東京タワーサイドメモリー

あの時君はここにいて僕もここにいた。僕達の前にはいつも東京タワーがあった。
あの頃のトキメキいつまでも忘れないでいたい。


テーマ:
昨日(というか本日)の深夜、
CS放送 フジテレビONEの新番組「Stereo_ONE」、
第1回目の放送に角松さんがゲスト出演しました。

ウチはCATVのフル契約をしているものの、
普段は見る時間などほとんどなく、
“無駄に高い金払ってるな”と常々思っていたんですが、
この時ばかりは“契約してて良かった”と思いましたよ(笑)

かなりマニアックな番組でしたね。
いつも遅くまで起きているボクですが、
昨日は眠くって…。
角松さんなかなか出てこないし…。

でも最後に出てきて眠気飛びました。
貴重な自宅スタジオを拝見して、
まろやかな角松さんの笑顔拝見して。

3月14日にリリースされる
大期待のセルフカバーアルバムの制作も
この自宅スタジオでやってらっしゃるわけですけど、
豊島政実さんに作ってもらった、と角松さん言ってました。

この豊島さんは世界的に高名なスタジオ設計の第一人者で、
内外の有名なスタジオを設計されている方なんですが、
一番有名な仕事としてはアビーロードスタジオの改修責任者、
と言えば、どれほどの方だか分かりますよね。
フィル・コリンズやスティング、ジョージ・マイケルなどの
プライベートスタジオも手掛けられていらっしゃるような、
プロ中のプロが依頼をしてくる方なのですよ~。

角松さんは“飲み友達”だそうで、
若かりし頃、「有名になったらスタジオ作って下さいよ!」
と飲んだ時に言ったことを豊島さんが覚えていて、
今回やってもらったそうです。
すごいな~。

GENELECの新しい5.1chシステムで
横アリの30thライブを流したりしてましたが、
プリプロから音入れ(ドラムも録れる)、ミックスダウンの前まで、
作品制作の大半が出来てしまうという本格的なスタジオとのことです。

そういえば、キーボードの森俊之さんも、
『REBIRTH1』の音入れでこのスタジオに入った時、
「いいスタジオでした」とツィートしてましたっけ。

さすが“音の職人”、
音に関しては一切妥協なしですね。

聴き手に対しても、
「プレイヤーはブルーレイでスピーカーはTVでなく音楽用で聴いて欲しい」
とおっしゃってました。
う~ん、今のウチの機器は角松さんの基準を満たしてないな~。
角松さんがONKYO好きだったということが分かって、
そこはかろうじてセーフかもしれないけど(笑)

〆で語っていた、角松さんにとってのいい音とは、
“くもりのない音”だそうです。
「音が目に見えるような音づくりというのはどんなジャンルでもある」
とおっしゃっていました。深いですね。さすがだ。

でも、これだけのスタジオのオーナーになったんだから、
まだまだ走り続けなきゃいけないですね、社長!

ファンにとってはうれしいことだ(笑)
AD
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

テーマ:
昨晩、約5ヵ月ぶりに小比類巻かほるさんのライブに行ってきました。

今回の会場は渋谷のO-nestです。


怪しげな建物が並ぶ迷宮のような渋谷・円山町。

この一角に足を踏み入れるのは、

ON AIRで今は亡きジャドーズを見た時以来だから、

いったい何十年振りだ?

あの時は突然、当時全盛期のウッチャンナンチャンとかが出てきて、

えらく盛り上がったっけ…、大好きだったジャドーズ。

あ~、懐かしい。

えっ、ドクタージーカンズだ。今もあるんだ。

渋谷は毎日通っているのに、なんだか不思議な感じです。



それでKohhyのライブなんですが…


タイトなO-nestの空間がKohhyファンでもうさらにタイト。

そこにギター、ベース、キーボード×2、ドラムス(江口さん!)、

パーカッション、ホーンセクションと登場。

もうフルスペックバンドですよ、これ。

Kohhyも「このステージに全員乗るかな、って心配だった(笑)」

なんて言ってましたけど。


この腕達者揃いのフルスペックバンドから繰り出されるグルーブはヘビー級。

この晩もメチャ“黒い”Kohhyサウンドが繰り広げられ、もう堪りませんでした。

こういうのを聴きたいんですよね。


今の10代、20代の人達にもホント聴かせたい、

まやかしではなく、本物のジャパニーズ・ファンクを。


バラードも間に挟み、

また、おなじみのヒットチューンもたくさん歌ってくれて、

みなさん大満足だったと思います。

ボクのすぐ後ろの方も、友人を連れてきたんでしょうか?

「だからいいって言っただろ?」、「うん、いいね!」

とのやりとりが聞こえました。



そして午後9時をまわる頃、Kohhyが

「あら、いつの間にか、もうこんな時間!」と…。

kohhyもライブに没頭して本当に時間を忘れていた感じでした。


すると、Kohhy'sエリアからは、

「もう一度最初からやって!」との声が。


Kohhyも笑顔でアハッ、という感じでしたが、

この方の気持ち分かりましたね~。

ホントもう一回聴きたかったもん。

それだけステージ最高だった、ということですね。


個人的には、

ギターの千恵子先輩とKohhyの生2ショットを初めて見れたのも、

とても感慨深いものがありました。

歴史を感じたもので…。


次は名古屋でのライブ、決まったそうです。

また東京でも演ってくれそうな感じでしたので、

楽しみに待ちたいと思います。


それにしてもステージ上のKohhy、すごく綺麗で、

そして笑顔が絶えず、本当に楽しそう。

心から歌と音楽が好きなんだろうな、って思います。

とっても輝いていました!
AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

テーマ:
photo:01



昨日の朝日新聞 朝刊 全面広告。


結構キテる、コレ。


一昨日、小娘に 『ジュリアン』 と 『M』 聞かせたばっかり。



岸谷さんご本人のコメント

http://ameblo.jp/kaori-kishitani/entry-11128136933.html


公演スケジュールなど

http://princess2.net/



仙台サンプラザ、懐かしいな。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。