テーマ:

バレンシアでは最初の、スペイン遠征としては最後の強化試合を行いました。


{4690B6F9-AAED-417E-883B-7C2C47545EF8}


対戦相手は選手たちが練習参加でお世話になったAlborayaUD。

この試合の位置付けというのもまた難しいもので、FCバルセロナとの試合後にチーム練習を行わずに2つのクラブへと練習参加に行き、それぞれが刺激を受け意欲が高まったと思います。

つまり、40分ハーフというゲームの中で24人が自身の出場を期待しているはずだからです。

ただ、こなすことが目的にならないためにも、基準を与える必要がありました。

今までとそう変わりのないものでしたが、改めて。

選手たちが練習参加をしている姿、また遠征中の様子を見ている中で、客観的に彼らを見させて貰うことで、個々・または集団の性格を目の当たりにしました。


{68DE8441-D04B-4CAB-8E4D-9C0EB7A1491D}


本遠征はサッカー選手として成長するという目的のもと、サッカー以外の文化〜言語・風習・人柄など〜に触れることで、人間的成長を促そうという含みがありました。

なぜなら人間的成長はサッカー選手としての成長に繋がるという確信があるから。

「せっかくスペインに来たから」という理由で11日間の多くをサッカーばかりに、とはしませんでした。

サッカー選手である前に1人の人間ですが、選手としての成長を求める中で、選手たちの余暇の過ごし方や異なる環境に飛び込んだ様子は大変興味深いものでした。

その背景のもと、選手たちに基準を提示する必要性を感じました。

サッカー選手としての成長のためここにいること、今後サッカー以外含めどんな道に進んだとしても免れることはない、他人との関係性の中で、自身の行動ひとつが周りに与える影響…それをサッカーにリンクさせて。


{6C1B43E9-C14E-49F3-937A-460BE174E9A9}


ピッチ内外において好き勝手にやっている君の裏でどんなことが起きているのか、ということを想像しようということです。

サッカーをやっていく上でも組織的に動けない人間になってはならないと考えています。

選手各々に個性があり、それを否定するわけではありませんが、独り歩きしてもチームは強くならず、サッカーを学ぶこともできません。

どの瞬間に個性を発揮すべきか、という理解を持って貰いたいです。

それが組織的に動くことを知っている状態であり、ピッチ内外において自分の行動で周りがどうなるのか、または周りをより良くするために自分がどう行動を取るべきか、を理解して欲しいのです。

その為に選手たちに基準を提示し、それに近付き信頼を勝ち取れるかどうかは自分の努力次第、という話をしました。


{23E69158-8878-4FEA-A85E-36561A77B18A}


人は弱いので、自分のことを棚に上げ、言い訳を探し、虚勢をはり、言い逃れよう・自分を守ろうと知恵を働かせます。

審判が・グラウンドが・道具が・監督が・仲間が悪い、俺は悪くない…周りが変わらないと自分は良くならないのでしょうか。

それはつまり、自分で自分を成長させることを放棄しているということ。

相手が強過ぎるのが悪い!…てことになります?笑

相手の強さを調整できるのはゲームの世界だけ、もしくは不正を働かせた時だけです。

自分の非を認めたくないことは誰にでもありますから、難しいですがそれに打ち勝てるか。

自分の努力で環境を良い方向へ変えようとすること、大歓迎です。

それには自分に責任が生まれるから。

自分はリスクや責任を負わない、変わらない、でも良くなりたい、そんなことあるわけないです。


{A7D26224-0BBC-4264-91C4-B9FFA8101A33}


この遠征で選手たちと多くの時間を共にし、彼らの日常を長く観察しました。

日本を出たことで日本人としての自分たちをより見つめることができました。

選手にとっては初めて、私にとっては2度目のスペイン遠征。

前回スペインに来た時よりも見えるものが増えたのでしょうか、選手たちに期待をしていた部分もあったのでしょう、しかし私自身は危機感を多く持ち帰ることになりました。

その代ごとで雰囲気や性格が違うことは理解していますが現時点で一つ言えるのは、関東リーグを勝つ・全国大会に出る、そんな集団には見えなかったということです。

まぁ、浮かれてしまうことくらいは想定内です。想定以上でしたが。笑

否定したいのではなく、経験し現在地を見つめ、その後の行動が大事であって、証明するのは自分たちの努力次第だと伝えました。


{826F0859-7361-4150-9B3A-5715D68DEB0A}
※写真と本文に関係は……笑


今回与えた基準は強制力を持つものではなく、それに対しての自分を照らし合わせる材料、無視したって構わないのです。

自分の責任は自分が取る、それだけです。


{D511898D-38DA-46DE-889E-A5842CF9F03B}
※いや、ですから関係は…笑


自分次第なんだよ、と尾崎さんも日本に帰る前に言ってくださいました。

スペイン遠征を経験してから、このクラブの選手たちは確かに影響を受け、変化を起こしている者がいます。

ただそれは万物を癒す薬ではなく、自分次第を理解し実行に移したからなのでしょう。

そこに初めてこの遠征の真の価値が生まれてきます。

だから、スペイン遠征が終わった直後のタイミングでこの遠征の良し悪しを語ることはできないはずなんですね。

じっくりと時間をかけて熟成させていくものですし、しかし、時間をかけすぎても良くないものです。

ここからまた頑張る、それだけです。


{CE52CC70-0CC5-49EF-913D-8575F6A2BFBA}


〜スペイン遠征強化試合〜

vs AlborayaUD ⚫︎2-3

クラブと親交深い(と勝手に思っています笑)素晴らしいクラブであるAlborayaの皆さん、muchas gracias!!!!




ただいま関東リーグ初のアウェイ戦に向けてバスで移動中です。

帰国後すぐ学校の者もおり選手たち大変ですが、それが言い訳にしてはならないことは理解してくれていると思います。

ここから6月半ばまで中断することなく公式戦が続きます。

自分たちで証明するのです。

多くの人たちが期待してくれています。

自分たちも、自分たちに期待しましょう。


{1C152FEA-4F8C-47E0-8688-FFAED2E6EACC}


改めて本遠征に多大なるご協力を賜りましたアレナトーレさん、誠にありがとうございました。

特に日本での説明会から現地帯同・通訳などすべての面倒を見て頂きました浜田さん、本当にありがとうございました。

送り出してくださいました保護者の皆様、ありがとうございました。

選手たちは全員十分に楽しみ、浮かれ倒したことと思います。笑

これからの選手たちにご期待ください。


伊藤

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

東急SレイエスFCさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。