筋整流法 池袋道場のブログ

ブログの説明を入力します。


テーマ:
1%の疑いが加わったことで、101%になり、


元の100%は、、、


オジャンになった。


全てが全て、無いことに、、、


得たものより、失ったのが計り知れないが、


失ったことすら、思い浮かばない位、


失ったことも失われた。


この1%さえ無ければ、


元の100%はそのまま在る。


が、そのことは、在り方が全く違ってしまったので、


発想すらできない。


在り方の通りにしか、発想できないからだ。


感じ方も、動作、行動、発想も、


皆、在り方に拠る。


全力という事であれ、


元の100%の事ではなくて、


1%の考えるところの全力にすり替わっており、


それを目指して頑張ったり、


そんなの大変だからと、やらなかったりする。


全力なんてカッコ悪い、クールじゃないとかも。


しかし、やるも、やらないも、


同じ誤解に拠っている。


1%によるところの全力に。


永久に、元の全力にはならない。


こんだけやったんだからとか、


やらないで、負けを無しにするとか、


批評して終わらすとか、


それぞれの気が済むか?になるだけだ。


熱くなっても、冷めてても。


誰も目指さない、


1%の死を。


仮に、元の100%を、100%信じたとしても、


その信じる自体が、


1%の疑いが、している。


むしろ、疑いきっていることになる。


疑い という土台無くば、信じることも出来ない。


結局、元の100%とはならない、


どうにもこうにも、


どうしても、しなくても、


元の100%を、100%否定している。


在るとも思えない、元の100%を、


在るとして、


在るとしか思えない、1%を


実際、亡くせるのか?


信じる力の大きさでは、


1%の強調だ。


ほんのわずかの疑いを、


ほんのわずか止めるだけなのだが、、、


どうすればいい?


どうすれば?自体が、1%の世界だ。


1%の世界が始まってしまえば、


何も起こらない。


起きないから、アレコレするしかない。


止まった後だから。


止後の世界、


それって、死後の世界じゃないか?


または、死語の世界、つまり、言葉に死んでる世界。


または、私後の世界、つまりは、


私以後の世界。


私以前の世界ではない。


全くの別世界だ。


片方在る時、片方は無い。


取引はできない。


1%の世界に居ながら、


元の100%の世界を得よう、使おう等の


虫のいいことはできない。


無私のいいことは、有私には起こらない。


私以後の世界は、


苦しみと不安と共に始まる。


私を守り続ければ、


苦しみと不安も守り続ける。


苦しみを紛らす為に快楽があり、


不安を誤魔化す安心がある。


私以前の世界に苦しみと不安がないと言ったら、


私以前の世界を、快楽と安心という


欲望として、私が求める。


このゲット発想が、既に私以後の発想だ。


失った全ての、代用品を、全部集める。


集まったとしても、全く違うが、、、


失ったと思う事自体が、もう騙されてる。


何も失ってはいない。


いつだって在るのだ。


この事実を、疑うことで、


1%疑うだけで、


私以後の世界を信じさせられている。


否定以前が全く分からなくなるのだ。


そう思わされてしまう。


とにかく、100%の世界を、思い出させない、


実現出来ないようになってる。


100%の世界は、理想ではない。


それ以下にしなきゃいいのだ、


その世界を作り出す事も要らない。


抵抗、否定、疑い、悪意として存在しだすのを止めれば、


それだけが在る。












































AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。