東京タワーサイドメモリー

あの時君はここにいて僕もここにいた。僕達の前にはいつも東京タワーがあった。
あの頃のトキメキいつまでも忘れないでいたい。


テーマ:



東京タワーサイドメモリー-rebirth1

角松敏生
REBIRTH 1 ~re-make best~



1. Do You Wanna Dance
2. Tokyo Tower
3. Girl in the Box ~22時までの君は…
4. RUSH HOUR
5. A Widow on the Shore
6. SUMMER EMOTIONS
7. Wave
8. No End Summer
9. After 5 Crash
10. あるがままに


古くからの角松ファンだったら、
この曲名を見ただけでクラクラくる。
角松敏生がデビューから30年の間に学び蓄積した力で
これらの豪華メンバーに新しい息吹を与えてくれるってんだから、
期待しないわけにはいかないってもん。

既にアルバムをゲットした方々で
ツイッターやら何やらは大賑わいだ。
何だかこちらまで嬉しくなってくる

アルバムリリース日である明日のホワイト・デーは
生憎、朝から晩までお仕事で、ご丁寧に夜は接待まであるという日。
だから、今日どうしても聞きたかった

80年代、“あの頃”の曲を角松さんが装いも新たに用意してれるんだから
こっちもそれなりの思い入れを持って聞きたいよね

“あの頃”角松さんの曲を一番聞いていた場所は、車の中か…。
街でも、海でも、山でも、どこに行くのも車で出かけ、
カーステレオからは角松さんの曲をたくさん流して。
だから、今日も車で出かけよう。
CDを手に入れたらそのままカーナビコンポにセットして街に出よう

角松さんお気に入りのジャケットを裏返すと、
おっと、こちらにも美脚が。
やっぱ膝下だけじゃ物足りないから、
表より裏のがいいな(笑)

で、ケースを割ると、
おおっ、いいね~、インナージャケット。
裏ジャケに勝るとも劣らないセクシーショット。
うんうん、“あの頃”はこんな光景、あったね。
今はないけど(笑)

さあ、車のエンジンかけて、スタートは新宿の高層ビル。
東京の摩天楼の間を
「Do You Wanna Dance」をかけながら抜けていく。
いいグルーブだ。
この曲はいつ聞いても懐かしさを感じるけど、
歌詞も懐かしくて青くて好きだわね。
さすが“23才のハナタレ”作だ(笑)

次の「Tokyo Tower」、
実はオリジナルを上回るエキセントリックバージョンを
期待してたんだけど、いつものミディアムファンクバージョンだった。
でも、原曲の良さが生きるアレンジでもあるんですよね。
日本人でこんなカッコいいファンクやれる人は、
角松さんの師匠格にあたる、お二人ぐらいかな…?

車は明治通りを南に下り、原宿へ。
GAPがあった交差点には新しい東急プラザが出来あがっていた。
また街の光景が変わっていくんだ。
「Girl in the Box」、この曲も「Do You Wanna Dance」と同じく
いつ聞いても懐かしい。
オリジナルではヨギ・ホートンのドラムが光っていたけど、
角松さん、ちゃんと、やってるね。うれしい。

今回の「RUSH HOUR」は、ファンの方々にえらく評判いいですよね。
うん、それにはボクも納得。何かすっきりしてるんですよ。
確かに2ndはアレンジがなかなか苦しかったから、
今回は完全にリベンジ果たしましたね。

表参道から青山通りを左折して東へ。
車内は“街から海へ”。
「A Widow on the shore」~「SUMMER EMOTIONS」~「Wave」、
これらの海ナンバー、今回のアルバムでは
ダンサブルチューンの影に隠れてしまうかな、って思ってたんだけど、
ところがところが、これがいいんだな~。
これもまたすっきりしている。完成度が高いっていった方がいいかな。
角松さん余裕の横綱相撲って感じ。
特に最後の「Wave」はシンプルで、曲と歌に圧倒されます。
そう、「砂浜」の角松ヴァージョンを初めて聞いた時のような感じかな。
素晴らしい。
あ~、青山にいるけど、湘南・三浦に行きたくなった!

この海ナンバーから「No End Summer」に繋がるところなんて、
ほんとオリジナルアルバムか、ってほど自然。
そう、今回のアルバムは角松さんも言っているけど、
曲順がまた絶妙なんだな。
さすがプロフェッショナルの狙い通りだ。
良い曲はやっぱり良い。

そして、“海からまた街へ”。
車も西麻布にさしかかったところで、
ハイライトの「After 5 Crash」。
陽も暮れてきて、“あの頃”の記憶が思い起こされる。
先のことを考えず、何も恐いものはなく、
ただ毎日楽しければいい。良い音楽と綺麗な女性がいればいい。
なんて、享楽的に生きていたんだよね、今思うと。
あれから28年、今また、この曲をこういう形で聞くことになろうとは。
昔FMのスタジオライブで聞いた
この曲のギターソロは最高だったけど、
今回も角松節全開です。やっぱりこの曲大好きだ。昔も今も。

ラストの「あるがままに」が流れはじめたところで、
何だか楽園から、急に現実に戻された感じが。
そうだよね、何も考えていなかった自分が、
角松さんと同じように
苦しむことになってしまった時に発表された曲だからか。

でも、角松さんもボクもその時のことはもう乗り越えて、
今は別の解釈でこの曲を歌い、
そして聞かせてもらっているんじゃないかと思う。

みんな数々の経験を経てきたからこそ、
今の自分があるんだ。
なんだか、最後にはそんな気持ちにさせられましたね。
角松さんがライナーノートで書いている
「若い頃の自分より、今の自分のほうが好きだ…と。
 いつもそう思っていたいのだ。」
というのもこの年になってみると分かる気がします。

なんだか、このアルバムの聞き始めと、
ちょっと気分違ってきたなぁ。
「あるがままに」を入れたのはそういうことなのか?

など考えながら、都心から西へむけて、
帰路を急ぐ自分でした。


とにかく、最高の内容です。
“あの頃”のエキセントリックさは出てこないけど、
“今”の安定感をもって素晴らしい作品を作り上げてくれた角松さん、
これからもずっとついていきます!!
AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。