精神世界の鉄人のブログ

UFOやチャネリング、霊、輪廻、超能力などの不思議な話題から、ビジネス、経済、政治、歴史、文化などの社会問題、そして、恋愛や結婚、ダイエット、旅などの現実的な話題まで、幅広く、日々感じたことを、書き綴ってみますね。


テーマ:

私たちは、車で、「上ノ国」に向かいました。

 

この日は、札幌のセミナーにも参加していただいた、Nさんという女性も、途中から合流するというので、その待ち合わせ場所に、車を走らせました。

 

とてもいい天気でした。

 

 

途中で、「上ノ国」に入ったら、明らかにエネルギーが変化したのに気が付きました。

 

身体中が、急激に浄化されたようになり、

 

ビリビリ…

 

と軽く痺れたのです。

 

私だけかと思ったら、運転していたSさんも、同じような感じたようでした。

 

「さすが、ゴッドランドといわれるだけのこと、ありますね~! まさに、神の国ですね~!」

 

こう言って、驚きました。

 

「ゴッドランド」という呼び方は、Sさんの友人たちの間での呼び名だそうですが、いい響きの言霊なので、私も、この土地を、そう呼ぶことにしました。

 

 

 

「上ノ国」の町に入る境界線のような所には、何か目に見えないけど、「ゲート(門)」のようなものが、存在しているようです。

 

やはり、ここが、「北海道発祥の地」だったのですね。

 

{788B1530-4238-412A-B80F-3C0B3E70B439}

 

 

車を停めて、「上ノ国」の看板の前で、記念撮影しました。

 

{E8B3EDA7-783E-4EF6-924B-FB5609F73F54}

 

 

この古びてみすぼらしくて、地味な看板がある、目に見えない、「ゲート(門)」をくぐった時に、久しぶりに、「狭き門」の話を思い出しました。

 

 

聖書に書かれている、「狭き門」の言葉が、頭に浮かんだのです。

 


狭い門からはいりなさい。
滅びに至る門は大きく、その道は広いからです。
そして、そこから入って行く者が多いのです。
いのちに至る門は小さく、その道は狭く、それを見いだす者はまれです。

 


「新約聖書 マタイの福音書」に書かれている「狭き門」の話ですね。

「狭き門」という表現からは、一般的には、大学受験などで、よく使われ、がんばって勉強して、難関大学に、合格するようなニュアンスを、感じる人が多いと思います。

でも、本来の聖書の意味は、「人目につかない」という意味で、使われていたようです。

イエス・キリストは、

「まことの救いは、人目につかなく、地味で目立たないところに、入り口がある」

と言っていたようです。
 


今までにも、数回、この門のエネルギーを感じたことはありました。

 

しかし、まさか、北海道の片田舎の町にも、聖書の「狭き門」が隠されていたとは…
 

 

 

Nさんとの待ち合わせ場所に着きました。

 

 

「もんじゅ」という名前の「道の駅」です。

この日は、改装工事をやっていました。

 

{C2401E80-DE57-4848-AD5B-8F3183355126}

 

 

「カミゴン」という、ゆるキャラが、入口に立っていました。

これのモデルは、国宝である、「中空土偶」だと思われます。

だから、「エンキ」ですね。

 

{2E17CC33-755E-47E6-9698-C0C9E6714758}

 

 

 

車から降りて、しばらく、3人で、海沿いを散歩しました。

 

Nさんは、なんと、この「上ノ国」のご出身なのだそうです。

それから、Sさんも、お父様が、同様に、この町の出身なのだそうです。

 

札幌セミナーの懇親会で、このことを知ったのですが、その時から、

 

「今回の北海道ツアーは、最終目的地は、上ノ国で、ここに何か重要な秘密が、隠されているな…」

 

こう思っていました。

 

 

3人で、おしゃべりしながら、仲よく歩いていると、海岸沿いに、奇妙な奇岩を発見しました。

 

「あれっ? あの岩は、何ですか?」

 

私が訊ねると、子供の頃から、この町で生まれ育ったNさんは、

 

「ああ… あれは、昔から、人の顔に見えると言われている岩ですよ。文殊岩とも呼ばれているそうですね」

 

こう答えてくれました。

 

 

この岩です。

 

{01B37E81-8EE4-4108-B2EA-70ED4C2566B0}

 

 

私は、直観で、この岩は、ただ事ではないと、わかったので、足早に近づける所まで、近づきました。

 

「う~ん、誰かに似ているな… 誰だっけ?」

 

私が、しばらく、頭を悩ませていると、Sさんが、突然叫びました。

 

「わかりました~! これは大黒天です!」

 

そして、もう一度、じっくり見てみました。

 

「本当だ~!! 大黒天だ~!!」

 

大声で叫び声を上げてしまいました。

 

 

見てください!

 

{F65CDF9F-F0FF-4B1C-AD8D-A50AC04E52B4}

 

 

まさに、「大黒天」ですね~!

 

頭から被り物をして、ほっぺたも膨らみ、下に袋も置いています。

 

「うわーーー!!!」

 

「きゃーーーー!!!

 

こう叫んで、3人で大興奮でした。

 

 

細かい説明は省略しますが、上森三郎さんよると、「大黒天=大国主命」は、「イエス・キリスト」でもあったそうです。

 

だから、

 

「イエス・キリスト」=「大黒天=大国主命」

 

だということです。

 

つまり、「北海道発祥の地」であり、「ゴッドランド(神の国)」でもある、「上ノ国」の中心地に、太古の昔から、「キリスト」の彫刻が、建てられていたということです!

 

超大感動で、全身がブルブル震えました。

 

どうして、今までに、誰も気づかなかったのかも不思議です。

 

大きさは、おそらく、目視した感じでは、「鎌倉の大仏」くらいの大きさだと思います。

 

 

もう少しだけ近づいてみました。

 

凄すぎませんか~~~!!!

 

{3BD57975-E149-4B8B-9601-2ED729C36BF5}

 

 

これが、「大黒天=キリスト」です。

 

{F1CDF2E6-B90B-4610-A53F-3BC4C2FA0BD1}

 

 

ブラジルにも、巨大な「キリスト像」がありますね。

 

{6F657BEC-8A74-4A97-B289-8AB44AA061A1}

 

 

だから、この岩は、日本版の「キリスト像」だと思います。

 

大きさでは、ブラジルに負けますが、年代の古さでは、はるかに凌駕します。

 

 

 

ということは…

 

私の大胆な仮説である、

 

「イエス・キリストが、母親であるイナンナ(聖母マリア」が、シェイプシフトしたラピュタを操縦して、江戸時代に、北海道の地を創り上げた」

 

という話が、まったくの荒唐無稽の話ではなく、一気に現実味を帯びてきたのです。

 

 

3人で、ここのレストランで、ランチを食べた時に、

 

「ところで、あの大黒天(キリスト)が、見ている方向は、どこなんだろう?」

 

という話になったので、試しに方位磁石を出して、Sさんが調べた所、だいたい南のあたりを見ていることが、わかりました。

 

地図を取り出して、その方向を見てみると、驚愕の事実が、浮かび上がってきました。

 

「ああ! この大黒天は、秋田県にある、クロマンタのピラミッド、それから、キリストの墓のあたりを、見ているぞ~~!!」

 

こう叫んで、またまた、3人で呆然としてしまいました。

 

 

「北海道の正体は、ラピュタであり、その正体は、イナンナ(聖母マリア)であり、それをサポートしていたのが、息子のキリストだった」

 

この仮説の状況証拠のようなものが、意外な展開で出てきたのです。

これには、本当に驚きました。

 

 

 

3人で、ここの公園を、さらに散歩しました。

「大黒天」の岩の後姿も、見てみました。

 

{5860150E-70B6-469A-8BAE-AF5B67DA2397}

 

 

3人で、「大黒様」を挟んで、記念撮影しました。

 

{02C2E33E-A77E-43E9-A30D-19C46BF92571}

 

 

Nさんとも、記念撮影しました。

 

{61B7A165-E1CB-4554-A6AE-3FFA7F4FBFC9}

 

 

SさんとNさんです。

 

{90B134AD-8F55-45A9-8C90-B4A78C668A1C}

 

 

 

別の角度からも見ようと、さらに近づいたら、ここでも驚いてしまいました。

 

なんと、この岩は、もう半分のほうは、全く彫刻がされていなかったのです。

 

{3592CA4A-A5AD-421A-80E4-75E5573E8EB7}

 

 

おそらく、当時の権力者の目をごまかすために、本州の方から、北海道に来る船からは、ただの岩に見えるように、偽装していたのだと思います。

 

だから、こんなに長い間、話題にならなかったのですね~、なるほど…、です。

 

納得しました。

 

 

 

この後、私たちは、「上ノ国」のパワースポット巡りをしました。

 

 

まず、最初に向かったのは、「上ノ国八幡宮」です。

 

記念撮影です。

 

{5104E8BE-57BF-4A85-84B5-50C9507E9091}

 

 

{EA6430A3-F028-418D-BEF2-7DAC0058F859}

 

 

境内の狛犬の「吽」の方、つまり、「エンキ」を見て、

 

「あれっ? エンキなのに、一本角がないな…」

 

と思っていたら、急に、トンボがやってきて、頭にとまり、見事に、「一本角の狛犬」が、完成しました。

 

3人で、大笑いでした。

 

今回の旅は、完全に、「アヌンナキ」の一族に、特別招待された旅でした。

特に、エスコトート役は、どうやら、「エンキ」のようでした。

 

{3EA4D423-D591-474C-95A8-93219E11C61A}

 

 

 

「上ノ国」では、どこに行っても地元のNさんの解説付きなので、とても助かりました。

 

説明を聞きながら、たくさんの気づきがありました。

 

image

 

 

image

 

 

この神社の境内には、とても珍しい、「鳥の狛犬」もいました。

初めて見ました。

 

{C9A1F3B1-3D08-4733-896C-093E08234C10}

 

 

{F0B57DEC-F597-4D7C-B888-ADFE4BA127AF}

 

 

 

次に向かったのは、北海道の中でも、かなり古い神社です。

「上ノ国」の近くにある、「江差町」という所にあります。

 

「姥神大神宮」という神社です。

 

記念撮影です。

 

{450990DD-DE59-4A3E-AAC4-160AD04D89A4}

 

 

{48E2E541-5A7C-43C0-BA9A-6A8E7E3F7213}

 

 

ここには、こういう伝説があるそうです。

 

「折居という特殊能力を持つおばあさんが、この地に、ニシンの大群を呼び寄せた。その後、折居様はこの地から姿を消す。折居様の住んでいた小屋に、神像があったので、これを姥神として祀ったことが、はじまり。おかげで、江差は、その後、江戸にもないほどの活況を迎えることになる」

 

おそらく、この「折居」というおばあさんは、「イナンナ」の生まれ変わりだったと思います。

 

 

拝殿で、参拝しました。

 

{42CE6DE0-4463-4A0A-81E7-816B3DAA545E}

 

 

「天満宮」もありました。

 

{F66535BB-FFC1-4E39-AD94-5DAA34FB3BF2}

 

 

ここでも、参拝しました。

 

{CA4D533C-4D15-4CCC-9198-B6A2CA315E0D}

 

 

扉を見て、驚きました。

「世界樹」と思われる巨木の絵が、描かれていました。

やはり、ここにも、「世界樹」があったのだと思います。

 

{51A0A4A9-1A5D-4B7A-A4DD-D046DF23AD40}

 

 

境内にある摂社です。

 

{BDE92AA6-95F9-4F4D-B1F2-690FC4DF032F}

 

 

ここに祀られている神様を見て、驚きました。

 

{9CC50179-9C6E-49AC-91BF-96C2E3D92816}

 

 

「海神」=「エンキ」

 

「風神」=「エンリル」

 

「金刀比羅神」=「キリストの二人の弟子」

 

 

この三つが、祀られていたのです!!

 

 

「金刀比羅神」のほうを、少しだけ説明しておきますね。

 

「キリスト」が、「八戸太郎天空」という名前を名乗って、日本中を行脚していた時、二人の弟子がいたそうです。

 

一人が、「大平太郎坊(おおひらたろうぼう)」という名前で、二人目が、「金笠太郎坊(かねかさたろうぼう)」という名前だったそうです。

 

「金笠」の「金」、それから、「大平」の「平」、この二人の名前の文字を合わせて、「金平(こんぴら)」と呼ばれていたそうです。

 

 

この二人が、「金刀比羅宮」、つまり、「こんぴらさん」の始まりだったみたいです。

 

「キリストの二人の弟子を祀った聖地」

 

ということです。

 

 

調べてみると、やはり、「金刀比羅宮」の祭神は、「大物主命」であり、「大国主神」の和魂でもあるそうですね。

 

「大物主命」=「大国主命」=「大黒天」=「キリスト」

 

ということです。

 

 

やはり、「上ノ国」のあたりは、「エンリル」と「エンキ」、それから、「イナンナ」、そして、「キリスト」という主要メンバーが、勢ぞろいしていた、地球文明の最重要地点だったみたいですね。

 

 

 

この神社の近くに、「かもめ島」という小島があり、そこにも行きました。

 

鳥居と御神体の岩です。

 

{F33D1534-C3B0-46E9-B448-14AA4A14DAC1}

 

 

{BC24E589-78D3-4B6A-868E-C23D740F66AC}

 

 

記念撮影です。

 

{A5772366-9F7F-4A55-873B-E2751D4AE8C6}

 

 

「瓶子岩」と呼ばれているそうです。

 

{BEF3AD5E-790E-4190-84D1-77DCFE5036B6}

 

 

「イナンナ」が生まれ変わったと思われる、「折居」が、「神」から授けられた瓶子が、形を変えたものだそうです。

 

おそらく、ここで言う、「神」は、「アヌ王」だったと思います。

 

「イナンナ」の曽祖父ですね。

 

 

たしかに、岩の形が、そのまま、「アヌ王」のシンボルマークですね。

 

{426DF604-F073-448C-A4FF-B4103E84B7DF}

 

 

太古の昔、ここに、地球の王である、「アヌ王」が、降臨したのだと思います。

 

 

 

ここで、しばらく、3人で、おしゃべりしていたら、いきなり、「ラピュタ」のような形の雲が、出てきました。

 

{015D2A5E-1252-495D-B2CE-6EC5F33790D8}

 

 

{33599336-D3A8-4FD3-9688-0786C13B800A}

 

 

それから、凄い迫力の龍の雲も、空一面に広がりました。

 

{B8087C0A-494F-46E2-9DD2-9EC94DE3E8B7}

 

 

{BFD63303-64BF-4288-87B2-1A725BF2899A}

 

 

Nさんが、何かのメッセージを受け取ったようで、

 

「いけない! こんなところで、グズグズと時間を浪費しないで、早く、最終目的地へ向かいなさい、こう言っているみたいです」

 

私たちは、それまで、リラックスしていたのですが、これを聞いて、急に真顔になり、

 

「そうなんですね。わかりました。最終目的地に行きましょう!」

 

こう言って、車に乗りました。

 

 

 

最終目的地に着きました。

 

私の頭上に、空一杯に広がっている、超巨大な龍がいるのが、わかりますか?

 

{850631C6-12FC-465C-9245-84C607687C99}

 

 

旅行中、」ずーっと見守ってくれた龍神様です。

「エンキ」だと思います。

 

{D041C477-08A0-47A6-8DC8-D7F715115850}

 

 

「夷王山」という山です。

 

{43040FE7-2976-4E32-8D48-74375F512C72}

 

 

「夷」というのは、「弓を引く一人の人」と言う意味で、

 

「狩猟採集民族の王」

 

つまり、

 

「縄文王国の王」

 

という意味だそうです。

 

そうです。

 

ここでも、やはり、地球の絶対神である、「アヌ王の山」ということです。

 

 

山頂に着きました。

ここからの眺めは、最高です。

 

遠くに、海と川が見えていますが、川の名前は、なんと、「天の川」だそうです。

 

{4F238317-DED3-4D2B-9E3A-91523CE89145}

 

 

ここでは、「大文字焼き」のようなお祭りが、行われるそうですが、この山に描かれる文字は、「大」ではなくて、「天」なのです。

 

「天文字焼き」をやるんですね~!

 

{0A6D2F71-7473-4845-BC04-3525B645CDB1}

 

 

鳥居と拝殿もありました。

 

{76DA377F-F910-43DC-AC44-D5199B57ABD0}

 

 

記念撮影しました。

 

{3732B38D-35B3-4CA3-8AA9-4C64F0126D59}

 

 

{68660B79-2DC3-49C6-AEC0-CE9C224DA5CC}

 

 

参拝しました。

 

{37B9568B-FE11-40F8-A924-9427A4CCB48F}

 

 

{E3F5D8B6-CBE9-4420-A753-B7DEF6F276BA}

 

 

 

全ての予定を終えて、車に乗ろうとしたら、私たちの前に、不思議な雲が、出現しました。

 

{AE69BF9A-4B70-43BD-8DEA-E033B4EEA433}

 

 

すぐに、その正体がわかりました。

 

「四枚羽の天使だ~! 地球の王、アヌ王だ~! とうとう、王様が現れたぞ~!!」

 

もう大感動の嵐でした。

目から涙が出てきました。

 

「バイバイ!」

 

こう言って、手を振りました。

 

{8DC06533-D662-4034-817C-E044C274609C}

 

 

 

ここは、本当に、「ゴッドランド」の呼称にふさわしい、神秘の土地でした。

どこに行っても、感動の連続でした。

 

 

それから、Nさんと分かれて、Sさんと二人で、函館空港に向かいました。

 

すると、また、車を追いかけるように、超巨大な雲が現れました。

 

「龍神様だ~! 最後に、エンキが挨拶に来てくれたぞ~!!」

 

こう叫びました。

 

またまた、大感動の嵐が、私の身体を渦巻き、目から涙が、ウルウルと流れました。

 

{2464A583-699A-4D5B-96E8-ADDB2AC4BBD2}

 

 

考えてみたら、この時期にには、北海道は、北朝鮮からのミサイル騒ぎで、騒然としていたようです。

 

私は、意識を、そこには合わせていないので、あまり気にしていなかったのですが、北海道の人たちは、不安だったと思います。

 

この時に、私が受け取った、「龍神様(エンキ)」からのメッセージは、

 

「私たちが、日本の空を守っているから、安心してください」

 

という内容でした。

 

 

そうなのです。

 

日本全体が、「ゴッドランド(神の国)」なのです。

何があっても、大丈夫なのです。

 

 

 

 

ふーっ、「北海道ヒストリーツアー」は、今回で最終回です。

 

どうでしたか?

 

今回も、旅行記を読みながら、一緒に楽しんでいただけたのなら、嬉しいです。

 

 

 

 

では、最後に、恒例の締めの言葉です。

今回は、この一言だけです。

 

 

「イヤィラィケレ」

 
 
※解説
 

アイヌ語で、「ありがとう」の意味ですが、しょっちゅう使ってはいけない言葉だそうです。

 

どんな状況でも、この言葉を使うのではなく、「イヤィラィケレ」は、とても丁重な言葉であり、アイヌ民族の間では、めったなことでは用いないそうです。

 

単語から導かれる意味は、

 

「私自身死ぬほどに」

 

という凄まじいニュアンスが、含まれるそうです。

 
日常生活のなかで、すでにできあがっているものを、頂いたり、ちょっとした小物を、頂いた場合には、
 
「ヒンナ−」
 
「フンナ−」
 
という言葉によって、表現するそうです。
 
非常に重要な感謝に対して、使う言葉が、これなのだそうです。
 
たとえば、
 
「いかに人間が、自然界のなかで、生きているのか?」
 
と考えた時に、人間が、自然を保護するということではなくて、人間こそが、自然界に保護されている。
 
その思いに立つ。
 
そのことを、
 
「イヤィラィケレ」
 
と言ったりするそうです。
 
大いなる恵みに対する、感謝の言葉が、「イヤィラィケレ」であり、「イヤィラィケレ」は、日常生活のなかでは、めったには使わない、最上級の言葉だそうです。
 
 
今回の旅行では、神々のサポートを強く感じたので、この単語を、あえて使わせていただきました。
 
もう一度、繰り返しますね。
 
 
「イヤィラィケレ」
 
 
 
 
 

☆精神世界の面白いサイトが、たくさんあります。 ↓

http://airw.net/newage/rank.cgi?id=atlas



☆キネシオロジーの個人セッションも、やっています。

こちらも、ぜひ体験してくださいね。

http://www.tomaatlas.com/soul.htm


 

 
 
☆精神世界のランキングです。1日1回、ポチッと、クリックお願いしますね。↓

 

 


人気ブログランキング

 

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村


 

 


ペタしてね

読者登録してね

アメンバー募集中

フォローしてね

Twitterボタン
Twitterブログパーツ




以上



♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪


トーマ

toma_atlas@yahoo.co.jp



☆日記(エッセイ)の過去の全バックナンバーです。

http://www.tomaatlas.com/library00.htm

☆「精神世界の鉄人」のメルマガも、発行しています。

http://www.melma.com/backnumber_38906/

☆キネシオロジーの個人セッションです。

http://www.tomaatlas.com/soul.htm

☆MIXI内にも、「精神世界の鉄人」のコミュを、作成しました。

http://mixi.jp/view_community.pl?id=4663380



☆精神世界の面白いサイトが、たくさんあります。 ↓

http://airw.net/newage/rank.cgi?id=atlas

☆「光のネットワーク(リンク集)」です。

http://www.tomaatlas.com/linksnew.htm

☆私のメインサントです。 ↓

http://www.tomaatlas.com/




☆「精神世界の鉄人」のグルっぽです。

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

精神世界の鉄人さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。