テーマ:


こんばんは、お久しぶりです。


どうしてもお伝えしたくて久しぶりにこれだけアップします。





今日はWFP国連世界食糧計画にて行われた

知花くららさんのトークショーと写真展へ行っていました。




知花くららさんのblog⇒

http://chibanakurara.com/wordpress/?p=262




明日から30日まで、表参道にあるWFP国連大学本部内にて

知花くららが見たザンビア~hope~」が開催されます。






---------------------------------------------

~写真展の内容について~


今年4月、知花さんはザンビアを10日間に渡って訪問。栄養不足の子どもたちやエイズ孤児、洪水や干ばつで壊滅的被害を受けた農家などとの出会いを通して、貧困、気候変動、エイズ、そして飢餓などさまざまな問題を目の当たりにしました。

一方で、食糧支援の一環としてWFPが学校で配給している給食が、栄養不足の子どもたちの命を支えるばかりか、学校へ通うための動機付け、いわば「呼び水」となっていることを実感します。知花さんは、「ごはんが呼び水となって 学校に通うこどもたちが増え 学校でたくさんいろんな事を勉強して いつか自分の将来について 目をきらきら輝かせて語る そんな日ができるだけたくさんの子供たちに訪れますように」と語っています。

また、WFPの食糧支援を得ながら有機農法を学び、自立を果たした農家も訪問。彼らの誇りと希望、夢にも触れます。(知花さんのブログより抜粋)



---------------------------------------


■ 写真展概要

日時: 2008年10月8日(水)~ 10月30日(木) ※土日祝 休館
時間: 午前 9:30~午後5:30
場所:  国連大学本部施設内 1F/2Fギャラリー
(渋谷区神宮前5_53_70 渋谷駅徒歩10分、表参道駅徒歩5分)
主催: WFP 国連世界食糧計画、認定NPO法人国連WFP協会
協力: アイビージージャパン株式会社、AC(公共広告機構)
入場料:  無料


---------------------------------------------




「自分には何が出来るか」

「自分に与えられた役割って何だろう?」




くららさんから強いメッセージを受けて帰りました。





絶望的な問題だけじゃなくて、

そこから変わる望みがあるのって素晴らしいことだと思う。


そのHOPEに出来る限りの協力をしたいと思います。











(撮ってきた写真は改めてアップしますね)





**********************************************




そして、そのまま息子と近所のジョナサンへ





私にカメラを向けながら、



男の子「ママ、変な顔して」


という息子。



女の子「え???・・・・・じゃあ」


と、目の前にあるポテトを使って・・・






一応、にょぉぉーーんってイメージです笑う

(久しぶりなのにすみませんねぇ・・・)






こういうのファミレスでやるってだけで

ものすっごく恥ずかしい。暑い







で、息子の番。。。



081007_193417.jpg
照れて、変な顔しないじゃん!





私がアホみたいじゃん!!!!!







ていうか・・・・・・・・・





ん?・・・・・・・・・・・・・






あれ?・・・・・・・・・・・・・・






この写真の私の胸元・・・・・・・・・





081007_194714.jpg

げーーーーーーーっっっあせる



付けっぱなし!



このまま電車乗っちゃった汗






んまーーー、恥ずかしい 照れる











WFP国連世界食糧計画HP⇒

http://www.wfp.or.jp/








では、またニコニコ


AD

テーマ:


今日はとある仕事で、

テレビ朝日へ打ち合わせに行っていました。




すぐ近くの東京ミッドタウンでは、

子供地球基金の20周年記念で、

イベントを催していたので、

帰りに足を運んでみました。
















子供地球基金といえば、

息子が以前絵を寄贈 したり、

玉川高島屋でのイベントに参加 したりと

関わることが多く、ご縁を感じるNPO団体です。




会場で行われていたワークショップでは、

子供たちが大きなボールを地球に見立てて、

思い思いに絵を描いていました。


とーーーっても楽しそう音譜


こういう時の子供たちの顔はほんっとにイキイキしてる!





会場の外には、

チャリティードリンクとして

トロピカーナのジュースを配っていました。

KIDS EARTH FUND CARが可愛い!







子供たちのダイナミックな絵に、

何かお役に立てたらと思って来たハズのわたしが

元気づけられていました。






このお祭りは24日まで開催されてるらしいので、

出来たら息子も連れて行こうかなニコニコ






東京ミッドタウンへ行かれることがあったら

是非、足を運んでみてくださいラブラブ








詳細はコチラ・・・











AD

テーマ:

先日の記事(コチラ⇒ )で、「子供地球基金 」というNPO法人団体の名前をチラっと書きましたが、この団体は、紛争や災害などで肉親を失うことにより、精神に傷を負った子供達に対して物心両面からの支援活動を展開する非営利の国際民間支援団体です。(HPより抜粋)



特に子供の絵画における活動を中心としていて、子供達の絵で地球を塗りかえよう”と世界中の子供達から地球や自然環境をテーマにした絵画を集め、絵本の出版や企業・個人・団体によるカレンダーや商品ラベル、各種カードの制作に活用し、その収益金で恵まれない世界中の子供達に画材やその他必需物資や医療品を手渡し支援しています。(HPより抜粋)



これが

Kids Helping Kidsの考え方。




これ、すごくいいなって思ったんです。




私も1人息子を持つ母親として、

『私だけじゃなくて息子と一緒に出来ることを。』

と思い、息子が6歳の時に描いた絵を寄付いたしました。




息子にも、

この絵を寄付したいとママが思ってるということから、

どこに寄付するのか、

この絵がどんな風に使われるのか、

誰の役に立つのか、など説明して、

ゆっくり納得してくれました。


071205_150847_ed.jpg

タイトル:「そらとぶぎざぎざきょうりゅう」

               (水彩・クレパス)



来年から北京オリンピック開催にともない、中国・北京を皮切りに、世界各国で展示会を行うそうです。





世界のどこかで、この絵が誰かののお役に立てますように。。。






●   ●   ●




子供地球基金では、

5~15歳のお子さんが描いた絵を募集しています!


詳しくはコチラ⇒ http://www.kidsearthfund.org/






AD

テーマ:

大きな2つの絵。




これらの作者は

5~15歳の子どもたちです。



スマトラ沖地震とその後の大津波で

被害を受けた子どもたちの作品です。




大切な人と物を失った子どもたち。


071203_170359_ed.jpg



彼らの心を少しでも癒すことが出来るようにと

絵筆を持ち、みんなで書き上げた作品です。



071203_170834_ed.jpg

そして、

「1人でも多くの子どもたちが

笑顔でクリスマスを迎えられますように」

という願いから、この企画は行われています。





ホワイトエンジェルプロジェクト2007


今年で6年目を迎える「ホワイトエンジェルプロジェクト」は、玉川高島屋S.C非営利団体「子供地球基金」とともに、「世界中の子どもたちに平和なクリスマスを」というメッセージを発信していくというプロジェクトです。




大きなツリーの手前にあるたくさんのツリーには、たくさんのメッセージカードが飾られています。


私のカードもありますニコニコ





昨年も参加しました。

平和を願うメッセージを書く息子。






玉川高島屋で25日まで開催されています。

結構、感動します。






自分の幸せや満足にしか興味のない人より、

少しでもその目を外に向けた時、

感じる幸せはそれ以上になるんだと思います。




ノブレス・オーブリジュの精神を持っていたいな。








AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。