東京タワーサイドメモリー

あの時君はここにいて僕もここにいた。僕達の前にはいつも東京タワーがあった。
あの頃のトキメキいつまでも忘れないでいたい。


テーマ:


東京タワーサイドメモリー

Premium Stage

角松敏生
30th Anniversary Performance 2011
“Kadomatsu Plays The Guitar ”
TOSHIKI KADOMATSU

祝30周年を記念してギタープレイをたっぷり聴かせるスペシャルライブ!


先ほど日付変わったので、いよいよ明日、


ビルボードライブ東京で『角松敏生インストライブ』です。



“角松 plays The Guitar”なんて、カッチョいいですよね~。

否が応にも高まる期待です。



角松さんのインストライブと言えば、今から21年前、


『Legacy Of You』リリース時に横浜アリーナ(!)へ行って以来です。


あの時はステージから一番遠いところで何とか観たような。



鈴木茂さんが踊りながら楽しそうに演奏していて、


とても印象的でした。


そして、森高w。モニターで流してませんでしたっけ?


あの頃、角松さんは森高千里にぞっこんでしたもんねw。



まだボクも20代だったあの頃、


ライブ終わって、彼女を部屋まで送っていったら、


帰る電車なくなっちゃって、


駅からまた彼女の部屋まで戻って、


泊めてもらったっけ…(;^_^A


角松さん昔からヤリ過ぎるから。



まぁ、角松さんもボクも若かったわけですが、


明日は大人同士でたっぷりと楽しませて頂こうと思ってます。


伊達に20年過ごしてきたわけじゃないぞって。


でも、あんな曲、こんな曲、演られたら、


一気に“あの頃”行きかな、また…w。



3日連続2ステージずつ、ってことで、角松さんはじめ、


プレイヤーの皆さんもお疲れかもしれませんが、


最終日最終ステージですから、きっとナニか起こるのではないかなぁ~、


と期待しております!



ライブ開始は21時ですが、


まぁ21年前のように帰れなくなることはないので、


安心して最後まで楽しませて頂きますw


AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

台風15号。

関東においては、久々に台風らしい台風でした。


首都圏も直撃されたのですが、

知人も多くいる東北が心配です。

経験から言うと、普通台風は東北に到達する頃は、

だいぶ牙も殺がれ、弱体化しているもなのですが、

今回は強いまま行ってしまったので。


昨日の首都圏において言えば、

もうこれは“過ぎるまで待つ”

しかないです。


小中学校・高校のように、遅くとも昼までに帰すのでなければ、

いずれにしても中途半端な結果になりますからね。


昨日、部下を帰せたのもちょっと遅かったようで、

一部のメンバーは無事スムーズに帰宅出来ましたが、

残りは“帰宅難民”に。


ボクはもうラストまでと決めていたので、

気楽に仕事して、午後7時からは“飲み”(笑)

帰宅難民メンバーも一部呼び戻して、

午後9時までビール。

そして、その頃には電車も復旧し始めたので、

無事解散。


でも一部メンバーは駅のホームに5時間!

職場に戻ればいいのに…。

飲み屋にくればよかったのに…。

こういったところの判断は結構大事かも。


さすがに田園都市線下り電車はスゴイことになっているし、

渋谷では東急や山手線がこれまた地獄状態でしたけど、

住んでいる場所にもよりますが、

上手く帰れた人はいつも時間+αで帰宅出来たのでは?


一つのポイントは相互乗り入れをしていない路線を選ぶことと、

時間かかっても各駅停車を使うことでしょうかね。


昨晩渋谷駅、午後9時半頃の山手線は列車・ホームとも人が溢れかえって、

“危険な状態”ということで、再度運転見合わせになっていましたが、

一線完結の銀座線に廻ってみると始発ということもありガラガラ。

そして青山一丁目乗り換えの、これまた一線完結の大江戸線も普通状態。

何の問題もなく、新宿まで行けてしまったわけです。

恐らく遅くなればなるほど、いつもと同じの時間で帰宅出来たんでしょうね。


3.11の教訓、「無理に帰宅せず、安全な場所があれば、そこで待つ」

これが今回も生きていたような気がします。


本当に一大事のことが起きたら別ですが、

何とかなりそうな時であれば、

「まずはビール!」

でしょうかね。

(真面目に言ってます)


AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:

先週の今日は銀座で小比類巻かほるさんの歌を聴いたんでしたっけ。




3年半ほど前(もうそんなに経ったのか!)に、


角松さんのトークイベントを聴いた同じ山野楽器のホールで。




わずか3日前に赤坂BLITZで


パワフル,ソウルフル&センシティブなライブを見せてくれたKohhyが


僅か2~3メートル先に!このドキドキ感堪りません。






赤坂では白が基調のヒラヒラした衣装でしたが、


今日はルビー色のシャツ、


そして同色の細いストライプが入った(オシャレ!)黒いパンツに


グレーの帽子というカッチリっぽいいでたちです。






一目見ただけで分かるほどスレンダー。


赤坂でもステージ登場の時からホッソリしたスタイルが際立ちましたが、


あの時は存在感メチャあり「背結構高いみたい?」という印象受けました。


でも、今日はそこまで大きくなくて、身近な感じかな。




それにしても顔小さくてお綺麗です。


多くの意味で最高のステージの一つだったのではないか?と思っている


“Silent fiction Tour”から20年の時を経て、


“あの”kohhyが目の前で微笑んでいるのを見ると堪らないものがあります。






でも、“あの頃”よりきっと、ずっと自然体で、


フレンドリーになられたのではないか?と思いました。


それほど、ニコニコ楽しくリラックスした雰囲気だったのです。






アコースティック・ギターを抱えた菅原潤子さんをバックに


『樹形図』に入っている代表曲を歌ってくれました。






アコースティック・ヴァージョンでも


歌はメチャパワフルでリズム感があります。


すごいです!


(Kohhy、「このホール響きいい」って言ってました)






お客さんもボク以外は皆さん昔からの筋金入りのファンなんでしょう。


ノリノリでした。


耳に手をあてるKohhyポーズが出ると、もうそこは待ってましたの大合唱。


もちろん、2カ月間の猛勉強の末kohhyファンとなったボクも、


歌ってましたよ(笑)




限られた人数で最上級の歌声を独占して、


これほど贅沢な音空間はないのではないか?


と思いました。






それにしてもKohhyって気さくでお茶目な方なんですね。


ギターの菅原さんとのやり取りなんてもう母と娘、


じゃなくて!


優しい姉とROCK妹の掛け合いみたいで、


可笑しくって。


もう昔からのファンの方々には堪らないものがあったでしょうね。






もっと細かいこともボクにしては珍しく覚えているんで、


書いてみたい気もしますけど、


新参者があまり書いてもなんですから、


このへんで。






ライブの後はドキドキのサイン会がありました。


思い切って話しかけましたよ。


本当は「ボクも魚座のB型です」というつもりだったのに、


すっ飛ばしちゃって、「新しくファンになりました!」


と言ったら、「えっ、新しく?」との返答が☆






あとは気が動転していたので、まぁ付けたしで一言二言


言ったんですけど、ここはもうよく覚えてません(笑)




Kohhyほどのミュージシャンなら、


まだまだ新しいファンが出来るということをとにかく伝えたかったので、


これはこれで良しとしたのでありました。






短い時間でしたが、本当にプレミアム感ある一時でした。






そういえば、あまりインフォメーションが出てないようですが、


この日、kohhyが教えてくれた情報です。




明日(9/4)のNACK5、鈴木雅之の番組にKohhyゲストで出ますよ!


旧友同士で話も弾むのではないか、と期待しましょう。

いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。