追悼 佐藤博

テーマ:
10月26日に永眠された

日本ミュージックシーンにおける

偉大なる先駆者、佐藤博さん。



一般紙にも訃報を知らせる記事が掲載されていましたし、

既に多くのミュージシャン達からその死を悼むコメントが

出されていますので、ご存知の方も多いと思います。



角松敏生さんもご自身のホームページで

佐藤さんのことを語られています。



あのONE AND ONLYのピアノプレイ。

超一流ミュージシャンの参加が多い角松さんの曲でも、

ひときわの輝きを持って綺麗で心震える旋律を

奏でていましたよね。



山下達郎大先生のレコーディングにも

参加する機会の多かった佐藤博さんとの共演。

角松さんにとってどれほど嬉しかったことか…。



大先輩に可愛がられ、またその才能も買われたのでしょう、

何度もレコーディングやライブで共演されていましたよね。

HPでの追悼文、角松さんから佐藤さんへの尊敬と哀悼の念が

滲み出ている文章で、角松さんの想いが推し量られます。



寂しいですね…、また二人の競演が見たかったです。

でも、きっと角松さんが、佐藤さんの意志も受け継いで

これからますます活躍してくれるものと信じています。



二人が絡んだ曲、どれも素晴らしいのですが、

若き日の角松さんが、憧れていた佐藤さんのために

当時の持てる力を目一杯使い、腕を振ったこの曲を聴きながら

佐藤さんの永久の旅立ちを見送りたいと思います。



AD

一晩に4枚のCDを発注。


東京タワーサイドメモリー

芳野藤丸

YOSHINO FUJIMAL


東京タワーサイドメモリー

芳野藤丸

Romantic Guys


東京タワーサイドメモリー

松下誠

FIRST LIGHT


東京タワーサイドメモリー

松下誠
QUIET SKIES


今年の夏の終わり、何だか急にAB’Sが聞きたくなり、

YOUTUBEで「DEE DEE PHONE」や「Deja-Vu」を

久々に聴いたところ、やっぱり良くって。


また聴き込みたいなって思ったけど、CD持ってなくって…。

i tunes storeから1st落とすしかないかな~、なんて思ってたら、

ナント、10月に1stから4thまでまとめて再発されるとの話が!

またまた偶然なのか、絶妙なタイミング。


30年ほど前はリアルタイミングで聴き込んでたけど、

家にはカセットしかないため、次第に聴くことがなくなっていき、

過去のCD再発の時は忙しさにかまけて入手せず、

そして結局ほとんど聴く機会がなくなってしまっていた…。


聴きたくなった今、また聴けるかと思うと、何だか嬉しかったんだけど、

さらにさらに、それに先駆けて、

AB’Sの核でもある芳野藤丸と結成時の重要メンバーである松下誠の

ソロも9月に再発されるなんて!


このあたりもリアルタイムで聴いていて、

堪らなく良かったですよね~。

でも、全部当時付き合っていた彼女が先にLP持ってて、

録音したカセットを僕にくれていたんです。

だから、今の家には聞く手段のないカセットテープが

今の同居人に処分されるのを待っているだけだったんです。


リリースされ、すぐに買いました!

いや~、やっぱりいいです。


芳野藤丸の2枚、松下誠の「FIRST LIGHT」はもともと

非常に評価の高い作品ですが、今改めて聴くと、

さらに良さが分かります。


このブログを覗いて下さる方は、角松さんやANRI、

はたまたオメガトライブあたりを聴き込んでいた方々が

多いのではないかと思いますが、芳野藤丸の1stなんか、

そのエッセンスが詰まってますもんね。


あっ、松下誠の「QUIET SKIES」はプログレテイスト入っているので、

聴く人を選ぶかな。

(2ndの「THE PRESSURES AND THE PLEASURES」も)

前にも書いてきているけど、

ボクは音楽の中でプログレが一番好きな人なので、

ますますいいんですけど。


いや~久々に満足なまとめ買いしました。

この勢いで本命AB’S行きます。


おっと、それから中原めいこも11月に再発だって?!

最低でも「FRIDAY MAGIC」と「MINT」は買いだな。


同居人から「古いカセットいったいいつまで置いとくのよ!」

と全廃棄を迫られているボクを助けるかのような、この再発ラッシュ。

嬉しすぎるけど、年末までに資金難に陥りそうだわ…。

AD