NEW !
テーマ:


20日金曜日。

午前のシーバス便を終え、ひと休みしてからナイト便で再出港。
夕まず目にアジング→日が暮れたらナイトシーバス→アジング新規ポイント開拓。
そんなスケジュールでスタート@17時

 


ベイブリッジはアジが居着く確率が低くなったねぇ。。。
2〜3年前はこの橋脚一ヶ所だけで充分な位アジがストックしてたのに。
まぁ横浜を象徴する景色の中に居るだけで満足な場所だから全然OKです。





運河の定番場、1投目から小気味良いバイトが出た。
前回のココの釣果を踏まえても確実にこの場所に居着いた印象。
ここに来れば!的な保険的な場所は本当にありがたい(^_^)
 


今日は新規ポイント開拓なので釣れててもサクッと見切って

撃った事の無いポイントを何箇所も廻ります。






前回の記事に書いたジグ単用ベイトタックル、微妙(⌒-⌒; )
リールが合ってなく回転が追いつかない。
2gに合うリールってなんだろ、、、アルデバランBFS?
そして巻物用のロッドだけにアジの当たりが全然手元に来ないwww
面白い!と思ったんだけどなぁ。。。タックルの壁が高すぎるか。




新規ポイント開拓、何処も居るには居るんだけどストック量や回遊ルートを

考えると良いポイントとは考え難い。

さっき一緒に昼飯を食べたSTRIKER早川CAPお勧めのポイントに行ってみた。
ココは前々から来てみたかったポイント。

さて。。。


 


  リングフラッシャー 2″ SW

めちゃくちゃ居る! しかも素直。





しかもレンジが広範囲な為、色々なリグで遊べる。

実際に0.5gドリフトからダウンショットまで色々試したが全て答えが出た。

ただし、ひとまわりサイズが落ちて20〜22cm位。
余りにイージーで面白みに欠けるんだけどボートアジングが普及していく過程で

こういうポイントはとても重要。


超A級ポイントでした。
他にも一箇所良い場所があった。
もしかして工場ライトの色で居着く率が変わる?オレンジライト好き?
っていう今後の宿題も見つかった。

22時。気持ちよく帰港。
もうクタクタ。。。腰が悲鳴を上げてます。

本当は土曜日夜も新規ポイント開拓するつもりだったけどやめときました。
そんな12時間釣行でした。





 

ジグヘッドタックル
6ft台 LEGIT DESIGN プロトロッドSUL

シマノ 16ヴァンキッシュ C2500XGS
STUDIO OceanMark  NO LIMITS 10SL2500RA/S
よつあみ    CHERUM AMBERCORD SG【S-PETポリエステル】 1.8lb

よつあみ チェルム アンバーコード SG アブソーバー ウルトラストロング FCリーダー0.5号
 Fisharrow Flasher Worm 1″SW  他   0.6〜1.5gジグヘッド


 

ジグヘッドタックル
6ft台 LEGIT DESIGN プロトロッドUL

シマノ 16ヴァンキッシュ C2500XGS
STUDIO OceanMark  NO LIMITS 10SL2500RA/S
よつあみ    CHERUM AMBERCORD SG【S-PETポリエステル】 1.8lb

よつあみ チェルム アンバーコード SG アブソーバー ウルトラストロング FCリーダー0.6号
 Fisharrow Flasher Worm 1″SW   他  1.5〜2.5gジグヘッド



キャロライナリグ/軽量メタルジグ タックル
6ft台 LEGIT DESIGN プロトロッドUL

シマノ カーディフ CI4+ 2000HGS
よつあみ G-SOUL OHDRAGON(オードラゴン) WX4F-1 SS140 0.4号  
よつあみ チェルム アンバーコード SG アブソーバー ウルトラストロング FCリーダー0.6号
キャロシンカー(タングステン7g) メタルジグ(タングステン5g)



ダウンショット/フリリグ ベイトタックル

LEGIT DESIGN 6ft台プロトロッド
フィネス系ベイトリール
よつあみ Real dtex(リアルデシテックス) Premium WX8 0.5号

よつあみ チェルム アンバーコード SG アブソーバー ウルトラストロング FCリーダー0.8号

Fisharrow Flasher Worm 1″SW / フラッシュ J 1.5" スリム SW  他

7g〜10gダウンショットシンカー


ナイトグラス 愛眼 STORM RIDER SR-014P-3

 




 


テーマ:


また週末は風が吹く予報。。。
なので予報がまだマシな金曜日にまとめて釣りしちまえ!
って事でシーバス狙いで出航@5:30


情報だとスミ潮が川崎近辺に蔓延してるらしい。

それも踏まえて第一エリアに移動したんだけどスミ潮を避けたつもりが
コッチもやや澄んでる。。。今日は難しい日かな?


まずはビーフリーズ78Sで穴撃ち。

予想通り、フラ〜っとルアーの後ろに着いてくる個体だらけ。

しかもルアーに対して魚のポジションは1m以上、下の位置。

その1mを詰めてくる程、魚の活性は高くないらしい。

ビーフリーズ78S-diveに変更。



ビーフリーズ78S-dive
日差しが強くなっていくこれからはレンジが落ちていくのでダイビングミノーは必須。


diveで数匹掛けたところで遊び終了。
当日はお題ありきの釣行だったのでそのお題に取り掛かる事に。





65mmの小型ミノーをベイトタックルで扱う。(画像上が78・下が65)


これ、なかなか難しいんですよ。
通常、ストラクチャー撃ちでよく使われているミノーの
ビーフリーズ78sやValleyHillエアディープ80Sは10g。
それに対して小型の
ビーフリーズ65シリーズは6〜6.5g。マーゲイは8gだったかな。
ロッドにルアーウェイトを乗せずらいしスプールも回転が合わずに軌道が浮く。
ベイトでも投げれますがストラクチャー撃ちにはやや不向きなアイテムなんです。





そこで今使ってる軽量ジグヘッドワーム用のロッドを使用し、
フルカスタムされたメタニウムMGLと組み合わせる。





 

ビーフリーズ65Dive-S (6.5g)
今時期の小型ベイトにピッタリなサイズ。
扱いやすさと取り扱い店舗の点で78がビーフリーズの顔になっていますが

65は78に負けない程の実力があります。

LUCKY CRAFT通販サイトで購入できますヨ。



このタックル、気持ちよく小型軽量プラグが扱えます。
6gのプラグってまぁまぁハードル高いですよ(^_^;)

ロッドは私が運河でよく使う7gのジグヘッドワームに合う仕様で
運河によくいる中型にピッタリなやや柔らかめな設定。
もちろんランカーも何匹も掛けてます。
それこそLEGITロッドですからランカークラスを掛けて曲げてから
アラミド繊維がジワッと効いてくる。
リールも軽量スプールと洋一氏に付けていただいたHYPER BB HD PLUS
めっさ効いてる。




スミ潮ながら各所をキッチリ叩けば魚には触れるし
濁った場所を見つけれれば1箇所で数釣りも出来る展開でした。
12時帰港、午前の部終了。

ちょうどシーバスガイドから帰ってきたSTRIKER早川CAPと
昼飯を食べ車で昼寝。この暑さで冷やし中華やってない吉田飯店は詰めが甘い(`ε´)

1時間ほど仮眠。
シーバス狙いとアジング新エリア開拓便(アジング記事は次回書きます)で
暗くなってきた午後17時、改めてナイト便で出航。


川崎エリア、日中が強烈なスミ潮だったからか夜になって大活性状態!
あちこちでボイルしてましたよ。明るい時は潜んでた訳だ。。。
ボイルを直撃すると30〜40cmが喰ってくる。
それはそれで数釣りで面白いんだけど大型を狙って釣ろうするなら

ボイルからちょっと離れた所を狙う。
ライト下であればライトが届くか届かないかのグラデーションの境目。
ボートやエンジンのプレッシャーが掛かっていない離れたポイントに遠投すると
ボイルの魚と異なる個体が獲れる・・・気がするw




新製品 ワンダー ハーフソリッド
ボディ上半分の左右がソリッド構造/中空とし、あえて左右バランスを崩してあるので
ロールが強めで明滅up。
毎日強風が吹き海面が荒れた今時期だからこそ強風をも切り裂く抜群の飛距離と
引き波アピール強のハーフソリッド。


シーバス・メバル・アジ・・・いずれのターゲットも超高活性でした。
アジングもする予定だったのでボイルしまくりのメバルは無視!
ってのは嘘で・・・


ワンダー45
1投毎に奪い合うバイトでした。

メバルは終盤です。
釣るには普通に釣れますが春になるとシーバスがどうしても混じるので
私的には比率がシーバス寄りになった時点で終了。


お腹いっぱいに楽しめたのでシーバスを封印しアジング新規開拓便に移行。
いや〜〜〜〜アジの地元新規ポイント、数釣り場の超A級!!!
その記事は次回。

そんなシーバス便でした。
 

 

6ft台 LEGIT DESIGN 軽量ジグヘッドワーム用プロトロッド
16メタニウムMGL  XG 左

 ハンドル       STUDIO OceanMark NO LIMITS AC25RA S  
 スプール       KTF 16メタニウム用 バーサタイルフィネススプール
 スタードラグ     ZPI ペンタグラムスタードラグ
 ハンドルベースカバー IXA ハンドルベースカバー
 ブレーキノブ     IXA メカニカルブレーキノブ 
 クラッチ       ヘッジホッグスタジオ オフセットジュラルミンクラッチ

 YTフュージョン HYPER BB HD PLUS
よつあみ  Nasuly N-WAKER Dread Line   12lb
LUCKYCRAFT ビーフリーズ65s dive



6ft台 LEGIT DESIGN 穴撃ち用プロトロッド
16メタニウムMGL  XG 左
 ハンドル       STUDIO OceanMark NO LIMITS AC25RA S  
 スプール       KTF 16メタニウム用 バーサタイルフィネススプール
 スタードラグ     ZPI ペンタグラムスタードラグ
 ハンドルベースカバー IXA ハンドルベースカバー
 ブレーキノブ     IXA メカニカルブレーキノブ 
 クラッチ       ヘッジホッグスタジオ オフセットジュラルミンクラッチ

 YTフュージョン HYPER BB HD PLUS

よつあみ  Nasuly N-WAKER Dread Line   14b
LUCKYCRAFT 
ビーフリーズ78S-dive


6ft台 LEGIT DESIGN  バイブレーション用プロトロッド
17エクスセンスDC 左
STUDIO OceanMark NO LIMITS AC25RA S  
よつあみ G-soul X8 UPGRADE  1.2号
よつあみ  dmvナイロンショックリーダー  25lb

LUCKY CRAFT バリッド90H



6ft台 LEGIT DESIGN スピニングプロトロッド
16ヴァンキッシュ C3000XG 

STUDIO OceanMark  NO LIMITS 10SL2500RA/S
よつあみ G-soul X8 UPGRADE  0.8号
よつあみ  dmvナイロンショックリーダー  20lb

FISHARROW ジグヘッド(プロト)フラッシュJシャッド 3″SW


愛眼 STORM RIDER SR-008-P(ブルーミラーレンズ) 

 

 

 

 

 


テーマ:



ちょっと閃いてタックルを再構築してます。




扱える限界の極細ラインを巻いてみた。


やりたいのはアジングで使用する2gジグヘッドのテンションフォール・スペシャルタックル。

クラッチを駆使すれば面白い事が出来そうな予感がする訳ですよ(⌒-⌒; )


 

 

シーバスの時、通常ならジグヘッド(7g)ワームを穴に入れてから
直ぐにクラッチを入れる。
深いレンジを探りたい時はクラッチはすぐには入れないで
フリーフォール状態で落としこんで水深を稼ぎます。
ただ、フリーフォール状態なんだけど7gといった軽いジグヘッドに対して
真下に落ちる程、そこまでスプールは回転が追従してくれないんですが
それでもクラッチを入れたテンションフォールよりは下のレンジを探れる。

親指のサミングでバックラッシュしないよう調整し、強く押さえてフッキングしてます。


アジングでもそのテンションフォールが出来ないか???

テンションを意図的に操作出来ればいつもより異なった展開があるのでは?
だってスピニングのスプール返して糸出すより伝わる違和感は少ないでしょ?
っていう妄想で頭がいっぱいですw





今は2gを切るプラグでも普通にベイトでキャストが出来る時代です。




1.9gをベイトで投げる 2013年5月 3日



鹿留釣行 2014年9月10日

1.9gのクランクベイト(マイクロクラピー)がキャスト出来るんだから
抵抗も質量も少ないジグヘッドなんざ普通にキャスト出来ます。





この試み、どう転ぶかな。
あいつ、ジグ単をわざわざベイトでやってるよ。バカじゃね?
って言われたい訳ですよw


ちょっと試してきます。
そんな木曜日です。






    


テーマ:



例の電動3軸ジンバルの映像ブレを無くすべく・・・



防振ゴムを貰い、、、



留め具のすべての隙間に防振ゴムをかまして見た。




コンソール上のレールに装着。
さぁ、ブレはどんなもんかな?

 


やはり超ブレてる。
最新の3軸電動ジンバルも手持ちを想定してるだけにエンジンの振動には弱く
アイドリングだけで映像がブレにブレまくる。
これはもうしょうがないんだね。


 

なので動画を撮るときだけエンジンを切る、という元を断つ作戦に。

成功。iPhone動画でこのレベルが撮れれば合格。

艇の揺れに同調しない映像、不思議な感覚で面白いっす。



よし、セッテイングが出た。
後は。。。天気。

今年の春の強風は異常事態ですよね、出航出来ない日がずっと続いてます。
しかもシーバス釣れないと来たもんだ。。。

そんな火曜日です。







 


テーマ:


愛艇に装着してある水中ライト。
これを使ってアジングで愛用してる Flasher Worm 1″SW がどういう動きをするか
動画を撮ろうとライトを付けた途端にですよ。。。


 


アミ系甲殻類がクルクルと泳ぐわ小魚がわんさか寄って来るわと
ライトつけた途端に生命感に溢れる訳ですよ。

確かにアジングで有効活用出来る気もしますが、そもそも建物ライト下とかで
釣りしてるので水中ライトが活かしきれないです(^_^;)
もともとライトに照らされている場所に余計な事はしないほうがいいですし。

ライトが無い場所ならライトを利用して食物連鎖を創り出す手はアリなんでしょうけどね。
今のところその必要は無し。


話が逸れましたが。。。

フラッシャーワーム、ティンセル部分が独特のアピールをします。
私がアジングでよくするジグ単のボトム放置、止めた時にこそこのワームの威力を発揮し
水流で僅かにフラフラするティンセルがアジに効くんです。
アミ・甲殻類パターンでとても有効なんです。









夜間走行の事故防止アイテムとしての装着。
けっして食物連鎖うんぬんで装着してません。 
 

・・・と思う。
そんな月曜日です。








      

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。