筋整流法 池袋道場のブログ

ブログの説明を入力します。


テーマ:
痛みを抱えた患者からは、


どうしたらよくなるのか?と問われる。


一見、極めてマトモな問いだと思われる。


また、そこには、治してもらうだけとは違う、


自分も努力する事が、含まれているわけだし、、、


ただ、既にしている通りに痛めてる。


よって、もし問うのなら、


自分は何をしているのか?


なのだ。


どうしたら?というのは、


いいクセを身に付ければいいという発想だ。


それは、何かに頼ろうとしており、


実際には、癖に頼ったから痛めたのだ。


頼るということは、


自分で責任をとらない ということで、


何かに拠った自動化であり、


つまりは、ホントの自分で在ることでなく、


刻まれたクセで在る事だ。


責任は、よく、後で取るものとなっているが、


後で取れたためしはない。


取りようがない。


お金とかが代理するくらいだ。


ホントの自分で在る事が、責任を取っている状態だ。


そうでない限り、この違和感レコーダーの身体は、


クセを刻む。


この間ホントの自分だったから、


その後も大丈夫だ、とか、


過去形で語れるものでもない。


今、それかどうかだ。


クセはいい癖、悪い癖があるのではなく、


症状のバリエーションをつくるものだ。


癖の通りに痛める。


今、痛めてなくとも、


常に痛めうる未来予想図がある。


よく、自然にとか、


または、本能とか、


ならいいかと思うが、


その本能も色々歪んでたり、


過剰な防衛心でやり過ぎたりするし、


それこそ、自然にクセを作って、


おかしなことになったのではないか?


社会的に適合するには、


クセでも間に合う。


自分というクセで、対応している。


社会で活躍する人達、


例えば、一流のアスリートも、


特殊な適合をしたクセを披露している。


それだけに、それ用の痛みとの戦いだったりする。


彼らだけでなく、


職業病なんて、そこら中にある。


誰しも、だ。


身体の事だけでなく、


メンタルのクセもある。


ということは、


どうしたら、よくなるのか?


ではなく、


悪くしないでいれるか?


自分で、し、て、い、る、のだ。


つまり、クセを作らずに居れるか?


なのだ。


ただ、これではまだ、守りというか、


真剣ではない。


ホントの自分で在るより他無い、


のだ。


この攻め以外はクセ作りなのだ。


ホントの自分だけは、クセにならない。


よって、刻まれない。


浅くも、深くも。


時間の中にないから。


深刻になりやすい、真面目さも、


真剣でないクセだ。


ただ、困ったことに、


つかめない、とか、


分からない、とか、


習慣にならない、とか、も、


ホントの自分の特性だ。


刻んだことを、再現するような事ではないから。


そのままの存在、身体を、


そのままに活かす。


刻んだら、そのままではない。


例えば、身体で言えば、


そのままの構造があるのに、


別の構造を刻むのなら、


身体を潰しているに他ならない。


そりゃ~痛めるし、


苦しみと言うしかない。


ホントの自分で在る事が、唯一のワザなのだ。


なかなか、この事が入らない。


確かな技術は、


ホントの自分を疑っている証拠なのだ。


刻まれたものだから。


刻んだ事だから。


今、この瞬間に、


ホントの自分が、ホントの自分に決定する。


自然に でも、


ワザと でもない。


皆、避け続ける事だが、


真に、自分次第なのだ。


逆に、逆に誤解したまま、が


現実 だ。


クセは、ホントの自分でないことを、


逆証明している。


その現実を見て、


そういうものだ とか、


自分とはこうなんだとか、


価値付け、評価しても、


残念な積み重ねだ。


クセにならない事が、


違和感がない事が、


ホントの自分の逆証明だ。
























AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。