精神世界の鉄人のブログ

UFOやチャネリング、霊、輪廻、超能力などの不思議な話題から、ビジネス、経済、政治、歴史、文化などの社会問題、そして、恋愛や結婚、ダイエット、旅などの現実的な話題まで、幅広く、日々感じたことを、書き綴ってみますね。


テーマ:

9月10日(日)の茨城県でのセミナーも、大盛況で終了しました。

参加された皆さん、ありがとうございました。

 

基本的に、私のセミナーは、国内でしたら、7名以上集まれば、どこにでも行きます。

 

今回は、今年になって知り合った、二宮さんという方の主催で開催しました。

場所は、茨城県笠間市にある、「言の葉」という素敵なお店でした。

 

 

ここで、3時間、たっぷりと「地球文明」について語りました。

 

{8CBAEE1B-C58C-4142-B042-412DF25E2364}

 

 

セミナーの後で、主催者の二宮さんとのツーショット写真です。

 

{832193F7-20E1-4299-B0B0-2E815CF33342}

 

 

参加者の皆さんとも、記念撮影しました。

 

{1F4EC494-A8EA-4E68-AB82-32A875033305}

 

 

それから、場所を移動して食事会。

 

最後は、オシャレなカフェでお茶しながら、また、いろいろ語りました。

カフェでは、皆さん、現在の世界情勢について、様々な疑問や不安があったようで、私のわかる範囲で、わかりやすく説明すると、皆、納得して安心してくだったようでした。

 

 

それから、翌日は、セミナーの参加者、フェイスブックで知り合った友人などに声をかけて、皆で、主に茨城県内をまわりました。

 

 

いつも、「行き当たりバッチリ」の旅なのですが、今回も直観を信じて、いくつかまわりました。

 

 

 

最初は、車で海岸線を走ったのですが、やはり、ここのあたりも、「世界樹」の化石だと思われる岩が、ゴロゴロありました。

 

宮崎県の「鬼の洗濯岩」のように、規則性をもって並んでいるのです。

 

{2D30AAF9-D623-4656-A5E2-20E3EF515E44}

 

 

{D8FA1A6B-FDD9-4AB1-9C4F-CD4061A163DB}

 

 

 

日本中に、「世界樹」と言われる、超巨石の伝説があります。

 

私は、個人的に、「高天原=世界樹」という仮説を主張しています。

 

「高天原があった」という伝説で有名な場所は、下記の12カ所みたいです。

 

新井白石という学者が、

 

「茨城県にも、高天原があった」

 

と主張していたようですね。

 

{BD9B6287-0AD2-4B0E-A5B3-6812AF414430}

 

 

興味深いですね~!

関東近辺でも、太古の時代、超巨木が、そびえ立っていたかもしれないということです。

 

 

最初に向かったのは、「酒列磯前神社」という所でした。

 

{1A86A141-83B6-476A-B9B3-005BC16050C6}

 

 

{FD0E96A7-D904-47ED-8C17-1E46EB65F529}

 

 

樹木で覆われた参道です。

拝殿まで、この素敵な道を歩いていくのです。

 

{F4224922-1AC6-478E-870D-9D418A34B987}

 

 

海が見える鳥居です。

 

{C8FB4707-DD28-4C87-87A9-160AEA87C100}

 

 

鳥居です。

 

{EE868BD0-D7E4-4BD3-94E7-299E5A033E32}

 

 

拝殿の前で、記念撮影しました。

 

{47923B76-96FE-4EEB-91AD-48F16B1776EB}

 

 

屋根の彫刻が、私には、「世界樹」に見えました。

 

{1C5E8935-F05D-48E5-B801-2AEA5B401F8A}

 

 

 

鹿島神宮にも行きました。

ここに参拝に行ったのは、10年以上ぶりでした。

 

{D6D35008-198E-4A9F-8E84-848D53672852}

 

 

立派な門ですね。

 

{C5DA74AB-E38B-42CD-8384-39C079865EC1}

 

 

広い境内に大きな樹木が、ニョキニョキ生えています。

 

{466654C1-BD29-47B7-B776-246084BFED04}

 

 

本当に氣がいいパワースポットというのは、このように、樹木の根が、浮かび上がってくるそうです。

おそらく、生体エネルギーが充満しているから、地面深くから栄養をとる必要がないのだと思います。

 

{D79F9050-74F6-48A1-B617-17FE4431D748}

 

 

奥宮です。

この先に、有名な「要石」があります。

 

{8E2530FA-1B11-45BF-B18E-7A957EC73379}

 

 

要石のある場所には、鳥居もあります。

 

{33FB8552-4679-45D7-84B1-B6EA169AB791}

 

 

説明書きです。

 

{46F62E5B-2E4F-4BFD-8EBA-6FB9F965187F}

 

 

要石です。

 

{75FBB6F2-63D7-4158-8A9B-85923D484BB4}

 

 

要石の近くにある木の根も、気になりました。

 

{675AB0C3-B73A-40A7-A4DA-74A08B68CD87}

 

 

一般的に伝えられている話です。

 

 

要石は、鹿島・香取の両神宮にあり、要石の由来については、

「その昔、鹿島神宮の武甕槌(タケミカヅチ)神、香取神宮の経津主(フツヌシ)神、この二柱の大神が、天照大神の大命を受け、芦原の中つ国を平定し、常陸・下総付近に至った。しかし、この地方では、地震が頻発し、人々は、いつも脅えていた。これは地中に大きな鯰魚(なまず)が住みつき、暴れているせいだと言われていた。大神たちは、地中に深く石棒をさし込み、鯰魚の頭尾を押さえ、地震を鎮めたと伝わっている。その石棒が要石と呼ばれている」
 
だいたい、こんな内容で、伝わっています。
 

また、鹿島神宮の要石は凹形、香取神宮の要石は凸形で、地上に一部だけをあらわし、深さ幾十尺とされているそうです。
 
貞享元年(1664)三月、徳川光圀公が、当宮に参拝の折、これを掘らせたが根元を見ることが出来なかったと伝わる。

 

 

 

これは、有名な石像ですね。

 

武甕槌大神が、地震をおこすナマズの頭を、剣で押さえつけています。

 

{F55ED32C-A941-4775-9757-0AF6AEC50083}

 

 

しかし、宇宙考古学的な視点で、この石像を眺めると、また別の解釈ができます。

 

{AC80481D-D756-40E7-9191-7E5A6945DF00}

 

 

この「ナマズ」は、「龍」だったかもしれません。

 

太古の時代、この土地の人々には、「龍」という概念がなったから、身近な生き物であった、「ナマズ」だと認識したのかもしれません。

 

 

さらに、「龍」は、「恐竜」だったのかもしれません。

 

もっと想像を膨らませると、「龍型のUFO」だった可能性もあるのです。

 

見てください!

 

これは、南米で発見された壁画です。

宇宙飛行士が、龍の姿のUFOの内部で、操縦している様子みたいです。

 

151017_223830.jpg

 

 

この二つの石像、なんとなく、どこか似ていませんか?

 

もしかしたら、同じ宇宙人(神様)が、日本にも南米にも来ていたのかもしれません。

それを、別の土地の人々が、それぞれの主観で、そして、違った認識で目撃したので、違う形で残っているだけかもしれません。

 

宇宙人たちは、その時代ごとに、それぞれの土地の人々の好みに合わせた姿で、各地に登場をしていたようです。

 

 

こうやって、いろいろ考えると、楽しいですね~!

 

 

 

私たちは、この後、お腹が空いたので、「杉の木」というレストランで、食事しました。

 

{6446F002-F81E-41CD-AE5D-17864E04CFD2}

 

 

最近のマイブームが、「38」という数字なので、このお店の名前には、強力なシンクロを感じました。

 

{39D01244-C0AD-4DE1-98DC-9AA3F6F941EE}

 

 

「杉」という文字の中には、

 

「三」+「十」+「八」=「杉」

 

という文字が入り、

 

「38」=「杉」

 

になるのです。

 

 

これは、以前の旅行記にも書きましたが、日本人の始祖である、イザナギとイザナミの最初の子供が、38名だったという話に繋がるのですが、ほとんどの神社の境内には、「杉」がありますね。

 

あれは、日本人の始まりでもあり、天皇家の先祖でもある、「38人の神様」の存在を、暗喩しているのだと思います。

 

 

 

茨城の旅では、他の場所でも、しばしば、「38」の数字を目にしました。

 

別の日に、ランチしようとして入った居酒屋の前にも、「三十八」の旗が、飾られていて、ビックリしました。

 

この写真です。

 

image

 

 

太古の時代に、日本を守護していた神々からのサポートを、強力に感じた旅でした。

 

 

 

息栖神社という所にも、立ち寄りました。

 

{5DBD47E9-5F41-4B94-BE8F-0E5EADEF1AB7}

 

 

{C11DBAC8-EF6C-4A9E-884C-18C3F37964AA}

 

 

ここも参道が、樹木に覆われている素敵な場所でした。

 

{CB2E4B35-89BC-4B98-9957-47B4CA0F09E0}

 

 

境内には、「力石」もありましたが、こういうのを、持ち上げようという気力は、今の私にはありませんでした。(笑)

 

{5504449D-5BE9-47A6-8891-B16FD76CD5F3}

 

 

拝殿です。

 

{08E25E7B-955F-4EF5-A967-504F90E45D15}

 

 

御神木もありました。

 

{8385467A-953C-4046-8889-AF2C66EE9A79}

 

 

お稲荷さんもありました。

「イナンナ」ですね。

 

{5AAB0E95-F7DA-4A32-9753-5C56849D513C}

 

 

大黒天もいました。

「キリスト」ですね。

 

やはり、茨城県は、

 

「茨の冠を被った王様の城があった場所」

 

だったと思います。

 

{E97B9670-412E-4900-B11E-1916278B5363}

 

 

側高神社という所も、立ち寄りました。

 

{82D3CA62-018B-4D7C-A66B-7AB752D8043F}

 

 

面白い名前ですね。

 

「高」という文字は、「ピラミッド」の意味も含んでいるそうなので、もしかしたら、この近くに、太古の時代、ピラミッドがあったのかもしれません。

もしくは、

 

「現在では、山にしか見えないけど、その正体は、ピラミッド」

 

という山が、近くにあるのかもしれません。

 

 

案内板です。

この辺りから、住所は、千葉県になるのですね。

 

{F45A8E68-B2F6-45F0-A1FF-0047018A9443}

 

 

境内の坂を登っていきました。

 

{48F09203-75B5-4BD7-B686-B071E74AC0B9}

 

 

拝殿です。

 

{13040A24-0A8D-45DB-A044-766A6F6F3FAE}

 

 

{A141EF35-B89E-4567-B6E7-C2724E8AAA31}

 

 

 

拝殿の横に、摂社もありました。

 

{CF902A91-ED59-40C4-B55B-4F07B6B79F7D}

 

 

祭られている神様は、「毘沙門天」でした。

 

この神様の正体は、「エンキ」です。

日本では、「イザナギ」でもありました。

 

「千手院観音」というのは、「38人の子供」に関係していると思います。

それを守護しているという説明に感動しました。

 

だって、「38人の子供」のお父さんが、「毘沙門天=エンキ=イザナギ」なのですから。

 

さりげなく、凄い秘密が、書かれていますね~!

宇宙考古学を勉強していると、神社巡りが、100倍楽しくなります。

 

{7C21849E-8E25-44C0-918B-144853E921BD}

 

 

愛嬌のある狛犬もいました。

 

{E116C4B0-EC4E-45AF-8004-244A9C766523}

 

 

 

最終地、香取神宮に着きました。

 

記念撮影しました。

 

{3551BFB8-CC6D-4781-9382-8F7499B3EE5A}

 

 

美しい門ですね。

 

{C3C7EEAD-ABF8-4B4F-A839-401372CB7F17}

 

 

案内板です。

 

{1B8578F0-C338-4BCB-BDC6-187539AA6D56}

 

 

また、美しくて貫禄のある門がありました。

 

{625EAB0D-6CAE-4B2E-BF6E-532F1741DF04}

 

 

私には、やはり、「世界樹」に見えます。

 

{535526C9-6046-4F1E-B1A9-98B1DED825D6}

 

 

境内には、やはり、御神木がありました。

 

{18072E93-4428-40A7-989C-75E310C71C44}

 

 

拝殿です。

 

{63370D89-48CE-492F-B729-1551AD975913}

 

 

拝殿の中です。

 

細かい話は、割愛させていただきますが、鏡を支えている木の部分、「アヌ王」のUFOですね。

 

{99D8DF3F-3844-48E0-B7ED-BB157A32D334}

 

 

拝殿の屋根の彫刻に、驚きました。

 

これは、何に見えますか?

 

私には、シュメール文明における、地球の王様、「アヌ王=天神アン」に見えます。

 

いかり肩で、貫禄のある神様ですね。

王冠を被り、口髭を生やし、両手に剣を持っているようにも見えます。

トランプのカードの「キング」の絵札といえば、わかりやすかな?

 

{484C08D0-4A04-42AE-9872-7598C2F1366F}

 

 

香取神宮は、「アヌ王」の拠点だったかもしれませんね。

 

 

 

旅の最後には、二体の龍の雲も出現しました。

 

{A1F78BEE-BE23-40ED-A98B-58B3A42A7A0E}

 

 

 

と~ても楽しい、茨城の旅でした。

旅先で出会った、全ての方に感謝します。

 

また、遊びに行きますね。

 

 

 

 

☆「言の葉」のサイトです。

お近くの方、ぜひ立ち寄ってみてくださいね。

 

http://kotojimi.exblog.jp/

 

 

 

 

 

☆精神世界の面白いサイトが、たくさんあります。 ↓

http://airw.net/newage/rank.cgi?id=atlas



☆キネシオロジーの個人セッションも、やっています。

こちらも、ぜひ体験してくださいね。

http://www.tomaatlas.com/soul.htm

 

 



☆精神世界のランキングです。1日1回、ポチッと、クリックお願いしますね。↓

 

 


人気ブログランキング

 

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村


 

 


ペタしてね

読者登録してね

アメンバー募集中

フォローしてね

Twitterボタン
Twitterブログパーツ




以上



♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪


トーマ

toma_atlas@yahoo.co.jp



☆日記(エッセイ)の過去の全バックナンバーです。

http://www.tomaatlas.com/library00.htm

☆「精神世界の鉄人」のメルマガも、発行しています。

http://www.melma.com/backnumber_38906/

☆キネシオロジーの個人セッションです。

http://www.tomaatlas.com/soul.htm

☆MIXI内にも、「精神世界の鉄人」のコミュを、作成しました。

http://mixi.jp/view_community.pl?id=4663380



☆精神世界の面白いサイトが、たくさんあります。 ↓

http://airw.net/newage/rank.cgi?id=atlas

☆「光のネットワーク(リンク集)」です。

http://www.tomaatlas.com/linksnew.htm

☆私のメインサントです。 ↓

http://www.tomaatlas.com/




☆「精神世界の鉄人」のグルっぽです。

 
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

精神世界の鉄人さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。