Tokyo Girls・オフィシャル・チームブログ

あなたを応援します!
日本を応援します!!


テーマ:
こんにちは! Kaoriです!

この夏のNBAオーディションの流れをまとめました。

今回、今まで受けてこられた方のオーディションの体験記参考にさせて頂きオーディションに備えました。毎年同じオーディションではないと思いますが、参考になれば幸いです。



*Golden State Warriors Dance Team*



このチームは今シーズンからチームを一新することになり、今までWarrior Girlsとして活動していましたが、今シーズンはWarriors Dance Teamと称されていました。衣装のイメージも一新しています。

ダンススタイルもヒップホップの要素を減らし、ジャズ寄りのスタイルになると、プレップクラスで説明がありました。



●一日目

<一次審査>

ジャズルーティーン

フリ自体はチアらしいジャズで、アームスの動きがクリーンであることが求められます。

また、踊り始めは8×2のフリーが入りました。インパクトのあるテクニックを入れる人も多いですが、私はアピールを入れつつ踊りました。



振り入れは30分程度で、その後数回各自で確認する時間をもらいます。

この確認する時間が終わるとすぐ並んでジャッジが始まるので、メイク直しやコンディションを整えるのも含めてどのように時間を使うかが大切だと思いました。



一次が終わるとベテランズ以外の参加者が三人ずつ踊って審査が行われ、約半数の人がカットされます。番号はランダムに呼ばれます。



<二次審査>

ヒップホップルーティン

一次のカットが終わると、すぐにヒップホップの振り入れが始まります。二次からはベテランズもダンス審査に加わります。

一次と同じ進み方ですが、踊る前に名前と出身地、そして一言コメントを求められます。フリーはありません。



全員が踊ると一時間ほど待ち、一部の人はコールバックがあります。

コールバックの後、さらに30分後に全員が集められ、ファイナリストの発表があり、今後の説明があります。



初日は、振りを短時間でどれだけ自分のものにできているかと言う点ももちろん見られていますが、それにプラスで振りが飛んだとき、止まったり慌ててしまうのではなく、フリーでもいいので笑顔で踊りきれるかどうかも見られていたと思います。

特に二次では、振りが飛んでしまっても踊りきることができた人はコールバックされる確率が高かったです。



●二日目

ファイナリスト発表後に決められたグループで集合時間が決められ、インタビューがあります。

服装はビジネスの場にも相応しいカジュアルと指定されました。タイトなスカートやワンピース、またパンツスタイルなど様々ですが、日本で一般的に言われるビジネスカジュアルよりは露出していたりセクシーな服装で大丈夫です。


<カメラインタビュー>

一人ずつ呼ばれ、スポットライトを当てられて、ヘッドショットを撮り、その後マイクを着けてカメラを回してインタビューがあります。

まず名前と、何度目の挑戦かを伝えます。

私は以下のようなことを質問されました。

・どうしてWarriors Dance Teamのメンバーになりたいと思ったか

・オーディション初日を終えて今の気持ちは?

・最もインスピレーションを与えてくれる人は誰か

・ダンスを踊っているときはどんな気持ちか

・明日から行われるブートキャンプにどんな気持ちで挑むか

・オーディションまでどのような準備をしたか

・Warriorsというチームに対するイメージは?

一言で終わってしまうような質問もありますが、自分でそれにまつわるエピソードなどを話すようにして、パーソナリティーを伝えられるといいと思います。



<グループインタビュー>

同じ時間に集められた5・6人で同時にインタビューがあります。

インタビュールームに入ると、順番に名前と一言コメントを求められました。

コメントについての指定はありません。自分の趣味について話す人、ダンスについての思いを話す人、夢を話す人などみんな思い思いのコメントをしていました。

私は朝起きてからここに来るまでのエピソードを伝え、笑いが起きたことですごくリラックスした気持ちになれました。



インタビューされる順番はランダムです。また、5人ほどいる審査員のうち誰から質問があるかはわかりません。

一問一答と言うよりは、質問をされそれに従って会話形式で話を広げていくような形でした。



私は、『たくさんチームがあるなかで日本から来てWarriors Dance Teamを選んだ理由は何?』と言う質問から始まり、

・一番好きなダンススタイル

・もし合格したらどういうプロセスでアメリカに移住するか

・アメリカ留学時代の話

・NFLに興味はあるか

・NBAを選んでいる理由

・普段体作りのためにどのようなトレーニングや食生活をしているか

・踊る以外に何をしているときがリラックスできるか

・自分のメンタルをどのようにコントロールしているか

などを話しました。



ビザの話は少しだけ出ましたが、弁護士を用意していること、またその弁護士が過去にWarriorsと仕事をしていることを伝えると、それ以上の質問はありませんでした。



●三日目・四日目

<ブートキャンプ&ダンスレッスン>



専属トレーナーの下、ブートキャンプが行われます。

2マイルを18分以内に走るランニングから始まり、持久力・筋力・瞬発力などのメニューを2時間程行います。



私はこのトレーニングに向けて、日本でバスケットコートを3面使ったスプリント、階段ダッシュ、ウエイトトレーニングをして準備しました。

足が動かなくなるほど追い込まれる場面もあり、終盤にダッシュが立て続けに来るので、特に下半身のトレーニングと持久力を上げておくことが必要と思いました。



トレーニングの後は少し休憩を挟んでから初日に振り入れされたルーティンをクリアにします。



オーディションの時と振りが変わった部分もありました。

また、細かい動きなども揃えます。

私は前年も受けていますが、スタイルを変更するからか前年と比べると揃えることをかなり意識して指導されました。



ここで揃えたことを確実に踊ることをファイナルで求めているという話がディレクターからもありました。

前半のブートキャンプでみんなかなり疲れていますが、声を掛け合って確認しているのが印象的でした。

一通り確認が終わったら、ランダムのグループと身長順のグループで発表します。



●五日目

チームとしてはオフになります。

アメリカは大学に大きなジムやスタジオが付いていて、かなり格安で使えるので、滞在場所の近くで探してみるといいと思います。

私はアメリカ入りしてすぐ近くの大学の施設の2週間のパスを買いました。



また、集まって練習しようと声を掛け合う人が多いので、参加するといいと思います。

私も5人で集まって2時間ほど練習しました。

前日までの確認をするのにも役立ちますが、一人で練習して気づかないところをアドバイスしあうことができたり、メンタル的にもリラックスできたので、参加してよかったです。



●六日目



<ファイナル>

ネット中継が行われ、ジャズ→ヒップホップ→フリーの順番で審査があります。

ジャズとヒップホップは二人ずつ踊り、踊る前には司会者から簡単なインタビューがあります。

私は、『なぜWarriorsを選んで日本からオーディションに来たか?』を聞かれました。



フリースタイルは、8×6で事前に指定された曲がランダムにかかっている中で順番に踊っていきます。

曲は3曲あり、元々はテンポもバラバラなのですが、ほぼ同じテンポに編集してある曲が使われました。

ファイナリストが決まった時点で曲が送られてくるので、どの曲でも踊れるように練習しておくといいと思います。



すべてが終わると、ジャッジに入り、一時間後にコールバックが行われ、ファイナルが終了します。




結果は翌日ネットのムービーで発表されます。





かなり長くなりましたが、以上がオーディションレポートです。



いつもと違う環境で過ごすため、自分がリラックスできるよう環境を整えて、メンタルをコントロールすることもすごく大切だと思いました。



オーディションはスポットを競いあうものではありますが、お互いを讃え、励まし合うチアスピリットは本当に素敵だなと思いました。特にブートキャンプでは辛そうな人に声を掛け合っている姿がとても印象的でした。



パーソナリティーを見せてほしいとディレクターにも常に言っていましたが、やはりチアリーダーは素晴らしいパーソナリティーを持っている人ばかりでした。



結果は残せませんでしたが、このオーディション期間に体験したことは本当にかけがえのない財産です。

今回の挑戦を支えてくれたり応援してくれたたくさんの方たちに感謝の気持ちで一杯です。

ありがとうございました。



私の体験記が、少しでもこれから挑戦される方の役に立てば嬉しいです。



Kaori
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

TokyoGirlsさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。