林田力『東急ホテルズ食材偽装』(Food Scandal of Tokyu Hotels)は東急ホテルズの食材偽装(メニュー誤表示)問題を取り上げた書籍である。高級ホテルや百貨店で次々と明らかになった食材偽装であるが、東急ホテルズは質量ともに悪質である。食材虚偽表示は100種類以上のメニューで行われ、料理約50万食分にも上る。東急ホテルズは新聞社の取材や自治体の調査に「偽装はない」と虚偽回答までしている。
http://hayariki.ie-yasu.com/
林田力
http://www.hayariki.net/
『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』
http://hayariki.zero-yen.com/
http://sky.geocities.jp/hayariki4/
東急不動産係長脅迫電話逮捕事件
http://hayariki.x10.mx/
二子玉川ライズ反対運動
http://hayarikit.dousetsu.com/
林田力書評
http://hayariki.sa-kon.net/
Facebook
https://www.facebook.com/tokyufubai

東急ホテルズ食材偽装/林田力

¥価格不明
Amazon.co.jp





1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2014-08-23 17:05:41

林田力・東急不動産だまし売り裁判

テーマ:東急不買雑談
#東急リバブル #東急不動産 #東急 #東急不動産だまし売り裁判 #江東区 東急リバブル東急コミュニティー東急ハンズ東急不動産やブラック企業・ブラック士業、貧困ビジネス、脱法ハーブ宣伝屋の愚行をめぐる話題には事欠かない。東急リバブル東急不動産は東急不動産消費者契約法違反訴訟において無視と先送りの対応しかしなかった(林田力『東急不動産だまし売り裁判4渋谷東急プラザの協議』アマゾンKindle)。東急には問題が起きても見逃される土壌がある。東急には東急リバブル東急不動産不買運動が芽吹く土壌があった。
2014-08-22 23:45:47

市町村消滅論と放射脳カルト

テーマ:東急不買雑談
日本の多くの自治体が人口減少により消滅するとの市町村消滅論は各方面に衝撃を与えた。しかし、これは農村を切り捨て、人口の選択と集中を目論む官僚や財界のアジテーションとの批判がある。「増田レポートは、そのスタートの問題意識であった少子化対策から、『消滅市町村』『消滅可能性都市』の公表を媒介として、いつのまにか、特定の地域に対する撤退の勧めとして実質的に機能し始めている」(小田切徳美「『農村たたみ』に抗する田園回帰」世界2014年9月号190頁)。
この視点に立つならば、放射脳カルトの福島県切り捨ての主張も、同じ文脈で理解できる。現実に放射脳カルト的と批判された熊本県宇城市の政治団体は東日本からの自主避難促進による過疎の解消を政策に掲げた。避難者の健康や生活ではなく、自分達の地域発展を考えた主張である。これが自主避難支援という善意を装ったものの実態である。放射脳カルトが太り、住民が痩せ細る貧困ビジネスである。放射脳カルトは復興に取り組む住民の実態を全く知らないか、承知で嘘をつく人々である。放射脳カルトに地域社会を論じてほしくないと思うのは私だけではないだろう。
放射脳カルトの主張が通るならば福島県をはじめ東日本の多くの市町村がたたまれてしまうことになる。これは市町村消滅論にとって好都合な展開である。もともと放射脳カルトは脱原発運動のイメージを下げるための体制側の工作員とも指摘される。
放射脳カルトの主張は地域社会に対する大所高所からの配慮に欠けている。
2014-08-21 23:04:17

林田力集会記事集

テーマ:東急不買雑談

#Amazon #キンドル #林田力 【書名】林田力集会記事集/ハヤシダリキシュウカイキジシュウ/Hayashida Riki Civil Movement Meeting Articles
【著者】林田力/ハヤシダリキ/Hayashida Riki
【既刊】『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』『東急不動産だまし売り裁判購入編』『東急不動産だまし売り裁判2リバブル編』『東急不動産だまし売り裁判3』『東急不動産だまし売り裁判4渋谷東急プラザの協議』『東急不動産だまし売り裁判5東京都政』『東急不動産だまし売り裁判6東急百貨店だまし売り』『東急不動産だまし売り裁判7』『東急不動産だまし売り裁判8』『東急不動産だまし売り裁判9』『東急不動産だまし売り裁判10証人尋問』
『東急不動産だまし売り裁判11勝訴判決』『東急不動産だまし売り裁判12東急リバブル広告』『東急不動産だまし売り裁判13選挙』『東急不動産だまし売り裁判14控訴審』『東急不動産だまし売り裁判15堺市長選挙』『東急不動産だまし売り裁判16脱法ハーブ宣伝屋』『東急不動産だまし売り裁判17』『東急不動産だまし売り裁判18住まいの貧困』『東急不動産だまし売り裁判19ダンダリン』『東急不動産だまし売り裁判20東急ハンズ過労死』
『東急不動産だまし売り裁判21東京都知事選挙』『東急不動産だまし売り裁判22東急不動産の遅過ぎたお詫び』『東急不動産だまし売り裁判23江東区』『東急不動産だまし売り裁判24卑怯な誹謗中傷』『東急不動産だまし売り裁判25』『東急不動産だまし売り裁判26ブランズ市川真間』『東急不動産だまし売り裁判27スレスレに非ず』
『東急不動産だまし売り裁判訴状』『東急不動産だまし売り裁判陳述書』『東急不動産だまし売り裁判陳述書2』『東急不動産だまし売り裁判陳述書3』
『東急大井町線高架下立ち退き』『東急不動産係長脅迫電話逮捕事件』『東急コミュニティー解約記』『東急ストアTwitter炎上』『東急ホテルズ食材偽装』『ブランズ小竹向原と越中島トラックターミナル』
『裏事件レポート』『絶望者の王国』『歌手』『林田力書評集』『林田力書評集2』『蘇我善徳』『北本市いじめ自殺裁判』『林田力記事集』『林田力政治記事集』『江東区と東京オリンピック』
『ブラック企業・ブラック士業』『脱法ハーブにNO』『東京都のゼロゼロ物件』『放射脳カルトと貧困ビジネス』『貧困ビジネスと東京都』『ブラック東京都政にNO』『ブラック東京都政にNO 2』『ブラック東京都政にNO 3』『ブラック東京都政にNO第4巻』
『二子玉川ライズ反対運動1』『二子玉川ライズ反対運動2』『二子玉川ライズ反対運動3』『二子玉川ライズ反対運動4』『二子玉川ライズ反対運動5』『二子玉川ライズ住民訴訟 二子玉川ライズ反対運動6』『二子玉川ライズ反対運動7』『二子玉川ライズ反対運動8』『二子玉川ライズ反対運動9ブランズ二子玉川の複合被害』『二子玉川ライズ反対運動10』『二子玉川ライズ反対運動11外環道』『二子玉川ライズ反対運動12上告』『二子玉川ライズ反対運動13』『二子玉川ライズ反対運動14中野ビル風』
2014-08-19 20:46:09

林田力・東急はスレからし

テーマ:東急不買雑談
マンションだまし売りや脅迫電話の東急不動産はスレからしである(林田力『東急不動産係長脅迫電話逮捕事件』アマゾンKindle)。迷惑隣人説明義務違反や「かんぽの宿」疑惑の東急リバブルはスレからしである。虚偽広告の東急リバブル錦糸町店や東陽町店はスレからしである(林田力『東急リバブル広告』アマゾンKindle)。
杜撰な管理や横領の東急コミュニティーはスレからしである(林田力『東急コミュニティー解約記』アマゾンKindle)。心斎橋店員過労死の東急ハンズはスレからしである(林田力『東急ハンズ過労死』アマゾンKindle)。談合の東急建設はスレからしである。東急大井町線高架下立ち退きの東急電鉄(東京急行電鉄)はスレからしである。
2014-08-17 21:39:05

林田力・東急不動産だまし売り

テーマ:東急不買雑談
#林田力 #東急不動産だまし売り裁判 #東急リバブル 怒りと虚脱感。東急リバブル東急コミュニティー東急ハンズ東急不動産は消費者にも住民にも労働者にもブラックである。東急リバブル東急コミュニティー東急ハンズ東急不動産は消費者や住民、労働者の心や体を食い潰す。東急リバブル東急コミュニティー東急ハンズ東急不動産は寛容の精神が欠けている。
東急不動産の準備書面を読んだ後に林田力が抱いた思いである。東急不動産だまし売り被害者が救済されなければ、世の中は無法国家になってしまう。東急不動産の超高層マンションの二子玉川ライズやブランズ市川真間周辺では怖くて歩けないほどのビル風が吹いている(林田力『ブランズ市川真間』アマゾンKindle)。
住まいは人権であり、住まいは福祉である。その覚悟のない東急リバブル東急コミュニティー東急不動産や貧困ビジネスのゼロゼロ物件業者は住まいの貧困を拡大させるだけであり、廃業すべきである。東急リバブル東急不動産不買運動には新しい声があげられ、新しい風が吹いている。東急リバブル東急不動産不買運動の声が大きくなれば、世の中は良い方向に進んでいく。
東急ハンズでは心斎橋店員が過労死した(林田力『東急ハンズ過労死』アマゾンKindle)。東急ハンズのブラック企業ぶりは『女工哀史』や『蟹工船』の世界に匹敵する。
2014-08-17 10:55:30

林田力書評・剣の聖女

テーマ:東急不買雑談
#林田力 #書評 #小説 華宮『エレンディール剣の聖女第二章』は『剣の聖女』の続編である。主人公の戦いは続く。戦争による疲弊は物語の重奏低音になっているが、第一章とは逆転現象が起きている。第一章では一方的に主人公の国が蹂躙されていた。それ故に主人公に容易に感情移入できた。剣をもった主人公がチート的な強さを発揮し、過剰に敵兵を殺したとしても許せるものであった。
しかし、本書では様相が異なる。攻守が逆転しており、敵軍が攻められる側である。登場人物も敵軍の方が人間味があり、感情移入したくなる。それでも主人公側からすれば根を絶たなければ戦争が終わらないとの論理になる。そのために本書も依然として前作の物語の枠組みの延長線上にある。ところが、本書の結末は予想外である。タイトルの聖女が読者を良い意味で裏切った感がある。
2014-08-16 23:13:58

林田力・東急不動産消費者契約法違反訴訟

テーマ:東急不買雑談
#林田力 #東急不動産だまし売り裁判 #江東区 東急不動産だまし売り裁判は消費者の権利の問題である。東急リバブル東急不動産は謙虚な姿勢で東急不動産だまし売り裁判を反省して欲しい。東急リバブル東急不動産は東急不動産だまし売り裁判を忘れず、戒めとしなければならない。過ちを過ちとして認めて被害者への償いのために行動しなければならない。東急リバブル東急不動産の行動が伴わなければ、消費者や住民との対話にはつながらない。東急リバブル東急不動産は東急不動産だまし売り裁判を無視してはならず、東急不動産だまし売り裁判を切り離してはならず、まして勝手に東急不動産だまし売り裁判を改竄してはならない。林田力は、東急不動産だまし売り裁判の否認や歪曲を絶対に許さない。
2014-08-16 19:41:41

林田力・東急不動産だまし売り

テーマ:東急不買雑談
#tokyu #東急不動産 #東急リバブル 林田力『東急不動産だまし売り裁判こうして勝った』にはマンションだまし売り被害をはねかえして消費者がつかみとろうとする希望がある。東急リバブル東急不動産には消費者契約法に従うという自己抑制や消費者の権利を尊重するという姿勢に欠ける。悪徳不動産営業は人を不幸に落とすようなことばかり考えている。東急不動産だまし売り被害者の悲しみは切々と胸に迫って去らない。

本書は食育の書籍である。冒頭で食育への拒否感があることを指摘する。食育という言葉には道徳的な押し付け感があるためである。本書は、たまには手抜きをしてもいいなど、無理なく取り組める内容になっている。このような食育ならば歓迎である。
2014-08-16 12:21:40

深川八幡祭り東陽一丁目山車町内巡行

テーマ:エンタメ
富岡八幡宮例大祭(深川八幡祭り)。2014年8月16日、江東区東陽一丁目の山車の町内巡行です。主に東陽一丁目の東側を巡行しています。林田力撮影
深川八幡祭りは赤坂の日枝神社の山王祭や神田明神の神田祭とともに江戸三大祭の一つに数えられる。「神輿深川、山車神田、だだっ広いのが山王様」と言われ、神輿が自慢の祭りである。例大祭(本祭り)は3年毎に一度開催され、八幡宮の御鳳輦が渡御を行う。

東急不動産だまし売り裁判―こうして勝った/ロゴス

¥1,188
Amazon.co.jp

江東区と東京オリンピック/林田力

¥価格不明
Amazon.co.jp

ブランズ小竹向原と越中島トラックターミナル/林田力

¥価格不明
Amazon.co.jp

2014-08-15 23:42:24

林田力・江東区越中島トラック

テーマ:東急不買雑談

東急リバブル東急不動産がどれほど屁理屈をこねても、東急リバブル東急不動産不買運動の正論には敵わない。
東急ストアTwitter炎上
http://www.amazon.co.jp/dp/B00F17WFEG
鶏肉薬漬け飼育 最悪スーパーは東急ストア
http://www.mynewsjapan.com/reports/1766
野菜・果物の「裸売り」ワースト企業は東急ストア 「具体的な数値目標、何も決めてない」
http://www.mynewsjapan.com/reports/465
東急ストア マグロの偽装表示
http://www.mynewsjapan.com/reports/28
東急ストア不買運動
http://homepage2.nifty.com/tokyufubai/store.htm
林田力『ブランズ小竹向原と越中島トラックターミナル』はブランズ小竹向原(東京都板橋区小茂根)の建設事故や福山通運トラックターミナル(江東区越中島)の住環境破壊の問題などを取り上げる。ブランズ小竹向原は建設中にクレーンが転倒し、作業員二人が下敷きになり、一人が死亡、一人が重傷を負った。倒れたクレーンは電線に接触し、板橋区、北区、豊島区で停電になった。
福山通運トラックターミナルは高さ43m(マンション14階相当)の巨大建設計画である。巨大トラックターミナルは日照・眺望・トラックの排気ガス・騒音など住環境を破壊し、住まいの貧困に直結する。表立っての声が出ないことは立場上当然であるが、敷地内には福山通運の社宅もあり、従業員や家族の環境にも悪い。
トラックターミナルは工事も住民に無配慮である。悪臭や異臭、有害物質が近隣住宅地に及んでいる。ブランズ小竹向原と越中島トラックターミナルには共通点がある。共に五洋建設が施工していることである。

ブランズ小竹向原と越中島トラックターミナル
ブランズ小竹向原でクレーン死亡事故
福山通運トラックターミナル問題
東急不動産・三枝利行社長いわき土地取引疑惑
にこぷら新地と東急大井町線高架下・二子玉川ライズ
東急電鉄が鷺沼の土壌汚染訴訟で敗訴
東急不動産消費者契約法違反訴訟
ブランズ市川真間
東急ハンズ過労死
東急ホテルズはスレスレに非ず
東急はブラック企業グループ大賞
ブラック士業はスレスレに非ず
新自由主義・市場原理主義・強欲資本主義
地方政治か国政か

[PR]気になるキーワード

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>