• 18 Dec
    • 遠いのはヤダよー

      「明日さ、伊勢原の現場に行ってくれ」「は?」「本当はN君が行く予定だったんだけど、急きょ行けなくなってしまって。」N君ってウチのプロパーではないんですね、言うなれば「ヘルプ」。この12月のムチャクチャ忙しい時に応援として呼んだのですが、自分の手持ちの仕事が入ったらしく。「あとさ、あの現場はウチのメンツじゃなきゃだめらしいんだよ」だったら最初からN君に頼むなよ…。「住所送るから電車で」「電車~~?」「そう、車が無いんだよ、クルマが」繁忙期、そんなに人も車も駆り出せない。「あ、で、新規入場なので現場に7時半までに行ってくれ」「7時半?」ちょっと待て。伊勢原(最寄駅はA)に何時についたらその現場に7時半、いや7時半ジャストじゃマズいわな。少なくとも10分以上前には着いていないことには。なにせ初めてのところ。多分、迷うwしかも田舎wwで、調べてみました。「5時41分千川駅副都心線に乗らなきゃ間に合わないの?」絶望です。とりま起きますよ。とはいってもいつものクセで5時には目覚めるんですけど。寒いけど仕方ない、「えいやっ」とベッドから跳ね起きます。・・・さ、さむい・・・『なんだかんだいって体は正直だな』これは違うシチュエーションで使えるのならば本当に楽しい時間を過ごせるのに(笑)もちろんエロ系な話ですが(そんなことばっかり考えているから)。そんな話はさておき:5時35分に家を出て現場に向かいます。地下鉄、当たり前ですがガラガラです。いやこんな時間にラッシュアワー並みだったらもっと恐ろしいですが。A駅、小田急線です。最初は新宿に出て乗ろうとしたのですが「あ、そうか。千代田線乗り換えの代々木上原駅で小田急に乗り換えた方が楽そうだな」と変化球投げてみました。小田急来ました。当然ながら座れます。そしてひたすら「A駅」に着くまで我慢して乗ってます。音楽聞いてスマホのニュースを読みながら。そう、いつも降りるM駅よりもさらに遠いんですね。小田急だけで約1時間の電車の旅を楽しむことが出来るんです(楽しみたくないA駅着いてから目的の現場を探す。最初はやっぱり1本道を間違って歩き、危うく遅刻になるところでしたが、何とかセーフ。「新規入場の心得」のレクチャーを受けることが出来ましたw後は仕事仕事・・・仕事仕事で気が付けば午後4時50分。「帰ろうよぉ~~」まるで子供wいやマジに疲れたんで、帰りはゆっくりとあったかい電車の中で座ってだらしなく寝ながら帰りたいよ~~。「たっさん、帰りの電車、相当混雑してますよ」「?は?」ナゼに?だって上り電車だよ?都心に向かうんだよ?「私も不思議なんですが、まず座れませんよ」小田急線、いったいどうなってる?そしてその同僚の言葉が的確に状況を説明していたことに気付いたのは、プラットフォームに入って電車が来た時でした。ま、マジに混んでる。乗車率150%くらいある。なんで?当然、座れません。疲れた体を吊り革ひとつで支えながらの150%混雑の電車に揺られるのは超久しぶり。サラリーマンやっている頃が頭の中でフラッシュバックされました。座れたのは「下北沢駅」に着いた時。でも「代々木上原駅」「新宿駅」と二駅ほどなんだな、座れるのは。そして新宿駅で降り丸ノ内線1駅ほど乗って副都心線。ここでようやくゆっくり座れたが…。できれば小田急線で座りたかった(マジダヨコノカンソウハ午後5時に現場を出て家に着いたのは午後6時半過ぎ。〆て1時間半のプチ旅行。でもな~~明日も同じ現場なんだよなぁ~~やだなぁ~~と、50過ぎのオッサンが小学生みたいに愚痴を巻いておりますw感想:ちょっと、小田急線、いったいどうなっているんだYO!なんであんなに都心サイドから人がA駅に行ってるんだよ。何かあるのかあそこには、人がうじゃうじゃ集まるような仕事場が。・・・て、調べてみると。「物流センター」とか「**工場」とかあるんですね。市川とか習志野みたいな立ち位置の土地でした。そりゃ人も集まるわ。

      NEW!

      テーマ:
  • 17 Dec
    • 買い物だ

      カンナ、襲来。15日夜に息せき切って来るも、家に着いた瞬間から彼氏(レイ)君の話ばかり(ポジ/ネガ両方w)16日(昨日ね)はあちこちうろつきながら買い物三昧。財布は私(泣そして今日もちょこちょことうろつく。さすがに池袋などは行きませんでした。専ら近所で日用品の調達(カンナはお手伝い&腹に詰め込む係w)私も来年の準備をしなければいけないために色々と買い込むことになり。手帳はやっぱり「高橋書店」のコレでしょう。もう何年同じ型番の手帳を使っている事やら。一度「よい」と決めたら相当暫く使うことになるのは性分です。「高橋」の社長の家も近いこともあり(全く関係ない)愛用させていただいております。買いました。「タヌキとキツネ」2巻目と3巻目。著作権の問題もあるという事なので、モザイクかましてます。あんまり意味ないけど。カンナ、大喜びです。「かわい~~、カワイイ~~」連発しながら読んで(見て)ました。彼氏にまで紹介してます。つか、お前、「カワイイ」しかボキャブラリーが無いのか?今日びのJKってそんなもんか・・・他にもドサドサと買ったんですが、ここで紹介するほどのものではないので却下します。DAISOで約3000円分とか(28点?)、カンナの誕生日プレゼントで服・靴とか、来年のカレンダーとかエサ(朝食・昼食・夕食)とか各種取り揃えたりしました。あ、あと、年末になるとバカ高くなるために正月の食材(主に冷凍品)を買い込みました。これはカンナに持って帰らせます。頑張って冷たい品物を電車で運んでくれ(毎年恒例)。土曜日に行った箇所は明日にでも書き記しておきます。期待しないで待っててください(写真付なので結構面倒w)

      1
      テーマ:
  • 16 Dec
    • ヘロヘロですが

      今日は歩きました。激疲れました。なので詳細などは明日に繰り越します(勝手に少し。カンナの誕生日プレゼントのために買ったワンピース。結構大人っぽい柄をチョイス。(残念ながら)顔はお見せできませんが。少し雰囲気が分かると思われ。ちょっとこじゃれた柄が良くマッチしてます。購入場所は「ニィナ・カンナのワンダーランド」サンシャインシティALTAだったと思われ。ワインレッドがFカップのカンナの体にフィット。本人、すごく満足。良かった。試着せずに買う勇猛果敢さ。これが姉ちゃんだったら(以下略w

      テーマ:
  • 15 Dec
    • 来ます、あ、来ました

      午後7時5分前:「今から行くからねぇ~」とカンナから連絡あり。ちゃんと律儀に、昨日言った時刻に電話入れてくる。これが姉ちゃんなら(以下略午後7時半:「電車乗った!この調子だと9時前にはそっちに着く」とLINEが入る。・・・今は連絡手段が多様化されてて楽だ。昔なら(私が高校生の頃の話だが)連絡する手段は公衆電話のみ。隔世の感(笑)午後8時10分:「新宿着いたよ!これから丸ノ内線に向かう」とLINEあり。行き方が判っているので行動している状態が目に浮かぶようだ。とにかく連絡入れてくれた方がありがたい。なんか事故に巻き込まれたり事件に遭遇した場合、すぐに手を打つことが出来る。それに何せオニャニョコ(女の子)だから余計に心配。これが姉ちゃんなら(以下略午後8時35分:「ついたよ!」はや!・・・カンナが着く前に何とかして食べ物調達を考えてオリジンに行くも、「あ、ケータイ忘れた」やば!そわそわしながら弁当を待つオッサン一人。多分キモい状態だったっぽい。で、やっと調達して家に帰ったその瞬間最初に戻る午後9時:夕食(晩食)食べ終わり。カンナはのんびり彼氏とLINE中。ご飯食べ終わってから「あ、お菓子ある」って・・・別腹モードまっしぐら。流れる音楽はBABYMETAL。カンナはYUI METALとMOA METALとおない年なんだよなぁとか考えてみる。午後11時45分:ひとしきり明日の行動予定を話して気が付けばこんな時間。既にパジャマに着替えてスリープモードまっしぐらw俗世のしがらみなんのその。明日はカンナのワンダーランド。好きなことして好きな所行って好きな物食べて素敵なグッズ買い揃え。そんなことを夢見ながら夢見気分でお布団へGO。私からしてみると相変わらず幼少の、小さいころのカンナにしか見えてません。18歳になろうとも、「大人の階段登る♪」という歌の歌詞になぞらえたとしても、やっぱり私の目に映るそれは「可愛くて少し面倒な小学生くらいのカンナ」の面影だったりします。明日は多分「正月用品買い物」→「ちょっとこじゃれたエリア(青山辺り)」→「渋谷ヒカリエ」→「もっさい池袋(?)」→「中野ブロードウェイ」→帰宅な感じになりそうで。カンナの楽しみより、自分が一緒に動くことの楽しみの方が先行していたりしてww本日は少し変化に跳んだ書き方をしてみました。こういうのもアリかと。

      テーマ:
  • 14 Dec
    • 部屋の片づけ

      「片付け」言うより「年末大掃除第1弾」とういう方が正しいのかも。BeforeAfter何のことはない。ただ単にズボラだっただけなんですが。ま、どうせ遊びに来るやつもいないし・・・などと高を括っていたら。「たっちゃん!16日・17日と遊びに行くね!!」元気な叫び声が聞こえてきたのはつい先日(既報)。「こりゃヤバい」重い腰と足を上げて始めてみたら結構な時間がかかりました。それでも大方片付いた。「やりゃあできるじゃん、おっさんだってまだまだ動ける」動けないこともないんですが、独男であるので遊びに来る奴なんぞいない(さっき書いた)と寒いので動きが鈍い(お前は爬虫類かってぇの)のとズボラ稼業まっしぐら(コレもさっき書いた)なため、徐々につみあがっていっただけなんです。しかしこれは笑えない。コレが続くと「ゴミ屋敷予備軍」となるわけで。さらに進むと「セルフ・ネグレクト」状態。まるでニィナ・カンナの元男親状態wだから「監視」されてる状態で良かったのかもしれない。ただね・・・「予告なしで来る」ことだけは勘弁願いたいと心の底から思う。今のところそういったことはないけど。

      2
      テーマ:
  • 13 Dec
    • 来るんです

      今週末、嵐が来ます。アイドルの「嵐」ではありません。そんなに仲が良いわけがない@一介のオジサンがw娘、です。次女の方が遊びに来たくてウズウズしてます。いや、おまけの長女も来そうです。「カンナばっかり楽しませるつもりは、ないわYO!」と息巻いております。だから多分、「追っかけリーチ」でしょう。姉の方は、嵐ではなく「トルネード」だと思ってますwそのためにしなければならないことは何か・・・部屋の片づけです。年末モードで忙しいのと、「断捨離アン」実行中だったために、パソコン回り以外モノが散乱し放題です。見たいですか?いや見たくはないでしょう。50過ぎのオッサンの乱雑な部屋内など。片付いたら見せますw

      テーマ:
  • 12 Dec
    • 年末近しで邸宅定期清掃目白押し

      「近し」と変換させたところ、「親」と出てきました。「ちかし」って「親」のことなんですね。閑話休題:(「これはそっちに置いといて」と読むw)<-- ここからw毎年恒例の年末です。年に1度はやって来ますw。困ったもので毎年恒例のバタバタモード到来です。毎年飽きもせず懲りもせず同じことの繰り返しです。普通だといい加減に嫌になって何かやり方を模索するものですが、ウチの社長は一向に改めようとしません。言うなれば自縄自縛です。従業員が何度言っても聞く耳持ちません。なのでほとんどの人は諦めてます。冷めた目で見ています。お馴染みの「あ~、あ~、どうしよう」も風物詩になりつつあります。そんなこんなで「仕事はあるが人はいない」といった、ある種「うらやましいね」とも言われそうな事態が1か月続きますが、全然羨ましさなど微塵もありません、なぜなら「他の人に振りようのない仕事」だからです。ここまでw -->さて、思いのたけをぶつけるかのごとく書き連ねた先の文章。毎年どうしてこうなるかという事を考えてみましょう。1.代替人がいない。ウチの「掃除屋」としての仕事は邸宅系が多いのです。つまり、セレブな人々。ぶっちゃけ「金持ち」で「赤の他人には家の中を見せたくない」のが特徴で更に言えば「掃除を他人に頼るほどの大きな家」に住んでいる人がほとんど。言うなれば「自分でやれるほどのサイズではない」家に住んでいる人たちから依頼されます。「ダ○キン」とか「お○うじ本舗」のような清掃業者はいますが、書いたように定型の掃除では満足しないし、満足できないのです。つまりここでお客様の「わがまま」(失礼)を素直に聞いてくれて尚且つ秘密を守ってくれる業者が必要になってくる。更に欲を言えば「家の造りを熟知してくれている業者」に依頼したい。そうなると、竣工当時から清掃で参加しているウチの会社に依頼するしかない…。道理で「邸宅が1軒竣工するたびにお客が1件増える」計算になるわけでして。だから顧客が年々増加していくことになり。更に更にウチの社長、どんなに忙しい状況でも断ることは致しません。いや、ちがった。言い間違い。「断り方を知らない」と言った方がいい。勿論、ウチの会社を頼って下さるお客さんブラボーなのですが。「作業者がいないのに『やります』って言い続けられるわけがないでしょ?ちょっとくらい断ったってバチが当たらんから、少し減らしたらどうよ」毎年この時期になると私を含め従業員のほとんどがそう言ってますが、これぞ「馬の耳に念仏」です。2.お客さんも少し考えて欲しい。なぜに年末のこのクソ忙しい時に清掃を依頼するのか?別に年度末、又は11月中でもよかろうて。忙しいのをわかっていながら「毎年恒例ですから是非ともよろしく」などと依頼される。邸宅だけではないんですね、清掃依頼は。お寺とか民間の施設とか。ここ最近でネックになっているのは「新築工事を年内に終わらせなければいけないので仕上清掃に来てほしい」と某工務店から何件かの現場監督からラブコール。ウチ、零細企業です。人、そんなにいません。最近ではピンポイントで「誰々さんを寄越してくれ」とご指名状態。そこでまた社長がパニックになって、人選含めて何書いてあるかわからないノートを広げつつ「わかった」と安請け合い。そしてまたパニック。家の清掃して綺麗な状態になって年越ししたい気持ちも十分理解できます。虫払いもしたいでしょうし、正月に親類縁者が集まる関係もあるでしょう。しかし「師走」ですよ?師匠も走り回ると噂されるこの時期に、10人にも満たない清掃会社に大邸宅の隅々まで清掃を依頼したって・・・。何せ家のサイズはハンパないですから。フツーのサラリーマン家庭が住む一軒家だとせいぜい30坪の2階建て(実際、私の実家がそんなもん)。そのくらいのサイズであったら「キッチン」「バスルーム」「トイレ」「窓・サッシ」「玄関・お勝手」辺りの清掃を依頼されることでしょうが、多分、二人もいれば1日で片が付くでしょうが。さて翻って・・・。邸宅のキッチンサイズ。多分どこでもそうでしょうが、約16畳以上。キッチンあり、アイランドありの外国製特大サイズ。邸宅のトイレ。全部で4か所ほどあればふつう。邸宅のバスルーム。脱衣所3畳、お風呂場4畳。全面タイル張りかもしくは総檜造り。ジャグジーあり、サウナありなど当たり前。それが2か所。邸宅の窓。特注品の特大サイズ。今まで見た一番大きい窓は縦2メートル、横3メートルの1枚窓。玄関扉の上にしつらえた特大サイズの窓を見て「こりゃあ梯子が必要だな」と。吹き抜けの中庭に梯子を置いて、3階の窓を清掃することなどごく当たり前。そんな状況であるから、下準備とか1度に出向く人間の数が相当数必要であることは想像できるでありましょう。それをこの年末、どこもかしこも「掃除だ掃除だ」と言ってる時期にそうそう人数を集めることが出来ると思わないでほしい(泣手がすくような時期に「来てね」と言われた方がこちらとして非常にうれしい。3.簡単ではないセレブなお客さん相手だと、ただ単に「掃除しました」だけでは済まないんですね。やはりそこはコミュニケーションが上手にできなければ悪印象を植え付けるだけで「次回は本日来たあの人は来なくて結構ですから」とか「次回から社長だけ来てください」とか。まあ色々なトラブルになるわけですよ。どっかの2階建てアパート新築工事じゃないんですから。しかも掃除とはいえ結構な「お金」をお客さんは支払っています。いわゆる「費用対効果」と「顧客満足度」が一定数に達していなければ「次はない」。何せサービス業のカテゴリーですから。かといって、ウチの会社に代わる掃除業者も非常に少ないため、ウチに依頼されるも「優秀な人を連れてきて」と社長がクギを刺される。つまり「今回の人は要らない。もっとできる人がいるんでしょ?社長さん??」などと嫌味半分本音半分言われる始末。私は雇われの身ですから、お客さんから一体いくらで請け負っているかなどはわかりませんし知りたくもないのでスルーしてますが。結構金額は高いと思いますがね。その、安くはないカネを払ってる顧客にしてみれば「あの金額でこのクオリティー?」と思うような結果を出してしまったら、文句の一つも言いたくなるのは人情です。結果としてその次の回はミッションが余計に難しくなるといった悪循環に陥ることになりかねません。だから安易に安直に「掃除なんて簡単なものだよ」と思って行ってはいけないのです。そこが一般の掃除とセレブ系邸宅の掃除とは隔絶されるところなのです。ずらずらと書き連ねました。本当はもっと細かくもっと直截に書きたいのですが。明日もセレブなお宅に掃除です。場所は麻布(ヒュー簡単には終わらないお宅に出向きます。

      1
      テーマ:
  • 11 Dec
    • 元男親の態度

      知らない人は知らないでしょうが(そらそうだw)。ちょくちょくこのブログの話題に出てくる「ニィナ」と「カンナ」という女の子は、元々私の「元」友人であるK(当ブログでは「幸信」という名(仮名)にしているが、面倒なのでKにしておきます)の子供であります。ナゼ「元」とつけているかというと、2014年に“晴れて”離婚したからです。この「晴れて」とは相手のカカ様(彼女らの母親ね)が苦労に苦労を重ね、時間と労力とお金をかけて勝ち取った結果でもありますので敢えてそう記します。「元」男親のKと私との付き合いは、遡ること30数年前、高校生の時でありました。で、彼が先に東京に出てきて「お前も早く東京に来いよ~~」と盛んにラブコール(?)を送って来ていました。私も東京で仕事に就きたい前提で大学生活を謳歌wしていましたので、バブリーな時代の東京に出てきました。その後、事あるたびにKと東京徘徊などをしていましたが、何を思ったのか突然「結婚する。相手は同郷の子だ」とか何とか。フツーは「おう、おめでとう」で済むところを、Kがわけわからんことを言ったので一悶着あったのは今でも覚えている。詳細は隠しておきます。それでも長い時間、苦楽を共にした友人の結婚を祝わないわけはない。晴れて彼女さんを連れて結婚、新居は東京郊外の某市。それで頑張ったw甲斐もあって奥さんがご懐妊。H6年に第1子となるニィナ誕生。約5年後のH11年にはカンナ誕生となったのは現実。でまあ育てます/育ちますよね、フツーだったら。この頃はまだKもフツーだった(ような気がするが、元奥さんであるカカ様に言わせると「あんましフツーじゃなかったわよ」と。何を以てフツーと定義するかは個々それぞれなので、異常性を探すのが困難な状況ですが)。モノも増え、手狭になったJR駅近のアパートから現在も元男親が住むアパートに引っ越してから、第2子のカンナ誕生。嬉しいことにカンナもこないだ18歳になりました。おめでとう、カンナ。まそれで、子供も二人になり、私からすると「幸せいっぱい、おとうさん大変だけど頑張る!」な家庭になっていると思いきや・・・Kが考える「理想の家庭/家族」とはなっていなかったようでして。その「Kの考える理想の家族」とは…ぶっちゃけ言ってしまえば「亭主関白」だったような気がする。「オレは家の主[あるじ]なんだから、お前たち(カカ様・ニィナ・カンナ)はオレの言う事を聞いていればいいんだよ」と。まだ子供たちが小さいうちはそれで良かったが(ホントはよくないのだが、まだ許容範囲内の言動でしたから)、物心もついて彼女らに知人友人が増えて楽しいこと/楽しいところもたくさん覚え始めると、親の言う事なんかききゃあしません(自分らもそうだったろ?)。言うなれば反抗期。自分に(つまりKに)反抗しようものなら烈火の如く怒りまくる。頭ごなしに。自分の言う事を素直に聞いた場合には、もう猫かわいがりモード炸裂。ニィナはその態度を見てほとほと嫌気をさして、Kから心身共に離れていくのは時間の問題。それでも「そこ」しか帰る場所が無かったので嫌でも毎日1回は顔を合わせる。それがストレスとなる。カンナは、姉ちゃん(ニィナ)のやり方を黙ってじっと見ていたので、怒られない(嫌味を言われない)要領の良さはついていたが、それでも徐々にKとの距離を置くことになる。するとどうなるのか?私になついてくるのですwで、私がそのころ、Kに呼ばれて毎月のように遊びに行ってましたから、ニィナとカンナはそれで本当に喜ぶわけですよ、心の底からw呼んだ本人Kが、私がニィナとカンナ二人して遊ぶ風景に対してムカついているのに気づいた時もあります。しかし私からすれば「呼んだのはお前だよ?別に『行きたいからヨロシク』などと言ったことはない」と話したこともあり。そんなに気に入らなければ呼ばなきゃいいのに、とも思った時もあった。Kと子供二人の心の距離が出来上がりつつあったとき、ちょっとした事件があって、それが特にニィナとKの心の境界線が出来た時でもあった。それから以降、私も徐々にKの家に行く回数を減らしていった。その代わり、ニィナが私のアパートに遊びに来るようになった。そうするとますますKの家に行く回数は減る。負のスパイラルが出来てしまったわけです。そしてカンナも。この頃まだ小学生であったが、ちょっとずつ「危険な兆候」が垣間見え始めたために私の家に来ることを許可したのです。もともとのお約束では「カンナが中学生になったら遊びに来てもいいよ」と言っておいたのですが、そんなことも言ってられない暗雲が立ち込めていました。で。決裂。夜逃げならぬ「朝逃げ」で、超脱出wwその後、紆余曲折を2年ほど経て、この夫婦は「晴れて離婚」となったわけです。まだメールが連絡手段の主流だったあの頃。笑えるほどの「これ、わけわからんわ~~」メールがKから子供たちに送られてきていました。子供達、超シカト。ご機嫌取りの内容や急に怒りモード炸裂のメールや拝み倒しのメール、等々。これらをすべて晒してもいいんですが、それは大人げないし、今更感満載の内容なので「今回は」やめておきますが。文面から臭う内容はただ一つ。「逢って顔を見て話し合おうよ」子供達、この内容を見つつ、私がこの内容の結論を言ったその瞬間。二人とも「ムリムリムリ~~」ハーモニーになりましたね。しばらくはしつこく連絡してきたようなのですが、離婚調停で緑色の紙にサイン捺印した瞬間からピッタリと子どもたちへの連絡が無くなりました。ナンダコノカワリミノハヤサワで、前回。ニィナの誕生日であるその時に、知り合いが誰も読んでいないだろうなと思っているのでしょうね、軽い気持ちでツイートしたのを私が見つけましてwそれをニィナに教えたところ「げー、気持ち悪い。早く忘れてくれ!ww」との有難いお言葉を頂きましたwカンナもそれを聞いていましたが、心境は複雑なようでした。まあKが元男親だったのは「現実」「事実」ですので、変えようと思っても変えられません。むしろ肯定しなければならないんですが。しかし「思い出してほしくない」という表の心と「ちょっと!なんで姉ちゃんだけを思い出すのよ!カンナのことを本当にシカトかよ!」という裏の相反する感情が湧き上がりつつ。というのも、ニィナの誕生日の時だけはわけわからん「ニィナも**歳かぁ」投稿があるが、カンナの誕生日の時には何のリアクションもない。これ本当。カンナにしてみれば「本当に…本当に忘れたのかよ、あのバカKわ!!」と怒り心頭になる。でも「思い出してほしくない」という気持ちも、あることはある。そこで!言っちゃっていいですか?私に甘えてくるんです(デレデレダヨマッタク本日の結論:Kよ、素敵な子供を残してくれてありがとう。もうお前は色んなこと思い出さなくていいから、そのまま逝っちゃってくれ。後は私が楽しく過ごさせてもらうからww追記:カンナ、お誕生日おめでとう。お前と出会えて人生が楽しくなったよ。去年はこんな記事を書いて送ってたね。

      1
      テーマ:
  • 10 Dec
    • 立派な首輪

      冬至も近くなると「朝の日の出は遅い/日没は早い」で日照時間がやたら短いです。寒いし・・・本当に今日の朝は寒かった。マジにベッドから出ないで一日ボーっとしていようかと思ったほどの寒さ。しかしま、そんな寒さでも「負けずに」毎日の日課をこなしている方々がいらっしゃるようでして。朝、このクソ寒いのにもかかわらず「日課だから」という理由で、ワンちゃんと一緒に散歩に出かけてる方々がいます。ワンちゃんとか言うな、「犬」でいいだろうて。そんなことはともかく。春夏秋などは、日の出が早いので6時半過ぎにもなると明るいですけど。冬至に近いこの時期、6時半と言ったらまだ暗いです。それでも毎日同じ時間に出かける几帳面な日本人の性格よ。本日も朝、(何度も言うけど)このクソ寒い中、出かけます。いや、仕事ではなくて「所用」でしたが。自転車に乗ります。向こう側から人が歩いてきます。その人の足元に何やら…ヘンな光がフワフワと、無秩序に動き回ってる…うわちょっとまて!これはもしかしたら!…私の大好きなw心霊現象ではないか(爆・・・犬、でした(ガッカリ犬の首回りに光るライト(多分、電池式の「曲がるペンライト」みたいなやつ、商品名なんかわかるかよ)をつけて散歩中。なるほど、あれなら見失わない。赤色とか青色、緑や黄色など、暗がりではかなり発行色の強いライトのようで。それが散歩の主の足元をくるくる回っているもんだから、てっきり(略☆そして夕方、午後4時半を回るともう街灯が点き始める昨今です。午後5時を回り、洗濯物を乾かそうとして近くのコインランドリーに向かう途中。またもや!今度は群れを成して光が走り回ってます(ゲラ向こう側から走ってきた自転車が危うく犬を轢きそうになったのを見てしまいちょっと、これは…善し悪しだよなと考えさせられてしまいました(イヤナンモカンガエテナイ現代は多様なグッズを入手できる、良い時代になったもんですね。でもね、そのグッズに頼ってないで。犬にリード付けずに散歩するなと叫びたいのが本日の目的でした。

      1
      テーマ:
  • 09 Dec
    • 一言主

      この1年。ちょっと思いついた言葉などを付箋紙にメモ書き程度に残しておいた。今それを読み直しても「はて?」と思うような言葉もある。それをここに書き記しておこう。別に「それがどうした」的な話ではあるが。要は「その付箋紙を剥がしたいのだがそのまま捨ててしまうと二度と思い出せなくなりそうなのでどっかにメモっとけ」な感覚なんですが。はっきり言って、私を知らない人には無用の言葉です(笑)>回答(解答)のない問題などない>通説・定説になっている事象に対し批判等を記す場合、それに代替する自分なりの評を提示すべき>小説と言う名を借りた紀行録>過去の情報に振り回されてる!>言いたいことが納まらないでいる。何故か?~ブログに記録してしまっているからか?>導入部の話が結末に何らかの意味を持つ>感動しなければ人に非ず、な時代>「絆」は流行り言葉だったのか?!>人は見たいモノ(こと)だけを見る>現場では「聞いてあげること」が大事ではないか?問題解決策を早く提示し「動くこと」を率先垂範しなければならない>OneNoteの活用方法を模索しよう>Visioみたいな描画ソフトが欲しい点在する付箋紙にかかれた「よくわからない」記録を読み直すと。「何に不満があったのだろう(これを書いた時)」と改めて思う。ま、メモなんてこんなもんだよなw最後とその1つ前のメモは破棄してくださいww

      テーマ:
  • 08 Dec
    • マジ乾燥注意報

      お肌のケアが欠かせない季節になってしまいました。東京近郊は晴れが数日続いて、静電気も恐ろしい時期です。私は帯電しやすい体質なのでしょうか?ちょっと何かに触ったら「パチッ」ときます。たまに青白い光も放出します(ああ恐ろしや本日は特に乾燥しているようでした。いや、連日の作業で「石灰」を相手にしているせいもあるのでしょう。両手がガサガサですw本日も作業現場に電車で移動。電車に乗り込むと暖房バリバリな車内です。乗客は大層な着ぶくれ状態な人もいます。座っている人を観察します。電車の中ではこれが唯一の楽しみです(ナサケナイ…すると大多数の女性がバッグから何かを取り出しています。そうです、保湿クリームです。多分、家から出る時にも塗ってきたのでしょうが、この暖かくて乾燥した車内でも何か違和感を感じたのでしょうか、大概はチューブ式のクリームを手に取り、手のひら・手の甲・腕まで丹念に塗っている風景があちこちに見られます。一方、吊革につかまりながら一心不乱にノートを見ながら「私は通学中の時間も無駄にしないわよ!」アピール満載の女子中高生も、ポケットからスティックタイプのリップクリームを取り出して、乾いた唇に丹念に塗っている風景も、この季節ならではの光景ではないでしょうか。そしてオジサン・お兄さんはというと・・・スマホに夢中w何も肌が乾燥するのは女性だけではないだろうてwどうしてもオトコという生物はその辺りはズボラーなんですね。私はというと、やはり乾燥していることがよく判ります。背中じゅうがチクチクして痒いですし、寒いので下ばきを穿[は]いてますが、太ももが異様な痒さを蔓延させてます。帰ってから内股あたりを見ますと引っ掻いた痕がそこら中に付いてます。シャワーを浴びると痛いですw特に乾燥しているのは、やはり腕と手のひらです。ここ数日、天気が良かったですね。外の作業が断然捗りますね。現在、外作業では足場を組んで外壁の修繕を行なっている所なんですよ、ダンナさん(だれ?漆喰の壁をハツリしているのですが、下地材が「石灰」なんです。石灰って“お節介”な奴でして、ものの見事に生物の水分を吸収してくれちゃいます。ハツッた残骸を集めていると、気分良く乾燥します。これが夏場ならばウエルカムなんですが(いやいやそんなこたぁねぇ)冬場の乾燥したさむいときにこの作業を行なうと、結構な割合でアカギレモードまっしぐらな世界です。きついよ、おいちゃん…おまけに細かい粉が体中に降り注ぎ、背中から足から腕の間から巻き込まれ、痒さ倍増になること請け合いですw手がガサガサ。保湿クリーム塗っても、元々の体に溜め込まれた水分が少ないために「潤いが元に戻る」には、この現場作業が終わらなければ期待できません。しばらくの辛抱です。本当はふやけるほどお風呂に浸かっていられればいいんでしょうが、最近はそのようなヒマはありません。サクッとシャワーを浴びてからが、本格的な自分の「時間との闘い」が始まるのです。「えーい、もうしばらくはこんなガサガサ手でもいいや」とヤリナゲ(投げやり)な感覚で過ごすも、布団に入る時にアカギレなどがタオルケットに引っ掛かると「いててて」な毎日です。やっぱりクリーム塗ってから寝るようにします。寒い季節に水仕事とか石灰搬出作業とか高圧洗浄作業とか。率先して皮膚に悪いことをしているような状況です。

      テーマ:
  • 07 Dec
    • ポケGOか?

      昨日の話ですが。どうして昨日書かなかったのかと言えば。忘れてましたwで、本日愛しのiPhoneをバックアップしたら、昨日撮った写真を見て「ああ、そういやこんなことあったな」と思いだして記事にしようとしたまでです。慌てて撮ったものでブレてます。青山通りに面した、今は閉園してしまった「こどもの城」。そこに何故か大量の人だかりが。しかしみんな、一心不乱にスマホを眺めている風景。一種、異様なw当たりはついたのですが、確認のためにそのうちの一人のスマホの画面を眺め・・・「あーポケモンGOか」と納得。おおよそ30人くらいはいたのでしょうか。老若男女(あ、子供はいなかったな、高校生はいたけど)静かなバトル。やってない私から見ると「キモいんですけど」の一言。こういった「ここにポケモンのキャラが出るぞ」といった“連絡網”があるんでしょうね。Twitterとか各種SNSなどで。まだやってたんですね。とは言いながら、先だってカンナに「たっちゃんってまだねこあつめ、やってんだ」とか言われたので、心理は同じようなモノなのでしょうけど。あれだけの人が集まって会話一つないというのも…。なんかキモい(笑)今日の帰りも4~5人いました。これから人が増える見込み。

      2
      テーマ:
  • 06 Dec
    • ない、ない!ない!

      お金が無い!これはいつものことですが。今月、特に無いですね。理由は簡単。交通費使いすぎですよ、実際。給料日には返っては来るのですが、それまで持つのか?「お金が無い」は毎度の口癖です。「お金がある」ときは「お金、あるよ~ん」などと言う事はありません。だから専らお金が無い時に「金、無いんだよー」です。ま、お金がある時などここ数年、まずありえないことですが。お金が無いなら無いなりに何とかなるものでして。これを節制と言うのかどうかはともかくとして、私の場合「有ったらあるなりに使ってしま」い、「ないなら無いなりに節約主義」になる。「有る時に少しでも貯めておけばいいものを」と10人中10人がこう言います。ごもっとも。しかしここだけ「宵越しの金はモタネェ」などと昔の江戸っ子の如くカッコつけたくなりw現に今はカッコつけなくったって「宵越しの金はねぇよ」なので「もたねぇ」とかいうレベルではありませんw時間が無い!これもこの時期、いつもの風物詩。もし休みが欲しければ無理やりにでも「○日と○日は休むんで!」と言い続けなければいけません。いや、休みとかじゃなく、普段の生活ルーチンの中ですら時間が少ない。もしかしてこれは年を取ったからなのか?そういえば以前、時間が無い、ということを題材にしてショートストーリーを書いたことがあったな。まだ読んだことがない方は是非とも。昨日の帰りが午後8時過ぎだったために、家の中でやらなきゃいけないことが今日まで押されてしまいまして。「洗濯!洗濯しないと死んじゃうw」な状態でした。帰って来てシャワーを浴びても着替えの下着がゼロ(笑)これにゃあまいったね。帰って来てからすぐに洗濯機を回す羽目に。近くのコインランドリーで乾燥させてからシャワーを浴びるという順番になりました。「ゴハン!ご飯を食べないと死んじゃうw」あ、これはごもっともな話。これまた昨日からの流れで、ご飯を炊いていなかった。なので本日は現場の仕出し弁当をチョイス。当然、帰って来てからのご飯は無し。仕方ないから新装開店の「松屋」で焼肉定食を所望するも。以前と勝手が違うために、昔の松屋から見て魅力が半減。あの店舗はもしかして「実験店舗」なのかもしれませんがね。何も千川駅店でやらなくてもいいのに…。閑話休題:「紙データを片付けているヒマが無い!」という切実なる事実もあります。現在断捨離実行中。なのはいいのですが、この師走にすることなのだろうかと志半ばで疑問発生。「他にやることが沢山あるのに、家に帰って来てすぐにパソコンに向かって雑誌や書籍のスキャンを毎日やっている時間がもったいないと思いませんか」ともう一人の自分が言い始めた。う~ん。この回答は保留にしよう。とにかく紙ゴミを早く少なくしたいだけなんだ!自分に毎日言い聞かせながら、パソコンの前に座ってます。日用消耗品が無い!そら使ってると無くなりますわね。消耗品でたっぷりあるのはトイレットペーパー位なモノw割り箸が無い、中性洗剤が無い、DVD生媒体が無い、DVDケースが無い、ゴミ袋が無い、単3電池が無い。冷蔵庫の中はスカスカな状態になりつつある。ナイナイ尽くしになりそうな。先ほどシャワーを浴びて気づきましたが「あ、シャンプーが無い」「コンディショナーも…ボトルが軽い」とな。困るんですよ、売ってるところが限られてるのでそこまで買いに行かなければならない。「たっさん、そういう決まったものの購入ってアマゾンとか通販使えばいいじゃないですか」とは後輩の模範回答。実際そうかもしれないが、私はスーパーやショッピングセンターとかに行って買うのが好きなんですよ、昭和の男だから。しかも通販ってオーダーしてから待たなければならないでしょ?あれ、イヤですw単に見解の相違・趣味の違いとでもいうのでしょうかね。買い物はドライになりきれないふがいなさを充満しつつ物品の宝庫「ドンキホーテ」に赴くのが好きなだけです。それでも日用消耗品や食品が欠品だらけです。やりたいことが今年も終わってない!言うなれば、パソコンのハードディスクの整理。データが増えるのは楽しいですが(ほんとか?)整理しなければ「どこに何が入っているのか」いちいちそのフォルダーの中味を見なければわからんようでは「データベースアドミニストレーター」の名が泣く。もうちょっとデータベースを駆使してうまく片付けないと、来年もまた「ディスクの肥やし」を増加させていくに決まってる。そんなことを、もう10年も言い続けている。ヒトノコトハワラエネェやりたいことや忘れずにしとこうと思ったことは、付箋紙に書いてデスクの横に張っておきます。そうすればパッと見「ああ、やらなきゃな」と思うのですが。それがどんどん増えたらどうなると思います?ただの見栄えの悪いいたずら書きにしか見えませんwああ、こうやって今年も終盤に近付いていくのか。そしてまた反省をするのか…「今年も達成できませんでした」と。死ぬまでには終わらせたい「断捨離」

      テーマ:
  • 05 Dec
    • やっぱり遠出は疲れる

      またもや!横須賀の現場です@本日。運転手が一番疲れるのは承知してますが、何もできずただ車に長時間乗っているのも相当に疲れます。朝、倉庫前で待ち合わせ。「明日6時45分に倉庫前で」電話で聞いたのが午後3時。「誰と?」人数が多いからと言って何もできない人とかと現場に行ってもこちらの作業が増えるだけ。「まだ決まってない」「じゃ、後ほど連絡ください」と電話を切るも、午後8時半を回っても一向に連絡来る気配なし。・・・さてどうしよう。仕方ない、客先に迷惑をかけられないから“たまには”連絡入れてやるか。つながって開口一番「で、メンバーは誰?」「…あー連絡入れてなかったっけ?」だ・か・ら!電話してんジャン(怒計5人。「わかった」と一応明日のやり方などを考えたりしますよ、そりゃもう。真面目ですからw本日(ここで先ほどの最初のシーンに戻る)6時45分。倉庫前でボーっと待っているが一向に車の来る気配がない。横須賀に行くんだよ、よ・こ・す・か。時間がもったいないじゃないか。早く来て、早くついて、早く終わらせて、さっさと帰ってこようよ。もう一人の自分が暴れ出し始めてます。来たのが15分遅れ。ああ、やっぱりなと思う本来の自分。運転手に聞くとも無しに聞くと、「6時45分に駐車場に来てくれ」だったらしい。だから倉庫前には定刻に来るわけがない。疲れる。朝っぱらから疲れる。いつもの事なのだが、何の進展もひねりもないこのやり方に疲れを感じてしまう。現場に着いたのが8時半をとっくにまわっている時刻。そこから作業指示を聞いて動き始める。風が強い。海から渡ってくる潮風が心地よい・・・心地よい?ものすげー強い風。海が白波だってます。絶好のサーフィン日和w富士山の前で猛威を振るう海建物に向かって風を叩きつけているような感じです。窓、開けられません。扉、力を抜くと引っ張られて「バタン」と勢いよく閉まります。お客さんに引き渡す前に壊しそうなw以前に来た時も風だけは収まりそうもないくらい強かった記憶があります。本日はその倍(どんだけ?で、なんだかんだと「掃除屋」稼業も夕方終盤近くなり、現場2階から優美なサンセットを横目で眺めつつ片付けモード突入なのですが。朝よりさらに倍!な強風にあおられ、全然片付けが捗りません。4尺の脚立が踊ってました、風で。私、最近は帽子をかぶっているのですが。そうです、3回ほど飛ばされました。近くで引っかかって止まったので愛用の帽子君とは未だに深い絆で結ばれてます(アブナクナクストコダッタ気温はそんなに低くなかったのですが、体感温度は5度くらい低かったと思われ、勿論強風のせいです。そんだけの強い風の中、格好の波を目指して海に浮かぶゴミのような存在。通称「サーファー」とか言う部類の奴らです。江の島が見える寄せては返す高波波しぶき、すごいの。見ている分には面白かったが、何せ海岸沿い。砂粒も舞い上がり、潮っ気もバンバンきまくり。多分、今日着ていった作業着はヘンな潮の香り(匂い)が染みついているんだろうなと。明日、それを現場で着ますがなにかw帰り。更に更に強い風の中。時刻は5時半をとっくに回ってしまってました。行きは1時間半超え。さて帰りは…きつかったですね。助手席って眠たくても寝られないもんなんですよ。後ろの席では3人とも夢気分モード。こちらは運転手を「眠らせないように」何か話題を振らねばならないし。救いだったのは。「今宵の月は綺麗だぞ」と。疲れました。とっとと寝たい(笑)

      1
      テーマ:
  • 04 Dec
    • 青山通りの目立つビル

      「こどもの城」(閉園)近くに点在する、何だか異様に目立つビル。異様ではありませんがwとりあえずそう言っておいた方が面白いかと。この辺りには他にも沢山「異様な」ビルが点在していますが、それは今後のお楽しみ。東京に居るとあまり感じなくなるものです、意匠が斬新なビルなんかは。だってあちこちにありますから。デザイン重視の、堅牢っぽいビル。ま、はっきり言って掃除しにくいですねwホント、デザインのみ。こういった格子状のデザインが好きな人がいるんですね。これも掃除屋泣かせwシンメトリーな建物は何故か安心できます。毎週土曜日になると建物正面にある広場で直売が始まるのは見ていて楽しいものです。何故見ているだけなのか?午後5時になったら片付けを始めてしまい、「見るだけ」で買うことが出来ないからです。今日はこれくらいにしておきましょう。ネタが尽きたら後々面倒ですからw

      1
      テーマ:
  • 03 Dec
    • 嗜好品はそんなに簡単にやめられない

      タバコ、吸ってます。吸い始めたのは17歳の頃ですから、もうかれこれ35年は経過してますね。もうね、肺の中、ニコチンで真っ黒(笑)未成年から吸い始めたのは内緒にしておくとしてw私ら昭和の世代は「何とはなしに」口にし出した連中が多かったような。ひとつは「格好いい」から、とか何とか。別に格好いいわけではないんですけど、その当時は「タバコ吸ってんの?なんか大人~~っぽくない?」な世代でした。17歳、つまり高校生の頃からなんですが。あの頃は結構おおらかな、今みたいになんでも規則でがんじがらめな時代ではなかったし、SNSとか通信世代でもなかったので「噂」とかでしか伝達しなかったんですよね、やってることが。ある時、私の仲間が「絵にかいたような」状態でタバコを吸っていたとしましょう。勿論、トイレで一服ってぇやつです。で、ニコチンを体に蓄えた後にトイレから出て教室に向かっています。するとすれ違った先生が一言:「バレないようにしろよ」ま、こちらの言葉の方がもっと恐ろしいとは思いますが。そんな「寛大な」先輩方の居る時代に育った我々が、世の中で「ダメだよ」と言われていることに興味を持ち始め、実践していたとしても、多少の「分別」はあったように思いますが(オモウダケダロ大学生になり、まだまだ「未成年」の衣を被った奴らでしたが、移動する電車の中では当たり前のようにタバコをぷかぷかやらかしてましたね。そしてその状況を見たとしても誰も文句は言いませんでした。そんな時代風景だったのです。最初に吸ったタバコはセブンスター、当時あの頃の通称で言えば「ブンタ」なぜか。親父が吸っていたのをガメていたからです。まだ高校生でした。初めて、このモワった煙を体の中に吸い込んだのは…忘れもしません。アレです、そうです、アレです。・・・えーとあ、そうそう、札幌でQUEENのコンサートがあったのですが。それに行きました。コンサート終了後にぞろぞろ出てきてからホールに同じように行った仲間がたむろしているところで、(通称)ボスから「タツ、吸ってみるか」と差し出されたタバコ。銘柄は忘れましたが、結構むせたことだけは覚えてます。そして「お前、モッタイナイ吸い方するなよ」とも言われた記憶あり。そうです。まだ深く肺に吸い込むことが出来ない状態。何せ若輩者なのでwwで、そっから「タバコを吸ってる自分がカッコいい」とか何とか勘違いも甚だしいw私、高校生時分は演劇部なるクラブに参加していて、言うても後輩に若干の「フアン」が付いていたんですがww(ヲイ、ウソハイカンヨそんなフアンのためのも格好良くならなければいけなくてwwwま、ただ単に吸いたかっただけなんですけどね。タバコは「ブンタ」を起点として、マイルドセブン、通称「マイブン」、現在では「メビウス」などと名称が変わりましたが中味は一緒。それに移行しました。ブンタは結構きつかったことだけが印象に残っています。そして大学に行ってから「自分に合うタバコは何か」と深く考察するようになりw、行きついた先が新発売した「キャスター」でした。バニラエッセンスの、好みが両極端にわかれるような後味が特徴のアレです(わからんよなwそしてそれからつい最近までずっと「キャスターシリーズ」をお気に入りの銘柄として吸ってました。長い「キャスター」生活も終わりを告げ、最近では「ケント」を吸ってます。理由は簡単。「420円って高くない?」キャスターもオリジナルが発売停止になり、「キャスターマイルド」だけが店頭に並び、それもしばらくは続いていたのですが「ウインストン・キャスター」と名称を変えて現在に至ります。味は変わらないがパッケージが変更となり、そして例の増税(消費税5%→8%)の影響もあって290円から420円へと超値上げとなったのを契機に、ケントに移行です。通常のケントも420円ですが、ここで新しい銘柄が発売されました。ケント6mmDシリーズ。19本入り390円。やっぱり400円越えとそうでないものとは、購買意欲に若干の差異があります。「やめりゃあいいじゃん」「やめたら~~?」「吸わなくったって死にゃあしない」タバコが無いと死んじゃう!(カンナ風)確かに吸わなくったって死ぬことはありません。いやむしろ吸わない方が健康のためにもいいのかもしれませんし、体調も良くなるとは止めた人の話。し・か・し。タバコやめたら健康に悪いではないか!どゆこと?つまり、私[わたし]的にはタバコを吸う事は精神安定剤みたいなもんですよ。タバコを吸わないでイライラするより、吸って気持ちを落ち着かせる方が精神的にナンボの世界。タバコをくゆらせながら何かを考察することもありますし、気持ちの切り替えに使う事もあります。何と言ってもタバコを吸ってる奴らは世の中に貢献している。吸わない人よりも多くの税金を払ってることは自明の理。もっと優遇してくれ!というのがサイレントハウルだったりします。あとは・・・タバコはコミュニケーションツールの一つでもあります。現在の職場。タバコを吸わない人がマイノリティだったりもします。タバコを吸う事で妙な連帯感が生まれたりもします。とまあ、自分で納得言出来るような理屈をここで作っておきます。死ぬまでやめることはしないでしょうな@タバコ。でもね、ひと箱500円越えになったら(言い訳がましくも)「健康のために」やめるかもww

      テーマ:
  • 02 Dec
    • 足場にて

      そりゃあね。私が悪かったといえばそれまでですが。メット位装着して作業しろよ。と、自分に突っ込む。しかし、だな。と、普段着の私。言い訳を考えてますw高さは…そう、170センチほどでしょうかね。本日、足場作業。午後になり、狭い足場エリアに突入。早速ゴチンをををぅ~~い・た・い。目から火花。高さを認識していなかった。わけでもないが。少し動く。ゴチン同じところ。暫く大丈夫だったが、下の段に行ってまたゴチンうおうおおお~~い・た・い。う、動けん。夕やみ迫る午後4時。下の段に行く。気を付けながら歩くもゴチン最後は「ゴチン」ではなく、「ゴクン!」な音のような気がした。はい、全て自分の不注意です。ええ。4回も同じように頭をぶつけたのは初めてのことでした。家に帰ってからふと。「そういや今日、随分と頭がゴッチンコだったな」触ってみる。・・・ちょっと、コブどころではないような気がする。お風呂で頭、洗えるだろうか。憎たらしいぶつかったのにはわけがあり。昨日、腰痛をやらかしてしまったのはご存じのとおり。腰の痛みを抑えるべく、なるべくまっすぐに立とう、立とうと思いながらこの狭い足場を移動。腰をかがめながらの移動は正直キツいので、まっすぐになると。・・・そりゃ狭いからぶつかるわな。腰を痛めずに済んだことが、唯一の幸い。

      テーマ:
  • 01 Dec
    • 腰は「からだの要」なんですよ

      東京、午前6時半。寒い。もぞもぞとベッドからエアコンのリモコンを探す。手近なところにない。仕方ない、起きて探すか。と。何か腰に違和感が。「あっちゃあ~、ちょっとこれは…」そうです、そういう季節になってしまったのです。腰痛以前(と言っても3年以上前)にいちどギックリっぽいことをやらかしてしまった。勿論、そうなりたくてなったわけではないが、まあなってしまったことは仕方ない、じきに治るさ。治りませんw腰をやったら墓場まで一緒、が通説らしいです。そんなこんなでこの寒くなる(いや寒い)季節、腰痛持ちは爆弾抱えて移動しているようなもんです。で、まあ、起きます。今日も電車移動。必要な物を準備しなければいけないのに、ちょっと腰がピキピキ来ています。「騙せるかなぁ」と呑気なことを考えながら、ベッドの上で少しストレッチなど。あんまし案配がよろしくない。現場に「ちょっと遅れる」旨を連絡して様子を見ようか。もし本当にヤバければ、休むしかない。・・・1時間経過。よし、起きて準備しよう。を、心なしか腰の痛みが治まった感じがする。・・・それは幻想でしたが。で、恐る恐る屈みます・・・うーむ、何とかなるか、何ともならないな。よし。と思って準備しようとしたらくしゃみ一発。「っくっしょん!」ピキ!おわっ!OMG!体全体に響き渡る激流(激痛?ってほどでもなかったが、とりあえず表現的にはそんな感じw)。ヤベーーーマジヤベーーー腰をかばいつつ、スマホのあるリビングにゆっくりと移動。早速現場の担当監督に連絡。「無理!」向こうでは渋々ながらの声が。「わかりました。ゆっくり休んでください」本当ならばゆっくりもしていられないのが現状なのですが。動けないぃぃぃ~~~マジ動けないーーー人間、腰をやらかしたら自分の意思では何もできません。その後、ウチの社長からも連絡ありまして。「どうよ?」どうもこうもない。頭はばっちり働くが、体が動かない。「御老体の気持ちがよくわかる一日になりそうです」とだけ伝えておきました。現在、午後6時になんなんとするところ。体があったまったのと少し動けたのが幸いして、今は痛みが沈静化しています。それまでは温湿布貼ったり、腰痛を和らげるストレッチを施したり、ベッドで安静化していたことが奏功して、痛み自体はなくなりましたが。今現在のこの時期、ウチのような零細会社は一人でも欠けると致命的な事態になりかねない。作業が1日単位で結果を出すようなお仕事。人数かけてナンボの世界な作業場所が多いので、「終わらなかったら次の日もやればいいさ」などと呑気なことは言ってられない。体調管理は万全にしないと乗り切れない、平成29年の師走な話でした。

      テーマ:
  • 30 Nov
    • よく使われる池袋

      独身男。50過ぎ。都内在住。池袋まで2駅。AVをよく見ます。AV、アダルトビデオですな。昔はポルノビデオと呼称していましたが、最近ではアダルトビデオと一般的に言うようになりました。ポルノでいいじゃん。とまあ、突っ込むところはそこではなくてw言い方は何だっていいんです。いわゆるスケベなビデオ。男と女が裸になり、ベッドの上(に限らず)でくんずほぐれつしている痴態を撮影しているアレですなwティーンエイジャーだった頃、友人から借りた画質の悪いVHSビデオテープを、親が寝静まった後でリビングに行きこっそりと見たことが懐かしい(遠い目そんな40年も前の話はともかくとして。ここ数年、ネットで定額ビデオを眺めたり、オンデマンドだったりツ○ヤのレンタルショップで物色したり、高田馬場にある(あった?)ブックスタ○ヨーなどで購入したりしてました。最近は専らレンタルですが。最初の頃はワクドキで楽しめたのですが、回数をこなす(?)とどのビデオも同じに見えてきます。そうすると、次に何をターゲットにして楽しむか。そう、何本(何百本?)も見ていると、ふと気づくことがあるのです。この外撮影の風景、見たことある…ビデオ開始ではよくある光景ですが、出演する女優(って呼ぶほどのことでもないが、とりあえずAV女優)が駅などで待ち合わせするシーンなどが映し出されます。「あっれ~~」渋谷・新宿などもよく映りますが、私が選んだビデオは池袋が多かったりします。ある時は「要町駅」近くの遊歩道、ある時は東武口のJR乗り場に行く入り口(外)、ある時は池袋のラブホ近くの駐車場。よし!聖地巡礼!それって「聖地」なのか?(笑)アダルトビデオって廉価で作ってそれなりの稼ぎを生まなければやっていけない商売となりつつある現在、手ごろな場所で手頃に撮ってパッケージして売り出すも、そんなに儲けは出ない状況。粗製乱造な感じも否めません。まあだからと言って製造しないわけにもいきません。だもんで、ビデオメーカーは自分の会社の近くで1日で撮っちゃって、ポコポコ製造する。それがまたつまらないのなんのwしかし、見方を変えれば楽しみ方もまた倍増。別にカラミ自体など、世の男女がヤッてることなので基本的には変わりません。だからその辺りは早送りして、いつもと違う行為を見つけるのが趣味となりwケモノの行為そのものより、ケモノになる前とか、行為終了後のインタビューとか、別れ際の顔や話などの方が、より「人間」らしい姿を垣間見ることが出来る時もあります。しかもそれが「池袋」近辺で撮影されているものであれば、地元民の私としては聖地巡礼!(またかよwするスポットが増えるというもの。50歳過ぎて何やってるのかね、実際w

      テーマ:
  • 29 Nov
    • 建物各種

      仕事柄(東京に限らずですが)、色んな所に行ってます。その都度撮りだめしたわけではないのですが、何とはなしに写真を撮ってます。ほんの少しですが、チョイとみてみましょう。池袋にある清掃局の煙突。目立ちます。綺麗です。大風吹いて倒れないんだろうか・・・その辺りはきちんと設計していると思うんですが。なにせ場所が場所だけに、倒れたら物凄い甚大な被害がありそうなqおなじみサンシャイン60。今となっては何の変哲もない「フツー」のビルに見えますが。出来た当初はかなり目立ったんだろうなと思います。私はもっぱら中にしか興味はありませんがw麻生十番駅を出て商店街を歩くと見える風景。六本木ヒルズが異様な構えを見せています。赤坂にできた新ランドマークタワー。その下にあるのは「旧北白川邸」らしい。入ったことはありません。根津にある「はん亭」東京都の文化財にも指定されている建物。東京大空襲でも残ったという強者の建物。レトロ・渋い・次の震災で倒れそうな予感w

      テーマ:

プロフィール

立川辰巳(仮名)

性別:
男性
血液型:
O型
お住まいの地域:
東京都

読者になる

AD

カレンダー

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。