ナンでもカンでも好奇心!(tomamのブログ)

硬軟取り混ぜた種々雑多なネタについて書いてみようかと思います。
全くまとまりがないと思うけど、それが自分らしさということで。。。


テーマ:
いつものJSTVで、NHK BSプレミアムの番組『熱中スタジアム』が放映されています。
今回のテーマは「ケータイ vs スマホ」

調べると、内容のほとんどがネット上に書かれていました。
http://www.nhk.or.jp/n-stadium/33thm/thm_conte01.html

日本では、1/16に放送されたようです。

(本題に関係ないことを先に書きますが、司会の中越典子、きれいですね。
 JSTVで今、BS時代劇アンコール『陽炎の辻~居眠り磐音江戸双紙~』も放送されています。
 中越典子がヒロイン。和服姿も似合います。2007年放送の番組のようですね。
 『サラリーマンNEO』にも出ていて、友人の山西惇と競演していると思ったら、同じ事務所キューブの所属でした。)

さて、そこに出てきたのが、Tehu君という高校1年生。

(引用開始)
まるでジョブス!

「僕は学生なのですが、実際に身の回りでもスマホを持つ人が増えてきて。きのうも1人、僕に相談してきて、僕がオススメして、さっき予約したそうです。

現在高校1年生。中学2年生のときにアプリを開発しました。ヒマだったので…!
単純なものですが、体重や身長を入力すると簡単に健康状態を判断できるというアプリです。ちょっと、おなかが出始めたかなぁと思ったので。」(スマホ派・Tehuさん)
(引用終わり)

$ナンでもカンでも好奇心!(tomamのブログ)

もしかしたらこの人、この間読んだあのニュースの…、と思って調べたら、大当たりでした。
http://www.news-postseven.com/archives/20120201_83865.html

(引用開始)
世界3位となったアプリ開発灘高生 5歳で微積を解いていた

灘中在学中から“天才”としてその名を世界に知らしめる、現在灘高1年生のTehu君(ハンドルネーム=ネット上の別名)もそんなひとりだろう。灘中2年だった09年、わずか3時間で『健康計算機』というiPhoneの無料アプリを開発。同年10月に公開されるや、11月には総合部門でダウンロード数世界3位を記録した。
このTehu君にどんな子供だったのかを尋ねてみた。iPhoneから返ってきたのは、

「2歳からPC
5歳で微積
7歳で英検3級満点合格
11歳で全国模試トップ3回
くらいしかないです。」

とのメールだった。ちなみに「2歳からPC」は、親に教わらずにタイピングしていたとか。凡人から見れば比類なき偉業の数々、それでいて「くらいしかないです。というのだから恐れ入る。Tehu君は、灘から米スタンフォード大に進み、いずれは起業したいという目標に向かっている。

※週刊ポスト2012年2月10日号
(引用終わり)

5歳で微積。何という天才でしょうか。

さらに、既にWikipediaに記事がありました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/Tehu

本名は張惺(ちょう・さとる)だそうです。「ちょう」だから「てふ Tefu」ですね。

名字から推測するに、在日韓国人(朝鮮人?)でしょうか。
私の出身高校(東大寺学園)でも同級生に在日の人が4-5名いました。比率的にはかなり高いですね。

テレビで見て驚いたことに、身長が高い。194cmとか。
顔の印象と違っていてビックリしました。(…どうでもいいですか?)

$ナンでもカンでも好奇心!(tomamのブログ)

そして、司会のオリラジ中田や、ゲストのはんにゃ金田にいじられていました。
こんな人がテレビで芸人にいじられる。なかなか得がたい経験でしょうね。

$ナンでもカンでも好奇心!(tomamのブログ)


本人のサイトはこちら。
http://tehu.me/

彼が開発した話題のiPhoneアプリもダウンロードできるようです。
(私は使っていないので、関係ないですが…。)

将来は、同じく(元)在日の孫正義氏のようにIT関係の仕事で大活躍することになるかもしれません。

大経営者にでもなったりしたら、この番組の映像が「若い頃の恥ずかしい映像」などとして使われることになるでしょうね(笑)
いいね!した人  |  コメント(2)
PR

[PR]気になるキーワード