林田力『東急ホテルズ食材偽装』(Food Scandal of Tokyu Hotels)は東急ホテルズの食材偽装(メニュー誤表示)問題を取り上げた書籍である。高級ホテルや百貨店で次々と明らかになった食材偽装であるが、東急ホテルズは質量ともに悪質である。食材虚偽表示は100種類以上のメニューで行われ、料理約50万食分にも上る。東急ホテルズは新聞社の取材や自治体の調査に「偽装はない」と虚偽回答までしている。
http://hayariki.ie-yasu.com/
林田力
http://www.hayariki.net/
『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』
http://hayariki.zero-yen.com/
http://sky.geocities.jp/hayariki4/
東急不動産係長脅迫電話逮捕事件
http://hayariki.x10.mx/
二子玉川ライズ反対運動
http://hayarikit.dousetsu.com/
林田力書評
http://hayariki.sa-kon.net/
Facebook
https://www.facebook.com/tokyufubai

東急ホテルズ食材偽装/林田力

¥価格不明
Amazon.co.jp





1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2014-11-27 17:42:50

立正佼成会附属佼成病院医療事故

テーマ:東急不買雑談
#中野区 #病院 #事故 #医療 立正佼成会付属佼成病院(東京都中野区)で胃がんの内視鏡検査を受けた都内に住む女性(80)が、高濃度の検査薬を誤って投与され重体となった医療事故で、女性は死亡した。恐ろしい医療事故である。警視庁は業務上過失致死の疑いがあるとみて捜査している。検査で死にいたらしめられることは、やりきれない。同じ病院では小児科医の過労自殺も起きた。
女性は9月22日、胃の内視鏡検査を受けた際、男性内科医(34)から通常より高濃度の酢酸を検査薬として散布されたため容体が急変。消化管が壊死(えし)し、緊急搬送された病院で緊急手術を受け入院していた。高齢者にとって手術そのものが極めて危険である。本来ならばする必要がない手術を受けることになった。この内科医は早く検査を終わらせるために臭いで判断したという。書類送検された時点で別の病院に内科医として勤務していたという。
2014-11-26 00:40:19

林田力・東急不買運動

テーマ:東急不買雑談
#東急不買運動 #不買運動 #東急 #東急不動産だまし売り裁判 東急リバブル東急不動産不買運動は全員が好ましい。率直で、運動に没頭する献身的な人々である。皆は楽しそうに運動に取り組む。やっていること全てが重要である。
ブラック士業の傲慢さは侮辱的である。ブラック士業の知性は未熟で冷えきっていた。ブラック士業の感覚は、とても限定的である。ブラック士業は他の方法を思い付けるようにならない限り、最初の反応は常に暴力になる。ブラック士業批判を看過する訳にはいかない。ブラック士業批判を躊躇っている場合ではない。
2014-11-24 13:51:28

林田力・江東区記事集2

テーマ:東急不買雑談

#アマゾン #Kindle #キンドル #林田力 林田力『江東区記事集2』は東京都江東区を中心に政治や市民運動の話題を取り上げる。

江東区環境基本計画パブコメ
希望の政策江東区版2014年11月14日版
政策資料
葛飾区の空き家問題
希望のまち東京in東部第26回市民カフェ
希望のまち東京in東部緊急企画:派遣法改正問題
第26回江東区高齢者集会
希望のまち東京in東部第27回市民カフェ
市民団体の意思と多様性
第三極ゴタゴタと左翼ダブスタ
仙谷由人元官房長官が政界引退
江東区ニュースクリップ

【書名】江東区記事集2/コウトウクキジシュウニ/Articles of Koto City 2
【著者】林田力/ハヤシダリキ/Hayashida Riki
【既刊】『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』『東急不動産だまし売り裁判購入編』『東急不動産だまし売り裁判2リバブル編』『東急不動産だまし売り裁判3』『東急不動産だまし売り裁判4渋谷東急プラザの協議』『東急不動産だまし売り裁判5東京都政』『東急不動産だまし売り裁判6東急百貨店だまし売り』『東急不動産だまし売り裁判7』『東急不動産だまし売り裁判8』『東急不動産だまし売り裁判9』『東急不動産だまし売り裁判10証人尋問』
『東急不動産だまし売り裁判11勝訴判決』『東急不動産だまし売り裁判12東急リバブル広告』『東急不動産だまし売り裁判13選挙』『東急不動産だまし売り裁判14控訴審』『東急不動産だまし売り裁判15堺市長選挙』『東急不動産だまし売り裁判16脱法ハーブ宣伝屋』『東急不動産だまし売り裁判17』『東急不動産だまし売り裁判18住まいの貧困』『東急不動産だまし売り裁判19ダンダリン』『東急不動産だまし売り裁判20東急ハンズ過労死』
『東急不動産だまし売り裁判21東京都知事選挙』『東急不動産だまし売り裁判22東急不動産の遅過ぎたお詫び』『東急不動産だまし売り裁判23江東区』『東急不動産だまし売り裁判24卑怯な誹謗中傷』『東急不動産だまし売り裁判25』『東急不動産だまし売り裁判26ブランズ市川真間』『東急不動産だまし売り裁判27スレスレに非ず』
『東急不動産だまし売り裁判訴状』『東急不動産だまし売り裁判陳述書』『東急不動産だまし売り裁判陳述書2』『東急不動産だまし売り裁判陳述書3』
『東急大井町線高架下立ち退き』『東急不動産係長脅迫電話逮捕事件』『東急コミュニティー解約記』『東急ストアTwitter炎上』『東急ホテルズ食材偽装』『ブランズ小竹向原と越中島トラックターミナル』
『二子玉川ライズ反対運動1』『二子玉川ライズ反対運動2』『二子玉川ライズ反対運動3』『二子玉川ライズ反対運動4』『二子玉川ライズ反対運動5』『二子玉川ライズ住民訴訟 二子玉川ライズ反対運動6』『二子玉川ライズ反対運動7』『二子玉川ライズ反対運動8』『二子玉川ライズ反対運動9ブランズ二子玉川の複合被害』『二子玉川ライズ反対運動10』『二子玉川ライズ反対運動11外環道』『二子玉川ライズ反対運動12上告』『二子玉川ライズ反対運動13』『二子玉川ライズ反対運動14中野ビル風』
『裏事件レポート』『絶望者の王国』『歌手』『蘇我善徳』『北本市いじめ自殺裁判』『江東区と東京オリンピック』『江東区の生活』『江東区記事集』『何故、空き家活用か』
『林田力書評集』『林田力書評集2』『林田力日本小説書評集』『林田力経済書評集』『林田力記事集』『林田力政治記事集』『林田力集会記事集』『林田力菓子レビュー』『日常グルメレビュー』
『ブラック企業・ブラック士業』『脱法ハーブにNO』『貧困ビジネスと東京都』『東京都のゼロゼロ物件』『放射脳カルトと貧困ビジネス』『放射脳カルトはヘイトスピーチ』『ブラック東京都政にNO』『ブラック東京都政にNO 2』『ブラック東京都政にNO 3』『ブラック東京都政にNO第4巻』
『希望のまち東京in東部記録』『希望のまち東京in東部記録2』『希望のまち東京in東部記録3集団的自衛権シール投票』『希望のまち東京in東部記録4空き家活用』『希望のまち東京in東部記録5市民カフェ』『希望のまち東京in東部記録6希望の政策を語り合う集い』
2014-11-22 19:26:25

林田力・地に足着いた

テーマ:東急不買雑談
#林田力 #東急不動産だまし売り裁判 #江東区 #東陽町 東急不動産だまし売りは消費者の生活を破壊する。東急不動産だまし売りを許せば不健全な経済になる。東急リバブル東急不動産には、消費者感情や住民感情は、どこ吹く風であった。
東急リバブル東急不動産不買運動は東急不動産だまし売りを批判する地に足着いた活動である。深田恭子の写真集のタイトルも「地に足ついた」の意味である。
東急リバブル東急不動産不買運動は地に足着いた活動として脱法ハーブなどの危険ドラッグも批判する。「薬物使用者の多くは、すでに薬物に手を染めている友人や知人に誘われて始めます」(「対策遅れる危険ドラッグ和田清さんに聞く(下)」赤旗11月19日)。アングラサイト連邦で脱法ハーブを宣伝していた吉野健太郎の告発には公益性がある(林田力『脱法ハーブにNO』アマゾンKindle)。その後、吉野健太郎は危険ドラッグの原料を中国から輸入したとして薬事法違反容疑で逮捕された。
2014-11-21 17:48:17

奥様は超霊媒だった

テーマ:東急不買雑談
#本 #オカルト #出版 #新刊 上丘哲『結婚してみたら奥様は「超霊媒」だった』(コスモ21不思議文庫、2014年)は、妻が霊媒だったというノンフィクションである。夫は金融のビジネスパーソン、妻は大学教授と説明しており、質の悪いオカルト本のような、おどろおどろしさはない。
以下の文章は納得できた。「「死んだらすべてが終わる」、「死ねば楽になる」というのはまったくの誤解で、生前の考えや死の直前の意識は、そのままの形で死後も継続します」。82頁。安易に安楽死や尊厳死などと称して、人工呼吸器を外したり、チューブを抜いたりすることは考えものである。当人には苦しみの中で死んでいくことには変わりない。
著者夫婦には十三丸と名付けられた狐霊が預けられている。この十三丸は神の使いであるが、自身も修行中の身で、ロックや菓子が好きなど人間味もある。俗物的でありながらも、以下のように資本主義に踊らされない姿勢を保っている。
「外食をする際に、どんなに値が張っても料理の質やサービス、雰囲気で納得できるお店であれば乗り気ですが、そうではない店の場合は『木の葉(お金)がもったいない』『コンビニのおにぎりで十分』と言うくらい徹底しています」。118頁。
この神の使いの中には風来坊のようになって人間に害悪をもたらすものもいる。キリスト教にある堕天使的である。これは御札を破壊してしまうなど人間の行為が原因となることもある。逆に人間の説得で修行の道に戻る霊もいる。神のような存在を認めることと、人間が自らの意思で未来を作ることを認めることが本書では両立している。
2014-11-20 15:28:39

高齢者治療拒否裁判

テーマ:東急不買雑談
#病院 #医療 #終末医療 #中野区 高齢者治療拒否裁判の第一回口頭弁論が東京地裁で開かれた。原告代理人は命に関係する問題であるとして、慎重な審理を求めた。裁判長は被告の「りっしょうこうせいかい」を「りっせいこうせいかい」と読み、被告代理人に訂正された。
原告の意見陳述を認めるか否かで原告代理人と裁判所の間で、やり取りがあった。文献の引用箇所を除いて意見陳述を行った。
原告からカルテを証拠として提出したが、裁判所は被告病院に訳文付きのカルテ提出を求め、証拠調べは留保された。
傍聴者から拙速はやめて欲しいとの声が出た。「誰のための裁判かを考えて欲しい」。「意見陳述を否定されたことは初めて」。「萎縮してしまうことは悔しい」
口頭弁論終了後に情報交換がなされた。
郵政非正規訴訟。証人尋問を行う。
新運転ピンはね訴訟。次回訴訟が中止になった。裁判官が合議制になった。
ヒューレット休職裁判。
アスベスト訴訟。12月4日埼玉地裁105号法廷。マスメディアも注目し始めた。国と企業を提訴した。
再雇用拒否訴訟。高裁で不当判決が出た。最高裁に上告した。
重慶空襲裁判。結審した。判決前に裁判所に葉書を出す。
2014-11-20 00:00:27

林田力・シール投票

テーマ:東急不買雑談
#投票 #希望のまち東京IN東部 #市民 #江東区 希望のまち東京IN東部は東京都東部地域で集団的自衛権のシール投票を実施している。ここではシール投票の知見をまとめる。
駅前よりも商店街の方が投票が集まりやすい。駅前の方が通行人は多いが、移動のために利用しており、商店街の方が立ち止まってくれやすい。
投票を集めやすい場所は信号のある交差点である。信号待ちの歩行者に声をかけられるためである。
シール投票は話を聞くツールである。自分の意見を相手に押し付けるものではない。
集団的自衛権ならば反対の人は向こうから歩いてシールを貼りにきてくれる傾向がある。賛成票は、こちらから積極的に声をかけて貼ってもらわなければ得られにくい。投票結果で反対票が圧倒的であったとしても単純に喜べない。賛成票が多い時は、むしろ多くの人に入り込めたと喜んでよい。
候補者のシール投票は人気投票になり、公職選挙法上問題になる。政策のシール投票は選挙期間中も可能。
2014-11-19 19:57:17

ダメよーダメダメ

テーマ:東急不買雑談
#流行語 #東急 #ブラック企業 東急ホテルズ食材偽装はダメよーダメダメ(林田力『東急ホテルズ食材偽装』Amazonキンドル)。東急百貨店の認知症商法はダメよーダメダメ(林田力『東急百貨店だまし売り』アマゾンKindle)。東急ストアのバカッターはダメよーダメダメ(林田力『東急ストアTwitter炎上』Amazonキンドル)。
東急ハンズ過労死はダメよーダメダメ。東急ハンズ過労死は、ありのままのブラック企業体質が示された(林田力『東急ハンズ過労死』アマゾンKindle)。ブラック企業やブラック士業はダメよーダメダメ(林田力『ブラック企業・ブラック士業』アマゾンKindle)。
東急大井町線高架下立ち退きはダメよーダメダメ。住環境破壊の二子玉川ライズやブランズ市川真間はダメよーダメダメ(林田力『二子玉川ライズ反対運動1』Amazonキンドル、林田力『ブランズ市川真間』Amazonキンドル)。二子玉川ライズやブランズ市川真間、東急大井町線高架下立ち退きは、ありのままの住民無視体質が示された(林田力『東急大井町線高架下立ち退き』Amazonキンドル)。
東急リバブル迷惑隣人説明義務違反事件はダメよーダメダメ。東急リバブルかんぽの宿疑惑はダメよーダメダメ。東急リバブルかんぽの宿疑惑は、ありのままの利権体質が示された。
東急不動産係長脅迫電話はダメよーダメダメ。東急不動産係長脅迫電話逮捕事件は、ありのままの犯罪者体質が示された(林田力『東急不動産係長脅迫電話逮捕事件』Amazonキンドル)。
日本エレキテル連合のダメよーダメダメが流行語大賞にノミネートされた。マンションだまし売りの東急リバブル東急不動産はダメよーダメダメ。映画「アナと雪の女王」のありのままも流行語大賞にノミネートされたが、東急不動産消費者契約法違反訴訟は東急不動産の不誠実がありのままに示された(林田力『東急不動産だまし売り裁判こうして勝った』ロゴス社)。東急リバブル東急不動産は不誠実である。驚くに値しない真実である。
2014-11-18 21:32:22

林田力・希望のまち東京イン東部6

テーマ:東急不買雑談

#江東区 #亀戸 #希望のまち東京IN東部 #政策 林田力『希望のまち東京in東部6希望の政策を語り合う集い』は希望のまち東京in東部(Hope Town in Eastern Tokyo)が足立区と江東区で連続して開催した「希望の政策を語り合う集い」の記録である。表紙写真は江東区亀戸駅北口で撮影した。

希望の政策を語り合う集い・足立区
貧困ビジネス問題
江東区・空き家活用陳情報告
希望の政策を語り合う集い・江東区
希望の政策江東区版
希望の政策江東区版説明
希望のまち東京in東部振り返り会議
足立区集い案内
集い案内文
足立区集い報告
江東区集い案内文
希望の政策を語り合う集いご参加のお礼と報告
希望のまち東京in東部アンケートご回答のお礼と報告

【書名】希望のまち東京in東部6希望の政策を語り合う集い/キボウノマチトウキョウイントウブキロク ロク キボウノセイサクヲカタリアウツドイ/Articles about Hope Town in Eastern Tokyo 6 Hopeful Policy Meeting
【著者】林田力/ハヤシダリキ/Hayashida Riki
【既刊】『希望のまち東京in東部記録』『希望のまち東京in東部記録2』『希望のまち東京in東部記録3集団的自衛権シール投票』『希望のまち東京in東部記録4空き家活用』『希望のまち東京in東部記録5市民カフェ』
2014-11-17 20:40:35

林田力書評・ジョジョの奇妙な冒険

テーマ:東急不買雑談
#マンガ #漫画 #少年ジャンプ #書評 『ジョジョの奇妙な冒険』第二部の最後はワムウとカーズとの闘いである。二人は対照的である。一人は誇り高く、尊敬に値する敵である。もう一人は目的のためならば手段を選ばない卑怯者である。バトル物の敵キャラクターの両極端のステレオタイプが共に描かれている。この文脈からは連邦の吉野健太郎の卑怯なTwitterがマイナス評価されることは当然である。

[PR]気になるキーワード

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>