東京タワーサイドメモリー

あの時君はここにいて僕もここにいた。僕達の前にはいつも東京タワーがあった。
あの頃のトキメキいつまでも忘れないでいたい。


テーマ:
角松さんがパーソナリティをつとめるTOKYO FM 『小田急SOUND EXPRESS』。

本日ラストに「I NEED YOU」かかりましたね。
(モチ、『1981~1987』ヴァージョンね)

この曲はボクにとっていくつかある“棚にあげた”ナンバー。

“封印した”ナンバーほどじゃないですが、有り難くてもったいないから、めったに聞きません。

再録されたこの曲は凄い。曲、アレンジはもちろん、角松さんのヴォーカリストとしての凄さを改めて認識させられたナンバー。

リリースされた時は、「ボクのために録りなおしてくれた。」
そう思いましたね。
(相変わらず勝手なヤツだ~笑)

だから、その後迎えることになった結婚式の時には、クライマックスでユアマイと共に使わせて頂きました。

ハハ(*^-^*)
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

昨晩の『SMAP×SMAP』に中山美穂が出てました。




今週末から映画『サヨナライツカ』が始まるということで、


このところミポリンの露出がスゴイですね。


今朝の朝日新聞にも全面広告で出てました。




人のモノになってから、あまり執着がなくなってしまったものの、


昔は筋金入りのミポリンファンであったボクとしては、


やっぱりウレシイかな(笑)




昨晩のスマスマでも、


昔のドラマや、昔の歌などが懐かしい~映像で紹介されてました。




柳葉と出ていた『すてきな片想い』、


香取が出ていたことは忘れてた『FOR YOU』や


唐沢との『おいしい関係』、


そしてキムタクとの『眠れる森』など、


ほとんど毎回見てましたね~。




歌っている若かりし頃のミポリンも、


メチャ、アイドルしてて最高でした(笑)




もちろん、角松さんの「ユアマイ」、


(ちゃんと書かないともう分からないか?)


「You're My Only Shinin' Star」も


チラッとですが、流れましたよ。




このユアマイ、角松さんご自身が歌っている


超ハイクオリティな数々のヴァージョンも


もちろん好きなんですが、


結構、このミポリンのオリジナルが実は一番好きだったりして。




でも、初出のアルバム『SUMMER BREEZE』収録版は


さすがに16才の時ということもあり声が幼な過ぎるので、


2年後に歌を入れなおしたシングル版がベストかな。


だいぶ声も大人っぽくなってます。


(この2年の間にいったい彼女の身に何が…)




まぁ、40歳?になった今は年齢を重ねた感はありますが、


やっぱり綺麗だし、TV見ていてもデレデレしちゃいますね(笑)




一緒に見ていた同居人もその昔は“ミポリン似”で通っていたそうで(??)


ボクがミポリンについて熱弁をふるっていると機嫌がいいです(笑)


(「今はもう誰も言ってくれなくなった」と嘆いてますが)




映画『サヨナライツカ』も観てみたいですね。


でも問題は、


○内容からして男一人で行きづらい


○だからといって誰と行くのか


○映画の原作者がミポリンの旦那かと思うとムカつく


といったところでしょうか(笑)

AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

テーマ:

最近の新聞に幻冬舎の広告があり、

「恋をしているの。本当は夫だけを愛していたいのに。」

というコピーが見えた。


こんなコピーが付いてて、江國香織の本だというのなら、

読んでみたくなってしまう。


でも、『冷静と情熱のあいだ Rosso』や『東京タワー』は

かなり好きな作品だけど、

熱心な江國ファンというわけではないボクは、

この本がもう6年も前に刊行されていたものだとは知らなかったなぁ。


さっそく2006年に出た文庫版で読んでみました。



東京タワーサイドメモリー


スイート リトル ライズ (幻冬舎文庫)

江國香織



まあ、結婚して3年目の夫婦の日常をそれぞれの視点から

淡々と描いたものです。


その日常は

“家のなかには、甘く小さな嘘がある。大切なのは日々を一緒に生きること”

というものであり、


“甘く小さな嘘”、は

旦那に「もしあなたが浮気をしたら、私はその場であなたを刺す」

と言っている奥さん自身が、彼女がいる男と関係を持つことになり、

体だけでなく、恋もしてしまうということ、そして、

旦那は旦那で大学の時のクラブの後輩の女の子と仲良くなって、

忘れていた何か、自分の生活に必要な何かを見つける、

というのが発端なのだ。


要はW不倫をしている夫婦が主人公であり、

描かれている“日常”というのも、これが中心になっているというわけです。


そのためか、一般人の書評を読むと大人気作家である江國作品にしては、

あまり良い評価をしている人はいないようだけど、

それなりの経験を経てきた大人にとっては、リアルで面白いと思うな~。


読み手が結婚している(た)か、していないかにはあまり関係ないと思う。

自分にとって大事な人がいたか、いないか。

その人とどのような関係(心と体の)であったか。

身近に愛する人・愛し合っていたはずの人がいたにも関わらず

寂しさ・孤独を強く感じていたか(いたことがあるか)。


そんなことがこの作品を読んだ時の心の振れ幅を左右する気がします。

(でも、多くの人が上の条件には当てはまると思うんだけど…)


この作品のキメぜりふは奥さんの

「なぜ嘘をつけないか知っている?

人は守りたいものに嘘をつくの。あるいは守ろうとするものに」

です。


嘘をつけないのは不倫相手の男に対してであり、

嘘をつくのは自分の旦那に対してです。


若い女の子などは、これを読んで結婚ってこんなものなのか~、

なんて甘ちゃんで思ってるみたいですが、

“家のなかには、甘く小さな嘘がある。大切なのは日々を一緒に生きること”

これは真髄ついてますよね?


えっ、そんなことない?

ボクにだけこんなことを言わせるのはズルイですよ(笑~汗)


奥さんが旦那に言うセリフ

「大切なのは、日々を一緒に生きるっていうことだと思うの」

「一緒に眠って一緒に起きて、どこかにでかけても

 またおなじ場所に帰るっていうこと」

「大切なのはそのことだと思うの」


旦那の後輩の女の子が旦那に言うセリフ

「一緒ですよね。」

「別々にでかけて別々に帰るけど、でも一緒ですよね。」


う~ん(笑)良いな。

淡々と進む江國香織らしい作品だと思うんですけどね。



読んでいる途中で、これ映画に出来るな、って思ったら、

ちゃ~んともう出来てて、3月には公開されるそうです。

主題歌はスガシカオだそうで。

http://www.cinemacafe.net/official/sweet-little-lies/pc.html



江國香織自身がこの映画のことを

「小さな、美しい映画」

とコメントしていました。


観てみたくなりましたね。

AD
いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(0)

テーマ:

今日は今年最初のお仕事でした。

いや~新年早々から慌ただしくて、汗だくになりました。

冷汗の方ですが…(笑)

朝から晩まで今年もたっぷりお仕事待ってそうです(^^;



昨日は今日と打って変わってのんびりした元日を過ごしました。


自宅のベランダから初日の出を拝み、

(やっぱ朝日はすごいパワーですね。普通の太陽と色が全く違う)

午前中はゴロゴロ。

でも、せっかくのイイ天気だったので、昼から外出してみました。



六本木ヒルズに行ってみると、アリーナでイベントが。


東京タワーサイドメモリー


和太鼓道場ドンドコによる太鼓演奏です。

正月らしいですね。


その後は萩原社中による獅子舞です。

その後獅子舞はアリーナを出て、

タワーの中にも入ってきました。

お店の前をみんなを引き連れて練り歩きます。


東京タワーサイドメモリー


見物人達は獅子舞に近づき、頭を噛んでもらっていました。

この後ボクも獅子舞に頭をガブリと食べられました。

これできっと煩悩も食べてもらえたことでしょう(笑)



外に出て、けやき坂から東京タワーです。

元日の澄んだ空に凛々しく聳え立っています。

一週間程前のクリスマスイブに見た、夜のタワーとは別ものです。

東京タワーって昼と夜の二つの顔を持っているとつくづく思います。


東京タワーサイドメモリー



その後は、豊洲のアーバンドックへ。

買い物に熱中していると、

もうすっかり夕方になってしまいました。


東京タワーサイドメモリー


造船所だった名残のクレーンが

綺麗な夕焼けをバックに聳え立っています。

奥にはレインボーブリッジも見えているんですが、

ちょっと写真では見えないかな~。


東京から人が少なくなるお盆と正月は、

空気が澄んで空も綺麗なので、

こうやって絵になる風景があちらこちらで見ることが出来ます。

また、しばらくすれば、いつもの街に戻ってしまうので、

僅かな間だけなんですけどね。

上の写真ではちょっと見えないんですけど、

右奥には富士山も見えているんです。

東京湾から富士山ですからね…。


そして、富士山が見えるその場所からは、

またまた東京タワーもビルの間に見えてます。


東京タワーサイドメモリー


分かるかな~、真ん中の奥です。


東京湾の綺麗な夕景の中、ボクの好きな

富士山と東京タワーをダブルで見れるなんて、

とても贅沢な気分です。
今年も幸先よいなぁ~と、

こんなことで喜んでました(笑)

いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:
皆さま、あけましておめでとうございます。

今日は自宅で年を越せました。
紅白歌合戦見て、お蕎麦食べて、ごくごく日本人として真っ当な年越しをしている自分、年を取ったなと思いつつも、平穏無事なスタートを迎えられたことは幸せなんだと思っています。

各地は大荒れになっているようですが、東京は月がとっても明るくて、静かな新年を迎えています。

2010年、皆さま、今年もよろしくお願い致します。
いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。