東京タワーサイドメモリー

あの時君はここにいて僕もここにいた。僕達の前にはいつも東京タワーがあった。
あの頃のトキメキいつまでも忘れないでいたい。


テーマ:
AD
コメント(18)  |  リブログ(0)

テーマ:

一夜明けました。

ご参加された皆さんお疲れ様でした。


結局何時までやってました?

午後10時半近かったでしょう。

アリーナ中央でラストの「NO END SUMMER」歌ってくれて、

その後、角松さんがボクのすぐ目の前を通って、

ステージ戻ったの。


同行人なんて、

タンクトップから出てる角松さんの細っそい腕触って

「触っちゃった!」って喜んじゃってるんだもんな。

「手洗いたくない…」なんて、

いつからリアル角松ファンになったんだ?

ボクがファンなのに(笑)



全部で40曲?

いつも思うけど、

どうして6時間近く聞いてても平気なんだろ。

ずっと聞いてられちゃう気がする。


注目の1曲目。

ずっとなんだろ、って思ってたけど、

ヤッパ、これか。

「YOKOHAMA Twilight Time」

ご本人ステージ上にはおらず、

みんなはスクリーン見てたけど。


1曲目が奇を衒わないで、この曲だったってことが、

今回の30周年記念ライブ全体を象徴してるかな。


一言で言えば、“質実剛健”。

派手な演出一切なし。


ご自分でおっしゃってたけど、

“曲の中にメッセージがこめられていることに気付いた”

ということで、MCもとっても少なめ。

あるがままにツアーのMCナシを引き合いに出した時は、

こちらも苦笑してしまいましたが…。



最初は、

江口信夫+中村キタロー+鈴木英俊+小林信吾+友成さん+…

で始まり、

正直個人的には、“う~ん”というところもあり、

“そのうちこなれていくでしょう”(上から目線すみません)

という感想でしたが、

玉田豊夢+山内薫+梶原順+森俊之+…にチェンジしたあたりから、

“きたきた”という感じになってきました。


玉田君はやっぱりいいね~。とってもいいです。

また言うまでもないけど、

森さんは今の角松サウンドの核になってますよね。いないと困るなぁ。

鈴木さんも後半にいくにつれ、調子を上げてきて本領発揮してましたよ。

カッコいい「Mrs.Moonlight」のソロもバッチリ。生で聞けて嬉しかった。



個人的には相変わらず

“前座”と言われたACT-1の

「Ramp In」、「Mermaid Princess」といった

『T's BALLAD』チューンや

「夜をこえて」、「君をこえる日」、「さよならなんて絶対言わない」などの

『あるがままに』時代のチューン

を聞かされて、この30年間のことを考えると、

グッときちゃうところがあるんですけど、

でも、比重は圧倒的にACT-2にかかっていたわけで、

それはそれですよね。



終盤、ゲストの斉藤ノブ御大を加えての

「GIRL IN THE BOX」は盛り上がりましたね。

さすがに、

斉藤ノブ+田中+大儀見のトリプルパーカッションに、

江口+玉田のツインドラムス、

小林+友成+森のトリプルキーボード

梶原+鈴木+角松のトリプルギター

そして数原御大+本田雅人をはじめとしたホーンセクション

によるサウンドは分厚い。

これこそ角松バンドの本領発揮です。

ジャンプしてるし、結局(笑)


とまあ、上げていけばキリがないんですが…。

みなさんのご感想もぜひお聞きしたいところですね。



そういえば、会場入りしてすぐ、

BICスタッフの方に写真撮らせて欲しいって言われて

同行人と共に撮ってもらいました。

コメントも大したこと言えなかったけど、お伝えして。

ボツになると思いますけど、会報か何かに載ったらお知らせしますね。



あっ、大事なこと忘れてた。

角松さん、お子さん生まれて良かったですね!

おめでとうございます☆


男の子か女の子か分からないんですけど、

個人的には女の子が角松さんには合ってると思います。

○○○遊びが激しかった人は女の子生まれるっていうし(すみません。。。激汗)


いや~この晩のMC、

「70までやらなきゃいけなくなった。」

「もう一旗あげるぞ。」

のくだりは切実ですよね(笑)

まったく同じ立場なので、激しく同意です(笑)


角松さんとボクは次元が違うんですけど、

いつも同じような境遇に身が置かれているような気がして。

そこが共感を持たせてくれるところなんですよね。


これからもずっとついてくしかないじゃん!

って昨晩もまた思いました(笑)


何とか子供が成人するまでお互いに体気をつけて頑張りましょう!



“GOLD DIGGER”聞いてフラフラしていた頃、

まさか25年経ってこんなこと思うようになるなんて

想像すらしませんでしたけどね(笑)

AD
いいね!した人  |  コメント(14)  |  リブログ(0)

テーマ:

何だかんだ言って、ずっと先の話だった


角松さんの30周年記念が明日になってしまいました。


早かったような、遅かったような。



本当はアメンバーでいろいろ書こうと思っていたんですけど、


一言で言えば、ぶっちゃけ盛り上がり切れてません…。



大丈夫なんだろうか…、と不安です。



でもアメンバーの方にとっては、


「また、いつものことか」って感じですかね、ハハ(^^;



まぁ、取りあえず行きます、ハイ。


仕事も半ドンにしてありますし、


職場からも近いですし…。



14時過ぎたら、きっとアリーナ付近をグルグル回ってます(笑)、ハイ。


まぁ、何とかなるでしょう。

AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

テーマ:

“角松敏生 30th Anniversary Live”まで


えっ?あと3日?(汗)


ということは明々後日?



はぁ~、もう本当にすぐなんですね。


皆さん、盛り上がっていらっしゃるのでしょうか?


ボクはどうなんですかね~。


まぁ、少なくともあの“20th Anniversary Live”の時とは、


全く別人です。


あの時はもうそれは大変なものがありましたから…。




初日の8月22日、「BF1981~1993」が中止と決まったのに、


居ても立ってもいられず、東京ビックサイトに車を走らせていた自分。



雨上がりの東京湾岸、


自分の悔しさと、


それとは比べ物にもならない角松さんの心中を察し


振り仰いだ空に照らされていた神々しい夕空は


今でも忘れることが出来ません…。



まぁ、ボクも大人になったってことですかね(笑)



何とか自分自身盛り上げようと試みたけど

こないだボツにしたこの記事を
付けときますかね。

--------------------------------------------

皆さん盛り上がってるのかなぁ~。
自分も、自らを盛り上げなあかん!と思って

先週末、『ODAKYO SOUND EXPRESS』久しぶりに聞きました。

いや~、個人的には興味深い話が聞けましたね。

角松さんの昔話ですが。

センチュリー・ハイアットをいつもご利用なさってたんですね。


公私ともに充実の時間を過ごされた結果が、

数々の名作に結実されたとはさすが角松さんですね(笑)

こちらはお隣のヒルトンを使ってましたが、何にも残らなかったです、ハイ(笑)

これが凡人と天才の違いなんだなぁ~。


この日かかったのはこんな曲でしたね。


tokyo tower
mermaid princess
飴色の街
end of the night


角松ソングの中で「飴色の街」が一番好きな同居人は、

喜んでましたね~。

これで土曜日行く気になったかな。


ボクはその横で“あの頃”のことが頭をよぎってましたが(汗)


まぁ、いずれにしても今週末が全てですね。


それにしても1曲目はナニでしょうかね~。

気になってるんだけど、さっぱり分からない。

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
あれだけの数の女の子がいても、

訳ありの板野友美を除いて気になる子が誰もいないから興味もなかった。

だから、高橋みなみのことをずっと大島優子だと思っていた。

47人のAKBより1人の武井咲ちゃんのがいいや(笑)


でも、これだけ話題になっているのはある意味、素直にスゴいかも。

興味のないボクまで

「板野友美が8位になった理由は…」

なんて思ったりして。


本当に商売上手だ、秋元康。

80年代のおニャン子の頃の手法を発展させ、

今の時代でも通じさせるなんて。

近年の中央大学関係者の中では一番の出世頭だな。


東京パフォーマンスドールではどうしてダメだったんだろうか…。

アイドルには詳しくないので誰か教えて下さい。
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
昨日不在票のことを書きましたが、
現物来ました!!

角松敏生
30th Anniversary Live


横浜アリーナのチケットです。

もうずっと前に振り込んで、
すっかり忘れそうになっていた例のヤツです。

来たのはうれしいんだけど、
う~ん、なんか厳しそうな席…。

こりゃダメかな。
まぁ、去年一回もライブ申し込まなかったし、
仕方ないか…。


席が厳しいこともさることながら、
恐らく同居人はこのライブに申し込んだことを、
それこそ忘れている…。

チケットが届いたことを伝えたら「えっ?3週間後?私も行くの?えっ?」
と言われ、一悶着ありそう…。
どうするかな…。


そんな心配の中、もう一通の郵便物が目に入りました。
“固定資産税・都市計画税 納税通知書在中”との表書きが…。

あ~ぁ、そんな時期か。
開封してみると、「えっ?なんだこの金額は?」
今までよりやけに多い(汗)

よく見てみると、
“新築耐火住宅減額終了”
だって…。
トホホ(泣)
今までがサービスだったわけね。

せっかく久しぶりに角松チケット届いたのに、
なんだかスッキリしない晩になってしまいました…。
いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)

テーマ:

帰宅したら日本郵便からの「不在だったので郵便物を預かっている」

との通知文がありました。


BICからです。

(一般の方へ…“BIC”というのは角松敏生のファンクラブです、はい)


もしかして、6月に入ったし、簡易書留みたいだし、

アレですか?コレは?


もうすっかり忘れそうになっていたもののような。。。


早く知りたい!!


明日には手にすることは出来るのでしょうか・・・。


いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。