「 ニッポン再起動計画!! 」

長年のデフレによって失われた日本の活力を再度引き出してもらいたいと思いブログ始めました。
政治経済が苦手な人でもなるべくわかりやすいように様々なテーマを書いていきたいと思います。


テーマ:

                            人気ブログランキングへ

                             ツイッターやっています。よかったらフォローして下さい。!!
                             https://twitter.com/thunder_bando



金融緩和
でお金を増やしても、

株や土地等の資産にお金が移動するだけで
株や土地に流れたお金は、そこで留まるだけで動かない

つまり、
株や土地で儲かったからといっても、
その人がお金を使うとは限らない。

・・・と主張する人が、
結構たくさんいらっしゃいます。


そして、その説明としては、、、

実体経済 」と
資産市場 」という
二つのカテゴリがあり、

金融緩和を行っても、
お金は資産市場にしか回らず、
実体経済には
回ってこない。

また、二つをつなぐ
細いパイプが有るには有るが、

今は、そのパイプが詰まっていて、
実体経済にはお金が回ってこない。

・・・という事だそうです。


? ? ?

・・・でも、本当にそうなのでしょうか?


私は、その考え、
大いなる的外れな批判だと思います。


以前にも書きましたが、
再度、理由を説明します。


まず、株。

上で紹介した批判の内容は、
株を売り買いする人の目線でしか考えていません。

でも、そもそも、
株を発行する目的は、資金集めです。

株を発行する人の目線も必要です。

そして、なぜ企業が、資金調達をするのかと言うと、
投資 」をする為です。

事業を進めるうえで、
商品仕入れ、工場建設、事業拡大など、

様々な場面で資金が必要となるのを
株を利用して調達するのが目的です。

だから、
会社は資金を集める為に上場します。


また、株価は、
その会社の価値を表すバロメーターなので、

株価が上がるという事は、
それだけ会社の価値が上がるという事で、

信用が増し
更に資金を集めやすくなります。


ですから、

株が高くなるという事は、

=株を発行する企業の目的である
 「 資金調達 」がしやすくなる

=「 資金調達の目的である投資 」がしやすくなる

…という事になり、
企業が投資しやすいという事は、

仕入れや設備投資や事業拡大にお金が回り、
あらゆる所にお金が波及します。

つまり、
株高になる事によって、

資産市場から、
実体経済へ、
お金が
移動するようになります。


また、
不動産も同じです。

資金が不動産に集まるようになれば、
不動産価格が上昇します。

そうすると、
もちろん、「 不動産投資 」が活発になります。

そして、不動産投資とは、
不動産を売ったり買ったりするだけではなく

建物の解体・新築・補修、バリューアップ工事、設備更新など、
さまざまな工事案件が必ず増えます。

という事は、
不動産という資産市場に流れたお金は、
様々な不動産投資によって実体経済流れて行くのです。

実際、金融緩和後、開発ラッシュになり、
土木建築工事関係の資材や人材が不足しているのが
その証拠です。

よって、
不動産にお金が回っても、

資産市場から、
実体経済へ、
お金が
移動するようになります。



ちなみに、
金融緩和の効果を否定する人達の多くは、

財政政策、つまり公共工事を勧める人達に
多く見受けられます。


そして、この公共工事を勧める人達は、

「公共工事では景気回復できない!!」
という批判に対して、こう答えます。

そんな事はありません。

 公共工事で使ったお金をコンクリートにでも埋めるんですか? 
 そんな訳ないですよね?

 公共工事にお金を使ったら、、、

 人件費
 資材購入
 設備投資
 下請け
 宿泊費
 移動費
 物流
 ・・・などなど、
 
 数えきれないくらい
 ありとあらゆる分野にお金が流れて行きます。
 決して景気に影響しないなんて事はないのです。

・・・と答えます。

たしかにその通りだと思います。
お金が消えて無くなるわけではないですから。

でも、なのになぜか、
これが金融緩和の効果になるとこう言います。

株や土地にお金が溜まるだけで、
 実体経済に回ってこない!!」

・・・と。


私からすれば、
「 えええ~??? なぜそうなるの??? 」

という感じです(笑)


資産市場に溜まって、
実体経済にお金が回ってこないという人達は、

金融の「」という字は、
融資の融ではなく、

融ける(とける)
の融と思っていて、

お金が融けて無くなる
とでも思っているのでしょうか?

また、不動産市場にお金が回ると、
お金を土地の中に埋めてしまうとでも思っているのでしょうか?

そんな訳ないですよね?(笑)


資産市場から実体経済には、
様々な種類の無数のルートを通り、お金が流れます。

でも、もし、
そういった、様々な波及ルートがあるにも関わらず、

「そんな事ない!
 お金は滞留していて流れて行かない!!」

・・・と、
どうしても主張するのであれば、

先程私が前述したような、
さまざまな資産市場から実体経済へのルート

(他にもいっぱいあります。)
が、無効である事を証明しなければなりません。

経済は、網の目のように連動しています。

その網の目が、連動していないなどという実証が、
果たして、出来るのでしょうか?

私はそんなこと無理だと思いますけどね・・・

ま、つまり、
そういった実証ができない限り、

「資産市場から実体経済にお金は流れない」

…などという事は、
単なる想像のレベルでしかなく、
経済学からは程遠い考え方ですね・・・。


了解!!
お金は融けないし、土地にも埋まらないよね(笑)
と思って頂けた方、ポチっとお願いします!!

    ↓



※他、金融緩和関連

簡単解説! アベノミクスの金融緩和!!① 
AD
いいね!した人  |  コメント(50)  |  リブログ(0)

bandoさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。