東京エムシーメンズブログ

ブログの説明を入力します。


テーマ:

おはようございます

東京エムシーメンズブログ担当タッキィです

 

 

本日12月7日はクリスマスツリーの日です

1886年の今日、横浜の明治屋に日本初の

クリスマスツリーが飾られたことから制定されました

 

 

気付けばもう2週間とちょっとでクリスマスですね

年末になると途端に時が経つのが早く感じますね

クリスマスになったらなったで今度は新年の

カウントダウンですからね

 

 

クリスマスツリーと言えばモミの木ですが、これは

必ずしもモミの木である必要があるわけではありません

冬の間も緑を保ち、強い生命力の象徴とするために

常緑樹を用いており、場所によってはトドマツだったり

エゾマツだったりもします

 

 

O・クルマン著の「クリスマスの起源」によれば

中世の聖夜の降誕祭にて行われた、アダムとイヴの舞台劇で

使われる「知恵の樹」としてモミの木が使われたことが起源という説も

 

 

本来の知恵の樹はリンゴですが、リンゴは冬には葉が落ちてしまうので

常緑樹のモミの木が用いられたということです

 

 

ツリーの先端に星を飾るのは、キリストの生誕を知らせた

ベツレヘムの星(キリストが誕生した際東国に現れた3つの星)に因んだもので

オーナメントボール(金属光沢をあしらったり、あるいはガラス製のボール)は

知恵の樹のリンゴの実を象徴したもの

 

 

ベルはキリストの生誕を知らせた天使のベルを

杖の形をしたキャンディ(キャンディケーン)は

羊飼いが使う杖を表しています

 

 

迷った羊を群れに戻すために杖を使ったことから

助け合いの心を象徴しているそうです

 

 

ヒイラギの葉っぱはキリストが磔にされる際いばらの

冠をかぶせられたことから、トゲトゲのあるヒイラギを

いばらとして表現しています

 

 

円形に作られたリースは永遠という意味が込められており

ろうそくやイルミネーションは星空を表しています

 

 

こうして一つ一つの意味を調べてみると

確かにキリスト教徒のイベントなのだとわかりますね

 

 

日本は多神教で特に意味もなくそういうものだと

行っている行事がたくさんあります

それらの意味を調べてみるのもまた面白いですね

 

 

それでは12月7日の運勢です

・ペンタクルの4の逆位置

今日は消極的になりそうな一日

変化を恐れて保身に走る気持ちが強くなりそう

ひっこみ過ぎると逆に良くありませんので

適度に挑戦してみることが吉です

 

 

 

それではよい1日を!



電話
電話占い 東京エムシー/タッキィ
042-339-4141
http://www.tokyo-mc.com


当社社長・モナミ先生のブログはこちらニコニコ

電話占い 東京エムシ-社長♡復活愛を叶えるモナミのブログ

 

 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>