電光石火の申し子の新・ホビーダイアリー

このブログでは、私の趣味に関する事や、日常生活で感じた事等を綴っています。
2013年、本店として本格的にスタートして行きます。


テーマ:

樟葉駅


先週火曜日、代休だったので樟葉に行って来ました。10年振りにこの駅を下車しましたが、大分変わって来ています。




くずはモール


樟葉駅の向かい側に「くずはモール」があります。このくずはモールの南館の京阪ミュージアムゾーン「SANZEN―HIROBA」と言う所に、3年前にラストランを迎えた京阪旧3000系が展示されているのです。3年振りの再会を果たしに今回くずはモールを訪れました。





旧3000系

これがその旧3000系。昭和46年にデビューし、テレビも設置された事から「テレビカー」と呼ばれていました。

京阪の特急電車として走り続け、多くの鉄道ファンに親しまれていました。平成元年に現在の京阪特急である8000系が登場してからは車両数も減り、一部の車両は富山地方鉄道や大井川鉄道の車両として再デビューを果たしています。


3年前の2013年3月、42年間走り続けた旧3000系はラストランを迎えます。引退当時、このまま引退させるのは非常に勿体ないとの声が多く聞こえて来ました。私もラストランを迎える前に旧3000系を撮影しました。




旧3000系 2


多くの方に親しまれたままとうとうラストランを迎えましたが、それから1年後の3月にくずはモールがリニューアルオープンしました。

それと同時に、旧3000系も新たな姿で復活を果たしたのです。




旧3000系 3


生まれ変わった旧3000系は、デジタル動態保存(実際は静態保存された車両に運転シュミレーターを設置した)されています。一部を除いて車両、車内共にほぼ当時のままでした。

こう言った形で保存されるのは非常に嬉しいですね。このSANZEN-HIROBAは旧3000系の他にも色んな運転シュミレーターや、京阪電車の駅の昔と現在の写真、京阪電車の歴史をパネルで展示されていました。


3年振りの再会を果たしましたが、これからも多くの方々を楽しませて欲しいですね。




皆様も是非くずはモールへお越し下さい。



*旧3000系の撮影の記事を貼り付けておきますので、


「京阪電車旧3000系の撮影に行って来ました」

「さらば、旧3000系」

こちらにアクセスして下さい。



また、くずはモールの詳細については、くずはモールのホームページ


http://kuzuha-mall.com/


にアクセスして下さい。



<迷惑行為をし続ける幼稚軍団へ>


当ブログでは

○ブラックリストに掲載されている人間のコメント
○不適切なコメント
○記事に即していないコメント
○宣伝目的だけのコメント
○ブログへの誘導目的のコメント

は、ブログの内容問わず、承認せずに削除する。 

これらのコメントが1通でも来た場合、その時点で即座に

警察に通報する!!

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。