パリからやって来たanego! + Un journal d'une japonaise qui a longtemps vecu a Paris !

96年花の都パリで起業した私も、この5月より東京ベースで新会社を設立。浦島花子ではないけれど、東京暮らしをスタートさせてみると。。。


テーマ:
来週、フランスの大手プレスグループの副社長と在北京のアジアン・マーケットのデイレクターが、日本での提携先探しにやって来ます。

弊社にコーデイネーションの依頼が正式に来たのは、10日程前。

出版・編集事情に詳しい外部コンサルタントや知り合いの広告代理店を通して、たった2日間という限られた時間のなかに大手出版社とのアポ取りをしてもらっています。

すでにアポ5件は確定し、まだ数社調整中となっている状態。

クライアントはすでに満足しているようですけれど、ただ会ってもらえばいいわけじゃないし、要は、提携の話に持ち込めるかという結果ですから。

うちの会社としても、紹介しただけではね。
提携に向けての交渉がビジネスとして面白いわけです!

いまからとても楽しみな2日間です♪



AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
午前中から、ある企業へのプレゼンでお台場方面へ行ってましたが、汐留からのゆりかもめ乗りましたが、遠い!

帰路には、りんかい線を使ってみたものの、新木場から東京駅まで、それから東京駅構内を隅々まで歩いた揚句に、総武線に乗り換えて錦糸町。

まだ風邪が抜けないanegoには、こんなにたくさんの乗換えやホームでの待ち時間は堪えました~。


こんなに時間かかるんだったら、『エイッ!』と東京湾を泳いだほうがマシだったかも(笑)

だって、弊社からクライアントのオフィスも同じ区なんですよ、どうしてこんなに電車で迂回ばかりしないと辿り着けないのよ!


なんとか、錦糸町駅に着くことができたので、早速、駅構内のテルミナで今夜のおかずを買うことに。


風邪がなかなか抜けず苦しんでいるので、今夜は思いっきり好きなもの食べて、早寝しようという作戦!

ゆうべも1時過ぎまで起きていたし、今夜は目標10時就寝!!!


仕事も山ほど残されていますが、ここは割り切って、明日がんばりませう~♪


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
土曜の朝、ドクターに検査してもらったインフルエンザ感染テストは陰性でした。


それにもかかわらず、昨日は、朝から熱が出て、声は出ないし、咳をすると辛いし、企画書を仏語にしなければならない作業も全然はかどらず、一人で苦しんでいました。


近くに住む友人は、インフルエンザにかかっていたらしく、でも、私より電話の声は元気そう。


お互い一人暮らしで、ワン付きなので、こういう時の夜の散歩とか、冷蔵庫が空っぽになった時の食料買出しは、

『辛いね~!』

と、互いに慰め合う二人でした。


ま、anegoはそんなこともパリでずーっと続けて来たので、実は慣れているはずなんですが、身体がこんな状態だと、どうしても人に頼りたくなりますね~。



結局、明日の午後のプレゼンで必要とされていたフランス語の企画書は、口頭で同席のフランス人と一緒に説明することにしてもらったので、日→仏翻訳は、とりあえずはしなくてもよいことに。

反面、明日の午後には、澄みきった美声(?)を出さねばなりませんので、今日は、蜂蜜を入れた特製レモン生姜湯を飲むことに務めます。


今日も、別件である出版社にアポ入れの電話入れなくてはならないのですが、こんなかすれたガラ声で大丈夫かしら~?


まだ、熱っぽいanegoより。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
やっぱり徹夜が続いたのがいけなかったのでしょうね。

でも、そうそうゆっくり休んでもいられないから、今朝雪の中、点滴をしてくれるお医者さんへ。

午後には、パリから来ていた友人も帰っていったので、家の中もやっと静けさを取り戻した感じです。

久しぶりの静かな週末になりそうです。

では、またのちほど。
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
フッ~~~~ウ♪

みなさん、ご無沙汰していました。

この3日間ほぼ徹夜状態で、1件フランスのあるマーケットの調査報告書を作成していまして、なんとか今日終了しました。


ゆうべは、あまり疲労困憊のために作業を続けることが不可能な状態で、続けることを断念。

ベッドサイドのランプもつけっぱなし、サイドテーブルに置いて、ベッドの中に入ったら飲もうと用意しておいた『リポビタンD』もそのままの状態で、グ~グ~。

早朝になるまでこんな感じで、慌てて電気消しました!

でも、今朝のお肌はちょっと回復した感じでした(嬉!)

一昨夜まで3日間の合計睡眠時間は、約10時間いってる?

日曜から月曜日の夜は2時間寝ていなかったものですから、もう老婆になるかと思ってました(笑)

『返済は計画的に』ってよくTVで耳にしますけれど、仕事こそ計画的に取り組まないとこんなことになるんですよね。

でも、忙しい時に限って、別件の作業も進めなければならないし、一人で仕事をすることの辛さをこうして、身に染めて感じているじょうたいですね。

また、明日から別件の遅れを取り戻さないと。。。

頑張りましょう!
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
4時34分になりました。まだまだレポート終わりそうにないけれど、この分だと明日もあさっても徹夜になりそうなので、この辺で一休みすることにします。

数時間仮眠してから、頭をスッキリさせて頑張ることにしましょう。

15日までに終了させなければならないレポートが2つ重なっています。

しかも、明日もアポが2件入っており、この作業にすべての時間を集中させることができません。

相変わらず時間に追われるanegoより。
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
一昨日に書きたかったバルビゾンでのanegoの体験記をここにご紹介します。

バルビゾンは、フォンテンヌブローの森の中でも、もっともFamousな観光スポットです。

“エコール・ド・バルビゾン”といって、ミレーやルソーが住んでいた画家の村であり、コローもクールベも描いたフォンテンヌブローの森。今でも回りの景色は150年前のうるわしい風情を残しています。

でもフォンテンヌブローの森は、ルイ王朝時代に王侯貴族のための狩猟の場として、元々のどかな田園地帯であったこの地に何千何万本という木々が植林されて現在の森となったものなんですって。

王の権力を感じるスゴイ話ですよね!

いよいよ、これから本題に入りますね。

Bas-Breauにチェックインしたanegoと友人のヨシエは、天気も抜群にいいことだし、夕暮れまでちょっと時間もあったので、目の前のフォンテンヌブローの森を散策することに。

友との久々の再会で、積もる話に花が咲き、森の入口に辿り着くと、そこはやや傾斜のある丘陵地(当たり前ですね、丘陵地なんですから!)に大小の大きな岩がゴロゴロと転がっていて、なんだかやや幻想的な趣のある感じがしてきました。

話を続けながら、そのまま、森の奥へ進んで行った時、それまで視界に必ず入っていたMOMOの姿が見えなくなったので、何気に、いつもの通り声を高らかに呼び叫びました。

すると、一瞬、森中の小鳥のさえずりや、木々のせせらぎ、風の音もピタッと止まったように静寂がやってきました。

「エッ?」とするくらいの静けさで、「私の声がそんなに迷惑だったの~?」と、つい思うほど。。。

そして、その後から、『ドシッ・ドシッ・ドシッ・・・』という音と共に、地響きが遠くからしてくるではありませんか。

すると、いきなり、大きな岩の間をすり抜けて全速力で私たちに向かって疾走して来るMOMOの姿が私たちの視界には入りました。

でも、その背後40センチメートル位には、大きな黒っぽい毛むくじゃらの犬のような動物がピッタリついて、こちらに向かって走って来ています。

『ん!?』

と、思った瞬間、それが、なんとMOMOの10倍くらいの大きさのデカ~イ、イノシシであることが判明!!!

でも、MOMOといい、そのイノシシといい、もうすでに、私たちから3メートルくらいの距離まで接近
して来るう~。

大ピンチのはずなんだけど、あまりにビックリしちゃって、さすがのanegoも声が出ないまま、
頭の中では、

『MOMOが危ない!』

『どうしたらいいの、こんな時!?』

と、一瞬のうちに、脳がSOSの指令を出しているものの、体が固まってしまった状態!

すると、MOMOが突然、クルリと後ろを振り返り、あの巨大イノシシと面と向かってのご対面!!!

『なにやってんのよ~!イノシシ相手に勝てるわけないでしょ!!』

と、頭の中では精一杯叫んでいるanego。

そして、すでに我々からおよそ2メートルの距離に接近していたイノシシは、一瞬、停止状態になって初めて私たちと視線を合わせたあと、その数秒後、クルリと丘の下45度の方向へ全速力で走り去って行ったのです! (フ~!)

『ホッ』っと、思った瞬間、今度はMOMOがそのイノシシを追って走り出しました。

そこで、やっと、「MOMO~、reste-ici ! (ここに居なさいっ!)」と、全身の力を振り絞ってやっと声を張り上げることができたのです。

MOMOも興奮状態で、でも、あの時のMOMOの顔は、やっぱりホッとした得意げな顔でしたね。

私たちは、その後、足元からガクガク震えが来て、喉はもうカラカラに乾き、妙な興奮状態がしばらく続きました。

誰か第三者にどうしてもこのことを話したくて、手元のケータイから、狩猟を趣味にしている友人・アドリアンに電話。

一部始終あったことを伝えたら、彼は、「危なかったよ、2人とも!無事で良かった!」と。

興奮状態が落ち着くまで散策を続けた私たちでしたが、ホテルに戻ってから、真っ先にこのホテルのマネージャーに事件を話してみると、この季節、春先には、子供を連れたお母さんイノシシが凶暴になって人や犬を襲うことがよくあるらしく、また、稀に、私たちの遭遇した一匹狼ならぬ、一匹イノシシは、若い雄のイノシシでかなり危険なんですって!

よく、森を散策中の飼い犬がお腹を鋭い牙で裂かれたり、襲われることがしょっちゅうあるんですって!

そして、フォンテンヌブローの森沿いの道路では、よくイノシシが車に体当たりしてきて、車が大破することも。。。

それにしても、MOMOのみならず、私たちはラッキーでしたよ。

あのままイノシシに体当たりされたら、私たちは吹き飛んで、大きな岩に頭を打って、こうして今ブログなんて書いていることもなかったでしょう。

最後に、イノシシって、ほんとうに剛毛で、クマのようで、しかもまん丸の大きな背中の割には、頭が小さくって、とりわけ、ニワトリみたいに目が鋭くって、黒っぽい瞳のまわりに金色の縁取りがされていて、とにかく、目つきは決して可愛いとは言えませんね!

それから、オマケに、果敢なMOMOの現在の表情をみなさんへ。

momo

追伸:それでもフォンテンヌブローの森は一見の価値ありですからね!ぜひ皆さんもイノシシ体験されてはいかがでしょうか?(笑)
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
昨日のバルビゾンの続きを1時間もかけておもしろく書いたのに、最後に画像を添付しようと、完成したテキストをとりあえず下書き保存してからと思ったのに、画像フォルダに行って戻って来たら、記事一覧には跡形もなくなっていて。。。哀しいです。(涙)
今夜は肩も痛いので、明日再度書くことにしますね。ホントに悔しい!ゴメンナサイ。

でも、ちょとアメブロさん、たとえ、記事を書くのに1時間かかって、日付も変わっても、どうしてせっかく書いた記事が無効になってしまうのか、おまけに跡形もなく消えてしまうのですか?
ちゃんと、下書きを選択してから、保存をクリックしているのに。。。
以前も一度こんなことがありましたわ。

あんなに長く記事書いたのですから、どうにかしてバックアップできないのでしょうか?
可能であるなら、どなたか教えて下さ~い!

とにかく、明日、再び記事の続きを書くことにします。おそらくあそこまで長くは書けそうにないかもしれないけれど、努力します!
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
数日前に、TVで女優の岸恵子さんと岡本健一さんがフランスを訪ねる番組を途中から見ました。

岸さんといえば、以前パリで数回何かのイベントなどの機会にお席をご一緒したことがありましたが、
信じられないほど、お変わりなくお美し~い!

テレビの画面に近づいて、お顔のあら探し(?)試みましたが、どこも完璧な美しさ!

すごいですね~! 

anegoも頑張らないと。。。やっぱり、心を磨くことなのかしらね♪


この番組では、フランスのどんなスポットが紹介されるのかと見ていたら、フォンテンヌブローの小さな村・バルビゾンのルレー&シャトー、Bas-Breauが紹介されていました。

あ~、懐かしい!

実は、ここは数年前に、日本からやって来た親友と思い切って贅沢な週末を過ごしたからなんです。

パリから車で1時間ほどの距離なので、移動時間も少なく、のんびりリラックスできるところで、友人のリクエスト通り、美味しいものが食べられるところをRelais & Chateaux のガイドで探してここを見つけたのでした。

この地には、歴代の大統領が海外からのゲストを招いて、美味しいフレンチで友好外交をはかったり、英のサッチャー元首相や昭和天皇もお食事に訪れた大変格調の高いレストランなんです。

もちろん、レストランだけでなく、ホテルとしても、こじんまりとしているけれど、とっても古き良きフランスらしいきめ細かな室内装飾でチャーミングなお部屋でしたね。

おまけに、驚いたことには、改装されたバスルームはとっても広くて、大きなバスタブも2~3人はラクラク入れるほどのジェットストリームバスを完備。ジェットシャワー室も別にあって、パリ市内の5星ホテルにだって負けないくらいの豪華さ☆

レストランで、贅沢なガストロノミーのコースをチョイスして、しかも20年ほど前の最上級のワインも飲み干し、十何種類もあるチーズが載せられた大きな銀のプレートから、欲張って何種類も選んで
ほぼ平らげ、その後に、またまた各別に美味しいデザートを食べて。。。

あの時は、苦しむフォアグラ状態で部屋に戻り、さらに、ホロ酔い加減のanego、せっかくだから、最新のジェットストリームバスでリラックスしようと湯船に浸かったものの、途中からのぼせてしまい、もう最悪状態でした!(苦笑)

でも、こうして日本のTVから、自分の泊まったホテルやレストランが紹介されるのってなにか不思議な感じがします。

それも、遠いフランスのこととして放送される訳でしょ。

私には、その場の情景がクッキリと脳裏に焼き付いているのにね。。。


みなさんの中で、これからフランスに旅行される方、ちょっと在り来たりのパリ観光にはイヤ気がさした方、このバ・ブレオはお勧めですよ~。

www.bas-breau.com  日本語のページも翻訳はイマイチですが、とりあえずありますからぜひご覧下さい。フランス語ページの方がキレイです。

また、バルビゾンの村自体、遠い昔は貧しい農村でしたが、今はすっかり観光化された可愛らしい趣のある村になっています。

元々、バルビゾン派の画家たちもこの地が気に入って、ミレ-の絵に代表されるような田園風景を描いているのですからね。他にも、シスレー、ピサロ、セザンヌ、ルノワールもね。

******************************************

もう一つお話ししたいことがあるんです。
実は、このバルビゾンへ行った週末には、大変な事件が起こったんです。

今でもゾッとする恐ろしい事件が、、、(冷汗)

それは,明日のブログでお話しすることにしま~す!
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。