テーマ:

FC Barcelonaとの試合のブログに関しては、先方に写真に使用の確認を取っている最中でありますので、お待ちください。









バレンシアに移動し、この遠征のもう一つの目的である、チームを分解して個々に刺激を与えていくアクティビティへと移っていきます。




選手たちはホームステイ先へと向かい、そこから現地クラブの練習に合流します。




…うるさいのがいなくなって安心してます。笑




冗談ですよ、もちろん…




うるさいのがいないと寂しいですよ…




多分…笑



















{6A0912B8-8B6B-424D-A082-61B87EC7926D}










私は最初アルボラヤに練習参加している選手たちの様子を見て、その後プランテールというチームに参加している選手の様子を見に行きました。










{D6C0F5EF-570A-4D70-9C5A-D55FE46553A7}






{14104489-F3C2-47EE-B4D1-2DA16115AB22}










まだ全選手の様子を見れたわけではありませんが、概ね参加している選手の様子・姿勢は予想通りかなというところです。


内弁慶な性格の者はやはりここで静かになりますし、練習についていくのが精一杯の者や正直ついていけていない選手も見られました。


納得のいかない扱いをされているのか、愚痴を言っている者もいました。


ただ誰も助けてくれません。


こちらでは信頼は勝ち得るものだといわれるのがよく分かります。


2日間しかありません、翌日はどう変化するでしょうか。










{6ACDE000-9093-4E56-95A0-BACE506FA45F}













プランテールの練習場は集合場所のアラゴン駅から車で20分ほど行った場所にあります。


やや田舎な感じの場所にあります。


車に乗せてくれたラファと片言の日本語とスペイン語でのたどたどしいやり取りはとても楽しかったです。笑










{5D257398-B1D3-460A-802F-6D826C6D8843}










バルセロナなどでプレーしていたダビド・ビジャが最近このクラブのオーナーとなったみたいです。










{28B4EA90-42F5-4DA8-8775-10EB633218D3}










フルピッチ1面と少年サイズのピッチ4面。


うち2つは新しい人工芝でした。


ピッチに囲まれるように真ん中にカフェテリアがあり、保護者などはそこからピッチの様子を見ることができます。


このような街クラブのグラウンド、訪れた場所は必ずカフェテリア(バル)が隣接されていて、お茶しながら、もしくは飲みながらフットボールを見ることができます。


例えば先日訪れたバルセロナの練習場など、プロクラブにはそのような仕組みはありません。


街クラブならではの、街に根付いた施設です。


みなが顔を合わせる場所にフットボールがある。


とても素敵な光景です。










{892A6166-BD9A-4112-B365-85E568808FEC}






{ECDFCF29-CD9E-4B45-BD86-51D8068ED1D2}






{03A93ED5-90BA-4A70-BF95-358D5C23A4C2}






{4F09CD59-D1BD-4151-B34F-02115698700B}










さて、練習参加する選手たちは先にロッカールームに案内され着替えていると


後からどんどん現地クラブの選手たちがやって来ました。


でっかい音で音楽を流し陽気に振る舞うスペイン人。


圧倒されていたようですね。笑










{7BBC42FD-E9DD-4716-9E0C-15F378A68888}
※堪らず外で待機の図









今回参加するカテゴリーの監督は先にロッカールームでメニューの説明をしてからトレーニングへと移行するタイプ。


オーガナイズからして、サイドからの攻撃を意識付けさせるようなメニューでした。


珍しかったのは、練習の最初に日本でよくあるような2人組の基礎練習が行われていたことです。


監督がイメージを伝えてそれを実行していくような流れ。


練習の多くはロンドから入る印象だったので、色々あるんだなと…


そこからロンドに移行するくらいでしたか、育成のダイレクター(若そうでした)が来まして、写真を。









{E615315F-5282-467E-A666-7F719E4E5185}










どうやらクラブのTwitterアカウント(@CDELPlanterDV7)があるようで、4人の日本人が練習参加に来たよ的なツイートをしてくれていました。










{35C67A09-2980-4000-83C3-0FC44B47C602}










アルボラヤの練習を見た際にも感じましたが、日本のテンポよりも速くプレーが行われていくのが当たり前なので、選手たちのプレーが周りのスペイン選手と比べると常に止まりながらプレーしているように見えました。


ここではその遅さでプレーするとボールを喰われてしまう、それくらいのボールに対するアタックのレベルが日本とは違います。


駆け引きはしているけど、生半可なそれではもってかれてしまうよ、といった感じです。


バルセロナのプレッシングをボール狩りと称したことがあると思いますが、ボールを狩りにいくことが当たり前。


日本だともっと相手を見るために止まってしまいますが、見ながら駆け引きしながらボールごと相手をえぐりにいくような感覚です。


対外試合でもずっとそうでした。


だから、止まってプレーしがちな選手はその餌食になりやすい。


こうしてこちらも日頃の指導を省みるきっかけとなります。










{11AF341C-4222-484E-8C11-DE0B84AF7BE0}










この国の良さはどんどん吸収して欲しいですね。


こちらもそういったものを感じれてまたモチベーションが高まりました。


テクニックはあるけどフットボールが下手な日本人とはまさに言ったものです。


悔しいけどその通りだと思います。


フットボールの本質をもっと追求しなければ。









{49DD95B5-9921-44EF-B491-065B256B8F3F}










最後にはまたアルボラヤに戻り、ちょうど練習を終えたグループの写真を。


2日目で何か変化するのかしないのか、選手たちが各々何を感じたのか、また外で見ながら色々考えさせて貰います。









伊藤











AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

東急SレイエスFCさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。