精神世界の鉄人のブログ

UFOやチャネリング、霊、輪廻、超能力などの不思議な話題から、ビジネス、経済、政治、歴史、文化などの社会問題、そして、恋愛や結婚、ダイエット、旅などの現実的な話題まで、幅広く、日々感じたことを、書き綴ってみますね。


テーマ:

宇宙考古学を学んで、いろいろなことを、知っていくと、神社に行くのが、とても楽しくなります。

 

それまで、何気なく見過ごしていたものに、目がいくようになり、それらの深読みができるようになるからです。

 

ちなみに、これらの写真は、「熊野本宮大社」の「御社殿」です。

 

{02ADEAFD-55C4-4920-9082-71E495FC342C}

 

 

前回も掲載しましたが、この門が、そこの入口です。

 

{FFF253B5-C429-4CE6-B4D3-6E4F28EA24EE}

 

 

しめ縄が、ありますね。

 

{6550E049-315D-400F-99FD-B70EF0C4C2A5}

 

 

ところで、このしめ縄の深意味を、考えたことがありますか?

おそらく、ちゃんと教えてくれる人は、少ないと思います。

 

{638778D3-DC0E-4EAB-86B0-1F22ED7240B2}

 

 

これについて、考えてみましょう。

 

 

 

その前に、地球の支配者である、「アヌンナキ」のファミリーについて、もう少し細かい話をしておきますね。

 

何度も書いているので、復習として読んでください。

 

 

 

前回も書いたように、「アヌンナキ」の一族が、地球には、一番影響を与えていたようです。

 

だから、宇宙考古学で有名な、ゼカリア・シッチン博士は、この一族を集中して研究したのです。

 

私は、はやし浩司さんの動画で、最初に、この話を知りました。

 

 

 

ここでは、とてもシンプルで、わかりやすく解釈されたストーリーを、まとめて書いておきます。

 


様々な説がありますが、一説によると、「アヌンナキ」の一族の中で、中心的な位置にいた、「アヌ王(アヌンナキ)」という宇宙人は、地球に来る前に、すでに、正妻がいたそうです。

しかし、宇宙を旅している時に、どこかの惑星で、好きになった女性がいて、妾の子ができたそうです。
今、地球でも流行の「不倫」というやつですね。(笑)


正妻の子が、「エンリル」で、妾の子が、「エンキ」だったそうです。

正妻が、人間の姿に似ていて、妾が、龍(蛇)の姿をしていたそうです。


だから、正妻の息子である「エンリル」は、「人間」の姿で、妾の子である「エンキ」は、「人間+龍(蛇)」の姿だったようです。


父の「アヌンナキ」は、「エンリル」のほうを、地球の王様にして、「エンキ」を、日陰のような存在にしたようです。

「エンリル」=「表の王様」
「エンキ」=「裏の王様」

太古の昔に、地球には、こういう二人の王様が、支配者として君臨したようです。

 


二人の息子は、仲が悪かったそうです。
どうして、仲が悪かったかというと、当時の「人間たちの扱い」について、価値観や意見が、合わなかったようです。


この二人を、簡単に説明すると、下記のようになります。

エンリルの姿は、「人間型」で、現在の私たちと、変わらない姿だったようです。

この宇宙人は、

「人間たちを、奴隷のままにしておこう」

と考えていたそうです。

そうやって、何も考えないほうが、幸せだと思っていたのかもしれません。

また、奴隷にするかわりに、サポートも、熱心にしていたようです。
見方を変えると、ある意味、過保護だったのかもしれません。

 


一方の「エンキ」は、「人間と爬虫類」が、混じったような姿だったそうです。

上半身は人間で、下半身がヘビのような爬虫類の姿だったそうです。

この宇宙人は、

「人間たちを、少しづつ教育していって、いつかは、宇宙人のと同じくらい賢い存在になってもらいたい」

と考えていたそうです。

知恵を与えることによって、だんだん自立していくように、願っていたのかもしれません。

だから、サポートは、必要最小限にするというのが、基本的なスタンスだったみたいです。
ある意味、放任主義ですね。

 


左の人間の姿の宇宙人が、「エンリル」です。
右の下半身がヘビの姿の宇宙人が、「エンキ」です。

 

{094C5547-6A77-4BCE-9B3E-C9E938E5A728}

 


身体の下半分がヘビだった、「エンキ」が、聖書の中で、「アダムとイブ」に、知恵を授けた、「ヘビ」です。

当時、「エンリル」のほうが、父親である「アヌンナキ」から、「エデンの園」と言われている場所で、「アダムとイブ」の管理を任されていたようなのです。

「エンキ」のこの行為に対して、「エンリル」が激怒したようです。


それで、「アダムとイブ」を、エデンの園から、追い出したようです。
「追い出した神」が、「エンリル」です。

その頃から、人間の姿をした「エンリル」という宇宙人が、半分ヘビの姿をした「エンキ」という宇宙人を、「悪魔」にしたそうです。

なるほど…、ですね。

 


つまり、聖書に出てくる「神」は、「エンリル」で、「悪魔」が、「エンキ」ということです。

「エンリル」の価値観に合わない「エンキ」を、悪者にしたということです。

右側の木に巻き付いているのが、「エンキ」です。

「蛇(龍)」の神様です。
「アダムとイブ」に、知恵の実を勧めている場面です。

 

{583BB5B7-DE3A-4D25-9D6C-7B674F052D9A}

 


その後も、人間の歴史は、「エンリル」と「エンキ」という二人の兄弟の喧嘩の影響を、受け続けます。

「アダムとイブ」の10代目の子孫である、「ノア」の時代に、二人の喧嘩が、一度頂点に達するみたいです。

「エンリル」は、自分たちの姿に似ていながら、中途半端に知恵をつけた人間たちを、嫌悪していたそうです。

天変地異を起こし、人間たちを、全員殺そうとしたようです。
それが、「ノアの大洪水」の話です。


しかし、結果的には、「エンキ」が、「ノア」を含む、一部の人間たちを助けたみたいです。




このように、地球の宇宙人グループには、「エンリル派」と「エンキ派」という二大グループができて、両者が争いながら、歴史が展開していったようです。

「人間を、奴隷にしたままにしておこう」

という価値観の「エンリル」が、つくったのが、「ユダヤ教」や「キリスト教」、「イスラム教」などの「宗教グループ」みたいです。

一方、

「人間は、知恵をつけながら、いつかは自立するべきだ」

という価値観の「エンキ」が、つくったのが、「ゾロアスター教」や「ミトラ教」、「グノーシス主義」、「フリーメーソン」や「イルミナティ」などの「秘密結社グループ」という流れみたいです。


「地球の歴史の様々な出来事に、この二人の宇宙人兄弟の価値観の違いが、間接的に遠因として、影響を与えてきた」

 

ゼカリア・シッチン博士は、こう主張していたようです。

宗教戦争などの虐殺の遠因を、辿っていくと、最終的には、

「エンリル VS エンキ」

の喧嘩に行きつくことが、多いのです。
 


これは、単純に、

「どっちが、正しいか?」

という簡単な問題ではありません。


たしかに、人間は、バカなままでも、戦争をしますが、賢くなっても、もっと高度な戦争を、やるからです。

 


どうですか?
どちらの意見も、正しかったのです。
だから、これだけの長い期間、対立していたのです。

 



「アヌンナキ」の宇宙人たちは、洋服やアクセサリーを、取り替えるように、自由自在に、自分の身体を、変えられるのが特徴です。


「エンリル」は、もともとは、人間の姿をしていたのですが、おそらく威厳を保つためだと思いますが、ある時期から、自分の頭部を、「ライオン」の姿にすることを、好んでいたようなのです。

「ライオンが、地球の地上の動物で、一番強そうだ。人間たちに、ナメられないように、ライオンの顔をしてやれ!」

こう思ったかもしれません。

プロレスラーが、強そうに見せるために、覆面をかぶり、「覆面レスラー」になるようなものです。

 


「シュメール文明」の壁画に描かれている、この時代の宇宙人たち(神々)の姿です。
遺伝子操作で、頭の部分を、「ライオン」にしたばかりの「アヌンナキ」のファミリーの姿だそうです。
 

{331642CA-F60E-43E6-BF06-5840FCAE41D3}
 
 

「メソポタミア文明」の古代遺跡にも、「ライオン」と「ユニコーン」は、描かれています。

もっと古いものもあるかもしれませんが、一般的には、このあたりから、「エンリル」と「エンキ」が、動物に変身して、人々の前に姿を現した痕跡があるのです。
 
 
まずは、「エンリル」の話です。
 

「メソポタミア文明」の遺跡の壁画には、いろいろな動物が描かれていますが、「ライオン」の絵もあります。
 
{0EF31C1F-1A67-46D4-9DC7-598FAEC6CE70}
 

これも、「メソポタミア文明」の壁画に、描かれていた絵です。
「エンリル」だと思います。
頭部が、「ライオン」ですね。
 
{74F83A3A-63B1-48E0-9B0E-046C719DF41C}
 


ライオンのような顔をしていて、剣を持っているのが、「エンリル」の特徴です。


日本では、誰だと思いますか?
それは、「不動明王」だと言われています。
 

{09A09F04-8ACC-4A5C-9712-D60922B25C9A}

 

 

「獅子舞」も、「エンリル」を崇めたお祭りが、元々の源流みたいです。

面白いですね~!

 

{068E4A27-FBB7-4EF1-A962-510A9A3C7637}

 

 
 
一方の「エンキ」の話題です。
 
 
「エンキ」のほうも、最初は、「半分人間で半分蛇」の姿だったそうですが、次第に、いろいろな姿を試し始めたようです。

途中までは、「エンリル」の真似をして、「ライオン」の頭部にしていたようなのですが、あとから、キャラがかぶったのを嫌ったのか、他の姿に変えています。

その姿が、どうやら、「ユニコーン」だったようなのです。
 
 
これも、「メソポタミア文明」の遺跡の壁画です。

たしかに、「ユニコーン」にも見えますが、顔が、「蛇」にも見える変わった動物です。
ちゃんと、角が生えていますね。
おそらく、「ユニコーン」の原型は、この動物だったと思います。
{58AB2C0C-78C8-4D95-B5DF-36AE0088FD8C}
 

前述したように、「エンキ」は、「裏の王様」だったために、表向きの活動は、あまりやっていません。
 

つまり、ある時期から、

「エンリル」=「ライオン」
「エンキ」=「ユニコーン」

というシンボルマークが、使われ始めたのです。
 
 
他にも、形を変えて…

「エンリル」が、角のない霊獣。
「エンキ」が、一本角のある霊獣。

こういう象徴も、よく使われています。


いくつか、例をあげていきますね。
 

「ライオン」と「ユニコーン」を、「国章」にしているのが、「イギリス王室」です。

左右に、それぞれいますが、「ユニコーン」のほうが、鎖で繋がれていることに、注目してください。
さらに、小さな「ライオン」が、トップに立っていることから、この国は、「エンリル」の国だとわかります。
 
{8CEBBB38-B178-4886-9F18-C2EFAAABB1AC}

 


こちらは、「日本の天皇家」の「紋章」です。


「一角獣」と「獅子」が、描かれていますね。
「ユニコーン」と「ライオン」の位置が、イギリスとは、逆になっているところが、興味深いです。

さらに、トップには、誰もいないので、この両者は、対等の関係だということがわかります。

 

「二本立て」ということです。

だから、「日本(二本)」という国名なのかもしれません。
 

{29D25DE8-F7BC-4027-932C-3174A16E1798}
 
 

これは、「靖国神社」の狛犬です。

口をあけて、角がないほうが、「エンリル」だと思います。
「ライオン」を表現しています。

口があいているのは、父親から、

「オマエが、人間たちに、いろいろ命令しろ!」

と言われたからかもしれません。
 
「阿」の狛犬ですね。
 
{19535F43-5E64-43CD-9196-714F18C09B28}


口をとじて、角があるほうが、「エンキ」だと思います。
「ユニーコーン」を表現しています。

口がとじているのは、父親から、

「オマエは、黙っていろ!」

と言われたせいかもしれません。(笑)
 
「吽」の方の狛犬です。
 
{97700F53-EB0D-4599-B2C3-CE8AC3D599E4}
 

 

このように、歴史の古い神社は、だいたい、こうやって、「角のない狛犬」と「角のある狛犬」の二体がいます。

 

 


このように、父親の「アヌ王(アヌンナキ」から生まれた、二人の息子、「エンリル」と「エンキ」は、いろいろな時代に、世界中を、まわっていたようです。
それが、世界中に伝わる「二体の神様」の神話や伝説の原型になっているようです。

 

 

有名なのは、やはり、「シュメール」の文明に関係している、「人面有翼牡牛像」ですね。

 

{1A9463CD-2E17-468C-B796-CCCA52F8C649}

 

 

これも、有名な「シュメール文明」の「レプタリアン(爬虫類人)」ですね。
 

140930_001012.jpg

 

 

日本では、「仁王像」などで表現されていますね。

 

{EBC8E6F5-D589-4E54-A76B-D111E1A2FE87}

 

 

こういう聖地や神社や寺などの門に立っている二人は、

 

「神様の護衛であり、門番である」

 

というのが、定説のように考えられてきました。

 

 

しかし、ここでも、よく考えてみてください。

 

「全知全能の神に、そもそも、護衛や門番が必要なのか?」

 

ということです。

 

必要ありませんね。

 

 

そうなのです。

 

実は、この二人が、「神様」なのです。

 

世界中のあらゆる聖地で、「門番」のふりをして、入口で、私たちに、最初に挨拶しているのが、この「二人の神様」なのです。

 

「エンリル」と「エンキ」だということです。

 

 


以上の話を、全部まとめると…

 


地球という惑星は、太古の時代から現代まで、二つの神様の権力構造で、成り立っているということです。


一つ目は、

○「エンリル」=「表の王様」=「人間の姿の神」=「宗教の神」=「ライオン神」=「口を開けた狛犬」

 


二つ目は、

○「エンキ」=「裏の王様」=「半分人間で半分蛇の神」=「秘密結社の神」=「ユニコーン」=「口を閉じた狛犬」

こういう方程式で、表現できそうなのです。

 


面白いでしょう?

「宇宙考古学」の方程式を使うと、日本史や世界史の謎が、スッキリ解けると思いませんか?
 

 

 

さて、前回と同様に、映画、「メッセージ」からの話題です。

 

 

 

「黒い半月型のUFOが、このファミリーの父親である、「アヌ王(アヌンナキ)」が、シェイプシフトした姿なんじゃないか?」

 

という話をしましたが、今回は、その続きです。

 

 

実は、気が付いた方もいたと思いますが、この映画の中に、前述の二人の兄弟、「エンリル」と「エンキ」が、出てくるのです。

 

 

このシーンです。

 

雲の中から、二体の宇宙人が、姿を現しますね。

 

{F4A658A7-4857-432C-B695-57FD793B25B6}

 

 

「雲から出てくる」ので、この二体も、「出雲」と関係が深いです。

もちろん、「熊野」とも縁が深いです。

 

{CD2B3692-09F5-490B-ABF3-712505A7EDC2}

 

 

二体の「タコ坊主」みたいな宇宙人が、手から、墨汁のようなものを、噴射して、文字を作るというシーンですね。

 

image

 

 

そうです。

 

「エンリル」と「エンキ」の二人の宇宙人兄弟が、シェイプシフトした姿です。

 

彼らは、ありとあらゆる生物に、変身できるようですが、この映画の場面では、「タコ」のような生命体になっています。

 

「狛犬」のように、やはり、ここでも、二人一組なのです。

 

 

ちなみに、この映画の主人公の女性は、自分が、宇宙人だということを忘れて、人間として生きていた、「イナンナ(聖母マリア)」です。

 

{8373089F-59F5-49F8-B2A2-8AA53AC36C5F}

 

 

そして、生まれてきた娘は、もちろん、「キリスト」という設定です。

この子が、未来の地球において、救世主になるという話を、ストーリーの中で、ボンヤリと漂わせています。

 

{0F06F5E1-E2CC-43B4-A204-C33714362750}

 

 

わかる人にだけ、さりげなく、このメッセージを伝えています。

 

{8DCFC9F7-F4F5-45B5-B906-814AC85A3A88}

 

 

 

おそらく、太古の昔、世界中で、この兄弟は、目撃されていたと思います。

 

もちろん、日本でもです。

 

 

もう一度、冒頭の「しめ縄」の話題に戻りますね。

 

 

これは、「出雲大社」の「しめ縄」です。

 

{AAEB1B94-3695-4B80-A630-50D55E883D14}

 

 

これには、いろいろな説があります。

 

「蛇」や「龍」が、二体巻き付いているという説。

 

「DNA」の二重らせんの説。

 

「雲」の説。

 

全部、正しいです。

 

 

特に、「雲」だと思ったら、シンプルに理解できます。

 

「白いギザギザの紙」は、「カミナリ」です。

 

 

太古の昔、海などにいた、アメーバーに、電気を流して、生命を動かしたのが、「電気」だからです。

 

「神になれ!」

 

と言って、神様が、地球の原始生物たちに、「電気」を与えたのです。

 

「神成り」=「カミナリ」

 

なのです。

 

 

問題は、

 

「しめ縄に隠れている存在は、何なのか?」

 

ということです。

 

これは、別の神社の写真です。

 

いつもは、隠れている存在が、全ての姿を現しています。

 

{568964A7-963E-4E95-8095-EE5CBDAD621E}

 

 

ハイ!

 

わかりましたね。

 

映画の中に出てきた、「タコ坊主」の姿の宇宙人です。

 

 

これは、和歌山県の御坊市に、「烏天狗」のミイラを見に行った後、民族資料館の近くに、「須佐神社」に立ち寄った時の写真です。

 

{1BB79F5A-B70A-4C14-837D-29A789EF26DC}

 

 

このように、ほとんどの神社には、だいたい、三体で下がっています。

 

「アヌ王(アヌンナキ)」-「エンリル」-「エンキ」

 

父親と二人の息子の3人を、表現しているのだと思います。

 

{358B3237-40CF-4274-98DA-8D1E91926FBD}

 

 

 

普段、鳥居や拝殿に、さりげなく下がっている、この「タコ坊主」の存在、彼らが、太古の昔、「地球の支配者」だったのです。

 

今度から、神社に参拝に行ったら、一度、じっくりと眺めてみてくださいね。

 

 

彼らは、民間レベルでも、昔から、庶民の間で、大人気です。

 

家の中でも、祀られています。

特に、これから、梅雨の時期には、多くの家で、祀られています。

 

 

ハイ!

 

「テルテル坊主」です。

 

「♪ テルテル坊主、テル坊主、明日、天気にしておくれ~」

 

この歌、日本人なら、全員知っていますね。

 

 

「エンリル」と「エンキ」の宇宙人兄弟、つまり、地球における、「二人の神様」は、昔から、とても身近な神様として、日本人に、親しまれてきているのです。

 

{6B3379C2-F2BA-44E9-B7B7-8153BA94A358}

 

 

 

次回から、もっと凄い古代文明の秘密を、どんどん公開していきます。

 

また一つ、トンデデモなく不思議な世界の扉を、開いちゃいますね。

 

ギッ、ギギギギ…

 

 

 

 

 

☆精神世界の面白いサイトが、たくさんあります。 ↓

http://airw.net/newage/rank.cgi?id=atlas



☆キネシオロジーの個人セッションも、やっています。

こちらも、ぜひ体験してくださいね。


http://www.tomaatlas.com/soul.htm

 

 



☆精神世界のランキングです。1日1回、ポチッと、クリックお願いしますね。↓

 

 


人気ブログランキング

 


にほんブログ村 哲学ブログ スピリチュアル・精神世界へ

 


ペタしてね

読者登録してね

アメンバー募集中

フォローしてね

Twitterボタン
Twitterブログパーツ




以上



♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪


トーマ

toma_atlas@yahoo.co.jp



☆日記(エッセイ)の過去の全バックナンバーです。

http://www.tomaatlas.com/library00.htm

☆「精神世界の鉄人」のメルマガも、発行しています。

http://www.melma.com/backnumber_38906/

☆キネシオロジーの個人セッションです。

http://www.tomaatlas.com/soul.htm

☆MIXI内にも、「精神世界の鉄人」のコミュを、作成しました。

http://mixi.jp/view_community.pl?id=4663380



☆精神世界の面白いサイトが、たくさんあります。 ↓

http://airw.net/newage/rank.cgi?id=atlas

☆「光のネットワーク(リンク集)」です。

http://www.tomaatlas.com/linksnew.htm

☆私のメインサントです。 ↓

http://www.tomaatlas.com/




☆「精神世界の鉄人」のグルっぽです。

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

精神世界の鉄人さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。