林田力『東急ホテルズ食材偽装』(Food Scandal of Tokyu Hotels)は東急ホテルズの食材偽装(メニュー誤表示)問題を取り上げた書籍である。高級ホテルや百貨店で次々と明らかになった食材偽装であるが、東急ホテルズは質量ともに悪質である。食材虚偽表示は100種類以上のメニューで行われ、料理約50万食分にも上る。東急ホテルズは新聞社の取材や自治体の調査に「偽装はない」と虚偽回答までしている。
http://hayariki.ie-yasu.com/
林田力
http://www.hayariki.net/
『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』
http://hayariki.zero-yen.com/
http://sky.geocities.jp/hayariki4/
東急不動産係長脅迫電話逮捕事件
http://hayariki.x10.mx/
二子玉川ライズ反対運動
http://hayarikit.dousetsu.com/
林田力書評
http://hayariki.sa-kon.net/
Facebook
https://www.facebook.com/tokyufubai

東急ホテルズ食材偽装/林田力

¥価格不明
Amazon.co.jp





1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2014-12-20 12:19:27

林田力・東急不動産だまし売り裁判

テーマ:東急不買雑談
#林田力 #本 #読書 #家を買う
林田力『東急不動産だまし売り裁判こうして勝った』(ロゴス社)には凛とした清々しさがある。ほんのりとした、人を包み込む温かさがある。
東急リバブル東急不動産は隣地建て替えという不利益事実を隠して新築マンションをだまし売りした。東急リバブル東急不動産が知っていて説明しなかった隣地建て替えによって林田力の購入したマンションは日照がなくなった。日照のないマンションは寒かった。顔に冷気が当たり、手足がかじかむ。体が冷えると心も萎んでいくようであった。秋の木枯らしが吹いて枯れ葉が舞い散ると憂鬱になった。冬を迎えると憂鬱さの度合いが深くなった。東急不動産だまし売りマンションに住み続けることは飼い殺しと同じである。
東急リバブル東急不動産には自身に対する厳しさがなかった。東急リバブル東急不動産は真相が発覚しても、理屈に合わないことを平気で主張した。
2014-12-19 23:21:10

林田力・二子玉川ライズ問題

テーマ:東急不買雑談
#東急建設 #世田谷区 #東急 #東急電鉄 二子玉川ライズLEED NDゴールド認証の滑稽
林田力
二子玉川ライズと世田谷区立二子玉川公園のLEED NDゴールド予備認証取得は実態を無視したものである。LEED(Leadership in Energy and Environmental Design)は、米国グリーンビルディング協会(USGBC)が開発・運用する環境性能評価指標である。NDはNeighborhood Development(近隣開発)部門を指す。認証は下から標準、シルバー、ゴールド、プラチナのランクに分かれている。

認証評価では「安全で快適な歩行者空間(リボンストリート)を形成し、高密度でコンパクトな開発をしていること」と挙げられている。しかし、現実はビル風による転倒者が出ており、世田谷区が近隣住民に強風時の外出を控えるアナウンスを出すほどである。

「商業、オフィス、公共施設や多くの住戸パターンを持つ住宅を集積させ、さまざまな年代の人々が多様な目的で集う、複合機能都市を整備していること」とあるが、古くからの住民や小規模店舗は再開発で立ち退きを余儀なくされた。二子玉川ライズは営利優先で公共施設の少なさが批判されている。世田谷区が進める図書館ターミナルも社会教育施設としての図書館本来の役割を果たせないと批判されている。

「生態系の保全に取り組んでいる」とあるが、再開発前の樹木がうっそうと茂っていた状態を見ていたら、とても言えない話である。今の二子玉川ライズは街路の植栽も枯死している。

このLEED ND認証は2008年の北京オリンピックの選手村がゴールド認証取得したことを機に普及したと説明される(「二子玉川再開発事業が街づくり環境評価で「金」認証-日本初、自然との親和性で」二子玉川経済新聞2014年11月10日)。しかし、北京オリンピック会場は僅か数年で廃墟になった(「北京五輪の会場 “鳥の巣”含めて大部分が廃墟化していた」NEWSポストセブン2012年8月5日)。住環境としての持続可能性を無視した認証であることを露呈している。これは二子玉川ライズの未来も暗示する。住民にとって二子玉川ライズは先の見えない暗闇プロジェクトである。

コンクリート建築に予算が使われ、教育や福祉に回される予算は減っている。気前よく公共事業に税金が使われた後には、何も残らない。大型開発のような公共事業には利権がある。そこから過分な所得を求めるゼネコンなどの企業が必ず存在する。彼らは利権を維持するために大型開発の継続を望む。開発利権を合理化する認証ならば有害である。

日本の建築不動産業界はガラパゴスと呼ぶべき独自の「進化」(退化)を遂げてきた。この特異な産業は日本の進歩の足を引っ張り続けている。住民無視の大型開発やマンションだまし売り、ゼロゼロ物件、脱法ハウスなどである。国際的な認証という言葉に思考停止してはならない。
2014-12-18 12:45:59

風対策プロジェクト

テーマ:東急不買雑談
#Kindle #ビル風 #風害 #東急建設 林田力『二子玉川ライズ反対運動15風対策プロジェクト』は二子玉川東地区風調査検討プロジェクトを特集する。二子玉川ライズのビル風対策は喫緊の世田谷区政課題になっている。二子玉川ライズには元々風が強い川べりに超高層ビルを建設したという特異性がある。また、二子玉川は住宅街である。高齢者や子どもも多いというオフィス街とは異なる特殊性もある。そのために二子玉川ライズのビル風対策が従来型の発想だけでは不十分なことは明らかである。

二子玉川ライズのビル風対策報告書
二子玉川ライズ風害検討結果説明会
二子玉川ライズLEED NDゴールド認証の滑稽
二子玉川ライズと渋谷区保養所のAV撮影問題
東急多摩川線で踏切遮断棒下りずに電車が通過
東急社員が目黒で強制わいせつ逮捕
東急電鉄fontタグ丸見え事件
東急の私物化で渋谷衰退
外環道異議申立補正書
外環道補正書と脱原発
放射脳カルトと貧困ビジネス

【書名】二子玉川ライズ反対運動15風対策プロジェクト/フタコタマガワライズハンタイウンドウ ジュウゴ カゼタイサクプロジェクト/Opposition Movement Against FUTAKOTAMAGAWA Rise 15 Wind Control Project
【著者】林田力/ハヤシダリキ/Hayashida Riki
【既刊】『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』『東急不動産だまし売り裁判購入編』『東急不動産だまし売り裁判2リバブル編』『東急不動産だまし売り裁判3』『東急不動産だまし売り裁判4渋谷東急プラザの協議』『東急不動産だまし売り裁判5東京都政』『東急不動産だまし売り裁判6東急百貨店だまし売り』『東急不動産だまし売り裁判7』『東急不動産だまし売り裁判8』『東急不動産だまし売り裁判9』『東急不動産だまし売り裁判10証人尋問』
『東急不動産だまし売り裁判11勝訴判決』『東急不動産だまし売り裁判12東急リバブル広告』『東急不動産だまし売り裁判13選挙』『東急不動産だまし売り裁判14控訴審』『東急不動産だまし売り裁判15堺市長選挙』『東急不動産だまし売り裁判16脱法ハーブ宣伝屋』『東急不動産だまし売り裁判17』『東急不動産だまし売り裁判18住まいの貧困』『東急不動産だまし売り裁判19ダンダリン』『東急不動産だまし売り裁判20東急ハンズ過労死』
『東急不動産だまし売り裁判21東京都知事選挙』『東急不動産だまし売り裁判22東急不動産の遅過ぎたお詫び』『東急不動産だまし売り裁判23江東区』『東急不動産だまし売り裁判24卑怯な誹謗中傷』『東急不動産だまし売り裁判25』『東急不動産だまし売り裁判26ブランズ市川真間』『東急不動産だまし売り裁判27スレスレに非ず』
『東急不動産だまし売り裁判訴状』『東急不動産だまし売り裁判陳述書』『東急不動産だまし売り裁判陳述書2』『東急不動産だまし売り裁判陳述書3』
『東急大井町線高架下立ち退き』『東急不動産係長脅迫電話逮捕事件』『東急コミュニティー解約記』『東急ストアTwitter炎上』『東急ホテルズ食材偽装』『ブランズ小竹向原と越中島トラックターミナル』
『二子玉川ライズ反対運動1』『二子玉川ライズ反対運動2』『二子玉川ライズ反対運動3』『二子玉川ライズ反対運動4』『二子玉川ライズ反対運動5』『二子玉川ライズ住民訴訟 二子玉川ライズ反対運動6』『二子玉川ライズ反対運動7』『二子玉川ライズ反対運動8』『二子玉川ライズ反対運動9ブランズ二子玉川の複合被害』『二子玉川ライズ反対運動10』『二子玉川ライズ反対運動11外環道』『二子玉川ライズ反対運動12上告』『二子玉川ライズ反対運動13』『二子玉川ライズ反対運動14中野ビル風』
『裏事件レポート』『絶望者の王国』『歌手』『蘇我善徳』『北本市いじめ自殺裁判』『江東区と東京オリンピック』『江東区の生活』『江東区記事集』『江東区記事集2』『何故、空き家活用か』
『林田力書評集』『林田力書評集2』『林田力日本小説書評集』『林田力経済書評集』『林田力記事集』『林田力政治記事集』『林田力集会記事集』『林田力菓子レビュー』『日常グルメレビュー』
『ブラック企業・ブラック士業』『脱法ハーブにNO』『貧困ビジネスと東京都』『東京都のゼロゼロ物件』『放射脳カルトと貧困ビジネス』『放射脳カルトはヘイトスピーチ』『ブラック東京都政にNO』『ブラック東京都政にNO 2』『ブラック東京都政にNO 3』『ブラック東京都政にNO第4巻』
『希望のまち東京in東部記録』『希望のまち東京in東部記録2』『希望のまち東京in東部記録3集団的自衛権シール投票』『希望のまち東京in東部記録4空き家活用』『希望のまち東京in東部記録5市民カフェ』『希望のまち東京in東部記録6希望の政策を語り合う集い』『希望のまち東京in東部記録7選挙に行こうプロジェクト』
2014-12-17 17:46:47

亜紀

テーマ:東急不買雑談
#小説 #書評 #恋愛 #新刊
『亜紀』は恋愛小説である。タイトルはヒロインの名前である。舞台は北海道である。スキー場での劇的な出会いを経て交際が始まる。亜紀は実年齢よりも精神的に幼いところのある女性である。これに対して相手の男性は大人びている。正直なところ、亜紀の幼さは痛いレベルにある。亜紀を視点人物として読んでいくことに辛さを覚えるほどであったが、読み進めると見識を発揮することもある。逆に男性の方が弱いところを見せることもある。
本書には登場人物のポジションが固定的ではない面白さがある。これは作品を評価する上で難しい問題を含んでいる。きちんとキャラクター設定がなされていないとマイナス評価される危険もあるためである。一方でキャラクター設定に凝るだけで、肝心の物語が一向にできない自称作家もいる。
2014-12-16 21:27:10

選挙に行こうプロジェクト

テーマ:東急不買雑談
#政治 #希望のまち東京IN東部 #葛飾区 #墨田区
林田力『希望のまち東京in東部記録7選挙に行こうプロジェクト』は希望のまち東京in東部が2014年12月の衆議院議員選挙に際して実施した「選挙に行こうプロジェクト」の記録である。「選挙に行こうプロジェクト」は墨田区の錦糸町、葛飾区の立石、江東区の亀戸、足立区の北千住で実施した。シール投票「アベノミクスで収入が増えましたか」「次の政権はどのような政権をのぞみますか」、投票呼びかけチラシ配りなどを行った。

99%のための政治を
僕たちの疑問に答えて
希望のまち東京in東部「選挙に行こうプロジェクト」錦糸町
錦糸町シール投票結果分析
希望のまち東京in東部「選挙に行こうプロジェクト」立石
希望のまち東京in東部「選挙に行こうプロジェクト」亀戸
希望のまち東京in東部「選挙に行こうプロジェクト」北千住
希望のまち東京in東部11月定例会
希望のまち東京in東部第28回市民カフェ
希望のまち東京in東部第29回市民カフェ
希望のまち東京in東部第30回市民カフェ
葛飾区議会宛・空き家活用請願

【書名】希望のまち東京in東部記録7選挙に行こうプロジェクト/キボウノマチトウキョウイントウブキロク ナナ センキョニイコウプロジェクト/Articles about Hope Town in Eastern Tokyo 7 Go Vote
【著者】林田力/ハヤシダリキ/Hayashida Riki
【既刊】『希望のまち東京in東部記録』『希望のまち東京in東部記録2』『希望のまち東京in東部記録3集団的自衛権シール投票』『希望のまち東京in東部記録4空き家活用』『希望のまち東京in東部記録5市民カフェ』『希望のまち東京in東部記録6希望の政策を語り合う集い』
2014-12-15 20:09:46

江東区スポーツ推進計画パブコメ

テーマ:東急不買雑談
#江東区長 #オリンピック #五輪 #江東
江東区スポーツ推進計画(素案)パブコメ
林田力
江東区スポーツ推進計画(素案)に対し、以下の内容でパブコメを提出した。
基本目標(4)「気軽にスポーツができる場の確保」施策展開12「場の確保」に、区内の空き家を卓球場などの場所をとらない屋内スポーツを気軽にできる場として活用することを加えて下さい。
希望のまち東京in東部(代表林田力)が江東区議会に提出した「26陳情第 23号 若者の自立支援政策を目的とした区内の空き家の実態調査とそれに基づく施策策定を求める陳情」記載の通り、空き家の増加が社会問題になり、その活用が政治課題になっている。現実に空き家を卓球場に改装した事例がある(つるけんたろう『0円で空き家をもらって東京脱出!』「空き家を利用して、卓球場できちゃいました」)。

施策展開12「場の確保」に、自転車利用促進策として自転車専用レーン整備を追加して下さい。自転車レーンは永代通りのような色分け型ではなく、亀戸駅付近の京葉道路のような完全分離型を求める。
自転車は脚を鍛え、心肺機能を高めるため、体力向上・健康づくりに資する。古くは英国留学中に神経衰弱になった夏目漱石がサイクリングで気分転換した話が有名である。自転車が安心して走る環境のために自転車レーンが必要である。

施策展開12「場の確保」には「2020 年東京オリンピック・パラリンピック大会において、馬術会場となることが予定されている夢の島競技場・野球場の代替措置について、東京都に要望し、実現に向けて連絡調整を行います」とあるが、区民のスポーツの場を維持するために五輪競技場の見直しも選択肢に含めて下さい。
2014-12-14 12:01:16

中央区と江東区の明暗

テーマ:東急不買雑談
#江東区 #中央区 #東京都 #バス
東京都BRTの中央区と江東区の明暗
林田力
東京都が進める東京都心部と臨海副都心を結ぶ公共交通は、中央区と江東区で明暗が分かれそうである。山崎孝明・江東区長が東京都に要望した湾岸ロープウェイは実現しそうにもない。認識が甘すぎたと言えるだろう。

東京都は2014年8月に都心と臨海部を結ぶ公共交通機関を整備する計画を発表した。「都心と臨海副都心とを結ぶ公共交通に関する基本指針」はBRT(バス高速輸送システムBus Rapid Transit)を念頭に置いており、この時点で江東区長のロープウェイ構想は分が悪かった。中央区の「基幹的交通システム」構想では将来的にはLRT(次世代路面電車)の可能性も入れつつ、当面はBRTを想定していた。

東京都は導入する交通システムやルートなどの検討を行う「事業協力者」を募集し、7件の応募があった。提案内容は全てBRTだった。基本指針発表の時点で江東区側はBRTに決定した訳ではないと説明していたが、ロープウェイは事業者にとっても現実性ある計画ではなかったことになる。

東京都と中央区は蜜月ぶりをアピールする。中央区環境政策課側が「これまでも都の協力はあったが、より実現に近づいた」と期待すれば、東京都都市整備局交通企画課側も「中央区のニーズにも対応できるルートが出てくると思っている」と話す(小佐野カゲトシ「BRTはどこから? 新拠点相次ぐ東京バス新時代」ケンプラッツ2014/11/28)。

その結果、江東区が割を食うことにならないか懸念される。交通機関の整備はロープウェイ構想の敗北、BRT採用で終わる話ではない。どのルートを通るかなど江東区民と中央区民で利害が対立する問題もある。その際に当初からBRTを検討していた中央区と、ロープウェイという明後日の方向を見ている江東区の何れの意見が重視されるか。最初からロープウェイ構想にはニーズや実現性などが疑問視されていたが、そのような構想が区から公式に提起されたことは今後の江東区の発言権を弱め、区民に無形の損失を及ぼしかねない。
2014-12-13 16:23:04

日本海賊TV

テーマ:東急不買雑談
#日本海賊TV #日本海賊党 #海賊党 #選挙 日本海賊TVは第3回「金曜8時は今週の振り返り」を放送した。山内元川崎市議、大北氏(国債救助隊)、須澤日本海賊党暫定代表、林田力が出演した。今回の話題はトステム創業者長女の遺産申告漏れ、日本国債の格下げ、総選挙である。最初に林田力からトステム創業者長女の遺産申告漏れを話題提供した。トステム(リクシル)の株式の巨額の売却益を非上場の資産管理会社の株式に転換する節税対策が認められなかったという話である。この事件のポイントは、長女側は国税庁の通達に基づいて遺産を評価し、形式的表面的には合法性を満たしていることである。しかし、東京国税局は著しく不当な節税対策と認めず、約60億円という巨額の追徴となった。
他の出演者からは非上場会社を利用した鉄道会社グループの企業支配などの話題で盛り上がった。
番組の最後では足立区の北千住駅東口で開催する希望のまち東京IN東部「選挙に行こうプロジェクト」を紹介した。
2014-12-13 14:39:59

選挙に行こうプロジェクト

テーマ:東急不買雑談
#希望のまち東京イン東部 #足立区 #衆院選 #選挙 希望のまち東京イン東部(林田力共同代表)は「選挙に行こうプロジェクト」を足立区の北千住駅東口、東京電機大学キャンパス前で開催する。
シール投票意見。野党の時代が来ていると思う。
親の収入が減り、小遣いも減らされた。
安倍首相は人間的に好き。
ピッタリした野党がない。投票には行く。無効票にはしない。優先政策は消費税。増税は困る。
安倍首相は人の話も国民の話も聞かない。嘘をついた。
政治は福祉など身近なところを変えてほしい。高齢者が安心して住み続けられるなど。
ボーナス分は収入が増えた。
与党と野党が競り合わなければならない。
2014-12-13 13:37:52

選挙に行こうプロジェクト

テーマ:東急不買雑談
#希望のまち東京イン東部 #足立区 #衆院選 #選挙 希望のまち東京イン東部(林田力共同代表)は「選挙に行こうプロジェクト」を足立区の北千住駅東口、東京電機大学キャンパス前で開催する。駅前でなく、キャンパス前である。
シール投票意見。投票に行く。自民党には投票しない。自民党は大企業を優遇している。就職先がない。
日本が中国や韓国を挑発している。戦前を美化している。
学生のため、アベノミクスの影響は分からない。親の収入も分からない。
期日前投票に行った。

[PR]気になるキーワード

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>