パリからやって来たanego! + Un journal d'une japonaise qui a longtemps vecu a Paris !

96年花の都パリで起業した私も、この5月より東京ベースで新会社を設立。浦島花子ではないけれど、東京暮らしをスタートさせてみると。。。


テーマ:
成田空港から戻り、メールチェックを済ませ、テレビをつけてみたところ、日テレ系で『外交官・杉原千畝』のドラマスペシャルが放映しはじめたところだった。

このドラマを今夜観た視聴者なら、思わず胸がジーンとなるくらいの素晴しい感動を覚えたに違いありません。

残念にも番組を観ていない方たちのために、簡単に解説しますね。

ヒトラーの率いるナチス・ドイツ軍が勢力を拡げ、ユダヤ人迫害の手がポーランドや西ヨーロッパにまで及んでいた頃、ポーランドとロシアに挟まれた小国・リトアニアの領事であった、杉原千畝がユダヤ難民たちに日本通過査証(ビザ)を手書きで自ら発行。

その数は2139枚に及び、彼が救ったユダヤの命は6千人以上といわれている。

ロシアからリトアニア国外退去を命じられた杉原とその家族は、強制退去日の駅のプラットホームでも列車の出発まで、できるだけ多くのユダヤの命を救おうと必死にビザを発給し続けた。

そして、1年間の強制収容所を経て日本帰国後、杉原は外務省を免職され、20年間ひっそりと寂しい生活を送った。

だが、1968年イスラエル大使館を通して、あのリトアニアで杉原がビザを発給したことで命を救ったユダヤ青年と再会することになる。

2000年には、外務省も人道的外交官として、彼の偉業を讃えた。

これが今夜のドラマでのストーリーでした。

もうanegoは、ドラマの途中でクリネックスを探しながら声を挙げて泣いてました。。。

そして、CMの間に、今年春にフランスの友人を介して、連絡を取ってきたマドリード在住で、この杉原千畝のドキュメンタリー映画を製作中のフランス人にもメールを。

もともと、このドキュメンタリーのプロデユーサーは、アルゼンチン在住で、製作にあたって資金援助をしてもらえるビジネスパートナーを日本で探したいという話でした。

私がいくら幅の広いビジネスをしていても、映画製作とかに関しては全く領域外の話なので、結局一般的なインフォメーションしか提供することができなかったけれど、こうして日本でもテレビでオンエアされたりすると、おそらく今後もこの外交官の偉業がいろんなところで語られるのは確かじゃないでしょうかね。

リトアニアやイスラエルはもちろんのこと、海外ではこの杉原千畝“SENPO CHIUNE SUGIHARA”のことを、『日本のシンドラー』と語り継がれているとのこと。

書籍や映画を通して、こんなに素晴しい日本人をクローズアップしてもらえるのは、わたしたちにとっても大変名誉あることではないでしょうかね。


今夜は本当に素晴しい人に出会えたような気がしてとっても嬉しいです。

名誉や欲のためでなく、人間として為すべきことを実行できる。私もこんな人間でありたいです。




AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
Shaun on Victoria2

私がアクセサリー会社クライアントと共に、日本にプロデユース中のロンドン発信のジュエリーブランド、SHAUN LEANE(ショーン・レーン)のお話しを以前このブログでもしていますし、ショーンのUKサイトも私のブログにリンクしてありますが、今日思わず大発見したことが!

あるエステサロンがベッカム夫婦を起用して広告キャンペーンしているのは、みなさんもきっとご存知のはず。

そのポスターをまじまじと見てみたら、なんとショーンの作品がヴィクトリアの胸元に!!!

これが、その写真です。Shaun on Victoria

早速、ロンドンにもこの画像を送ってあげました。
こういう発見は、どんなことでも嬉しいものですね♪


そして、明日は待ちに待った、【ゆず】のコンサートへ横浜@日産スタジアムまで行ってきま~す♪♪♪
もちろん、ゆずの事務所からのご招待です。ゆずの最新ベストアルバムのジャケット、一番後ろにも、Special Thanksで私の名前ものせて頂いてもらいました。Merci~!

3年前にパリでお仕事させて頂いてから、芸能情報にほど遠いパリで、彼らの存在すら知らなかったのですが、北川君と岩沢君の飾り気のない素直さとキャラに魅せられて、それ以来、ファンでございます!!!

2人ともカワイイし、年齢の割にしっかりしているし、一緒にお仕事してホ~ント気持ち良かったし、思いやりや気遣いがとてもあって、彼らがコンサート一回で、7万5千人(!)の集客ができちゃうなんて、やっぱり彼らのこうした真摯な姿勢が認められた結果なんだと思いますよ。

それから、いつでも最高に心を込めた作詞・作曲には、感動させられますね。

アテネ五輪のテーマ曲だった、『栄光の架け橋』だって、いつ聴いても感動しちゃうanego。
スポーツ頑張った人なら、ジーンと来ますでしょ!?

是非明日のブログを楽しみにしていて下さいませ。

それでは、そろそろ明日のためにおさらいしないとね、CD全曲聴いて....


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
先日のブログにリサイクルの記事をちょっとだけ書いたことですが、日本でのリサイクル活動ってどの程度普及しているのでしょうか?

私は長年パリに住んでいて、フランス人の処分したゴミ(?)の再利用を当たり前のこととしていたので、日本の使い捨ての現状に腹立たしい思いです。これはヨーロッパならどの国へ行っても、いやそれだけではなく、少なくとも日本を除いて、どこの国でも、まだまだ使える家庭用品などをゴミとは扱うこと無く、セカンド品やガラクタの店で再販されたり、フリーマーケットに出したり、人に譲ったり、、、いろいろと再利用の方法はあるはずです。アフリカや東南アジアそして南米でも、ボロボロになったものをずーっと大切に使っています。

リサイクルショップを運営されている企業も、リサイクルに対する一般人の意識をもっと浸透させていくような、新しいコンセプト、プラスαな活動をご検討下してもらいたいですね。

ところで聞いた話によると、ペットボトルの再利用でさえ、各自治体が日本での再利用はコスト高になてしまうことから、回収したペットボトルを中国へ販売しているですって。では、中国では、日本から来た回収ペットボトルをどのように再利用しているのか、ちょっと疑問ですよね~?

世には、エコやロハスをテーマにいろいろなことが起こっていますが、やはりもっと真剣な再利用の取り組みを企業や国が取り組んで行かねばならないでしょうね。

ちょっとばっかし、お固い話(?)になっているかもしれませんが、新しい地球人のあり方や生活のスタイルを、もっともっと日本でアピールして行く必要性があるかもしれません。

これは、フランスを代表する現代アートの天才児、ファブリス・イベール【Fabrice Hyber】が語り続けていることですが、

『地球は丸い。人はゴミや公害、そして、貧しい国とその人々を少しでも自分から離れたところへ追いやって、自分だけキレイな思いをしようとするけれど、この丸い地球では、必ず自分の追いやったモノがいつかひと回りして戻って来るんだよ。。。』

彼の作品はすべてパンセ(彼の思うこと、考え方)にそってクリエイトされています。

みなさんも、なにか自分なりに思うことを見つめ直して、なにか私たちの地球に役立つことを考えてみませんか?
FB




AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
恵比寿のオフィスに11時のアポ。

今日も朝から雨が降っていました。私ってやはり『雨女』なの~?


本日ご紹介頂いた方は、アメリカのエンタメビジネスを幅広くプロデユースされている方で、とてもコスモポリタンな素敵な男性でした。

オトコもオンナも外見で判断してはいけませんが、この方、プラダの靴が決まってました☆

私はヨーロッパ、彼はアメリカという異なるカルチャーとバックグラウンドを持っている2人ですが、ひょっとしたら近い将来、面白いことをご一緒にできるかもしれませんね♪

会長、ご紹介ありがとうございます!


帰り道、恵比寿のJR駅ホームで、こんな広告が目につきました~。

マッサージ


ケータイで電車がホームに入って来る寸前に撮影したので、映りはよくありませんが、
なにやら、ヒトとワンちゃんが一緒にマッサージをしてもらえる、サロンの広告です。

ワンちゃんのストレス解消「リフレ」が15分・1575円、ヒトの「フットリフレ」が25分・2625円!!!

エ~なあ! でもホントスゴイですよ、この国は…

街では、いろいろなマッサージサロンがあって、料金も価格競争のせいか、お手頃で、確か、大崎の駅でしたか、クイックマッサージのサロンもあって、マッサージサロンのファーストフード化も進んでいますね。

動物にまで、お金払って、飼い主以外の他人に自分のおイヌ様にマッサージサービスをさせるのって、スゴ~イのひと言ですね。

パリでこんな犬のマッサージ受け入れられるかな?

そうですね~、犬のタラソテラビーとかあってもいいかもしれない、飼い主さんがタラソのために高級リゾートホテルにステイしている間にワンちゃんも、全身を海藻泥パックで覆ったり、ゴマージュでゴシゴシこすったりしてね。

ま、虐待と極上のトリートメントの境目ですね(苦笑)
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。