精神世界の鉄人のブログ

UFOやチャネリング、霊、輪廻、超能力などの不思議な話題から、ビジネス、経済、政治、歴史、文化などの社会問題、そして、恋愛や結婚、ダイエット、旅などの現実的な話題まで、幅広く、日々感じたことを、書き綴ってみますね。


テーマ:

「北海道ヒストリーツアー」、最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

 

たくさんの感想メールにも、感謝です。

全部には返信できませんが、ちゃんと読ませていただいています。

いろいろな情報も、とても助かります。

 

 

北海道の旅行中は、毎日天候にも恵まれて、とても気持ちがよかったです。

 

特に、面白い雲の形が、たくさん見れて、昼間は、空ばかり見上げていました。

 

image

 

 

さて、旅行記の中で、日本列島が、人工(神工)だという説を主張しましたが、実は、日本だけではなく、世界中の全ての国が、そうなのです。

 

地球に存在している、全ての大陸や島々が、全部、完璧に計算されていて、しかも、完全なアートになっているのです。

 

複雑な事情があって、これは、ブログでは書けませんが、私の「地球文明」のセミナーに参加された方は、最後に、必ず、それを見せているので、知っていると思います。

 

毎回、全員が息をのんで、驚愕しますね。

 

 

 

ここでは、以前に紹介した、「イギリス」の話だけを、再度紹介しますね。

 

 

旅行記の中でも書いたように、私が、3年くらい調べて、辿り着いた結論は、この惑星は、何者かが意図的に創った、テーマパークのような所だということです。

 

この惑星自体が、「ディズニーランド」のような場所だということです。

 

そして、そのテーマは、どうやら、「感動」みたいです。

 

私たち、地球人は、ポジティブやネガティブ、全部ひっくるめて、いろいろな体験をして、最終的には、感動して学びながら、この惑星を卒業するというレッスンを、選んでいるようです。

 

 

さらに、この惑星の設計や建築、それから、運営に携わっきた存在たちは、たくさんのグループがいるようですが、ほとんどが、間接的に関わってきたようです。

 

しかし、その中でも、直接的に関わったグループもいて、やはり、その筆頭が、「アヌンナキ」の一族のようです。

 

 

この宇宙人ファミリーについては、何度も紹介しているので、詳しい説明は省略しますが、主力メンバーは、5人です。

 

この5人が、「地球を創った魔法使いたち」なのです。

 

 

まず、地球の最初の支配者は、「アヌ王(アヌンナキ)」です。

 

それから、その父親の二人の息子が、「エンリル」と「エンキ」です。

 

その二人の共通の孫娘が、「イナンナ(聖母マリア)」です。

 

そして、その息子が、「キリスト」です。

 

 

この5人が、特に活動していたようです。

 

 

この5人は、最初は、シュメール文明、エジプト文明、それから、日本、あとは、ヨーロッパなどに、拠点を置いていたようです。

 

 

 

これから話すことは、数か月前に、いきなり、私の頭の中で、閃いたアイデアです。

 

ヨーロッパでは、特に、「イギリス」で、活動していたようです。

今でも、彼らの活動の痕跡が、強烈に残っています。

 

 

心の準備は、できていますか?

「イギリス」の秘密です。

 

 

まず、「イギリス」の地図を見てください。

 

image

 

 

「イングランド」、「ウェールズ」、「北アイルランド」、「スコットランド」の四つに分かれていますね。

 

 

これらの土地の正体です。

「イングランド」です。

 

image

 

 

わかりやすく、白地図に、赤ペンで補助線を入れて、絵を描いてみました。

下手な絵で、すみません。(笑)

 

image

 

 

わかりましたか?

 

頭の大きな男、「ビッグヘッドマン」と呼ばれている宇宙人です。

背中から、羽根も生えていますね。

 

「アヌ王」です。

 

 

2番目に紹介するのは、「ウェールズ」です。

 

image

 

 

これも、白地図に、赤ペンで絵を付け足しました。

 

image

 

 

狛犬ですね。

口が閉じていて、角がありますね。

 

「エンキ」です。

 

 

3番目に紹介するのは、「北アイルランド」ですが、「アイルランド」とくっつけてみた方が、わかりやすいです。

 

image

 

 

これも、白地図に赤ペンを入れました。

 

image

 

 

白熊のような動物が、右を向いて、口を開けているのが、わかりますか?

こちらも、狛犬ですね。

 

口を開けて、角がないことから、「エンリル」だとわかりますね。

 

 

4番目は、面白いです。

 

「スコットランド」です。

 

image

 

 

これは、わかりやすですね。

ねんのために、こちらも、赤ペンを入れました。

 

image

 

 

ハイ!

 

三角帽子を被り、マントを着て、杖を持って、ホウキに跨っていますね。

魔女です。

 

つまり、「イナンナ」です。

 

帽子の上に、「十字架」のシンボルもありますね。

息子である、「キリスト」ですね。

 

 

わかりましたか?

 

「イギリス」の周辺は、「アヌンナキ」の一族で、構成されていたのです。

 

これに気が付いた時、背筋が、ぞーーーっとしました。

 

夜中だったのですが、一人で、部屋の中で、

 

「うわ~~~~!!!!」

 

と、叫んでしまいました。

 

 

 

地球の支配者である、「アヌ王」が、シェイプシフトしていたのが、「イングランド」なのです。

 

だから、ここに、「グリニッジ標準時」があり、地球の中心になったのです。

 

さらに興味深いことに、気が付きます。

 

イギリスは、長年、これらの4つのエリアが、仲よくできなくて、内戦や内乱などの紛争が、長く続き、結局、今の区分に落ち着いたようですが、もともと、これらの4つのエリアは、ファミリーとはいえ、全く別人格の宇宙人たちが、シェイプシフトして、構成された土地なので、一体になることは、不可能だったのです。

 

「紆余曲折の結果、収まるところに収まった」

 

ということだったのです。

 

 

凄くないですか?

 

これからは、世界中の戦争や紛争は、この視点で、考えたほうがいいかもしれません。

 

 

さらに、想像を膨らませてみます。

 

「イナンナ」が、どこからか、ホウキに跨って飛んできた時に、「スコットランド」に、シェイプシフトする直前に、オッチョコチョイだったのか、つい、

 

「キャー!」

 

と叫びながら、自分の片足のブーツを、落としてしまったようです。

 

ハイ!

 

「イタリア」ですね~!(笑)

 

{EE324675-308F-4C56-898D-99D8B3846C47}

 

 

それから、自己顕示欲が強く、強力な権力を見せびらかしたい、「アヌ王」は、自分たちの一族のシンボルマークである、「☆(星)」のマークを、刻むことも、忘れなかったようです。

 

ハイ!

 

「フランス」ですね。

 

大まかでは、「☆」の形ですね。

 

{70F0FC07-7814-4729-B2C6-A7F1649B9AE6}

 

 

こうやって想像すると、楽しいですね~!(笑)

 

 

 

旅行記の中で、日本においては、

 

「イナンナ」=「北海道」=「ラピュタ」=「クロマンタ」=「ドラゴン」

 

この話をしましたね。

 

 

ということは…

 

「イナンナ」=「スコットランド」=「北海道」

 

こういう等式も、成り立つのです。

 

 

全部まめると…

 

「イナンナ」=「スコットランド」=「北海道」=「ラピュタ」=「クロマンタ」=「ドラゴン」

 

こういうことです。

 

 

「スコットランド」と「北海道」には、共通点が、いくつかあります。

 

まず、真っ先に思い浮かべるのが、「ウイスキー」ですね。

 

このアルコール飲料が、両国の橋渡しになってことは、NHKのドラマ、「マッサン」で、有名になりましたね。

 

 

次に思い浮かぶのは、何でしょうか?

 

私は、「首長竜」が浮かびました。

 

「スコットランド」にある、「ネス湖」の「ネッシー」ですね。

 

{E8079F3D-DCB6-4977-9A2D-412D52F4042C}

 

 

最近では、人工衛星から、「ネッシー」の家族が、撮影されたりしているようです。

 

{B8238A4E-0C9C-4FD6-B2EA-7848A827EBDD}

 

 

そして、「北海道」の「クッシー」です。

 

image

 

 

どうして、ここに、同じUMAである、首長竜の伝説があるのでしょうか?

 

それは、二つの土地の正体が、同じ宇宙人である、「イナンナ」だからではないでしょうか?

 

こうやって、いろいろ考えると、想像が膨らんで楽しいですね~!

 

 

 

最後に、もう一つだけ書いておきます。

 

 

旅行記の中で、「UFO基地」の話題を書きましたが、そこの場所に、アイヌのカムイである、「オキクルミカムイ」の石像がありましたね。

 

頭部の大きい、「ビッグヘッドマン」とも呼ばれている、「アヌ王」です。

 

「オキクルミカムイ」という神様は、別名、「アイヌラックル」とも呼ばれていて、アイヌ民話における神であり、地上に誕生した初めての神であり、地上と人間の平和を守る神とされているようです。

 

私は、「アヌ王」、それから、「エンリル」と「エンキ」の二人の息子、その孫娘の「イナンナ」は、ともに、家族でもあれば、同じ魂のグループでもあると思っています。

 

つまり、同じ魂が分裂しているようなもので、外見や性格は、違っているように見えて、実は、中身は同じだということです。

 

 

だから、全部繋ぎわせると、

 

「アヌ王」=「エンリル」=「エンキ」=「イナンナ」=「オキクルミカムイ(アイヌラックル)」

 

こういうことなのです。

 

「=」の意味は、「同じ魂のグループ」だということです。

 

それぞれが、「生まれ変わった人物」だと言ってもいいし、最近流行の言葉で、「ツインレイ」と表現してもいいと思います。

 

神々という存在は、人間の考えるような時間や空間には、おさまるような存在ではないということです。

 

 

そして、世界中に、たくさんの神話や伝説がありますが、私が思ったのは、これらの主人公は、実は、全員、同一人物なんじゃないかということです。

 

もしかしたら、全ての人物は、上記の「アヌンナキ」の一族が、生まれ変わったり、タイムトラベルしたりして、人間の世界に登場した話なのかもしれません。

 

教育プラグラムのような台本があり、それぞれの土地や文化に合わせて、その時代の人間たちが、理解しやすいように、そのストーリーの役を演じていたのかもしれません。

 

 

 

では、「オキクルミカムイ(アイヌラックル)」の伝説、ちょっと長いけど、読んでみてください。

 

アイヌの神話による、「人類の始祖」の話です。

 

複数の名前がありますが、ここでは、「アイヌラックル」の名前で、統一してあります。

 

 

 

アイヌラックルの母親は、天上から最初に地上に降りた女神、ハルニレの木の精霊でもあるチキサニ姫。

父親は、天上界で一番の荒神である、雷神カンナカムイ。

妻は、天上の高位の女神である、白鳥姫レタッチリ。

 

かつて、まだ大地に動植物も人の姿も何もない頃、神(カムイ)の何人かが、大地に降り立ち、世界を作り始めた。

 

神々が、大地に降臨したときには、既に、混沌とした大地から、悪魔や魔神たちが生まれていたが、神々は、魔神たちから大地を守りつつ、世界つくりに努めた。

 

天上の神々は、この地上の様子に、大変興味を持っていたが、その中で、雷神カンナカムイが、地上を見下ろすや、地上にいるチキサニ姫に心惹かれ、たちまち雷鳴と共に、チキサニの上に降り立った。

 

雷神の荒々しい降臨によって、たちまちチキサニは火に包まれ、数度の爆発の末、燃え盛る炎の中から、赤ん坊が誕生した。

 

これが、カンナカムイとチキサニとの間に産まれた子、アイヌラックルである。

 

天上界の神々は、地上に神の子が産まれたことを知り、ただちに養育の準備に執りかかった。

 

まず、幼い神の子を育てるための砦を、地上に築き、養育役には太陽の女神が任に当たった。

 

チキサニは、我が子の誕生後、6日間燃え続けた末に、消滅してしまったが、その炎は絶やされることなく、養育の砦の囲炉裏に入れられ、生活の中心として用いられた。

 

やがて、地上世界が完成し、動植物や人間(アイヌ)たちができあがると、神々は、人間に言葉を教え始めた。

 

知恵を身につけた人間たちは、神の子の養育の様子に倣い、それまでの洞窟生活をやめて家を建て、生活用具を作り、火を生活に用いるようになった。

 

神の子は、元気な少年神へと成長を遂げ、地上で、人間の子供たちとよく遊び、共に仲良く生活していた。

 

この頃から彼は、いつしか、神の子でありながら人間同様に暮す者として、アイヌ語で「人間くさい神」「人間と変わらぬ神」を意味する、「アイヌラックル」の名で呼ばれるようになった。

 

アイヌラックルと子供たちとの交流の中、網、弓矢などの生活道具が発案され、それらは人間たちの生活において、欠かせないものとなった。

 

ある雨の日に、アイヌラックルは、養育の女神に、大事なことを告げられた。

 

それは、アイヌラックルが、もうすぐ16歳となって成人すること、神であるアイヌラックルは、人間を指導する重要な役割を担っていること、争いを起こす人間は、魔物同然として、厳重に罰しなければならないこと、成人後の婚約者として、天上では既に、白鳥姫が選ばれており、後に姫が、地上に降りて来ることだった。

 

この頃には、かつて地上に蔓延っていた悪魔や魔神たちは、地底の暗黒の国へ身を潜め、地上には平和な日々が続いていた。

 

あるとき、巨大な鹿が、人間たちを襲うという噂が、アイヌラックルの耳に届いた。

さらには、夜中に魔女らしき者が、現れるという噂もあった。

 

神々の助言により、アイヌラックルは、この一連の噂こそ、魔神たちが勢力を増す兆しだと知り、地上の平和を守る神として、魔神たちと暗黒の国に、戦いを挑む決心をした。

 

アイヌラックルは、大鹿退治に出発した。

 

途中、小川のほとりで美しい姫に出逢った。

彼の妻となるべき、白鳥姫であった。

アイヌラックルは、姫に一礼し、道を急いだ。

 

そして、遂に大鹿が現れ、早速アイヌラックルに、襲い掛かった。

 

子供の頃に、よく鹿と相撲をとっていた彼も、通常の鹿の2倍はあろうかという巨体の前には、さすがに苦戦を強いられた。

激しい死闘の末、遂にアイヌラックルは大鹿を倒した。

 

アイヌラックルは、この鹿は、到底野生の者ではない、もうすぐ成人する自分の力を試すため、天上の神々が、使わした者に違いないと悟った。

 

アイヌラックルは、大鹿を手厚く葬り、地上の神である自分は、相手が何者であろうと、戦わなければならないことを告げた。

そして、アイヌラックルが、真新しい矢を天上目掛けて射ると、大鹿の魂はその矢に乗り、天上へと帰って行った。

 

大鹿退治から凱旋したアイヌラックルは、白鳥姫に再会したが、大鹿と共に噂にのぼっていた、魔女ウエソヨマが現れ、姫を奪い去った。

 

アイヌラックルは、憎き魔女を倒そうとするも、逆に魔女の魔力によって視力を奪われてしまった。

 

神々の助けで、アイヌラックルは養育の砦へ辿り付き、養育の女神の治療を受け、全快に至った。

 

一方で姫は、暗黒の国で、牢獄に閉じ込められていた。

 

その夜、アイヌラックルは、女神から授けられた天上の宝剣を手にし、防具に身を固めて、1人で砦を発ち、地底への入口を通って暗黒の国へと進んだ。

 

不意のアイヌラックルの出現に、魔女ウエソヨマを始めとする多くの魔神や悪魔たちが驚き、襲い掛かってきた。

 

アイヌラックルは、魔女ウエソヨマたちを、次々に斬り捨て、暗黒の国の大王をも征伐した。

 

大混乱に陥った暗黒の国で、アイヌラックルが、宝剣を天にかざすと、激しい雷撃が国を襲った。

アイヌラックルの父である、雷神カンナカムイの力であった。

 

稲妻のこもった宝剣を、アイヌラックルが、数度振り下ろすや、暗黒の国は火の海となり、12日間燃え続けた末に、完全に消滅に至った。

 

アイヌラックルは、愛する姫を救い出し、無事に地上の砦へと帰って行った。

 

養育の女神は、白鳥姫が、地上に降りたことを見届け、天上へと帰って行った。

 

その後、初めての地上の神である、アイヌラックルは、魔物たちの脅威が消え失せた地上で、人間たちと共に、平和に暮らし続けた。

 

魔神退治の他にも、数々の武勇を遂げた、アイヌラックルだが、晩年には、人間たちが次第に堕落していった。

 

遂にアイヌラックルは、それまで住んでいた地を離れ、いずこかへと去って行ってしまった。

 

それ以来、地上の悪事や災害は増す一方であり、人間たちは、アイヌラックルを失ったことを激しく悔やんだ。

 

しかし、アイヌラックルは去り際に、決して人間すべてを、見捨てたわけではなく、時おり雷鳴と共に、人間たちを見舞うと告げていた。

 

それゆえに、人間たちは、雷鳴が轟くと、アイヌラックルの来訪といって拝むようになった。

 

 

 

面白いですね~!

 

読んでいると、英雄伝説の映画を観ているような感覚になりますね。

 

日本の「古事記」にある、「イザナギとイザナミ」、それから、「シュメール神話」などとも、似ている部分がありますね。

 

 

 

 

☆恒例の「ボツになった写真集」です。

 

ストーリーの流れ上、掲載できなかった写真たちです。

特に深い意味はありません。

 

 

{D7EA1B8A-B6CC-4B84-B9E3-259A2AEFF475}

 

 

image

 

 

image

 

 

{B7B449AA-267F-4082-885D-5250B91EF604}

 

 

{76CB8118-39E7-4750-AB7E-7992C7BA64A8}

 

 

{4042872D-06B6-4146-89C1-BF6651018758}

 

 

image

 

 

image

 

 

{873DA0B8-90BE-4E7F-9FB6-9DFCCB70F154}

 

 

{C2D67C52-6C4E-4E5D-9F74-68E4CE555C4E}

 

 

image

 

 

{18F282DE-999A-4FE7-8D47-0881E555662D}

 

 

{893C1F54-68E2-44CD-891B-79D1834D3B72}

 

 

image

 

 

{F5E436EF-0E00-4EA5-A7DD-2E73C4D733E7}

 

 

{56523FAB-BC8A-4139-AE06-1FD015365498}

 

 

image

 

 

 

 

 

☆精神世界の面白いサイトが、たくさんあります。 ↓

http://airw.net/newage/rank.cgi?id=atlas



☆キネシオロジーの個人セッションも、やっています。

こちらも、ぜひ体験してくださいね。

http://www.tomaatlas.com/soul.htm


 

 
 
☆精神世界のランキングです。1日1回、ポチッと、クリックお願いしますね。↓

 

 


人気ブログランキング

 

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村


 

 


ペタしてね

読者登録してね

アメンバー募集中

フォローしてね

Twitterボタン
Twitterブログパーツ




以上



♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪


トーマ

toma_atlas@yahoo.co.jp



☆日記(エッセイ)の過去の全バックナンバーです。

http://www.tomaatlas.com/library00.htm

☆「精神世界の鉄人」のメルマガも、発行しています。

http://www.melma.com/backnumber_38906/

☆キネシオロジーの個人セッションです。

http://www.tomaatlas.com/soul.htm

☆MIXI内にも、「精神世界の鉄人」のコミュを、作成しました。

http://mixi.jp/view_community.pl?id=4663380



☆精神世界の面白いサイトが、たくさんあります。 ↓

http://airw.net/newage/rank.cgi?id=atlas

☆「光のネットワーク(リンク集)」です。

http://www.tomaatlas.com/linksnew.htm

☆私のメインサントです。 ↓

http://www.tomaatlas.com/




☆「精神世界の鉄人」のグルっぽです。

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

精神世界の鉄人さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。