とまこまいサポステブログ

とまこまい若者サポートステーションのブログです。
15歳から39歳の方を対象に働くこと、職業的自立(キャリア)のご相談・サポートを行なっています。


テーマ:

こんにちは、スタッフ藤井です。
詳細の報告が出来ずじまいでしたが、4月から毎月開催している『夜間座談会』、毎回いろいろな利用者さんがぽつぽつと参加してくれています。
今月までに3回開催しましたが、毎回楽しみに来てくれる方も増えてきています。

ひとまず「枠」だけを作って中身をどうするかは参加した人の意見を反映する形にしていました。
実際にやってみると利用者どうしで自由に話したいという声が多く出ました。
今はその要望を受けて、テーブルを複数用意して、自由にグループを移動しながらフリートークする場になっています。

また『自由ノート』を同じく4月から用意しています。
サポステに来た利用者やスタッフが文字どおり自由に文章を書いたり絵を描いたりしています。
座談会のような直接的なものではありませんが、こちらはこちらで間接的な交流の場となっています。
まだ読んだことがないという方は、今度サポステに来たときにぜひ覗いてみてください。そして何か書いていただければ幸いです。

7月の夜間座談会は、7月22日(金)18:00~20:00で開催します。
利用者どうしでいろいろな話をしてみたい方は、気軽に参加してみてください。




とまこまいサポステ発表会『働く「壁」のこわし方』、いよいよ明日(6月26日)開催です。
こちらも、よろしければぜひ覗いてみてください。
http://ameblo.jp/tomasapo/entry-12169193773.html


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは、スタッフ藤井です。

サポステの本質を知っていただくための連載、2回目です。


現代の就職活動には「採用そのものの難しさ」というのが依然存在するのですが、サポステを利用される若者たちの多くは「その前段での困難」を抱えている人が多いです。

別の言い方をすれば、仮に採用される難易度が緩くなったとしても、現時点では働くことの継続が様々な理由から難しい人たちが多くいるということ。

サポステ利用者への対応で、「役割・活躍できる場所を用意すれば困難を抱える若者は大丈夫」という言説がよく聞かれます。

この発想自体は間違いではない。

しかし「働く(活動する)前段での困難」がある程度でもクリアされなければ、それが例え体験やボランティア的な緩い活動でも継続は難しい。

これがクリアされて、ようやく役割だとか活躍できる場所が意味を成してくるのです。

ここを理解することが重要です。


サポステに相談にくる人たちは社会的な孤立状態にあることが多いです。

なぜ社会的に孤立するのかは、また次回にゆずります。

ここでは社会的に孤立している若者が多いという実情があることを共通認識にして話を進めます。


社会的孤立状態として代表的な例が学齢期だと「不登校」、学齢期が終わると「ひきこもり」という状態。

学校や職場という「行き場所」がなくなると、居場所は「家」しかなくなります。

そこが実家であれば、話す相手は親兄弟といった肉親のみ。

一人暮らしであれば、誰もいなくなります。

実家で親と暮していれば、ひとまずの生活はできるかもしれませんが、精神的な負担は大きいものになるでしょう。

サポステを利用する人たちは真面目な方が多いので、働いていない状況に甘えるのではなく、むしろ申し訳ない気持ち・いたたまれない気持ちに苛まされてしまいます。

それが自己肯定感の喪失につながる。

結果として他者と接することの不安・社会参加することへの不安という感情が生まれてきます。

学校や職場でのいじめを経験してしまった人は不安と同時に不信という感情もあるでしょう。


ゲームやマンガが趣味である利用者は多いのですが、面談で話をすると「大好きなゲームやマンガの話を他者と話したことがない」という方が少なくない数でいます。

社会的孤立とは友人もいないということです。

そして「友人がいない」ということが、ますます他者との接点を持つことに抵抗を感じるという悪循環に陥ってしまう。

だからサポステの面談ではシチュエーションに応じて、趣味や関心のある話をすることがあります。

その理由は上記のことを理解していただければ、お分かりになると思います。

まず好きなことを話せる他者がいることを本人が実感して、他者・社会への不安を軽減していかなければ、とてもじゃないですが「役割を全うすること」なんて出来ないのです。

それはサポステ利用者だからということではなく、ほぼ全ての人がそうでしょう。

多くの人は、比較的自然に他者・社会への不安を軽減できているので、そこの重要性に気付いていないというだけのことです。


最後にもうひとつ。

上記の他者・社会への不安の軽減は、サポステ本来の役目には含まれないものであること。

あくまで本来の主旨は「就労支援」なので。

もちろんそうは言っても現場で若者たちと接する身としてその必要性を感じているので、我々スタッフは不安軽減の取り組みを本来の業務と並行して行なってはいます。

しかし限られた時間・限られた人員で全ての利用者にそれを行なうことは残念ながら不可能です。

そこは、できれば「様々な社会資源」が担ってほしい。

では、どうするか?

それについて考える人・話し合える場がまずは増えていけばいいなと思っています。


それでは、また次回。


※札幌サポステの松田さんが興味深いブログ記事を書いています。こちらも合わせて読んでみてください。

http://saposute.net/blog/2016/06/09/1538.html


■サポステについて知っていただこう・バックナンバー

・第1回 : http://ameblo.jp/tomasapo/entry-12160186626.html

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは、スタッフ藤井です。

以前からぽつぽつとお伝えしていたとおり、とまこまい若者サポートステーションの発表会を行ないます。

タイトル : 働く『壁』のこわし方
    ~若者と企業の就労ニーズは何故かみあわないのか~


日時 : 2016年6月26日(日) 14:00~16:00
(14:00~15:00 サポステ説明・事例発表 15:00~16:00 グループワーク・質疑応答)

場所 : ココトマ・ラウンジ(苫小牧市表町5丁目11-5 ふれんどビル・テナント棟1階)
※ココトマ駐車場が使えます・ココトマ受付でハンコをもらうと無料です

問い合わせ : とまこまい若者サポートステーション
         TEL 0144-82-7141 Mail tm-saposute@roukyou.gr.jp

地域若者サポートステーション(サポステ)とは厚生労働省の認定事業として、働くことに悩みを抱えている15歳から39歳までの若者に対し、キャリアコンサルタントなどによる専門的な相談やコミュニケーション訓練など就労に向けた支援を行なう施設です。
一般的な就労支援の前段で悩みや困難を抱えている若者たちに寄り添いながら独自のサポートを行なっているサポステ。
そういった独自の就労支援がなぜ必要なのか?
現代を生きる若者たちが抱えるリアルな悩みとはどういったものなのか?
とまこまいサポステの実践発表を交えながら、お伝えします。

以上がチラシに書かれている文章からの引用です。
ここからは補足。

サポステが行なっている就労支援は盤石なものではありません。
「わたしたちにお任せいただければ、どんな若者も必ず立派な企業人に育て上げます!」というようなサポートはできません。
若者の就労とは、企業(とそれを取り巻く社会)と若者自身とのマッチングという側面があります。
マッチングが適切なものであるためには、双方に相互理解が本来なくてはならないはずです。
企業も若者も、社会で暮らす人間(の集合体)ですから、それぞれに都合というものがあります。
双方の都合は必ずしもかみ合うわけではなく、むしろぶつかり合うことの方が多いでしょう。
それでも現実的に考えれば、双方の都合がぶつかり合うことを前提に、相互の折り合いを考えていかなければならない
そういった相互理解に至るためには、若者が企業や社会を知るのと同時に(ふだんサポステではこれをやっています)、企業や社会の方にも若者について知っていただきたい。
今回の発表会は、そのための場になります。
サポステの説明を入り口に、若者と社会が相互について知り、まずは考える場になればと思っています。
そして相互理解の場がその後も日常的に継続していくことを望んでいます。

発表会のタイトルである、働く『壁』のこわし方 というのはサポステ夜間座談会で利用者の若者たちと一緒に考えました。
下記のチラシ(まだ未完成バージョン)も、利用者の一人が制作しています。
サポステを利用している若者たちの一部は、このように社会に対してボールを投げ始めました。
それを受け止めてくれる人たちが今回の発表会に来ていただければ、そして自分の考えを込めたボールを若者たちに投げ返していただければと思っています。

よろしくお願いします。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは、スタッフ藤井です。
前回の記事でちらっとお伝えしたとおり、とまこまいサポステの発表会を月末に控えておりまして。

その準備などでバタバタしていて、ブログの更新が遅れ気味になってしまってます。

6月に入ってからの告知で申し訳ありませんが、今月の予定をお伝えします。

■ 6月8日(水)

ハローワーク・ワークプラザ 出張相談
10:00 ~ 11:30

場所 : 苫小牧市表町5丁目11番5号 ふれんどビル3階


ウォーキング
13:00 ~ 15:30
要予約です

■ 6月9日(木)
13時からの開館になります

■ 6月10日(金)
室蘭 出張相談
13:00 ~ 15:00

場所 : 室蘭市中島町1-18-4 日昇堂ビル3階

■ 6月15日(水)
ハローワーク・ワークプラザ 就活セミナー
10:00 ~ 10:40 10:50 ~ 11:30

場所 : 苫小牧市表町5丁目11番5号 ふれんどビル3階

白老 出張相談
13:30 ~ 16:00

場所 : 白老町東町4丁目6-7 いきいき4・6 2階

■ 6月16日(木)
浦河 出張相談
13:00 ~ 15:00

場所 : 浦河町築地1丁目5-1 浦河町勤労青少年ホーム

■ 6月17日(金)
沼ノ端コミセン 出張相談

13:00 ~ 15:00
場所 : 苫小牧市沼ノ端中央4丁目10-16 沼ノ端コミュニティセンター


夜間開所・座談会
18:00 ~ 20:00
先月に引き続き、サポステを夜間に開けて、参加者どうしでフリートークを行ないます

今月はフライデーナイトでの開催

■ 6月21日(火)
13時からの開館になります

■ 6月22日(水)
ハローワーク・ワークプラザ 出張相談
14:00 ~ 15:30

場所 : 苫小牧市表町5丁目11番5号 ふれんどビル3階


■ 6月24日(金)

お家でアロマ&ハンドマッサージ・カラーセラピー
13:00 ~ 14:30 ボディスクラブ制作
15:00~ ハンドマッサージ&カラーセラピー
ハンドのみ200円、カラーのみ500円、両方600円
6月22日(水)までの予約をお願いします

■ 6月25日(土)
のぞみコミセン 出張相談
13:00 ~ 15:00

場所 : 苫小牧市のぞみ町1丁目2-5 のぞみコミュニティセンター


■ 6月26日(日)
とまこまいサポステ発表会 働く『壁』のこわし方
14:00 ~ 16:00
場所 : ココトマ・ラウンジ 苫小牧市表町5丁目11番5号 ふれんどビル1階

以上です。

サポステ発表会の詳細は、追ってお伝えします。

下記、予定表も参考にしてみてください。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは、スタッフ藤井です。


5月24日(火)19時から約1時間、白老青年会議所の例会にサポステスタッフ3名・利用者さん3名でゲスト参加してきました。
青年会議所とは、ものすごくざっくり言うと企業家・経営者の皆さんの集まり(雇われて働かれている方もいます)。

職員を採用する側の人たちという認識で間違いないと思います。


青年会議所の皆さんが所属している白老の企業では人手が足りないため、求人募集をかけるものの応募がないという実情(困りごと)を抱えています。

一方でサポステを利用している皆さんは「働く」という具体的な行動の前段階で、悩みや迷いを抱えている。

働く枠が用意されればすんなり働くことができる、とは単純に行かないことが現代の若者の実情といえるでしょう。


そういった現代の若者特有の悩みについて、まずは若者本人から聞いてみたいとの青年会議所の皆さんの想いから、今回の対話の場が用意されました。
そうなんです、今回はサポステから働きかけたのではなく、青年会議所の方からお話を頂いたのでした。これはけっこう大きなことだと思います。


初めての場ということもあり、双方の認識の違いから最初は話がすれ違うことが多かった印象でした。
特にサポステ利用者さんが抱えるメンタル面での不調への理解は当初なかなか難しいところがあったのですが、丁寧な対話が功を奏したのか後半では企業家の皆さんに理解いただくことができました。


若者の就労にあたっては、若者と企業の相互理解・相互の歩み寄りが必要だと思います。

今回の対話の場はその最初のきっかけになるはずです。

来月下旬には、苫小牧駅隣接の商業施設ココトマにて、とまこまいサポステの発表会を行なう予定です。

上記の白老青年会議所との対話を受けて、苫小牧市内にサポステ自体とそこを利用する若者の皆さんについて知らしめる・発信する場になるように準備していきます。

こちらの準備に関わっていただけるサポステ利用者さんを募集しています。

関心のある方は、スタッフに声をかけてください。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。