精神世界の鉄人のブログ

UFOやチャネリング、霊、輪廻、超能力などの不思議な話題から、ビジネス、経済、政治、歴史、文化などの社会問題、そして、恋愛や結婚、ダイエット、旅などの現実的な話題まで、幅広く、日々感じたことを、書き綴ってみますね。


テーマ:

たくさんの感想メール、ありがとうございます。

今回の旅も、大反響でしたね。

 

 

さて、私が、「大縣神社」を訪れた時、境内では、「梅まつり」というイベントをやっていました。

 

{1826EDEB-D944-41D5-BBA8-64C1C012892E}

 

 

梅の花が、咲き乱れていました。

最高に綺麗でした。

 

{881C6DA1-079F-40E5-A60A-B7AFC86EA5B0}

 

 

綺麗な花は、どんな人の心も癒しますね。

 

{16397AE2-A20F-4325-ACB7-09C4145EDD67}

 

 

{ECC3EC4F-1A1F-4A1A-8C36-EDC54322524B}

 

 

梅の花で、ピンクに染まった小路を、いろいろなことを考えながら、散歩しました。

 

{F51AFEE7-C726-45DC-8E75-83C237B9AE0F}

 

 

{2AED6415-23BF-453F-B765-76AE37B84016}

 

 

いつもの記念撮影もしました。

 

{A8004D07-C8A1-4624-AB08-8D0990FA0E6E}

 

 

 

何回か書いたのですが、この機会に、もう一度、再掲載します。

 

 

あたりまえすぎて、あまり考えないことを、考えてみました。

それは、

「どうして、花は、咲いているのか?」

ということです。

この素朴な疑問に、即答できる人は、少ないと思います。

地球上の全ての植物に言えることですね。

「花が咲く目的は、何なのか?」

という問題です。


花を見て、

「綺麗だ~!」

と思う人は、多いと思いますが、

「どうして、綺麗だと思えるのか?」

ということまで、つっこんで考える人は、少ないようです。


結論を述べる前に、ちょっと考えてみてください。

50メートル以上もある、高い木の上のテッペンあたりに、花が咲くことは、あるでしょうか?

反対に、50メートル以上もの、深い土の中の場所まで伸びている根っこの先に、花が咲くことは、あるでしょうか?

あまり聞いたことはありませんね。


ほとんどの花は、人間の視界の届く範囲で、開花するのです。

たとえば、タンポポなどの背の低い花は、上に向かって、咲こうとします。




桜などの背の高い花は、重力の関係もあって、ある程度の高さになると、枝がしなって、下に向かって、咲いてくる花も多いですね。

150404_170137.jpg


世界中で、花の咲く高さを平均化すると、人間の目の高さになるという話も、どこかで聞いたことがあります。
 

 


結論です。

花は、人間に見せるために咲くのです。

全ての花は、綺麗だと思って感じてくれる人間を、楽しませたり、和ませたり、癒したりするのが、咲く目的なのです。



よく言われるのが、

「人間が、食物連鎖の頂点にいるとか、万物の霊長だというのは、人間の奢りであって、人間は、地球上のあらゆる存在の一つにすぎない」

という意見です。

たしかに、これも真理だと思いますし、もっともな意見だと思います。

それと、同時に、

「人間は、やはり、特別な存在であって、地球上のあらゆる存在の主役である」

という意見も、正しいと思います。


太古の昔に、地球を創造した創造主が、存在していて、その「神」と呼ばれていたであろう存在は、人間の目に見せるために、植物から、花を咲かせたのだと思います。

こうやって、考えると、地球上のあらゆる生命を、誕生させた創造主は、人間という存在を、かなり特別な存在として、そして、とても大きな愛をもって誕生させ、現在も見守っているということが、わかるんじゃないですか?
 

 


創造主は、地球上だけでなく、宇宙全体も創造し設計して、さらに管理しています。


日の出や日の入りの時刻が、遅れることは、まずありません。
これも、よくよく考えたら、不思議なことです。

毎日、キッチリ、1秒も違わずに、その時刻に、太陽は昇ったり沈んだりします。
山手線の電車でも、1分くらい遅延したりします。
飛行機でも、1時間遅れることも、珍しくありません。

しかし、地球や太陽、月などの天体は、遅れることなく、キッチリ動いています。
これは、どう考えても、自然の動きではありません。

自然の動きというのは、空を流れている雲のように、正確な動きが、把握できない動きを言うのです。

惑星や恒星という天体は、宇宙のどこかに、超巨大な管制塔のような場所があり、管制官のような存在たちが、天体の運行の全てを、管理しているのだと考えたほうが、自然なのです。



そして、これらのことを、わかる人だけに、定期的に、そっと教えるイベントが、各種の「天体ショー」なんだと思っています。

「天体ショー」の中でも、「月食」や「日食」は、わかりやすいですね。



前述の花の話と同様に、素朴な疑問です。


こちらも、あたりまえすぎて、考える人は少ないようですが、

それは、

「どうして、月食や日食は、起こるのか?」

ということです。

こちらも、この素朴な疑問に、即答できる人は、少ないと思います。

「天体ショーの目的は、何なのか?」

ということです。


月食や日食を見て、

「凄~い!」

と思う人は、多いと思いますが、

「どうして、この現象が起こるのか?」

ということまで、つっこんで考える人は、少ないようです。


いろいろな科学番組や科学雑誌で、特集が組まれ、説明がされていますが、根本的な説明が、欠けています。

当たり前のことですが、月と太陽と地球では、大きさが違いすぎます。

しかも、距離も、相当離れています。

それなのに、月食や日食の瞬間だけ、「二つの輪」の見た目の大きさが、ほぼ同じになります。

この「ほぼ同じ」というのが、凄いことなのです。

もっと正確に言いましょう。

「人間の見た目には、ほぼ同じに見える」

ということです。


ここまで言ったら、敏感な方は、わかりましたね。

もう結論を言ってしまいます。

「月食や日食などの天体ショーは、地球に住んでいる人間に、見せるために行うイベントである」

ということです。

人間の目に合わせて、三つの天体を重ねるために、月と太陽、そして、地球の距離を、絶妙のバランスで、管理しながら、見せているのです。


有名な「ダイヤモンドリング」など、美しすぎますよね。




この美しさは、人間以外の動物には、わからないと思います。
宇宙の創造主が、地球の人間だけに見せているのです。

これは、創造主が、私たち人間のことを、深く愛しているという証拠だと思っています。

 

 


日本人の宗教観である、「神道」などは、素晴らしい思想だと思いますが、欧米諸国に対して、欠けていると思うのが、こういう視点です。

 

 

つまり、自然というものを、絶対視しすぎているということです。

 

「自然=神」

 

という認識なのです。

 

これは、これで、その通りなのですが、

 

「では、その自然を創った存在は、どういう存在なのか? どうやって、管理しているのか?」

 

ここまで、考えないのです。

 

自然というのは、あくまでも、感じるものであって、考える対象ではないと、思っているのが、大半の日本人なのです。

 

 

それに対して、欧米諸国の科学者たちは、

 

「自然とういう現象にも、明らかに、規則性や法則性がある。これは、何者かが、意図しない限り、ありえない。では、それは、その存在の正体は、どうなっているんだろう?」

 

こう考えているようです。

 

 

それで、よくわからないので、とりあえず、「GOD」という名前を付けたりしているのです。

 

日本人は、こういう欧米の宗教観を、「一神教」などと表現したりします。

 

そして、

 

「欧米諸国は、一神教だから、宗教戦争をするんだ。日本は、八百万の神のように、多神教で、なんでも受け入れるから、宗教戦争が起こりにくいんだ」

 

こういう話にもっていきます。

 

これは、部分的には、正しいのですが、全てではありません。

 

「GOD」には、実は、もっともっと広くて深い意味があるというのを、日本人は、あまり理解していないというのが、実情なのです。

 

詳しいことは、今回は省略しますね。

 

 

ただし、日本でも、こういうことに気が付いた人たちもいて、20年くらい前から、「サムシング・グレート」という単語も流行り、このあたりの議論も、一部では、すこしづつ始まっています。

 

 

他にも、こういうことが、議論される時に、欧米では、「X(ラージ・エックス)」という単語が、使われたりしているそうです。

 

私は、この単語が好きで、よく使います。

 

中学や高校で、「数学」の授業で、連立方程式などを、習ったと思いますが、最初に、よくわからない箇所に、とりあえず、「y」や「x」などの文字を当てはめ、しばらく解いているうちに、答えがわかったりしましたね。

 

たまには、「解なし」なんていう、「答え」もあったりしますが、ほとんどの問題は、やり方を知っていれば、いつかは、「答え」に辿り着けます。

 

 

 

私のやっている、「トーマ流 宇宙考古学」のベースには、このような欧米の科学者たちの考え方も、採用しています。

だから、ユニークであり、一味違う面白さになっているのだと思います。

 

 

昔から、こういう思考は、世界中にあり、それは、「神学」と呼ばれていました。

 

「神とは、何なのか?」

 

これについて、徹底的に考えるという学問です。

 

 

いつの頃からか、この学問が、世界中の学校教育から、削除されています。

本当に大切なことを、学校で教えていないのです。

 

表面的な現象に、方程式を当てはめ、それを解いているだけです。

 

「その方程式を、創ったのは、誰なのか?」

 

これが、この世界の本質への問いなのです。

 

 

20年くらい前から、アメリカで、これが見直され、大学の「神学」の授業などで、学生同士による、積極的な議論が、交わされるようになっているようです。

 

ちなみに、テキストで、よく使用されるのが、日本でも、ベストセラーになった、「神との対話」だそうです。

 

私も、「神学」を学ぶには、この本は、最高の教えだと思っています。

 

 

 

アメリカという国は、たしかに、問題も多いのですが、世界中から、いろいろな人々が集まり、様々な価値観もあるせいで、「良いもの」だと思ったら、素直に、その良さを認め、皆で受け入れる土壌があります。

 

日本は、島国のせいなのか、「皆に合わせる」とい文化が、「良いもの」を、なかなか認めないという土壌があるようです。

正確には、認めるのに、時間がかかるということです。

 

皆が、周囲の顔色を気にしすぎて、真実が社会に認められるのが、とても遅いのです。

 

 

1991年から、私は、「精神世界」や「宇宙考古学」、「UFO」、「陰謀論」、「神学」などを、学び始めたのですが、その時点で、すでに、アメリカの動向を知っていました。

 

その時期から、アメリカの4つの州の高校の「生物学」の教科書に、

 

「人類は、宇宙人による遺伝子操作によって誕生した」

 

と、明記されたのです。

 

これには驚きました。

 

 

当時、一緒に、こういうことを学んでいた仲間たちと、

 

「日本で、これが学校の教科書になりのは、いつですかね…? 当分は無理だろうな…」

 

こんな感想を述べ合っていたのが、懐かしい思い出になっています。

 

 

あれから、アメリカは、この分野では、さらに進んでいるのかもしれません。

 

今回の旅行記で、こういうことに興味を持ち、真剣に、「宇宙考古学」や「神学」を学ぶ人が、増えてくることを願っています。

 

 

 

 

では、恒例の「ボツになった写真集」です。

ストーリーの流れ上、掲載できなかった写真たちです。

 

根強いファンが多くなってきたので、このコーナーも、またやります。(笑)

 

特に、深い意味はありません。

昔のジャッキーチェンの映画のエンディングの「NG集」を見るようなかんじで、気軽に眺めてくださいね。

 

 

 

{1A63F05C-631E-4761-A12B-AF363F45B11E}

 

 

{7B3F40D5-9E21-4FE7-98BE-7C88D35C8B36}

 

 

{19D7E381-49A8-436D-9AF2-4B09B569BB21}

 

 

{D411785D-5D4C-4ED7-ACAD-01AEE9F8BC1C}

 

 

{6AD8FF2C-FC54-46A6-8D06-DE8A6B299045}

 

 

{47B2457C-FA37-47D9-A5A0-D4CA49CCB4E4}

 

 

{9811881A-1CA6-4B32-AE1C-1560A3F1BA47}

 

 

{1DBF896E-FD1A-438C-902E-A1A36167AC06}

 

 

{8D09925F-5593-4D8E-9503-D518DD68DDB9}

 

 

{90B493BE-32A0-404C-90C6-80909303BD76}

 

 

{68E540B5-9835-4D98-A5CA-C3733EC28B1D}

 

 

{E2873E38-3FB2-4989-9D17-37D0FAA5DBBF}

 

 

{56789D13-C59F-4725-9126-4008F9B53E94}

 


{0B20B705-36A2-47E6-96B2-473936EBE4C6}

 

 

{B520443C-918C-4818-9D24-766EA8FB3B40}

 

 

{F1920F1C-3AB9-4F24-AA83-9277E4633A29}

 

 

 

 

☆精神世界の面白いサイトが、たくさんあります。 ↓

http://airw.net/newage/rank.cgi?id=atlas


☆キネシオロジーの個人セッションも、やっています。

こちらも、ぜひ体験してくださいね。

http://www.tomaatlas.com/soul.htm

 

 

 

 

☆精神世界のランキングです。1日1回、ポチッと、クリックお願いしますね。↓

 

 


人気ブログランキング

 


にほんブログ村 哲学ブログ スピリチュアル・精神世界へ

 


ペタしてね

読者登録してね

アメンバー募集中

フォローしてね

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

トーマ イタル

バナーを作成


以上




♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪


トーマ

toma_atlas@yahoo.co.jp



☆日記(エッセイ)の過去の全バックナンバーです。

http://www.tomaatlas.com/library00.htm

☆「精神世界の鉄人」のメルマガも、発行しています。

http://www.melma.com/backnumber_38906/

☆キネシオロジーの個人セッションです。

http://www.tomaatlas.com/soul.htm

☆MIXI内にも、「精神世界の鉄人」のコミュを、作成しました。

http://mixi.jp/view_community.pl?id=4663380

 

 

☆精神世界の面白いサイトが、たくさんあります。 ↓

http://airw.net/newage/rank.cgi?id=atlas

☆「光のネットワーク(リンク集)」です。

http://www.tomaatlas.com/linksnew.htm

☆私のメインサントです。 ↓

http://www.tomaatlas.com/



☆「精神世界の鉄人」のグルっぽです。

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(2)

精神世界の鉄人さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。