 ルームスプレー制作
15:00~ ハンドマッサージ&カラーセラピー

ハンドのみ200円、カラーのみ500円、両方600円
5月17日(火)までの予約をお願いします

浦河 出張相談
13:00 ~ 15:00

場所 : 浦河町築地1丁目5-1 浦河町勤労青少年ホーム

■ 5月20日(金)
沼ノ端コミセン 出張相談

13:00 ~ 15:00
場所 : 苫小牧市沼ノ端中央4丁目10-16 沼ノ端コミュニティセンター

■ 5月25日(水)
13時からの開館になります


ハローワーク・ワークプラザ 出張相談
14:00 ~ 15:30

場所 : 苫小牧市表町5丁目11番5号 ふれんどビル3階

■ 5月28日(土)
のぞみコミセン 出張相談
13:00 ~ 15:00

場所 : 苫小牧市のぞみ町1丁目2-5 のぞみコミュニティセンター

夜間開所・座談会
18:00 ~ 20:00

先月に引き続き、サポステを夜間に開けて、参加者どうしでフリートークを行ないます

以上です。

下記、予定表も参考にしてみてください。

AD
いいね!(3)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは、スタッフ藤井です。

新年度を迎え、新体制となった苫小牧サポステ。
リニューアルの波に乗って、チラシとリーフレットも新しいデザインのものを作りました。
これから苫小牧市内に限らず、各方面に配布していきます。

インパクトのあるチラシのデザインは専属スタッフが考えた複数の案から、サポステ利用者さんに選んでもらったものを採用しています。
リーフレットは落ち着いた色合いの中に、ドット絵の意匠を組み込んでみましたが、今となってはドット絵は若者向けではないのかな。

今後、苫小牧・白老・室蘭・浦河といった各地の出張相談用のチラシを個別に作っていく予定です。
デザインに興味がある利用者さんがいましたら、ぜひ一緒に考えて作ってみましょう。





AD
いいね!(2)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは、スタッフ藤井です。
今月から新体制でのサポステが始まっています。
プログラムを大幅に減少させ、面談メインという形。

利用者・スタッフ共にまだ戸惑いが多い中で日々取り組んでますが、面談メインという流れは定着しつつある感じです。
実際、面談数は多く、現在あっという間に予約が埋まってしまう状況です。
面談ご希望の方は早めに予約していただると、その後の流れがスムーズになります。
面談枠の中で個別ウォーキングや職場見学・PC作業といったこともしていますので、プログラム減のフォローに繋がればと。

面談メインになったことで利用者間の交流機会が低くなっているという実情もあり、そこへのフォローの一環として今月から夜間開所日を月1で設けることにしました。
今月は4月28日(木)18時~20時で開催。
最初ということもあり、スタッフ全員参加。
出席いただいた皆さんとフリートークという形で、まずこの新しい場を一緒に体験できたらと思います。
ちょっとした菓子類を用意しておきます。
時間内であれば、いつ来て、いつ帰ってもOKの自由参加となっています。
いいね!(3)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。