林田力『東急ホテルズ食材偽装』(Food Scandal of Tokyu Hotels)は東急ホテルズの食材偽装(メニュー誤表示)問題を取り上げた書籍である。高級ホテルや百貨店で次々と明らかになった食材偽装であるが、東急ホテルズは質量ともに悪質である。食材虚偽表示は100種類以上のメニューで行われ、料理約50万食分にも上る。東急ホテルズは新聞社の取材や自治体の調査に「偽装はない」と虚偽回答までしている。
http://hayariki.ie-yasu.com/
林田力
http://www.hayariki.net/
『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』
http://hayariki.zero-yen.com/
http://sky.geocities.jp/hayariki4/
東急不動産係長脅迫電話逮捕事件
http://hayariki.x10.mx/
二子玉川ライズ反対運動
http://hayarikit.dousetsu.com/
林田力書評
http://hayariki.sa-kon.net/
Facebook
https://www.facebook.com/tokyufubai

東急ホテルズ食材偽装/林田力

¥価格不明
Amazon.co.jp





1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2015-01-26 17:32:45

銀河英雄伝説ベルセルク編

テーマ:東急不買雑談
#読書 #書評 #SF #スペースオペラ
『銀河英雄伝説エーリッヒ・ヴァレンシュタイン伝ベルセルク編』は銀河英雄伝説の二次小説である。作品世界に転生した主人公が原作知識を活かして活躍する。ベルセルク編ではエーリッヒはブラウンシュバイク公の配下になっており、リップシュタット戦役では貴族連合軍としてラインハルトらと戦う。難易度の高いif物語である。救いは他のヴァレンシュタインと同じく、ブラウンシュバイク公やリッテンハイム侯が話のできる人物になっていることである。
本編では平民出身のエーリッヒの活躍は、ラインハルト以上に階級闘争の色彩が強かった。ところが、ベルセルク編は貴族連合軍として改革者ラインハルトと対峙するという倒錯的な状況である。しかし、マグナカルタの成立に見られるように貴族の反乱が民主化の一歩という面はある。フランス革命も貴族の抵抗が発端であった。ラインハルト流の上からの改革の方が不自然と見ることもできる。貴族連合軍が勝利することが皇帝専制に楔を打ち込む一歩というシナリオも成り立つ。
ベルセルク編でエーリッヒは焦土作戦を批判する。本編でも焦土作戦の問題は言及されていたが、ラインハルトの面前での糾弾は小気味良い。
2015-01-25 14:41:58

希望のまち東京イン東部テレビ

テーマ:東急不買雑談
#投票 #シール投票 #希望のまち東京in東部 #市民
希望のまち東京in東部TV第21回「富岡八幡宮前シール投票」
日時:2015年1月26日(月)午後10時~10時30分
希望のまち東京in東部は2015年1月4日に江東区の富岡八幡宮前で選挙についてのシール投票を実施しました。その模様をお送りします。
富岡八幡宮の初詣での皆さんへ、暮の選挙についてのシール投票を行います。今の政治は酷いと言われます。否、酷いとは控えめな言い方です。一方で低投票率が問題になっています。予想通りの低投票率と選挙結果をどう見るか聞いてみようというものです。まずは選挙に行ったかどうかをシール投票してもらいます。私たちが知りたいのは行かなかった理由です。成人式シール投票のプレ企画ということで、特に若い人の声を聴きたいと思います。
シール投票の設問は以下を検討しています。
設問1「選挙に行きましたか」(行った 行かなかった)
設問2「投票に行かない理由は何ですか」(「わたかつ」との共通設問です)
「投票に行くのがめんどくさい。日曜日は、自分の生活や用事、あそびが優先で、忙しい」
「政治がわからない・興味がない。政治は自分に関係ない。選挙に行くのって、真面目っぽくてイヤ」
「一票入れても、何かが変わるとは思えない。投票したい人がいない。誰も、いい政治を行ってくれそうにない」
設問3「選挙の結果をどう思いますか」(良かった 悪かった その他)
2015-01-24 21:11:23

ブランズシティ久が原伐採

テーマ:東急不買雑談
#日本海賊TV #イスラム国 #東急不動産 #クロネコヤマト
日本海賊TV「金曜8時は今週の振り返り」第8回はイスラム国人質事件、東急不動産ブランズシティ久が原の奇跡の森伐採、クロネコヤマトのメール便廃止、日本を元気にする会の政策を取り上げた。支持政党なし・佐野代表、山内前川崎区議会議員、林田力・希望のまち東京in東部共同代表がゲスト。司会は須沢・日本海賊党代表。
東急不動産はブランズシティ久が原建設のために、江戸時代から続く奇跡の森を伐採した。自然破壊への批判は当然として、ブランズシティ久が原のマンションの形も景観破壊と批判されている。周辺住民からするとバスチーユの監獄のような絶壁になる。
イスラム国人質事件では安倍晋三首相は帰国せずに現地で陣頭指揮すべきではないかと主張された。交渉役を探すよりも安倍首相自らが交渉すればいいのではないか。イスラム国を残虐非道とする先入観で思考停止していないか。少なくともシリアとイラクの国境を否定したことには意味がある。あの国境線は欧米列強の産物であり、現地住民には意味がない。
2015-01-24 12:39:39

林田力書評・不思議な尻尾

テーマ:東急不買雑談
#書評 #児童文学 #小説 #読書
マーガレット・マーヒー『不思議な尻尾』はニュージーランドの児童文学作家による魔法ファンタジー小説である。主人公は引っ越してきたばかりの少年トム。近所の犬は尻尾を上下に振ると、周囲にいる人の願い事が実現する。このように紹介するとメルヘンチックな物語に聞こえるが、現代社会に値を下ろした物語である。主人公は母親と二人で暮らしており、現代的な家族構成である。近所には猫を蹴飛ばす悪ガキ集団もおり、皆が善人というような教育的配慮の行き届いた物語ではない。
子どもは様々な疑問を大人に尋ねるが、忙しい大人は真面目に取り合わない。これは、よくある光景である。本書の冒頭でも展開されるが、母親は息子に、外に出て自分の目で確かめてなさいと言う(7頁)。上手な対応である。
主人公トムは最初に犬の魔法で非現実な願いが実現した時に驚く。驚くことは当然であるが、その反応が面白い。家に帰って、じっくり考えようとした。
2015-01-22 17:43:52

東急不動産が奇跡の森を伐採

テーマ:東急不買雑談
#東急 #大田区 #東急リバブル #東急不動産
東急不動産が東京都大田区の奇跡の森を伐採した。ブランズシティ久が原建設のために江戸時代から続く貴重な自然林を破壊した。奇跡の森は朝日新聞のネーミングである。東急不動産への批判は強いが、大田区の姿勢を問うものもある。
東急不動産に対しては東急不動産不買運動という方法もある。東急不動産の新築分譲マンションは東急リバブルが販売代理になるため、東急リバブル不買運動も有効である。東急不動産消費者契約法違反訴訟では東急リバブルと東急不動産の悪の枢軸に苦しめられた(林田力『東急不動産だまし売り裁判こうして勝った』ロゴス社)。分譲マンション居住者で管理会社が東急コミュニティーの人は、東急コミュニティーを解約するといい。管理委託費を削減し、サービスが向上した例がある(林田力『東急コミュニティー』アマゾンKindle)。
2015-01-20 18:44:36

ブランズシティ久が原

テーマ:東急不買雑談
#東急不動産 #東急 #マンション #不動産
東急不動産のブランズシティ久が原に対し、周辺住民から批判の声が出ている。周辺住民はブログを立ち上げている。そこには大量の樹木伐採、交通安全、六郷用水跡の景観維持などの問題に対する、周辺住民と東急不動産との交渉の記録がまとめられている。
東急不動産はブランズ市川真間でも住民反対運動が起きた(林田力『ブランズ市川真間』アマゾンKindle)。周辺住民から批判される東急不動産のマンションが消費者にとって住み良いものであるはずがない。東急不動産は東京都江東区で不利益事実を隠して新築分譲マンションをだまし売りした(林田力『東急不動産だまし売り裁判こうして勝った』ロゴス社)。
http://rokugouyousuimamoru.blog.fc2.com/
2015-01-19 17:56:57

カタンの開拓者

テーマ:東急不買雑談
カタンの開拓者はボードゲームである。カタン島という島を舞台に、速く効率的に開拓することを競うゲームである。速く効率的に開拓するという点で厄介なものは盗賊というシステムである。色々と考えていた計画が妨害されてしまう。本人の選択とは無関係のところで失点することになり、努力のモチベーションを減少させてしまう。
一方でゲームには豊かなプレーヤーは益々豊かになるという性質があり、中盤で挽回困難な格差が生じうるものである。そのために盗賊にはゲームを面白くするという積極面もある。まるで現実の経済のような話である。
2015-01-18 18:09:08

林田力・ブラック士業

テーマ:東急不買雑談
#本 #書籍 #電子書籍 #林田力
林田力『ブラック企業・ブラック士業』(Amazonキンドル)は社会問題になっているブラック企業やブラック士業を取り上げた書籍である。東急ハンズ過労死は明確な安全配慮義務違反である(林田力『東急ハンズ過労死』Amazonキンドル)。
ブラック企業やブラック士業は社会の流れから孤立している。市民はブラック企業やブラック士業の言いなりになる家畜ではない。ブラック企業やブラック士業は労働基準法違反を容認し、自由や権利を破壊してきた。それが日本社会を脆弱にしている。
2015-01-17 16:43:28

金曜8時は今週の振り返り

テーマ:東急不買雑談
#日本海賊TV #危険ドラッグ #脱法ハーブ #脱法ドラッグ
日本海賊TVは「金曜8時は今週の振り返り」第7回を放送した。山内氏、石川氏がゲストである。林田力が司会した。今回のテーマはパリ出版社襲撃事件、サザンオールスターズの謝罪、佐賀県知事選挙、政府予算案、危険ドラッグである。
危険ドラッグは薬事法改正で規制が強化された。包括指定によって脱法ドラッグをなくした。その分、危険ドラッグ売人は地下に潜った。
政府予算案は介護の切り捨てが問題視された。ボランティアの活用を説くが、家庭だけで済まないから介護を社会化した。それに逆行する。
佐賀県知事選挙のような地方の反乱は今後も続くのではないか。衆院選の山梨県の小選挙区も、そうである。定数を削減された地域の怒りが影響したのではないか。
佐賀県知事選挙は農協改革が争点になった。安倍政権の農協改革には反対するとしても、既存の農協を維持することが良いという訳ではない。農協の既得権擁護と消費者や農家の利益は同じではない。
2015-01-17 14:09:26

林田力・二子玉川ライズ反対運動

テーマ:東急不買雑談
#林田力 #アマゾン #キンドル #東急電鉄
林田力『二子玉川ライズ反対運動』(アマゾンKindle)は世田谷区玉川の二子玉川ライズの問題を取り上げた電子書籍のシリーズである。日本社会の暗黒面である。戦慄すべき事実の数々を明らかにした。箱ものを作ればいいという発想は時代遅れである。防災上の必要性ではなく、経済的背景から生まれた不純な動機で街が壊されている。大型開発は格差を拡大させる。格差の拡大は社会の公正さを損なう。所得の減少による消費の低迷で経済にも否定的な結果をもたらす。貧困の連鎖を断ち切らなければ人類に未来はない。住民の願いを踏みつける開発優先の政治を止めなければならない。

[PR]気になるキーワード

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>