精神世界の鉄人のブログ

UFOやチャネリング、霊、輪廻、超能力などの不思議な話題から、ビジネス、経済、政治、歴史、文化などの社会問題、そして、恋愛や結婚、ダイエット、旅などの現実的な話題まで、幅広く、日々感じたことを、書き綴ってみますね。


テーマ:

熊野では、「熊野本宮大社」にも、行くことができました。

 

「八咫烏」で有名な所ですね。

 

今回は、「八咫烏」の秘密について、書いてみようと思います。

 

いよいよ、古代史の謎の扉の一つ目を、開けますね。

 

{926857FC-3910-4FAF-891B-7418E15E159A}

 

 

 

「熊野本宮大社」に着きました。

 

{A0CF4A77-0C64-4690-8180-2BDAF3F29D98}

 

 

{9482FE73-4B18-42D8-A9B8-58DF549D2360}

 

 

 

鳥居の近くには、「八咫烏」のオブジェがありました。

 

{52A87E07-FB41-4345-967C-3D49A653C86A}

 

 

 

ここで、もう一度、予備知識の復習をしておきましょう。

 

そのほうが、この旅行記の内容を、より楽しめると思うので、何度も書いているのですが、もう一度書いておきます。

 

 

太古の時代、地球を訪問した宇宙人のグループは、たくさんいたようですが、その中でも、一番、地球の歴史に深く関わったのは、「アヌンナキ」の一族です。

 
この一族について、簡単な説明をしておきます。
 

一説によると、「二ビル」という名前の惑星から、50万年前くらいに、地球にやってきたとも言われています。

 

「アダムとイブ」などの人類創世にも、関わった神様です。

 

 

「アヌンナキ」という男性の神様から、地球人類の歴史は、主に始まっているのです。

彼が、地球の計画書みたいなものを作成して、そのプラン通りに、歴史は動いているのです。

 

だから、

 

「his story(彼の物語)」

 

なのです。

 

この二語を組みわせた造語が、

 

「history(歴史)」

 

だということです。

 

「歴史」の秘密は、そのまま、文字に表現されていたのです。

 

そのまんまなのです。

素直に解釈すればいいだけの話です。

 

 

 

アヌンナキの想像画だそうです。

 

こちらは、「シュメール文明」の遺跡から、発見された粘土板の絵です。

背中から、翼が生えていますね。

 
{8DA17019-BF42-413D-9756-B2C6FD278F92}
 
 
次の写真は、鳥の姿に、「シェイプシフト(変身)」した時の姿だと言われています。

 

{C32A81EF-6547-44D0-A29B-68AE63DFBD6E}

 

 

こちらも、「アヌ王(アヌンナキ)」だと言われている壁画です。

蝶のように、4枚の羽根ですね。

 

{58DC698A-4DA3-436B-9BF9-029FD8EB045D}

 

 

「鳥」の姿で、「蝶」のような「四枚の羽根」が、「アヌンナキ」の身体の特徴なのです。

この宇宙人ファミリーは、しばしば、背中から、合計4枚の翼を生やして、飛んでいたようなのです。

 

 

彼は、「ゾロアスター教」の最高神、「アフラ・マズダー」でもあったみたいです。

 

{727598A8-3D50-473F-9C32-060402805DF5}

 

 

{62B67C8B-707F-4814-BD90-ED33279A0FC0}

 

 

これは、「シュメール文明」の粘土板に描けかれている絵です。

この空を飛んでいる物体も、そうだと思います。

 

{EAB53576-4EE9-4E77-A063-7859D740725F}

 

 

上空を飛んでいるのが、父親の「アヌ王」で、下の二人が、息子たち、「エンキ」と「エンリル」だと思います。

 

{58E61391-AF08-4B64-A265-0FE9E807938B}

 

 

 

聖書の中では、キリストが、洗礼者である、ヨハネから、バプテスマ(洗礼)を受けるとき、天から聖霊が、降りてきたと言われています。

 

キリストの頭上に、「白い鳥」がいるのが、わかりますね。

 

{3C69E642-7933-43B8-9559-04FBD7E7A142}

 

 

ついでに、その右下にも、「黒いカラス」のような存在があることにも、注目していてください。

 

{E79C0CDF-8323-4466-913B-1988D7C4AD69}

 

 

宇宙考古学の視点では、この場面に対して、とてもユニークな解釈をすることができます。

 

「この白い鳥、さらに、黒いカラスは、アヌ王だったのではないだろうか?」

 

つまり、「アヌ王=アフラ・マズダー」が、「鳥」の形に、シェイプシフトして、さらに、サイズを小さくして、キリストの頭上に、現れたのではないかということです。

 

何が言いたいかというと、

 

「特別な人を洗礼する場合、地球の真の王である、アヌ王自らが、宇宙からやって来て、次の地球の王になる人物を、直接、任命していたのではないだろうか?」

 

ということです。

 

 

たとえば、神武天皇にも、歴史上の最重要な場面で、「鳥」がやってきました。

「八咫烏」と呼ばれている鳥ですね。

 

上の「キリストの洗礼」の場面にいる、「黒いカラス」のような物体と、似ていませんか?

同じ存在だったのではないですか?

 

{47C60AEE-FCB6-4AC3-9FCA-624081E8CCBA}

 

 

だとしたら、「アヌンナキ」、「キリスト」、「神武天皇」も、同じ魂のグループだということになります。

 

 

もっと面白い写真を、お見せしましょう。

 

下記の写真は、北極上空を通過しながら、地球軌道を移動している、謎の巨大人工衛星です。
これは、「タイムズ誌」や「NASA」も認めているそうです。

謎の物体は、

「"Black Knight" Satellite" ブラック・ナイト・サテライト(黒騎士の衛星)」

と名づけられているそうです。

この人工衛星の存在は、1960年から、確認されているそうです。
有名な科学者、ニコラ・テスラも、この存在を知っており、この衛星と、コンタクトをしていたようです。


ある学者のグループは、この物体は、近代からではなく、もっと大昔から、地球の上空に滞空していたのではないかと、考えているそうです。

「NASA」によって提供された、「黒騎士の衛星」の写真です。

 

{5A57300C-1230-4344-87DD-08BDE19AEC2D}



わりと近くからの写真です。


 


「アヌ王」の乗っているUFOなんじゃないですか?

もしくは、「アヌ王」が、UFOの形に、シェイプシフトしているんじゃないでしょうか?

 

 

これも、現在、世界中で目撃されている、「鳥型のUFO」です。

編隊を組んで、飛んでいる場面です。

 

{119ECC32-93AD-4736-8F30-6F1692F9188B}

 

 

 

たくさんの宗教画にも、「白い鳥」は、描かれています。

 

{34899CF4-1A7B-41F1-8126-3E2E0F6203C1}

 

 

{136181E9-1E3D-4712-9762-9EAD7C7C8CB9}

 

 

{9CDB8403-4DA8-4C81-9845-F1799DA63777}

 

 

「白い鳥」も「黒いカラス」も、正体は、「アヌ王」だったかもしれません。

そして、その存在は、エジプトの時代では、「ホルス」だったのかもしれません。

 

{BDB2B921-9976-4E50-80A9-50B7571C7CEB}

 

 

これは、太陽の近くを飛ぶ、超巨大なUFOです。

地球の数十倍の大きさだそうです。

 

{E80FE63B-B404-4B7E-91A1-024ACCE90AC0}

 

 

これも、太陽の近くで、撮影されたものです。

 

{B114D6CE-746D-4285-A6EB-424D24E3EA71}

 

 

太陽から、「白い鳥」が、エネルギーを補給している場面だそうです。

 

{FB6D2528-6F42-4910-88A6-EE592DD38809}

 

 

ちなみに、中国の神話にも、「三足烏(さんそくう)」などとも呼ばれる神獣がいます。

この存在は、「太陽に住む烏」だと言われています。

 

この絵は、「太陽の中にいる三足烏」が描かれた、高句麗の壁画です。

 

{89D16626-45A5-4DA4-9D7F-9F839B42944D}

 

 

 

「鳥の神様」へ捧げるお祭りは、世界中にあります。

 

{4EA88DCC-50D1-4C33-9E87-DFD52542A851}

 

 

{79E8D6D3-8A6B-4AC2-80B6-2494C4CFB1DB}

 

 

世界中で行われてきた、重要な人物の「洗礼の儀式」には、地球の真実の王である、「アヌ王」が、宇宙から来て、立ち会っていたのかもしれないということです。

 

ここで大切なことは、高次元の生命体や知性体である、本当のUFOは、3次元に住んでいる、私たち人間の常識には、当てはまらないということです。

 

「時間」、「空間」、「形」、「大きさ」

 

こういう制限に、まったく左右されずに、自由自在に、大きさや姿形を、変化させることができるということです。

 

 

「鳥の大きさ」から「地球の数十倍の大きさ」まで、本当のUFOというのは、自由自在なのです。

 

「マシン」や「生き物」、「石」、「惑星」などにも、姿を変えるのです。

 

 

 

これは、福岡県の「竹原古墳」に描かれている壁画です。

 

{6BC6F870-7699-4224-B58F-4BA069673755}

 

 

わかりやすく描き直した絵です。

 

黒い龍のような神獣が二頭いて、女性と戯れているように見えます。

両側は、ユダヤ神殿の象徴である、「メノラー」ですね。

 

{CA0C9BB0-FBF8-4FAA-8116-3371D68032E5}

 

 

この絵は、宇宙考古学的に、最重要な絵です。

 

ハイ!

 

もうわかりましたね。

 

遠くの「黒い三日月」のような物体が、「アヌ王(アヌンナキ)」が、シェイプシフトした、UFOです。

 

口を開けている神獣が、息子の「エンリル」です。

 

口を閉じているほうが、もう一人の息子の「エンキ」です。

 

そして、女性だと思われる存在が、二人の息子の共通の孫娘である、「イナンナ」です。

 

地球を支配してきた、4人の重要人物が、日本で、揃い踏みしていたのです。

 

 

 

この「黒い三日月」に、注目してください。

 

{FE4CA391-D360-4FDE-917F-A0D0C128B6D2}

 

 

最近、どこかで、見かけませんでしたか?

 

ハイ!

 

SF映画、「メッセージ」の中に出てきますね。

 

{8ED4BB96-3C72-43DE-ABE8-0D174ACC732D}

 

 

{5BA320CB-D535-4ECA-8716-9B3B86C2109F}

 

 

この映画の内容は、「フィクション」というよりは、私は、

 

「別のパラレルワールドの地球で、実際に起こっている出来事」

 

だと捉えています。

 

この映画の凄いのは、人によって、受け取るメッセージが、全く違うということです。

 

「愛」だったり、「パラレルワールド」だったり、「生き方」、「宇宙人」、「言語学」、「未来」などなど、いろいろな捉え方ができると思います。

 

ここでは、「宇宙考古学」の視点から、解釈しますね。

 

 

これは、前述したように、地球の支配者である、「アヌ王(アヌンナキ)」が、「黒い半月型のUFO」に、シェイプシフトした存在を、表現していると思います。

 

映画の中では、雲の中から出てきてましたね。

 

{93D0BF79-0C1F-46C4-8A77-E583FE8AD5F2}

 

 

「雲の中から、出てきた神様」

 

こう言えば、すぐにわかりますね。

 

ハイ!

 

「出雲大社」

 

ですね。

 

「熊野」と「出雲」は、いろいろと関係が深いようです。

 

「出雲」に祀られている神様は、このUFOと、縁が深い神様だということです。

 

 

このUFOを、「神」と崇めている宗教は、他にも、世界中に、たくさんあります。

 

有名ななのは、旧約聖書の中で、「モーゼ」が、

 

「あなたのお名前は、なんと言うのですか?」

 

と、神に質問した時に、返ってきた答えが、

 

「わたしは、有って有る者です」

 

という返答だったと言われています。

 

全地を創った神の御名は、

 

「有る」

 

なのです。

 

 

神は、全ての存在の根源ですから、その御名が、

 

「ある」

 

「存在する」

 

であることは、ピッタリで、ふさわしいのかもしれません。

 

 

「出雲大社」のシンボルマークにも、これが書かれています。

 

{3151B440-83FF-4A33-91A6-070114F245EC}

 

 

「有」という文字は、「大」と「月」から構成されています。

 

わかりましたね。

 

「大きな月」

 

という意味です。

 

つまり、御神体は、このUFOだということです。

 

地球の支配者である、「アヌ王(アヌンナキ)」でもあり、「ゾロアスター教」の最高神、「アフラ・マズダー」でもあり、「八咫烏」でもあったということです。

 

{B538E91A-7878-460D-AC08-BA010268AB35}

 

 

大阪の「住吉大社」にも、御神体として祀られていました。

 

{BE7C3EC4-A2B2-45BC-93BC-79D6C3966A4D}

 

 

多くの神社にある、「鏡」も、このUFOが、支えているのが、わかりますね。

 

image

 

 

 

世界中の宗教画にも、このUFOは、たくさん描かれています。

 

{F9B9C710-0FC0-45A5-88B6-FF2691B2A696}

 

 

{274B8B0D-D614-44FB-953A-DD9B5D3984F7}

 

 

 

これは、「熊野本宮大社」の御社殿に入る前の門です。

 

{382F79CE-3DFF-4A2C-B085-7E19452B76B8}

 

 

ここに、飾られている「いめ縄」に、注目してください。

 

{A31B30D1-6B19-41FE-94FE-665108241369}

 

 

ハイ!

 

「ゾロアスター教」の最高神、「アフラ・マズダー」ですね。

 

{63098E28-0ECE-479F-9DCB-4B754416C075}

 

 

大感動しました~!

あまりにも、感動して、この場で、30分くらい、立ちすくんでいました。

 

「アヌ王」=「アフラ・マズダー」=「八咫烏」=「黒い半月型のUFO」

 

こういうことです。

 

 

 

拝殿です。

 

{72D03738-56FE-4072-852C-2D48D8428956}

 

 

そして、拝殿の中にも、同じものが、掲げられていました。

 

{DEFD7ABC-E04D-48E7-9E38-86DE93684F16}

 

 

ここでも、また、感動しました~!

この日は、感動しまくりでした。

 

 

 

この神社から、徒歩5分くらいにある、「熊野座神社(大斉原神社)」にも、立ち寄りました。

 

 

日本一大だと言われている、「大鳥居」です。

デカイですね~!

 

{2F1F22B5-A151-461A-8358-FCD255827C49}

 

 

元々、境内だった場所には、今は、何もありません。

 

{D7688FC1-59FB-4011-BCD6-E352BA7A1A34}

 

 

昔は、この川の中州に、「熊野本宮大社」があったそうですが、ある時に、水害で、全部、壊されたそうです。

それで、現在の場所に、引っ越したとのことでした。

 

{3A2D34D8-5965-417A-B038-FB210DC070EA}

 

 

昔の「熊野本宮大社」です。

 

{6B97FF2C-47AD-4A42-83C3-CD4A43E433DF}

 

 

ここの案内板に、興味深い説明書きがありました。

 

{CBB32668-B4F2-4636-8110-4E2C7A7C29E5}

 

 

大事な個所を拡大しますね。

 

{82F68FE4-84CC-4B18-A242-742C29C167BF}

 

 

見てください!

 

「熊野の神々は、中洲のイチイの巨木の梢に三体の月の姿で降臨した」

 

と書かれているではないですか~!

 

またまた、大感動しました。

 

 

「昔、この神社の境内の木々に、3機の黒い半月型のUFOが、滞空したことがある」

 

と言っているのです。

 

 

 

「熊野本宮大社」は、日本において、とても古い神社です。

 

つまり、日本の神社が祀っていた神々は、「アヌンナキ」の一族だったということです。

 

確実な証拠ではなく、単なる状況証拠のようなものを、集めただけですが、それでも、まったくデタラメな話ではないということが、このことから、確信できました。

 

私が、長年、

 

「世界中の宗教などで、語られている神々は、同じ存在だったのではないだろうか?」

 

と思っていたことが、確実に、繋がったので、とても嬉しくなりました。

 

 

世界中の神様は、根源を辿って行けば、全て、同じ存在なのです。

これが、わかったら、宗教戦争なんて、バカバカしくなってきますね。

 

 

 

ここからは、余談です。

 

 

これは、奈良県の「等彌(とみ)神社」で、発見された土偶です。

 

明らかに、宇宙服を着た宇宙人ですね。

ベルトまでありますね。

これも、「アヌンナキ」の一族だと思います。

 

150830_111652.jpg

 

 

 

紀伊半島には、他にも、「烏天狗」の伝説もあります。

 

これも、鳥神ですね。

 

{90C0A19C-FE3D-41C5-91FA-0C9F855CA498}

 

 

 

「紀伊半島に、烏天狗のミイラがある」

 

という噂を、以前から聞いていたので、今回、そこにも行ってみました。

 

場所は、和歌山県の御坊市です。

「歴史民俗資料館」という所です。

 

{D57EF0EC-3337-433F-BE84-7B6850C8356E}

 

 

{D5E4546B-1A7A-4EBF-A9EA-730896B91929}

 

 

これが、そのミイラだそうです。

 

{FEA6ECCF-28A5-4E1B-B685-329F8308C911}

 

 

残念ながら、これは、フェイクだと、すぐにわかりました。

 

しかし、偽物があるからと言って、本物がないという証明にはなりません。

 

おそらく、本物のミイラも、どこかに、隠してあるのだと思います。

 

このミイラの近くに、写真も貼ってありました。

 

「烏天狗の頭の骨」だそうです。

 

こちらは、なんとなく、本物のような気がしました。

 

{EBFCD16E-BBDF-4A24-801D-9C52A062CCB7}

 

 

 

紀伊半島って、本当に不思議な土地ですね。

宇宙人の痕跡だらけで、宇宙考古学の資料の宝庫です。

 

 

 

次回は、映画、「メッセージ」に隠された、さらに奥深い意味、それから、「アヌンナキ一族」「と「神道」との関係を、宇宙考古学的に、解釈してみます。

 

お楽しみに!

 

 

 

 

☆精神世界の面白いサイトが、たくさんあります。 ↓

http://airw.net/newage/rank.cgi?id=atlas



☆キネシオロジーの個人セッションも、やっています。

こちらも、ぜひ体験してくださいね。


http://www.tomaatlas.com/soul.htm

 

 



☆精神世界のランキングです。1日1回、ポチッと、クリックお願いしますね。↓

 

 


人気ブログランキング

 


にほんブログ村 哲学ブログ スピリチュアル・精神世界へ

 


ペタしてね

読者登録してね

アメンバー募集中

フォローしてね

Twitterボタン
Twitterブログパーツ




以上



♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪


トーマ

toma_atlas@yahoo.co.jp



☆日記(エッセイ)の過去の全バックナンバーです。

http://www.tomaatlas.com/library00.htm

☆「精神世界の鉄人」のメルマガも、発行しています。

http://www.melma.com/backnumber_38906/

☆キネシオロジーの個人セッションです。

http://www.tomaatlas.com/soul.htm

☆MIXI内にも、「精神世界の鉄人」のコミュを、作成しました。

http://mixi.jp/view_community.pl?id=4663380



☆精神世界の面白いサイトが、たくさんあります。 ↓

http://airw.net/newage/rank.cgi?id=atlas

☆「光のネットワーク(リンク集)」です。

http://www.tomaatlas.com/linksnew.htm

☆私のメインサントです。 ↓

http://www.tomaatlas.com/




☆「精神世界の鉄人」のグルっぽです。

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(1)

精神世界の鉄人さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。