パリからやって来たanego! + Un journal d'une japonaise qui a longtemps vecu a Paris !

96年花の都パリで起業した私も、この5月より東京ベースで新会社を設立。浦島花子ではないけれど、東京暮らしをスタートさせてみると。。。


テーマ:
昨夜、友人と電話で話しながら、東京での出会いとパリでの出会いを、ちょっと比べてみました。


パリでは、見ず知らずの人とも、軽~く会話をかわすことが可能なんです。


例をあげると、カフェやレストランのテーブルの横どなりの人と、もちろん老若男女を問わず、美味しいそうな皿が運ばれて来た瞬間や、メニューを見ながら選んでいても、なんとなく美味しそうなものを食べている人がいたりすると、つい話しかけてしまう。

ときには、隣の席のカップルがちょっと軽く揉めていたりすると、なごやかに、話に介入してしまったり、片方の見方についてしまったり。。。


確か、もう相手が誰だったか覚えてないくらい随分前の話ですが、男の子と初デートの時、サンシュルピス界隈の美味しいイタリアンレストランで石焼ピザを注文したら、ピザがお皿からはみ出す程大きくて、ついつい肘を左右に張りながら必死にナイフとフォークを使って食べていたら、店の奥まで一列に伸びるバンケット席の隣人と肘がぶつかってしまい、会話を交わすうちに意気投合で、3人で食事の最後までおしゃべりを楽しみました。


その後、この3人でよくテニスに行ったり、パーテイーに行ったり…。ちなみに、この彼、歌手エンリコ・マシアスの甥でした。


もちろん、こんなちょっとしたレストランやカフェでの会話程度で、のちのちまで友達になることって珍しいかもしれませんけれど、でも、ほんのひとときでも楽しいおしゃべりをしながら、いい時間を過ごすって、楽しいものですよ。


あと、ナンパ目的とかで声を掛ける訳でもないし、男性同士でも、よくビジネスカードを交換してたりしていますよね。


それに比べ、東京では、こんなに人々が会話を楽しむことってあるんでしょうかね?


anegoには、残念ながら、こういう体験は未だありません。なんとなく、東京では、みんなの心が閉ざされている感じがします。


心に余裕がないのかしら、それとも、他人を恐れる警戒心から…?


その割に、『援交』とか、訳の分かんないヘンな出会いが日本には存在しているみたいですね。


日本人の心がいまピンチなのかもしれませんね。


東京に戻って来て、パリを恋しく想うことは、食べ物を除いてはさほどないけど、でも、さりげなく楽しい、時にはHappyな☆出会いとおしゃべり☆には、少々欠乏しているかもしれませんね。


だもの、素敵なヒトに出会えるチャンスも少ないですね~!(本音)
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
今週末、隅田川花火大会の日に我が家で大勢の友人たちに囲まれて、ひと足早いバーズデイーを祝いました♪


残念ながら、マスカルポーネの欠品でanegoの手作りテイラミスは登場しなかったけれど、この宴には、日本中の美味しいものと、高級ワインやシャンパーニュが勢揃いしていました。


食いしん坊には、食いしん坊の友ができるのは、やっぱり、自然の法則なんでしょうね (笑い)


その場の雰囲気は、賑やかな中にも、全員がリッラックスして楽しめるいい~感じでしたよ。


そして、昨日、7月31日が、anegoの本当の誕生日でした。


自分でも信じられないのですが、ついに40代へ突入です!  気持ち的には、35歳くらいでストップしているのですけれど。。。


友人たちから頂いたプレゼントとともに添えられていた素敵なメッセージや、このパーテイーには来られなかった友人たちから頂いたE-cardのメッセージから、本当に40歳になっちゃったんだと、実感が初めて湧きました。


これからは、ほんとうの熟女や艶女の仲間入りですかね!?


なにより、充実した40代を送ろうと思います。


一度きりの人生ですから、もっと一日一日を大切にしていきたいです。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
Jill's iCard

今日こんなカードが届きました♪

なんと、数年前から音信不通になっていたニューヨーク在住の女友達から。

彼女と知り合ったのは、もう8年以上前のパリで。彼女がパリに住んでいたのは半年くらいだったけれど、とにかく気が合って一緒にいろんなことして、今でも我が家のトイレには、彼女と一緒に全裸でDieppe の海に飛び込んだ写真が飾ってあるくらい。

最後にニューヨークに行った99年冬、彼女はまだブルックリンのフランス名の通りにある小さなスタジオに一人で住んでいたけれど、2001年春には、ツイン・タワーに勤務するエリート金融マンと結婚、新居はセントラルパークを臨むアッパーウエストへ。

anegoも、勿論結婚式に招待されていたけれど、残念ながら、参加は断念。

それから数ヶ月後に、あの9.11が起きて、事件の翌日にはダイレクトで彼女からのメールで、当時の凄まじい状況が刻々と知らされることに。

私も彼女のメールを読みながら、涙ボロボロで。。。

不幸中の幸いで、彼女の夫は無事に生還できたけれど、当時は2人でニューヨーク脱出計画を考えていたほど、2人に深い傷跡を残したよう。

その後、彼女がファッション雑誌のアート・デイレクターとして、かなりの名声を得ていることは伝えられていたけれど、そのうちお互いに忙しさを理由に、少しづつメールのやり取りも減ってきて、去年、私が久しぶりに彼女に日本への帰国を伝えようと思って出したメールが、彼女に届くことなく戻ってきてしまって、ちょっと悲しかった。

それと同時に、ひょっとすると、とうとうアイダホとかオレゴンとかの田舎に夫と共に移住してしまったのかしら(?)なんて思ったりしていたけれど。。。


今日のこのカードのお陰で、切れたと思ってた糸が繋がったようで、とても嬉しかった。

彼女は、ますます有名なアート・デイレクターとして、MACY'Sや化粧品やファッションブランドの広告を手掛けているらしい。

来年あたり、ニューヨークへ行って、ぜひ彼女の仕事ぶりを見てきたいなと思ってます。コラボの可能性も頭の中にこっそり置いてね☆

追記:それにしても、彼女があんな素敵なパートナーに出会うなんて、しかもずっと上手く続いてるなんて、信じられないくらい。やっぱり巡り合わせなんでしょうね、こうゆーうのって。(フ~、羨ましい!)




いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
いつも優しい笑顔の、おしゃべり好きで、若い娘さんのような可愛らしい叔母が亡くなりました。

ここ数ヶ月入院していましたが、あまりにも早く逝ってしまい、午前中、病院からの緊急の連絡を受け駆けつけた私たち家族には衝撃でした。

私自身、今日は午後からお見舞いに行く予定でしたし、朝から叔母のことがなんとなく気になっていました。

ゴールデン・ウイークには、私の新居に叔父とともにわざわざ遊びに来てくれたばかりだったのに。

両親と叔父夫婦と共に、東北の温泉へ行く計画も立てていたのに。

叔母の優しい微笑みは、いつまでも私の脳裏から消え去ることはありません。
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
今年はanegoの運転免許証更新の年。

7月の誕生日もとうに過ぎ、残る1週間以内に更新しないと失効しちゃうから大変なことに。

明日の朝こそは、かならず運転免許試験場へ行って来なくては。

もちろん、私はゴールドカラーの優良ドライバーです。

だって,日本では運転することもなかったペーパー・ドライバーですからね。

最近、父からこんなこと言われました。

『日本で車を運転するつもりなら、教習所に通って、何回か実技と講習受けて来るように!』

どうやら、私がまだまだ日本の道交法も標識も、左側通行も分かっていないと思われているらしい。

しかも、所詮、父親ですから、可愛い娘が車でも運転して万が一事故を起こしたらと心配で仕方ないようです。

確かに、私の兄は交通事故で亡くなってしまったため、絶対にこんな目には二度と遭って欲しくないと父はせつなに思っている訳で、願わくば、娘には絶対に車のハンドルさえも握らしたくないのです。

でも、今の私の身分では、ドライバーを雇うことも、アッシー君(もう死語になってますか?)を探す
わけにもいきませんしね。それに、人に頼るのも好きな方じゃないし、自由に行動したいから。

ココだけの内緒の話ですけれど、親の目の届かぬフランスでは、さんざん車の運転していました♪

夏のバカンス時には、パリを午後1時に出発し、南仏に住む友人の家までいざ900Km、たった2回の
燃料補給とトイレ休憩で、20時前には到着。

車の運転は、anegoの18番。
音楽を聴きながら、時折、後方座席で大人しくしているフランス犬に話しかけ、ラク~にヒュ~ンとね。

パリ~ダカールなどの耐久レースにも、ぜひチャレンジしたいな。☆スポンサー大募集中!☆

とにかく、明日こそは運転免許証の更新を!

そして、どこかの教習所にでも講習受けに行って来るつもりです。とりあえず、父親のためにね!

ところで、今夜はやっぱり、パックしようかな。
明日の免許証の写真映りのことを考えて。
優良免許証なので、5年間も記録に残る顔写真ですから、気をつけないと!

Bonne nuit ☆☆☆






いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
ついさっき、テレビで綾戸智絵 x BONNIE PINKの歌とトークショーを見て。

2人とも関西弁(おそらく、大阪弁)でトークしていて、なんか惹かれちゃうんですよね~。

パリで暮らしていた時も、パリには多くの日本人が住んでいるし、それ以上に、観光やビジネスで短期間パリにやって来る人たちがいつも街に溢れているくらいですが、どこからともなく大阪や関西の人たちの会話を小耳に挟むと、anegoはいつも振り返ってました。

だって、なんかとても日本らしさというか、日本人の温かい心を感じちゃうんですもの。

日本人のボーイフレンド持つなら、大阪の男がいいんじゃないかと、こんな年になっても密かに思ってるし、大阪の女を親友に持つのもいいものだと、何かあまりにも主観的なこと今夜は考えてるわけです。

大阪の言葉って、なんか癒されるんですよね。
悲しい時も、パッと明るくしてもらえるような感じで。

まあ、確かに、学生時代から社会人までの3年半、大阪出身のタカシ君というボーイフレンドがいたり、入社した会社も元々大阪に本社があったため、社内には大阪弁話す人は結構多かった。

ひょっとすると、その時の大阪出身者の印象が多少影響しているのかもしないけれど、理由はどうであれ、大阪弁を異国の地でふと耳にすると、なんかホ~っと心が和らいでくるんですよ。

みなさんにも、なんかホ~っと心が和らぐような言葉ありませんか?
例えば、故郷の言葉とか。

ところで、anegoの出身地は、栃木県佐野市。
それなりの訛りというか方言もあるような、ないような。

その理由として、栃木県の最南部に位置し、群馬や埼玉との県境にもほど近く、この辺り一帯は、冬になると赤城おろしが吹いて来る土地柄、『かかあ天下にカラっ風』と言われる通り、特有な威勢のいい
話しぶりで有名。

一方、栃木弁というのは、渡辺美智雄さんやガッツ石松さんに代表されるような東北訛りにちょっと近い訛りのあるのんびりした物言い。

小学生の頃、毎週日曜は恵比寿の劇団ひまわりに通っていたので、その時の発音レッスンで講師陣に注意される点はややあったものの、特にお国の言葉というものを持たない地方だったせいもあって、のちに友人たちから「栃木弁で話してみて」と頼まれても、なかなか真似もできないくらい。

そんなこともあって余計に、ベトベトの大阪弁が、私には心地よく耳に入って来る感じ。
ちょっとヘンな好み(?)かもしれませんけど、もし読者さんが大阪の方でしたらきっと喜んで下さるでしょうね。

それにしても、フランス語でも日本語同様、いろいろなお国訛りがあるわけで、anegoには、この人がどこの地方から来た人なのかを大まかに7~8地方の区別はできます。

私の好きな大阪弁タイプの癒し言葉を、フランス語ではマルセイユ訛りに見つけることができますね。

ちなみに、ゴクミこと後藤久美子は、タイヤのCMの中でも、旦那ジャン・アレジの出身地・南仏アヴィニヨン訛りのフランス語を話してますよ。

こんな特集を続けても結構面白いかもしれませんね。




いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
最近お気に入りのデザインらぼさんのブログで話題になってる、恋愛成績表にanegoもトライしてみることに。。。

「恋愛成績表」 http://hanihoh.com/love2/

成績表の結果はですね、なんと6・3・3・4の学校在籍中に1度もらったことのない数字が、ガ~ン!ショック~!

まずは恋愛プロセス★2★、振る舞い☆4☆、向上心☆5☆、考える力☆5☆、こころ☆5☆、オプション(これは、お金、ルックス、その他特典)☆5☆

総合評価の方は、以下の通り。

◎ 恋愛レベル 「ジュリエット級」(18段階中 2位)
◎ 恋愛タイプ 「高嶺の花型」

Oh, my Romeo ! 
ミ・アモーレ、どこにいるの~? 
ジュリエットはここにいるわよ~ !

でね、この成績表では、精神年齢と結婚適齢期っちゅうのが算定されていて、またまたショックを受けたanego。

だって、anegoの精神年齢は、51歳ザンス。
結婚適齢期は、34歳。とっくに過ぎてんじゃないのよ~ ! でも、振り返れば、嗚呼、あの頃ね。
ウン、ウン、確かに節目があったような~。。。 トボ↓

でもね、どうして51歳の精神年齢なのって、自分自身が驚いちゃうこのテストの根拠として、最もanegoの成績が良かったのが、「考える力」なんだとか。

そりゃー、この年まで独身役演じていたら、恋愛で傷ついた分だけ、次の恋愛での立ち振る舞いまでも考えるようになってくるし、まずは、よ~く考えて、若かりし頃のような恋愛はもうしたくなくなるんですよね。

ね、誰か、この私の気持分かる人いますか~?
それに、一匹狼女で仕事してると、人を見極める鋭い目が自然と備わってくるし。

ところがですよ、ひとりでこの診断を読みながら最後に大笑いしちゃったことがあるんです。

それは、◎何歳でモテる? というのがあって、10代、20代前半、20代後半まで★★★★★ 最高得点!(ニッコリ)
でも、30代前半、それ以降は、★★★★ 

ガックリだ~!いや、気合いだ~!
女はこれからが花盛りだ~! 

ねえ、そうでしょ?
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
ブログでの報告が遅くなってしまって、ゴメンナサイ。

夕べは、高層階に住んでいるanegoのappartementから隅田川の花火大会を観ようと友人たちを招い
て、楽しい宴を催しました。

美味しいワインにシャンパーニュ、それからanegoの簡単フレンチ家庭料理と、友人たちが持って来てくれたとってもgooなワールド・フードの数々で、最高に盛り上がったソワレでした。

肝心の花火なんですが、こんな感じ↓
Hanabi5

でも、これはズームで撮ったもので、裸眼では、こんな感じ↓

hanabi1

ちょっと小さいですね(苦笑)

一つだけ悲しかったことは、この隅田川の花火大会は、2つの会場で花火の競演が行われていましたが、もっともanegoのアパルトマンから至近距離にある会場で打ち上げられた花火は、ナント!、現在建設中の錦糸町近くの高層タワ-2棟のせいで、殆ど見えなかったんです。

これには、私と同じタワーに住むご近所ゲストたちも唖然で、「あら、残念! 昨年までは、この錦糸町のタワーが建設されていなかったので、良ーく見えてたわよ。」

時折、このタワーの上を花火がチラチラと超えて見えたりしたものの、完全に要所はスッポリ隠されてしまって。。。でも、もうひとつの会場からはよく見えていたので、満足でしたよ!

それに、今度は8月13日(土)の東京湾の花火があるもんね! もちろん、また楽しいソワレを催す予定です。次回は、ゆずの2人と彼らの事務所の人たちをご招待したいです。
東京湾までは、大きなタワーなどの障害物がなさそうなので、多分、大丈夫だと思う。

それにしても、ドタキャンで来れなかった人も数人いましたが、23人来てくれて、楽しかったです。

ゲストの中には、大学時代からの友人や、従姉とその娘、仕事を通して知り合った友人たち、近所の犬仲間たち、彼女が10歳の頃からよく知っている大学2年生、東京在住10年を超えるフランス人たち、パリから一昨日前からフレンチ高級レストラン、ジョエル・ロブッションでのショーやテレビの収録のために来日している、私の友人でフラワー・デザイナーのカールなど。

フランス人の友人たちも、この気取りのない、パリらしいソワレにとても喜んで帰って行きました。

anegoは、とってもパーテイー・アニマルな方で、パリでも必ず楽しいソワレに友人たちからも定評がありました。こんな自慢話ばかりしていて、疑わしいな?と思う方のために、どこかでMega・Fetes
(Party)でも、機会があれば、ぜひプロデユースしたいですね。企画がありましたら、ぜひお声かけて下さい。

そして、うちのMOMOも、こんなプレゼントを頂いて↓

Maillot1

ちょっと、テレ気味、、、近所のワン友達のママからも馬肉の差し入れまであって、ラッキー!
特に、MOMOは、飼い主以上にフレンドリーで、人が大~好きなため、ゲストのみなさんへ、ミッキーマウスのような笑顔で接待してました。

そして、みんなが帰って行った後、終電の関係でステイすることになった、ジョゼットとMOMOのFrenchy ツーショット!Frenchy 在日18年目の彼女、楽しい宴に大満足のご様子。
彼女、私が作ったジャガイモとソーセージとレッドオニオンのサラダを見た瞬間、「あ~懐かしい!」って、とても喜んでいました。

最後に、実は今日は私のバースデーでした!

Bon Anniversaire, anego !

昨日、近所の八百屋のおじさんから、32歳だと思われて内心喜んでました。
30代最後の年を迎えましたよ!
でも、anegoは、あんまり自分の年のこと気にしてないので、まだ30代前半くらいと何も変わっていないような気がするのです。

ま、経験を積むという点からすれば、年を取るにつれて、今まで見えていなかったこともよく見えて来ましたね。でも、まだまだ長い人生から見れば、経験や修行を積んで行かないとなりませぬ。

ところで、今日のバースデーの一日どんな過ごし方をしたのかというと、

anego行きつけの近所のマッサージサロンへ行って、全身マッサージ1時間を自分にプレゼント。
なんせ、仕事上パソコンの前で同じ姿勢でいることが多いので、首と肩が万年凝ってて、ちょくちょくマッサージに行っているのですが、今日はMy Birthday だから贅沢に1時間コースを。でも痛かった~、先日の徹夜のせいでコリコリでしたよ。


パリにいた頃は、もっといろんなバースデー日の過ごし方していたけれど、ここ東京では友人たちもそれぞれ仕事にプライベートにといろいろお忙しいようでね。ちょっと、こんな時はパリとパリの友人たち、恋人たちも(笑)が恋しいな。

でも、バンコク在住の大学時代からの友人や30年以上の付き合いの幼友達からもメッセージをもらいました。いずみ、ケコちゃん、ありがとう!

それに、昨日のパーテイーでの差し入れの残り物やら、プレゼントのケーキやお菓子やら、ワインやらでanegoの大型冷蔵庫はパンク状態なほどギッシリ食べ物でいっぱい!

このブログ書いた後に、ゆっくり、しんみりと39歳のお祝いをMOMOと一緒にしますからね~。

こんな時は、やっぱり彼氏のひとりくらい欲しいかな?って。
仕事ばかりして、ついついこーゆうこと考えずにいると、気がついた時はひとりぽっちになっちゃったりして。ま、いっか、これも人生されど人生!(笑)


いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
やっと待ちに待った隅田川の花火大会が明日になって、ウキウキ☆気分なんです。

「たかだか1年くらいでしょ?」と思われる方も多いかもしれないけど、10年以上もパリにいた

anegoにとっては、「もうこの日を、ずう~っと待ってました!」なんです。

それに、日本にいたひと昔前も、隅田川の花火はテレビでたまたま見る程度でしたが、

明日は、ma maisonからの、花火大会をLIVEで!

もちろん、両国や浅草に住んでいるわけでもないので、少し離れて観ることになるのですが、そんなこと大したことじゃないわ。パリにいた時は、東の空をどんなに目を凝らして見ても隅田川の花火は全然見えませんでしたからね(笑)

せっかくの江戸一の大花火大会だから、友人、仕事仲間、近所の人たちもみんなご招待。
さて何人くらいになるのかな?20~30人程度になるのかな(?)

実は、ここ数日仕事が忙しすぎて、すっかり何人くらいになるのかカウントしていなかった。
ま、いいでしょ! 3つのバルコニーから花火を観ることができるので大丈夫。

ご招待といっても、かしこまった、日本のホームパーテイーではなく、まずは花火を観ることが
明日のメインですからね。

ワイワイみんなで花火を見物しながら、楽しいひとときを過ごしてもらえればいいんです。

なにも特別なお料理で招待客を圧巻させるより、気楽に楽しい土曜の夜が演出できればいいのです。

とはいっても、先日、美味しいボルドーの白とイタリアの白を2ケース購入しています。

もちろん、ちゃんとテーステイングして、ワイン通のanegoが選んだものですから、美味しいですよ~***

手料理も準備することになるので、明日はきっと朝から買い物やお掃除でたいへん!

パリでも、anego主催のFete (party)やsoiree, dinerにはフランス人の友人の間でも定評があったのです。肩肘張らないけど、楽しいソワレにする自信はあるんです。まず自分が一番楽しめるソワレにするというのが、その秘訣なんです。

花火大会の模様は、ぜひ明日のブログでお伝えいたしますね。



いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。