東京タワーサイドメモリー

あの時君はここにいて僕もここにいた。僕達の前にはいつも東京タワーがあった。
あの頃のトキメキいつまでも忘れないでいたい。


テーマ:

転勤シーズンですね。

内示を受けた方、既に異動を済ませた方、

はては転勤で住まい探しに御苦労されている方、

など様々かと思います。



ボクもついに異動になりました。

だいぶ長く今の職場にいて、

すっかり腰を落ちつけていたのですが…。



それ以上に、大好きな“YOKOHAMA”を

離れるのがツライ…。



このブログでも、YOKOHAMA関連の記事を

結構書いてきました。

やっぱり絵になるし、話にもなるし。



小さい頃から父親の仕事の時に連れて来てもらったり、

大学生になってからは、デートコースの定番中の定番だったり、

一人でクルマ飛ばしてきたこともあり、

角松さんのコンサートもよく神奈川県民ホールで観ました。



勤務先がYOKOHAMAになった当初は、

自宅から結構遠く、仕事もハードだったので、

せっかくのYOKOHAMAを楽しめる余裕は全くなかったのですが、

それも年月重ねる中で、仕事中サボったり、

カワイイ後輩連れて飲みに行ったり、

今まで行ってみたかった店に入ったり、

だいぶ堪能出来るようになりました。



この年になって、もうないだろう

と思っていたような思い出もちょっぴりでしたが出来ましたし…

(ここから先はアメンバーだ~笑)



充実した5年間をここYOKOHAMAで過ごすことが出来ました。



今より若く、仕事に余裕があった頃ならもっと楽しめたかもしれませんが、

でも、今でもこれだけ楽しむことが出来たのだから、

ここで勤務させてもらえて、職場には感謝しています。




次の職場はどこかって?

それが同じ神奈川県、

さらに言えばまた横浜なんですよ(笑)



でも、“YOKOHAMA”と“横浜”は明らかに違うんです。

ボクにとっての“YOKOHAMA”は、

山手だったり、元町だったり、山下、本牧や根岸、

みんなある種のノスタルジーを感じさせてくれるところです。



“横浜”は同じ横浜市であっても、ノスタルジーはなく、

山を切り開いて新しく開発され、同じような風景が続いていて、

そして人が住んで生活している、いわゆる“日常の場”なんです。

これは東京23区と東京市部との違い以上に、

“YOKOHAMA”と“横浜”の決定的な差です。



東京モンから見る“YOKOHAMA”は、

いつの時代もキラキラ輝いていて、憧れの場所なんです。



みなとみらいが出来たり、首都高が伸びたりもしていますが、

今までもそうであったように、“YOKOHAMA”は、

これからも発展を続けて、みんなに夢と思い出を持たせてくれる

存在であり続けて欲しいです。




ボクのブログに登場した“YOKOHAMA”達です。

(拙い写真ですみません)




<朝のみなとみらい、大桟橋から>
東京タワーサイドメモリー-HI380011001.JPG




<昼のみなとみらい、大桟橋のカフェから>
東京タワーサイドメモリー-oosannbasi


<夕刻のみなとみらい、大黒ふ頭から 富士山も>
東京タワーサイドメモリー-大黒ふ頭からみなとみらいを望む


<夕暮れのみなとみらい、赤レンガ付近から>
東京タワーサイドメモリー



<YOKOHAMA TWILIGHT TIMEが飲める!>
東京タワーサイドメモリー



<AMAZON CLUB 5年間で一番楽しかった夜>
東京タワーサイドメモリー



<ユーミンが結婚式をあげた教会>
東京タワーサイドメモリー


<仕事さぼって海釣り公園へ>
東京タワーサイドメモリー-20090925141538.jpg



<車から赤レンガを撮る>
東京タワーサイドメモリー



<またまた夕方仕事をさぼって観覧車>
東京タワーサイドメモリー-20080908171323.jpg


<横浜税関 3塔のうちの一つ、クイーンです>
東京タワーサイドメモリー



興味を持って頂いた方は、

テーマ「横浜スポット」の記事をお読み下さいませ。

“YOKOHAMA”関連の記事には、

我ながら力入っているな~という感じです(笑)




そして最後は、ボクと同じ東京モン、

だから、この人もやっぱり同じような気持ちを

“YOKOHAMA”に抱き続けているんじゃないかと思います。











AD
いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(0)

テーマ:

スポーツにはほぼ縁のないボクが書くのですから、


昨日のモーグル女子にはそれだけの価値があったということです。




久々の休み、出かけるチャンスだった2/14。


なんとなく、オリンピックのことを思い出し、


午前9時にTVをつけました。


そのまま決勝が終わる午後1時半過ぎまで


TVの前を動けなくなるとは思いもしませんでした。




もう競技のことはさんざん書きつくされていると思うので、


書きませんが、上村愛子選手、4位で良かったんじゃないかと思ってます。




12年越しのメダルを取れなかった上村選手の無念さ、


周りの人たちの悔しさ、は十分分かった(つもりの)上での発言です。




さんざん書きつくされているように、


ライバル達はあまりにも強力でした。


1回こっきりの真剣勝負で、あれだけのパワーと技を見せられると…。




上村選手の前にすべったバークの凄い滑りが今大会の行方を決めた


と言っていいのではないかと思います。




バークのこの滑りも、上村選手の後に滑った選手が2名転倒してしまった


ことも、一発勝負のシビアさ・怖さをひしひしと感じさせてくれました。




こんな凄い場で4位を取ったのはそれだけでやっぱり十分立派だと思います。


もしかしたら銅メダルを取れたかもしれないけど、もしかしたら5位、


いや6位だったかもしれない。


でも、後先なしの1回ポッキリの場ですから、誰が何と言おうと今回は4位なんです。




でも、本音をいうと5位、6位じゃなくて良かった。


だって、長野から見ていくと、7位→6位→5位→4位でしょ。


5位以下に逆戻りと、一歩でも前進の4位ではそれこそ大違い。


今回の4位はメダル並の価値がやっぱりあるんですよ。




もちろん、ボクもニワカ愛子ちゃんファンになり、


「メダルを取らせてあげたいィ~」、って思ってましたよ。


そうじゃなきゃ愚図るチビ同居人ほったらかして


4時間半もTV見ませんよ(笑)




ご本人の悔しさ、察しても余りあるものがありますが、


競技終了直後のインタビューでのコメントにしても、


その後のスタジオでの受け答えにしても、悔しさの中にも、


やり切った感が伺え、納得している部分もあるように受け取れ、


「彼女自身がそう思えるなら、それで良かった」と思えました。




でも、上村選手って昔からこんなに素敵な人だったんですか?


スポーツにほとんど縁のないボクはこの人のことをよく知らないんですけど、


話していることや書いていること、あまりにも優等生すぎるんじゃないですか?




高校生の頃から今30歳までの変遷を見ると、外見も、


子供から大人の女性にきちんと段階踏んで成長している様子が伺えるんですが、


昔から人間的に出来てた人なのかな。




そして、またお母さんがさらに素晴らしい人なんですね!


まさにこの母にして、この子あり、の世界です。




いや~、スキーが上手くて、人間的にも素晴らしくて、おまけにすごく可愛くて、


こんな人もいるんですね~。


競技にも感動しましたが、上村選手自身にも感動をもらった1日になりました。




どうやったら、こういう女性になれるんだろう。


と、横目でチビ同居人達を見て考えさせられてしまいましたが…(笑)




競技直後は引退かな、と思いましたが、どうやら今日のインタビュー見ると、


続けそうな感じも…。




ボクはスキーに関しては、続けても続けなくてもどっちでもいいです。


でも、上村選手の笑顔を見たり、発言を聞いたりしていると、


こんなに頑張り屋で良い人なんだから、昨年結婚した頼れそうな旦那さんと


幸せな家庭を築いて欲しいな、という気持ちになります。




病気を持って生れて、子供時代イジメられた経験を経て


お母さんと二人三脚で世界の頂点にたどり着いた上村選手、


これからもますます輝いてさらに素敵な女性になって欲しいと思いました。






以上、珍しくスポーツネタでした。




可愛いからって、ちょっとベタ誉めし過ぎか?(笑)


でも本音です。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

内容の面白さとキャストの豪華さに反比例して

低視聴率をたたき出している山崎豊子原作、

唐沢寿明主演の『不毛地帯』。


“フジテレビ開局50周年記念ドラマ”の威信にかけて、

想定外の低視聴率なんのそので、2クール目も盛り上がってきてます。

(これだけ力入れて制作しているんだから、もう引っ込みつかないですよね)


国内弱小自動車会社と海外大手自動車会社との提携話が終わり、

(この話の時は、いすゞの117クーペやベレットが出てきて、

 うれしかったなぁ~。今は亡きいすゞの車はホントカッコ良かったです)

今日からはイランでの石油開発の話です。


今日は竹野内豊も主役並に活躍しており、

昔からファンである同居人は寝むそうながらも、

きっと心中嬉しかったに違いないです。


それにしても、どうしてこれが視聴率悪いの?

何か重たい感じがするんだろうなぁ~。

絶対に面白いので、見てない人はそのうち、

時間作ってぜひまとめ見して下さい。

ズッシリときますよ。


すぐにでも今日の続き見たいので、

はやく来週にならないかな~。

AD
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。