東京平版のブログ

東京 神楽坂にある、デザイン・制作/製版・印刷会社


テーマ:

桜の季節もあっという間に過ぎてしまい

先週は、浅田真央ちゃんの引退で、少し寂しくなってしまった塚本です。

 

今から、ちょうど3年前に書いた記事が、「真央ちゃん 23年の軌跡展」でした。

良かったらみてください。

http://ameblo.jp/tokyoheihan/entry-11828795624.html

 

とはいえ、次の楽しみはゴールデンウィークですね!!

 

まだまだ寒暖の差はありますが、少しずつ暖かい日が増え

外出しやすい時期になってきました。

 

うららかな陽気に誘われて、食べる・見る・触れる・・・

魅力的な街『神楽坂』は、散歩にとてもおすすめです。

 

ここ最近、当社も神楽坂商店街の方と

ご協力させていただく機会が増え、

私たちも、もっと神楽坂商店街の魅力を知ってもらいたいと

考えるようになりました。

 

『神楽坂』 

現在でも、粋な江戸風情の残る街として

政治家や経済界の方をはじめ
神楽坂を歩く人は、国内外の観光客、家族連れ、地域住民、

近隣の学生等々とても多様で、

様々な人たちにより賑わいが絶えることのない賑やかな街です。

 

そんな街並みに、お店も、観光客向けの土産屋から、

住民向けの生活用品店、老舗和菓子店、料亭から、

洒落たフレンチ、イタリアンまで、さまざまな商店が、

メインストリートに軒を連ね、

また迷路のような路地に隠れるように佇んでいます。

 

 

こんな面白い街・魅力ある街を知っていただくために

福原・塚本コンビで神楽坂商店街の店主に取材するという企画を考えました。

 

東京平版のホームページに新コンテンツを作ることに決定!!

 

4月末に第一回目の記事を掲載予定です。

初インタービューは、毘沙門せんべい福家の店主 福井清一郎さん。

 

神楽坂のランドマーク的存在ともいえる、

毘沙門天の目の前にお店を構えて69年。

2代目店主にて、神楽坂商店会会長でもいらっしゃいます。

 

生まれも育ちも神楽坂。

そんな福井様より、街の変遷を語っていただきました。

とっても、興味深い内容になっています。

 

また、福家さんといえば、“勘三郎せんべい”で有名なお店。

この裏話を御聞きすることもでき、とっても面白い記事になっています。

 

是非、東京平版のホームページより発信する新コンテンツ企画

『KAGURAZAKA・想い』 神楽坂店主リレーを

楽しみにしていただければとおもいます。

 

ご一読いただければ、嬉しいです。

 

(塚本)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>